HOME>SCHEDULE>DETAIL>ARCHIVE


東田トモヒロ&The Roasters

東田トモヒロ&The Roasters

東田トモヒロ&The Roasters
1972年熊本生まれ、熊本市在住。
『LOVE&FREE』をメッセージし続ける永遠の旅人。その持ち味でもあるエネルギーに満ち溢れたライブで、これまでに国内外の数多くの音楽フェスティバルなどに出演。
2014年には通算11作目のアルバム「timeless world」をリリース。
同年、3ピースバンド「東田トモヒロ&The Roasters」結成。アルバム「The Roasters」をリリースし、さらに活動の幅を広げる。
また自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、オフグリッドライフという独自のスタイルを貫いている。


福島県南相馬市の子どもたちに、季節の野菜くだものを届けるプロジェクト、
「change the world」の代表。

(公式サイトはこちら)


東田トモヒロ&The Roasters
LIVE -ESPECIAL BLEND-

2015.08.08(土) at ONE DROP Dining Studio
[熊本市東区熊本市沼山津1-1-21]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売/当日共3,000円  高校生1,000円 / 中学生以下無料(要学生証提示)
(ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます) 
※20才以上の入場者全員にHEARTLANDビール小びん(330ml)1本プレゼント
■2ステージ制
■前売りチケット取り扱い:ONE DROP Dining Studio / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[ONE DROP Dining Studio] 096-331-1106



熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和

熊谷和徳

熊谷和徳
77年仙台市生まれ。Tap Dancer
15歳でタップをはじめ19歳で渡米。NYU心理学科に通いながら、ブロードウェイのショウ『NOISE/FUNK』の養成学校でプロフェッショナルなトレーニングを受ける。 惜しくもVISAの関係で出演は果たせなかったが、同時期グレゴリーハインズに出会い絶賛される。

その後NYの地下鉄、ストリートからニッティングファクトリーのようなJAZZ CLUBまで独自の活動を広げ、NYタップフェスに9年連続出演。NYタイムス等にも度々取り上げられ、VILLAGE VOICE紙では『日本のグレゴリーハインズ』と評された。06年、米ダンスマガジンにおいて『世界で観るべきダンサー25人』のうちの一人に選ばれる。

現在ではNYと日本を2大拠点とし、日本では日野皓正、coba、上原ひろみ、金森穣、ハナレグミ、DJクラッシュ等との革命的セッションを提示、またRichard Bona,Christian Scott, Omar Sosaなど海外のミュージシャンとの共演も数多い。
ソロ公演では青山円形劇場、シアターコクーン、国際フォーラムを即日SOLD OUTにするタップダンサーとしては異例の動員数をもつ。

06年にはMIHARA YASUHIROミラノコレクションの音楽をすべてTAPの音で演出。 07年から09年にかけてはタップのルーツであるアフリカセネガル、更にはパリ、ドイツなど活動の幅を広げる。

2010年8月には東京フィルハーモニーオーケストラとの画期的なソロ公演『REVOLUCION』を大成功に導いた。また、東京に自身のスタジオKAZ TAP STUDIOを持ち、地元仙台においては仙台市文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクトTAP THE FUTUREを行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップを勢力的おこなう。

2012年、文化庁の助成を受け再びニューヨークに拠点を移し、アメリカを中心にアジア、ヨーロッパでの活動をはじめ活動の場を世界中に広げている。

2014年1月、凱旋公演としてBunkamuraオーチャードホールにて3日間の公演『DANCE TO THE ONE』を行ない大成功を収める。4月にはイタリアにてミラノサローネのアートインスタレーションに出演し、地元メディアをはじめ大きな話題を集めた。

そして今年5月にはニューヨークにおいて毎年開催されるNATIONAL TAP DANCE DAYにおいて2014 Flo-Bert Life Achievement(生涯の功績を讃える)賞を受賞し、9月に再びBunkamuraオーチャードホールにてソロ公演『HEAR MY SOLE』を行い大成功を収めた。

熊谷は、GREGORY HINES, BUSTER BROWN, JIMMY SLYDEをはじめNYで彼自身が出会った今は亡きタップマスター達に感謝を捧げ、また東北出身者として被災した彼の故郷へいつも想いを馳せている。
そして独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。

(公式サイトはこちら)

ASA-CHANG

ASA-CHANG
89年 東京スカパラダイスオーケストラのバンド・マスターとしてデビュー。
93年 自ら創始した「スカパラ」を脱退。
98年 「ASA-CHANG&巡礼」始動、独自の波動に満ちた作品を発表し続けている。
ラテン、インド・アジア系、玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、躍動感のある唯一無二のビートは、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。
現在、NHK Eテレの音楽教育番組「ムジカ・ピッコリーノ」にレギュラー出演中、ポン・ジョルノ役を好演している。

(公式サイトはこちら)


田中邦和

田中邦和
1966年生まれ。
大学時代からジャズ、ポップスに傾倒し、以来サックスを独学にて修める。
「幅広い音楽を俯瞰する」と評されるスタイルで、あらゆるサウンドに溶け込みつつ独自の存在感を醸し出す。ソロとしての活動、「sembello」「blackvelvets」などのバンド、 ポップスや映画TVのレコーディング、セッション等多数に参加。New York 、London、Monterey、Fuji Rockほか内外のジャズおよびロックフェスティバルにも頻繁に出演。
オーセンティックなジャズからポップス、即興まで活動は多岐にわたり、いずれにおいても高い評価を得ている。

最新作はバリトンサックスのソロ演奏による意欲作『sperctrum』

(公式サイトはこちら)


熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和
九州ツアー


【熊本】
2015.08.07(金) at 熊本 セカンドサイト
[熊本市花畑町13-10 / TEL JANJANGO(セカンドサイト1F)096-323-1121]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (要1ドリンクオーダー/着席・立見 全席自由/未就学児 無料) 
■前売りチケット取り扱い:JANJANGO(セカンドサイト1F)
■問合 :
[JANJANGO(セカンドサイト1F)] 096-323-1121

【佐賀】
2015.08.08(土) at 佐賀 RAG•G
[佐賀県佐賀市松原3-3-5T-Aビル/TEL 0952-26-2687]
■開場 20:00 開演 21:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (要1ドリンクオーダー/着席・立見 全席自由/未就学児 無料) 
■サポートDJ有
■前売りチケット取り扱い: RAG•G
■問合 :
[RAG•G] 0952-26-2687

【福岡】
2015.08.09(日) at 福岡 LIV LABO
[福岡市中央区大名1丁目6-8 Barbizon96 2F / TEL 092-791-6009]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (要1ドリンクオーダー/着席・立見 全席自由/未就学児 無料) 
■前売りチケット取り扱い: LIV LABO
■問合 :
[LIV LABO] 092-791-6009



空気公団

空気公団

空気公団
1997年結成。現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動中。

ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源制作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にしたイベント、制作物等、枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。

2015年2月4日(水)2年半ぶりのニューアルバム「こんにちは、はじまり。」をリリースした。

(公式サイトはこちら)


空気公団
LIVEツアー2015「こんにちは、はじまり。」 熊本公演

2015/07/27 (月) at Sazae
[熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (1ドリンク別途 / 全自由*未就学児童入場不可) 
■前売りチケット取り扱い:Sazae / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■プレイガイド :
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:255-730)
ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:83803)
■問合 :
[Sazae] 096-223-5701



MASANORI MORITA (STUDIO APARTMENT)

MASANORI MORITA (STUDIO APARTMENT)

MASANORI MORITA (STUDIO APARTMENT)
日本を代表するダンスミュージックプロデューサー。
トラックユニット"STUDIO APARTMENT"として、これまでに9枚のオリジナルアルバム、そして300曲以上のオリジナル曲を世界各国のレーベルからリリース。
世界最大のダンスミュージックダウンロードサイト"beatport" にて、自身の楽曲が「2008年 DEEP HOUSE 部門 年間総合チャート1位」、「2009年 BEST DEEP HOUSE TRACK」を受賞し、アジア人として初の快挙を達成。同じくハウスミュージック最大のダウンロードサイト"Traxsource"にて、これまでに4つのオリジナル楽曲が総合チャートで1位を記録。世界規模で活動してる数少ない日本人アーティストである。
世界の主要ダンスミュージックカンファレンスであるアムステルダムでのADE(Amsterdam Dance Event)や、マイアミでのWMC(Winter Music Conference)へ出演(ADEは4年連続/WMCは9年連続)し、2012年はギネスにも登録されている世界一のビッグクラブPrivilege Ibiza (1万人収容) のレジデントDJを務める。
アメリカ西海岸のメガネブランド"OLIVER PEOPLES"とコラボレーションし、[STUDIO APARTMENT×OLIVER PEOPLES]としてファーストモデル「SAOP」を2009年、セカンドモデル「SAOPⅡ」を2011年に発表し、全世界でリリースされる。
日本では、STUDIO APARTMENTの10周年を記念し、結成初となる日本語でのアルバム「にほんのうた」「みんなのうた」を2012年にリリース。ケツメイシ、氣志團、TRF、黒木メイサ、JAY'ED、RIP SLYME、MISIA、平井堅、CRYSTAL KAYなどの豪華メンバーがアルバムに参加。収録曲であるキマグレンの代表曲"LIFE"のSTUDIO APARTMENT Remixは、auの携帯電話"Spotio"のCMソングとなり、リミックスながら200万ダウンロード超えを記録し話題となる。
STUDIO APARTMENTが年に一度、総勢40名のビッグバンド(ストリングス隊/ホーン隊/コーラス隊)を従えてライブを行うパーティ"WORLD MUSeUM"(2008年から2012年度まで開催)は、夏のビッグイベントとなり、2009年にはDVDをリリース。
自身のレーベル"Apt.", "Apt.International"を2006年に設立し、国内ではDAISHI DANCE、PAX JAPONICA GROOVE等、様々なアーティストをデビューさせる。又、海外アーティストとの窓口となり、世界のトップダンスミュージックプロデューサーであるDennis Ferrer、Kerri Chandler、Jarome Sydenham等の作品をリリースし、ワールドスタンダードなダンスミュージックを日本へ広める。
現在は新プロジェクトに向け楽曲制作中。

(公式サイトはこちら)


【SALON】
■SPECIAL GUEST DJ : MASANORI MORITA (STUDIO APARTMENT)

2015.07.19(日/祝前) at 蒲池眼鏡舗FLOOR
[熊本市中央区上通町6-15 T-fourビル B1F]

■開場 21:00 ※25時終了予定
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場料のみ/ドリンクはキャッシュオンスタイルになります) 
■サポートDJ : TERRA(FAITH MUSIC)etc
■前売りチケット取り扱い:蒲池眼鏡舗FLOOR / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[蒲池眼鏡舗FLOOR] 096-273-6449



RYO & KEIN

RYO from ORANGE RANGE

RYO from ORANGE RANGE
言わずと知れた沖縄出身5人組ロックバンド「ORANGE RANGE」のボーカルとして活動する傍ら、ソロ名義で数々のミュージシャン・アーティストと音楽活動を展開。
2012年に"INFINITY 16"の4thアルバム『MY LIFE』に収録された『BLAZING FIRE welcomez RYO from ORANGE RANGE』にゲストボーカルとして参加。
近年では、山嵐のベーシスト"TAKESHI"のソロプロジェクト"ALLY & DIAZ"名義でリリースされた第2弾アルバム『ALLY & DIAZ II』にも、盟友N.O.B.U!!! との共作として『あしたへ RYO from ORANGE RANGE × N.O.B.U!!!』が収録された。
また、アカペラグループ"INSPi"の大倉智之と同じくアカペラグループ"RAG FAIR"の引地洋輔が組む日記歌唱ユニット"Love Diary"の5thアルバム『Diary Notes5 ぼくらのそのご』収録楽曲『GAME BOYs ~feat.RYO from ORANGE RANGE~』にもゲストボーカルとして参加し、自身の交流から様々なアーティストとコラボレーションを果たす。
そして昨年8月27日に、フィーチャリングに東京と沖縄を拠点に精力的に活動をしているトラックメーカー"DJ KEIN"を迎えたソロ名義としてのコラボレート作品『Tim Don!-Don! feat. DJ KEIN』を配信限定でリリースし、各方面で話題を集めた。

(公式サイトはこちら)

DJ KEIN

DJ KEIN
SELECTOR&MC、トラックメーカー。

沖縄と東京を拠点に国内外問わず数々のイベントに出演中。東京生まれ。1995年よりDJを始めREGGAESOUNDを結成。CLUB、フェス にて精力的に活動。
2008年よりソロになり、名を改め新たなステージへ。幅広い選曲と独特のMCスタイルは、ジャンルのボーダーを超えてパーティーピ-プルの心と体を踊らせる。
2012年にBIGGA RAIJIとのシングル「I NEED U」、2014にRYO from ORANGERANGEとのシングル「Tim Don!-Don!」、MOOMINと「しあわせのかけら 〜Love Song〜」をリリース。
その他アーティストプロデュースやCM音楽など手掛ける。
イベントでは東京、沖縄を中心にレギュラー出演中。

(公式サイトはこちら)


【BLUES FOR SPACE GIRL】
■GUEST LIVE : RYO from ORANGE RANGE
■GUEST DJ / DJ KEIN

2015.07.18(土) at Cafe Walk(ウォーク)
[熊本市中央区本荘2丁目1-12 / 090-8627-4802]

■開場/開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます) 
■サポートDJ有
■前売りチケット取り扱い:Cafe Walk(ウォーク) / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[Cafe Walk] 090-8627-4802



Double Famous

Double Famous


Double Famous
1993年結成。
友人たちと主宰したイベント "Brilliant Colors"(下北沢Zoo/Slitz)での月1のライブをベースとして、ゆるやかに活動を開始。
遠く離れた島や大陸、山峡や街角の音楽を自分たちの 暮らす土地へと引き寄せ、その時々にメンバーたちがむさぼるように聞いていた諸々雑多な音楽とともに消化させ紡ぎ出された音楽は、東京発のエキゾチックミュー ジックと呼ばれるようになる。
フジロックや朝霧ジャムといった野外フェスだけでなく、ダンスホール楽団として日本各地の街角のレストランやギャラリーに気の向くままに出没。
その活動は極めてマイペースながら、近年ではコンテンポラリーダンスとのコラボレーションなど 活動の幅を広げている。
現在までに6枚のオリジナルアルバムと1枚の未発表音源集、映像作品「火曜日のワルツ」を発表している。
最新作はクラウドファンディングを使ってリスナーとともに作り上げたCD+BOOK"6variations"。

(公式サイトはこちら)


Double Famous

【熊本市】〜PURPLE WALL MARKET Vol.10〜

2015.07.10(fri) at 早川倉庫 [熊本市中央区万町2丁目4]
■開場 16:00 開演 一部 18:00 二部 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (高校生1,000円/中学生以下無料)

【天草市】〜GREEN NOTE 10th Anniversary〜

2015.07.11(sat) at SAKAE [天草市中央新町11-15]
■開場 18:00 開演 19:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (高校生1,000円/中学生以下無料) ※要1ドリンクオーダー

■前売りチケット取り扱い:GREEN NOTE / 早川倉庫 / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他br /> ■問合 :
[GREEN NOTE] 0969-24-7744
[LONGSIXBRIDGE.] 096-342-4976



Curly Giraffe

Curly Giraffe

Curly Giraffe / カーリージラフ
学生時代からベーシストとして数々のバンドで活躍。
美大中退後、グラフィックデザイナーとして仕事をするかたわら続けていたバンド活動が忙しくなり、音楽活動に専念。
いくつかのバンドでメジャーデビュー後も、ベーシストとしてのサポート、他アーティストのプロデュース、楽曲提供など多岐に活躍。とにかく、モノを作っているときが一番幸せと語る。
コンセプチュアルなお洒落さと、ドロドロとした初期衝動が同居するカーリージラフワールドを基本形に、さまざまなフィールドで発信中。
2005年カーリージラフとしての作品をリリース後、創作のペースはまったく衰えるところをみせず、コンスタントに作品をリリース。
制作のほとんどすべてを一人でこなすアルバム制作のス タイルとは別に、ライブにおいては永年の仲間たちである凄腕の曲者たちとともにセッションを繰り広げ各地のフェス等で観客を沸かしている。
2014年、6枚目のニューアルバム『Fancy』をSPEEDSTARより2014年8月6日に発売。

(公式サイトはこちら)


Curly Giraffe
w/Hirohisa Horie Acoustic Tour 2015 KUMAMOTO

2015.07.03(fri) at Sazae
[熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 19:00 開演 21:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます) 
■サポートDJ有
■前売りチケット取り扱い:acoustics / Sazae / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[Sazae] 096-223-5701
[acoustics] 096-354-4484



青木カレン

青木カレン

青木カレン
ジャズシンガー

ライブ・ツアー活動をメインに、BS Asahi TVのジャズ音楽番組のメインキャスト、ラジオのcross fm、Love FM、インターFM、神戸Kiss FM、ラジオ高崎を経て、現在はFM熊本やインターネットラジオのJJazz,Netでナビゲーターを務める。
アルバム2作品がジャズ専門誌ADLIBの「アドリブアワード(クラブ/ダンス部門)」受賞。
2010年ベストドレッサー賞の新人部門であるベストデビュタント賞を授賞。
2011年6月公開の織田 裕二主演の大人気映画「アンダルシア 女神の報復」の挿入歌を担当。NHK Eテレ「3か月トピック英会話」〜魅惑のスタンダード・ジャズ編〜に出演し話題に。
2012年夏、初のニューヨーク公演を成功させる。同年秋、フジテレビ系ドラマ「結婚しない」の挿入歌を担当。
2012年9月には舘ひろしのアルバムにデュエット曲「銀座の恋の物語」が収録され、NHKの音楽番組SONGSに出演。
2012年12月、映画音楽の名曲をジャズ・アレンジしたラブ・ソング集、アルバム「トランキュリティ」をリリース。
2013年夏、映画ガリレオ「真夏の方程式」の挿入歌、同年秋NHK土曜ドラマ「太陽の罠」の主題歌を歌唱。
2014年夏、上戸彩主演のフジテレビ系ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち」のメインテーマ曲を歌唱。

(公式サイトはこちら)


青木 カレン
Karen Aoki " Jazz a la mode" LIVE
メンバー :
青木カレン(Vo) / 後藤 魂(P) / Kim Won Song (G) / 石川周之介(SAX)

2015.05.30(sat) at Sazae
[熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます) 
■前売りチケット取り扱い:Sazae / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 : [Sazae] 096-223-5701



fox capture plan

fox capture plan

fox capture plan
Ryo Kishimoto:Piano (JABBERLOOP)
Hidehiro Kawai:Double Bass (Immigrant's Bossa Band)
Tsukasa Inoue:Drums (nhhmbase)

"現代版ジャズ・ロック"をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指し、それぞれ違った個性を持つバンドで活動する3 人が集まり2011 年結成。
2012 年8 月にタワーレコード新宿店のみで発売したシングルCDR「Sampleboard」が全くのノー・プロモーションにも関わらずフロア・デイリーチャート1 位の売り上げを記録。
同年10 月にタワーレコード限定でミニアルバム「FLEXIBLE」、2013 年5 月に1st アルバム「trinity」を発売。
さらに10 月、同レーベルからリリースする盟友bohemianvoodoo とのスプリット・ミニアルバム「color & monochrome」、2nd album"BRIDGE"を12 月に発売し、「JAZZ JAPAN AWARD 2013 アルバム・オブ・ザ・イヤーニュー・スター部門」、第6 回「CD ショップ大賞2014」ジャズ部門賞を受賞した。
2014 年7 月に最新作"WALL"は2014 年下半期発売にも関わらず、タワーレコード・ジャズ年間セールスチャートの2 位に輝く。
同年8 月には初の海外ツアーとして香港・中国ツアーを決行。脅威のハイペース・リリースで業界を席巻する!

(公式サイトはこちら)


fox capture plan
UNDERGROUND tour in 熊本

2015/05/22 (fri) at Navaro
[熊本市中央区中央街5-17 熊本中央ビルB1F]

■開場 19:30 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (1ドリンク別途 / オールスタンディング) 
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



小室哲哉 featuring 坂本美雨

小室哲哉

小室哲哉
1958年11月27日東京都生まれ。 音楽家。音楽プロデューサー、作詞家、作曲家、編曲家、キーボーディスト、 シンセサイザープログラマー、ミキシングエンジニア、DJ。

83年、宇都宮隆、木根尚登とTM NETWORK(のちのTMN)を結成し、 84年に「金曜日のライオン」でデビュー。
同ユニットのリーダーとして、早くからその音楽的才能を開花。
93年にtrfを手がけたことがきっかけで、一気にプロデューサーとして ブレイクした。
以後、篠原涼子、安室奈美恵、華原朋美、H Jungle With t、globeなど、 自身が手がけたアーティストが次々にミリオンヒット。

2010年、作曲家としての活動を再開。AAA、森進一、超新星、SMAP、北乃きい、浜崎あゆみ、やしきたかじん、坂本美雨、SUPER☆GiRLS、DiVA、観月ありさなど、幅広いアーティストに楽曲を提供している。
また2011年5月4日には、22年振りとなる本人名義でのオリジナルソロアルバム『Digitalian is eating breakfast 2』をリリースした。

2012年4月24日、25日には、活動が待ち望まれていたTM NETWORKの単独公演を日本武道館で開催、5年振りのシングル「I am」もリリースされた。
また、2014年4月からはTM NETWORKは30周年をむかえ、 コンサートツアー、リリースと精力的に活動。
今年、2015年はglobeがデビュー20周年をむかえる。

(公式サイトはこちら)

坂本美雨

坂本美雨
5月生まれ。9歳の時、家族でニューヨークに移住。
97年1月、Ryuichi Sakamoto featuring Sister M名義で 「The Other Side Of Love」を歌いデビュー。
1999年アルバム「Dawn Pink」リリース。
2006年、アルバム「Harmoious」、2007年「朧の彼方、灯りの気配」、2008年「Zoy」、 2010年5月、アルバム「PHANTOM girl」をリリース。
2010年8月より坂本美雨presents「DIRECT MIUsical Vol.1」をスタート、 ゲスト:1回目、おおはた雄一/2回目、木根尚登(TM NETWORK)/3回目、七尾旅人/4回目、BONNIE PINK/5回目、SALYU/6回目クチロロ(2012.3.20) 2011年5月18日、小室哲哉氏に提供して頂いた曲を含むアルバム、「HATSUKOI」リリース。
2012年8月8日、7枚目となるアルバム「I'm yours!」リリース。 2013年6月、自身初となるベスト・アルバム「miusic 〜The best of 1997-2012〜」リリース。
2013年秋、フジテレビの「ハモネプ」に、小室哲哉さんチーム「TKハーモナイザー」の一員として、島谷ひとみさん、篠原ともえさん、DEEPと一緒に参戦。
2014年、ビルボード東京、ビルボード大阪にて、「小室哲哉feat坂本美雨」と題して、子供の頃から大ファンだった小室さんと一緒にライブを行う。
2014年3月5日蓮沼執太氏をプロデューサーに向えたアルバム「Waving Flags」リリース。
2015年1月、蓮沼フィルを迎えた「Waving Flags」リリースパーティを渋谷WWWにて行い、 初めてのライブDVDとして」3月にリリース。ハイレゾ配信も行う。

2011年10月より、TOKYO FMをはじめJFN系列・全国38局ネットのラジオ番組「ディアフレンズ」のレギュラー・パーソナリティを担当中(月〜木曜/11:00-11:30)。
2013年より番組の公開収録と、ゲストとのライブを交えた、番組連動イベント、 「ディアフレズ・ライブ」をスタート。第1回目のゲストは、THE BOOM、2回目は、小室哲哉氏を、3回目は、2014年11月に平原綾香さんをゲストに迎えて行う。
2014年12月、初めての著書となる「ネコの吸い方」を刊行、大きな話題を呼びベストセラーとなる。
ソロ活動に加え、ap バンクfesを始め、ワールドハピネス、サマーソニック、情熱大陸ライブ、カフェフェス等各地で行われる夏フェスに出演する等、おおはた雄一さんと一緒に「おお雨」としてのユニット活動や、映画評やエッセイの執筆、ナレーション等の他、舞台への出演など、マルチに活躍中。

(公式サイトはこちら)


奇跡の"TKソング"プレミアム・ライブ!
小室哲哉 featuring 坂本美雨 in 八千代座

2015.05.21(thu) at 八千代座
[熊本県山鹿市山鹿1499 / ☎ 0968-44-4004]

■開場 18:00 開演 19:00
■前売 5000円 当日 5500円 (未就学児入場不可/全席指定) 

■前売りチケット取り扱い: eプラス / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター / 各協賛店 他
■主催 : 八千代座LIVE実行委員会
■チケット発売日 : 4/18(土)
■問合 : [八千代座LIVE実行委員会] 096-342-4976

※当WEBでは予約受付しておりません


竹内朋康 & Friends

竹内朋康

竹内朋康
1997 年、SUPER BUTTER DOG のギタリストとしてメジャーデビュー(2008 年に 解散)。
2004 年、RHYMESTER の Mummy-D と共にユニット、「マボロシ」を結成。
KREVA プロデュースのレーベルコンピレーションではラップも披露。
また、椎名純平 と共に結成したファンクバンド「Dezille Brothers」として『だしの取りかた』をキング レコードよ りリリース。
さらに2010 年、屋敷豪太(Dr.)、鈴木渉(Bass) らと共にギター トリオ「Fiasco 3」を結成。
また、ギタ リストとして、堂本剛率いるENDLICHERI☆ ENDLICHERI への参加を始め、安室奈美恵、忌野清志郎、Crystal Kay、 さ かい ゆう、椎名林檎、Suger Soul、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND など、 多数のプロデュースワークやレコー ディングに参加している。

(公式サイトはこちら)

椎名純平

椎名純平
1974年8月6日生まれ。
2000年11月8日 シングル"世界"でデビュー。
以降ソロ名義で三枚のオリジナル・アルバムをリリースする。
2010年からはバンド"DezilleBrothers"を結成し、五人がぶつかりあう音の肉体性を追究している。
ヒップホップ/R&Bの様式美、ファンクの猥雑と洗練、ソウルミュージックの品格…これらブラックミュージックから多くを学び、独自の音像を展開中。

(公式サイトはこちら)


タケウチカズタケ

タケウチカズタケ
日本語ラップ周辺を賑わした HIPHOP BAND「SUIKA」と 30人を超える大所帯HOUSEオ ーケストラ「A Hundred Birds」の中心人物でHOUSE とHIPHOP界隈を行き来す る、Keyboard player/ Producer。
2008年「タケウチカズタケ」 名義のソロアーティスト活動 を開始。
HIPHOP/SOULをベースに1人 でサンプラーとキーボードを 操る演奏スタイルでのライブ をスタート。
2013年6月19日 には、5年ぶりとなる3rd album"UNDER THE WILLOW -RAIN-"を初回特典として4th album"UNDER THE WILLOW -SUN-"をつけるという異例の形でリリース。
現在、2011年から主催イベント「UNDER THE WILLOW NITE」を約3ヶ月おきに不定期で開催中。

(公式サイトはこちら)

fakejam presents
竹内朋康 & Friends Tour "COSMOS" 2015
メンバー :
Gt. 竹内朋康 / Vo. 椎名純平 / Key. タケウチカズタケ

2015.05.10(sun) at Sazae
[熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 19:00 開演 21:00
■前売 2,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます) 
■サポートDJ有

■前売りチケット取り扱い:Sazae / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:260-611)
■ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:84959)
■問合 :
[Sazae] 096-223-5701
[fakejam] 096-355-3342



東田トモヒロ&The Roasters

東田トモヒロ&The Roasters

東田トモヒロ
1972年熊本生まれ、熊本市在住。
『LOVE&FREE』をメッセージし続ける永遠の旅人。
その持ち味でもあるエネルギーに満ち溢れたライブで、これまでに国内外の数多くの音楽フェスティバルなどに出演。
2014年には通算11作目のアルバム「timeless world」をリリース。
同年、3ピースバンド「東田トモヒロ&The Roasters」結成。
アルバム「The Roasters」をリリースし、さらに活動の幅を広げる。

また自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、オフグリッドライフという独自のスタイルを貫いている。

福島県南相馬市の子どもたちに、季節の野菜くだものを届けるプロジェクト、
「change the world」の代表。

(公式サイトはこちら)


東田トモヒロ&The Roasters
Live tour 2015" Drip and Trip"

22015/04/25(sat) at セカンドサイト5F
[熊本市中央区 花畑町13-10]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)) 
■出店 : And Coffee Roasters
■前売りチケット取り扱い:セカンドサイト1F JANJANGO / THE DAY CAFE / The Breakers Surf / And Coffee Roasters / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[SECOND SIGHT 1F JANJANGO]096-323-1121



※公演延期となりました
[空気公団スタッフより大切なお知らせ]

空気公団

空気公団

空気公団
1997年結成。現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動中。

ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源制作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にしたイベント、制作物等、枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。

2015年2月4日(水)2年半ぶりのニューアルバム「こんにちは、はじまり。」をリリースした。

(公式サイトはこちら)


空気公団
LIVEツアー2015「こんにちは、はじまり。」 熊本公演

22015/04/09 (thu) at Sazae
[熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (1ドリンク別途 / 全自由*未就学児童入場不可) 
■前売りチケット取り扱い:Sazae / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■プレイガイド :
チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:255-730)
ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:83803)
■問合 :
[Sazae] 096-223-5701



ピーターバラカン

ピーターバラカン

ピーターバラカン
1951年ロンドン生まれ。
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。

現在フリーのブロードキャスターとして活動、「Barakan Beat」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。
twitterのアカウントは@pbarakan。

著書に『ラジオのこちら側で』(岩波新書)、『200CD+2 ピーター・バラカン選 ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』(学研)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『猿はマンキ、お金はマニ 日本人のための英語発音ルール』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック名盤240』(講談社+α文庫)などがある。

(公式サイトはこちら)


Tsutaya Music Cafe Morricone presents
ピーターバラカン
出前DJ @熊本 vol.2

22015/04/04 (sat) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3000円 当日 3500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



Spinna B-ILL

Spinna B-ILL

Spinna B-ILL
シンガーソングライター、パフォーマー。
2002年にSpinna B-ill & the cavemansで活動を開始。
「ライオンの子」でレゲエリスナーの圧倒的支持を得るも、2005年に惜しまれつつ解散。
その後 Simply Redのギタリスト Kenji Jammer との活動を経て、ソロシンガー "Spinna B-ILL" として2枚のアルバムをリリース。

  フェスからクラブまで様々なステージに立ち、DJセットからアコースティック、フルバンドといった変幻自在のスタイルを操る。
大胆で繊細、ユニーク且つエネルギッシュなパフォーマンスとリリックで魅せるライブは幅広いオーディエンスの堅い支持を 得ている。
レゲエ、ソウル、ファンクやヒップホップなど多様なバックグラウンドがありながら、Spinna B-ILLがマイクを持つと 最早ジャンルの壁はない。
ルックスのみならず、その声や歌唱力も日本人離れしている一方で、どこか懐かしいメロディと独特のフロウにのせた、刺さる言葉でつづられた歌詞もまた根強いファンを獲得している理由だろう。
まさにOne&Onlyなシンガーである。

(公式サイトはこちら)


Spinna B-ILL
" ROMANTIK NOISE " リリースツアー 熊本公演
■メンバー:
Spinna B-ILL(Vo)
小林洋太(Gt)
豊田稔(Perc)

22015/04/03 (fri) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売券(2種)
○ミュージックチャージ+1ドリンク/椅子席•スタンディング 3,500円
○ミュージックチャージ+お料理+1ドリンク / テーブル席 5,500円
(20席限定/完全予約制)
■当日券(1種)
○ミュージックチャージ+1ドリンク/椅子席•スタンディング 4,000円 
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



小坂忠

小坂忠

小坂忠(kosaka chu)
1948年7月 東京生まれ 
1966年 ロックグループ「フローラル」でデビュー。
1969年 細野晴臣・松本隆らと「エイプリル・フール」結成。
1971年 ロックミュージカル「HAIR」に出演。
1971年よりソロ活動開始。
1975年 日本のR&Bの大名盤「HORO」リリース
1976年 クリスチャンとなり自身のゴスペルレーベル「ミクタムレコード設立」。

以後、牧師であり、シンガーソングライター。
日本のリズム&ブルース、ゴスペルミュージックの両面における貴重な存在であり、数多くのアーティストに影響を与え続けている。
歳を重ねるごとに輝きを増す歌声は、聴く人々に励ましと力を与え、音楽を志す人々へのエールのようでもある。

(公式サイトはこちら)


CHU'S DAY TOUR around 九州
出演:小坂 忠(Vo/G) 、西海 孝(G/Cho)

2015.03.20(fri) at Sazae
[熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)

■オープニングアクト COBY

■前売りチケット取り扱い:Sazae / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[Sazae] 096-223-5701



Monday満ちる

Monday満ちる

Monday満ちる
87年、映画「光る女」で第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、87年度キネマ旬報新人女優賞他受賞。以後映画、TV・CF出演、DJと様々なフィードで活躍した後、活動フィールドを音楽に固め「秋吉満ちる」から本名である「Monday満ちる」に変更。
90年以降はさらに活動の場を海外へも広げ、ソロとしての活動の他に、シンガー兼ライターとしてDJ Krush, Mondo Grosso, Kyoto Jazz Massive, Basement Jaxx, UA, Masters At Work, Joe Clausell, Lisa Onoなど、その他多くのアーティスト達のコラボレーション作品をリリースする。シーンにおいて数少ない女性クリエイターとしての確固たる地位をも築き、プロデュースも手掛けるレアな女性シンガー・ソングライターである。
2006年12月には母、穐吉敏子がJAZZ歴60周年を記念して谷川俊太郎が詞を書き下ろした「HOPE」という曲で親子共演の初シングルがクラウンレコードより発売された。
その後もコンスタントにフルカバーアルバムやオリジナルアルバムをリリースし続け、 アメリカでは2012年8月に生楽器にこだわったアルバム「SOULCEPTION」が発売された。
最新作はビルボードレコードより2013年7月に発売された「BRASILIFIED」。
2015年には遂に親子共作のアルバムを発売予定。 その傍ら数々のアーティストへのフィーチャリングも多数。その幅広いジャンルに響く歌声は多くの人に支持され続けている。
現在NY在住ながらも2012年はインドネシアのコスメブランド「PAC」のブランドアンバサダに就任、世界に活動の場を広げている。

(公式サイトはこちら)


L'oiseau bleu presents
Monday満ちる
Brasilified Nights in 熊本

22015/03/13 (fri) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4000円 当日 4500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[L'oiseau bleu]096-297-8594
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



餓鬼レンジャー

【緊急決定!】
熊本出身の映画監督、嶺豪一さんの初監督作品 -故郷の詩- の熊本上映を記念してパーティーを開催します。

☆スペシャルゲストに餓鬼レンジャー!


-故郷の詩-予告編


銀杏BOYZの峯田和伸さんから映画『故郷の詩』へのコメントです。


俳優の新井浩文さんから映画『故郷の詩』へのコメントです。



餓鬼レンジャー

餓鬼レンジャー
 YOSHI (MC/リーダー)、ポチョムキン (MC)、GP (DJ/プロデューサー) からなる九州発の3人組ヒップホップグループ。
94年、熊本出身のポチョムキンが地元の大学でYOSHIと意気投合し「餓鬼レンジャー」を結成。その後、メンバーチェンジを経て福岡出身のGPがDJ兼プロデューサーとして加入。
 98年、アルバム「リップ・サービス」でデビュー。その高いラップスキルと、ユーモア溢れるライブパフォーマンスで注目を浴び、九州より瞬く間に全国で話題となり、2001年「火ノ粉ヲ散ラス昇龍」で、ビクターよりメジャーデビュー。
同年アルバム「UPPER JAM」を発表し、当時地方在住のグループでは異例の15万枚を越えるセールスを記録。続く、02年には、当時グラビアクイーンとしてブレイク中の"インリン・オブ・ジョイトイ"をMVに迎えた話題作「MONKEY4」等を含むアルバム「DA-PONG」を発表。
 更に、04年発表のアルバム「ラッキー・ボーイズ」は、同郷の芸人"くりぃむしちゅー"の参加や、メンバーも出演した映画『ガチャポン』の主題歌「PLAY BACK」等を収録、より幅広い層から支持を集める。また、05年発表のアルバム「GO 4 BROKE」では、同年代の盟友・KREVAやSHINGO☆西成など、ヒップホップ界を代表するMCも参加する等、コアなラッパーからお笑い芸人までコラボできる唯一無二のグループとして地位を確立する。
 その後、YOSHIは別ユニット"ULTRA NANIWATIC MC'S"での活動。ポチョムキンはソロでポニーキャニオンより、同郷の演歌歌手・水前寺清子やZAZEN BOYSの向井秀徳を迎えたアルバム「赤マスク」発表に加え、数々の客演やアイドル・グループの作詞など、多角的な活動を展開(現在もタワーレコード公式ネット番組のMC担当中)。また、GPも"遊助"(上地雄輔)のメインプロデューサー兼バックDJとして「ひまわり」など数々のヒット曲を手がけ、ET-KING・傳田真央・スポンテニア等の楽曲、注目の歌姫"Heartbeat"(ハービー)のトータル・プロデュースなど、活動の幅を広げる。
 こうした各々の活躍で、餓鬼レンジャーとしての活動再開の期待が高まる中、デビュー15周年を迎えた昨年5月、新曲2曲を含むベストアルバム「Weapon G」で遂に復活。10月には、盟友・福岡ソフトバンクホークスのエース・摂津投手のテーマ曲として制作された「STRONG ISLAND feat. RYO the SKYWALKER」を配信リリースし、iTunes・ヒップホップチャート1位を獲得。続く12月には、新曲「TACO DANCE」を含むEP、今年2月には、ご当地アイドル人気No.1の九州発のグループ"LinQ"の選抜メンバーと組んだ、熊本賛歌「YOKA YOKA BABY feat. LinQ (くまもと女子戦隊)」も連続スマッシュヒット。そして満を持して今夏、結成20周年アルバム「KIDS RETURN (キッズ・リターン)」をリリースし、タワーレコード渋谷店で総合チャート5位、iTunes・ヒップホップチャート2週間連続1位など、ロングヒットを記録する中開催された全国ツアーもチケット全公演ソールドアウト!この夏は海外を含め様々なフェスにも出演し、今最も熱いアラフォー世代の異端児として業界内外から注目を浴びている。2014年に行われた全国ツアーの模様を収録したDVDも近日発売予定。

(公式サイトはこちら)


-故郷の詩- 上映記念ライブ
【故郷の詩×餓鬼レンジャーの歌】

2015/03/08(sun)@早川倉庫
[熊本市中央区万町2-4 TEL 096-352-6044]

■スペシャルゲストライブ 餓鬼レンジャー
■サポートDJ DJ SUGURU 他
■オープニングアクト Love Samba Dees 他
※映画「故郷の詩」の上映はありません。

■開場/開演 17:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます / スタンディング)
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター / 早川倉庫 / DENKIKAN 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



矢舟テツロー

矢舟テツロー

矢舟テツロー (Tetsuro Yafune)

シンガーソングライター、ピアニスト。
あくまでもオーセンティックなジャズをベースにしながら、 日本語の響きを最大限に生かした 「ヒップな」ポップ・ミュージックを作り続ける、 日本では数少ないタイプのミュージシャン。

これまでに5枚のアルバムをリリース、 2015年3月4日には待望のニューアルバム「ロマンチスト宣言」の リリースを控えている。

またアメカジ・ファッション愛好家としても有名で、 ファッション業界からの注目度も高い。

(公式サイトはこちら)


矢舟テツロー
LIVE

2015.03.07.(土)at cafe vial
[熊本市東区江津1-1-12]
■開場 19:30 開演 20:00
■前売/当日 2,000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)

■オープニングアクト Aya&Ai&Naoki
■DJ : sonictimemachine
■前売りチケット取り扱い:cafeviale
■問合 : [cafeviale] 096-362-3751



シガキマサキ

シガキマサキ

シガキマサキ
37歳。1児の父。
ウィークエンドシンガーソングライター。

過去に4枚のCDを発表。収録曲が各地FM局にてヘビーローテーションとなり、好評を得る。
2009年に転職。もう一つの夢であった教師の道へ。
しばらく事実上の活動休止であったが、2013年より新たに活動再開。
現在は仕事の傍ら、週末のみマイペースに活動中。
2013年4月~「everything is simple」がトヨタカローラ山口のCMソングとして 2014年1月~「Wonderful human life」が中国警備保障のCMソングとして起用されている。

ぬくもりのある声、シンプルながら味わい深い言葉の使い手。
何だか胸に沁みるメロディに乗せて、今宵も誰かの人生を歌う。

(公式サイトはこちら)


【春の嵐】
LIVE : シガキマサキBAND

2015/02/28(sat)@NAVARO
[熊本県熊本市中央区中央街5−17 熊本中央ビルB1F]

■開場/開演 20:00
■前売 2,000円 当日 2,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
※未就学児入場無料/学生 1000円(年齢確認できる身分証明書のご提示をお願いいたします。)
■オープニングアクト有り
■DJ : まさ やん / TAJIRI 他
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



丈青(Josei)

丈青(Josei)

丈青(Josei)
ボーカリストである母の影響で、3 歳からピアノにふれクラシックを学ぶ。 また同時にブラックミュージックをはじめとする多岐にわたる音楽に親し み、その語法を独学で習得。
1997 年に本格的にジャズピアニストとしての 道を歩むことを決意。鈴木勲のバンドへの参加を機にジャズシーンに広くそ の名が知れわたり、一躍トップピアニストとしての地位を確立。
2003 年に はSOIL&"PIMP"SESSIONS に加入、メジャーデビューを果たす。Gilles Peterson に認められたことから活動が世界規模へと発展、2007 年には同バ ンドから派生したピアノトリオJ.A.M を結成、これまでに3 枚のアルバムを リリースする。
ソロとしての活動では日野皓正、菊地成孔らと共演し絶大な る支持と信頼を獲得。類い稀なるリズム、グルーヴへの感覚、幼年期より養 われた広汎な音楽的造詣をもとにした清新なソングライティングや鮮烈な イメージを喚起するインプロヴィゼーション、クラシックを素地とする卓越 したタッチは、José James, Jamie Cullum, Eric Harland といったトップア ーティストからも賞賛される。次代のジャズを担う最重要人物のひとりとし て、世界的に注目される存在である。
2014 年10 月、初のソロピアノ作《I See You While Playing The Piano》 をリリース。

(公式サイトはこちら)


Josei
《I See You While Playing The Piano》リリースツアー
2014-2015 熊本公演

2015.02.21 (sat) at 島田美術館
[熊本県熊本市西区島崎4-5-28]

■開場 18:00 開演 19:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:島田美術館 / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[島田美術館] 096-352-4597



中村善郎

indigo jam unit

中村善郎
ボサ・ノヴァ・アーティスト(作詞・曲、ギター、ヴォーカル)

1977〜79年ブラジル及び南米諸国遊学中にボサノヴァ・ギターと出会い、ポルトガル語のオリジナル曲も作り始める。
1980年代初頭よりブラジル音楽のスペシャリストとして活動を開始、1990年「リテラリオ」でCDデビュー。ブラジル、フランス、NY録音を含む18作のリーダー・アルバムのほか、FM・TV放送、CM制作、映画音楽などで活動。
ボサノヴァをルーツとしつつ洋・邦楽やJ-Popなど様々なアーティストと交流、楽曲提供も多数。プロデューサー、ライター、ナレーターとしても定評がある。
抑制の効いたヴォーカルと端正なアコースティック・ギターの演奏はブラジルをはじめ海外でも高く評価され、ボサノヴァ・マエストロとして定着している。
最近では2013年12月に能楽堂でのソロ・ライヴを収録した自身初のライヴCDを、2014年4月には人気声優・齋藤千和による日本語ナレーションをあしらった企画アルバム「ボサノヴァの歴史」をリリース、また自身の作・編曲・演奏による「おつきさまのうた」が2014年10〜11月NHKみんなのうたとして放送される。

(公式サイトはこちら)


中村善郎
ソロライブ

2015.2.15(日) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 18:00 開演 19:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:Tsutaya Muic Cafe Morricone / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



THAMII

THAMII


THAMII
太陽からこぼれるメロディー 南風に揺られるリズム 

ジャワイアン、レゲエ、ソウル、サーフなどを随所にちりばめた常夏のビーチサイドミュージック

大阪の某有名スタジオで18歳からレコーディングの修行を行い、弱冠23歳でチーフエンジニアを担当
28歳の頃から歌い始め、今では全国各地のカフェバーから、大規模なフェスまで、毎年100本を超える大小様々なライブ活動を展開している。

2008年、作詞,作曲,演奏,録音などすべてを一人で行った100%DIY完全自主制作アルバム「BEACH SOUND」をリリース、現在シリーズ5作目までをリリース(3タイトルは入手不可)
2012年には「BEACH SOUND5」とレトロポップスをテーマにした「PRIVATE BEACh」を同時リリース 全国40カ所にのぼるリリースツアーでは各地で大きな反響を呼ぶ

海外のアーティストとの共演も多く "ドノバンフランケンレーター "START LIVIN' Japan Release Party"を筆頭に MISHKA,Hayley Sales,Carter Rollins,ASHLEIGH MANNIX など名だたるサーフ系アーティストのツアーに帯同、次世代のサーフミュージックとしても注目を集める。

2015年初夏には2年ぶりとなるニューアルバムをリリース予定、 また新たな音の旅が始まろうとしている。

(公式サイトはこちら)


THAMII
winter tour 2015

2015/02/08(sun) at Cafe Walk(ウォーク)
[熊本市中央区本荘2丁目1-12 / 090-8627-4802]

■開場/開演 18:30(Thamii 演奏開始予定時間 21:00~ )
■前売 2,000円 当日 2,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
※未就学児入場無料/学生 1000円(年齢確認できる身分証明書のご提示をお願いいたします。)

■オープニングアクト ChaoBee / 七星
■DJ : 有

■前売りチケット取り扱い:Cafe Walk(ウォーク) / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



前川真悟(from かりゆし58)+ DJ KEIN

LOVERS ROCK NIGHT vol .4


LOVERS ROCK NIGHT vol .4
☆スペシャルゲスト☆
■前川真悟(from かりゆし58)
■DJ KEIN

2015/02/07(sat) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 / 開演 23:00
■前売 2500円 当日 3000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:Tsutaya Music Cafe Morricone / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LOVERS ROCK] 096-284-1551
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



indigo jam unit

indigo jam unit

indigo jam unit
2005年結成。樽栄嘉哉(Pf)、笹井克彦(WB)、和佐野功(Dr & Per)、清水勇博(Dr)からなるインスト・ユニット。
2006年1st album "DEMONSTRATION"をリリース以来、年1枚のペースでオリジナルアルバムを発表。
2013年、バンド結成9年目9枚目となる"Milestone"をリリースし、 オリジナルアルバムのセールストータルが10万枚を突破。
上記オリジナルアルバムに加え、HIP HOP界のリリスト"COMMON"の リワークアルバム"re:common from indigo jam unit"をリリース。
また、2009年、flexlifeとのコラボレーションアルバム"Vintage Black"、 2011年、ボーカルにAlicia Saldenhaをゲストに迎え製作された"ROSE"、 2013年、HMV限定発売の"impression"の3枚のカバーアルバムも発表。 レコーディングはすべて一発録音で、修正やダビングを一切せず、リアルなサウンドを追求。
樽栄-クラシック、清水-ジャズ、笹井-ファンク、和佐野-ラテン、と、 4人それぞれのルーツが色濃く反映された独自のクロスオーバーサウンドが特長。

(公式サイトはこちら)


indigo jam unit
release tour 2015

2015/01/11(sun/祝前日) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:Tsutaya Music Cafe Morricone / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



東田トモヒロ

ピーターバラカン

東田トモヒロ
1972年熊本生まれ、熊本市在住。
2003年のデビュー以来一貫してメッセージ性の高い、音楽性豊かな曲を発信し続け、国内はもとより海外からも高く評価されるシンガーソングライター。
またその持ち味でもあるエネルギーに満ち溢れたライブで、これまでに数多くの音楽フェスティバルなどに出演。

2014年には通算11作目のアルバム「timeless world」をリリース。
自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、人生を『旅』ととらえ 歩みを続けている。
福島県南相馬市の子どもたちに、季節の野菜くだものを届けるプロジェクト「change the world」の代表。


(公式サイトはこちら)


東田トモヒロ&The Roasters
大晦日カウントダウンパーティー

2014.12.31(水) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 22:00 開演 22:30
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:Tsutaya Music Cafe Morricone / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター / THE DAY CAFE 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)

谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)

谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
アメリカ、ヨーロッパ、南米、アジアと世界を股にかけ活躍する大所帯スカバンド・東京スカパラダイスオーケストラのバリトンサックス担当。
2014年にデビュー25周年を迎えたスカパラはメモリアルアルバム「SKA ME FOREVER」を発売し、アメリカ・メキシコでも同アルバムを発売。 メキシコでは6500人を動員したワンマンライブを行うなど世界中にトーキョースカサウンドを響かせ続けている。

(公式サイトはこちら)


LOVERS ROCK NIGHT vol .3
guest DJ : 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)

2014.12.20 (sat) at 2110(ツーワンワンゼロ)
[熊本市中央区下通1-10-6 アーバン21ビル10F]

■開場 22:00 DJスタート 24:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■DJ : TAKU-LOW(LOVERS ROCK)/ CALDELIC POINT / まさ やん / ITSUKI (ニーノ&ニーナ) / AmanE
■前売りチケット取り扱い: TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[LOVERS ROCK] 096-284-1551



Cyber X'mas 2014

DAISHI DANCE

DAISHI DANCE
札幌を拠点に活動するHOUSE DJ/PRODUCER。
メロディアスなHOUSEからマッシブなHOUSEまでハイブリッドでカッティングエッジなDJスタイルでダンスフロアに強烈なピークタイムと一体感を創り出す。

札幌の老舗CLUB"PRECIOUS HALL"でのレギュラーパーティは16年目に突入し毎月5時間~8時間ものロングセットDJを披露している。

(公式サイトはこちら)


CYBERJAPAN DANCERS

CYBERJAPAN DANCERS
日本を代表するゴーゴーダンサーチーム「CYBERJAPAN DANCERS」
House Music プロデューサーでもあるMITOMI TOKOTO が結成、25名近くのダンサーを擁するチーム。プロのダンサーから、モデル、ポールダンサー等、様々な顔を持つルックスにも秀でたメンバーが集まり、日本全国のみならず、海外でのその活躍の場を広げる。
マネージメントは、CYBERJAPAN inc.
日本全国の主要クラブで、もっとも数多く出演、さらにアジア圏 韓国(Club M2, Ellui等)、中国、シンガポール(Zouk)、マレーシア、インドネシア、バリ、台湾などのクラブ、イベントにも出演。2012年には、世界最大のフェスUltra Music Festival Koreaにも出演。
PACHA IBIZA, HED KANDI, COCOON, DEFECTED In The House と言った国際的なパーティーブランドにも多数出演。
ダンサーに限らず、日本の人気ランジェリーブランド『Ravijour』にモデルとして出演、TVにも登場するなど、クラブ以外でも大活躍中!過去共演したアーティストは、David Guetta (Gogo Dancers & "Everytime We Touch" MV出演), m-flo, 2NE1, Afrojack, Tiesto, Skrillex, Cosmic Gate, Ferry Corsten, DJ Chuckie, Norman Doray, Sven Vath らと言った世界のビッグネームが名前を連ねる。

(公式サイトはこちら)


Nasse Kumamoto presents
【Cyber X'mas 2014】
■Guest DJ / DAISHI DANCE
■Guest Performance / CYBERJAPAN DANCERS

2014.12.05.(fri) at セカンドサイト5F
[熊本県 熊本市 花畑町13-10]

■開場/開演 22:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)

■DJ : TERRA / Kinaco aka Yoshie Takahashi / DAMO / TΔKΛHIRO
■VJ : KIKUCHI

■前売りチケット取り扱い:セカンドサイト / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター / 他
■問合 : [SECOND SIGHT 1F JANJANGO] 096-323-1121



ピーターバラカン

とことん音楽を愛し、日夜電波に乗せて良質な音楽を発信し続けるピーター・バラカンによる 【 出前DJ 】 が熊本初上陸。
真摯かつユーモア溢れるトークと、独特の視点から選曲するDJ を繰り広げます。
ロンドン育ち、20世紀大衆音楽とともに歩み続けた人生から滲み出る音楽論。まさにスペシャルな一夜です。

ピーターバラカン

ピーターバラカン
1951年ロンドン生まれ。
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。
現在フリーのブロードキャスターとして活動、「Barakan Beat」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(Tokyo FM)、「ビギン・ジャパノロジー」(NHK BS1)などを担当。

著書に『ラジオのこちら側で』(岩波新書)『200CD+2 ピーター・バラカン選 ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』(学研)、『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『猿はマンキ、お金はマニ 日本人のための英語発音ルール』 (NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック名盤 240』(講談社+α文庫)などがある。

(公式サイトはこちら)


Tsutaya Music Cafe Morricone presents
ピーターバラカン 出前DJ @熊本

2014.11.29(sat) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:Tsutaya Music Cafe Morricone / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



大蔵 from ケツメイシ(DJ/LIVE) & DJ KEIN

大蔵 fromケツメイシ

大蔵 fromケツメイシ
ケツメイシのリーダー。ケツメイシの筋肉担当ではあるが、もの凄く優しい心を持つ今だ
少年のような人柄が彼のリリック(歌詞)にも生きている。
勤勉な性格で、1つ1つの行動や言動などを必ず反復する習慣は、大蔵の持つ 生真面目な学習能力の高さを感じさせる。
横浜で育った環境であるがゆえに、地元横浜で活躍するレゲエアーティストや ヒップホップアーティストとの親交も深く、フィーチャリングなどの音楽の参加も 盛んに行っている。
そんな彼がクラブでは、グループのコンサートでは見せないDJ、MC、ライブという、スタイルで登場する。


大蔵 fromケツメイシ

DJ KEIN
SELECTOR&MC、トラックメーカー。
沖縄と東京を拠点に国内外問わず数々のイベントに出演中。
東京生まれ。1995年よりDJを始めREGGAESOUNDを結成。
CLUB、フェス にて精力的に活動。
2008年よりソロになり、名を改め新たなステージへ。

レゲエを中心とした幅広い選曲と独特のMCスタイルは、ジャンルのボーダーを超えてパーティーピ-プルの心と体を踊らせる。
2012年 BIGGA RAIJI とのシングル「I NEED U」はiTunes /REGGAEにて第3位を記録。
2014年 RYO from ORANGERANGEとのシングル「TIM DON DON」,MOOMINと「しあわせのかけら」をリリース。
その他アーティストプロデュースやCM音楽など手掛ける。
イベントでは東京、沖縄を中心にレギュラー出演中。

(公式サイトはこちら)


LOVERS ROCK NIGHT vol .2
■guest : 大蔵 from ケツメイシ(DJ/LIVE) & DJ KEIN

2014.11.28(fri) at VIBE
[熊本県熊本市下通1丁目6-18カーナA-1ビル3F]

■開場 21:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)

■DJ
TAKU-LOW(LOVERS ROCK)
SHIGEKIXX(JーMASTER)
TAISEI(EMILLIANO)
■live
COOKIE(sannys camp)
KAN-ROCK(WARLGORO)

■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[LOVERS ROCK] 096-284-1551



Shima&ShikouDUO

Shima&Shikou

Shima&ShikouDUO
島裕介(trumpet,flugelhorn), 伊藤志宏(piano)のDUO。
2005年3月から東京都内でのライブを中心に活動を開始。
シンプルな編成ながら、その圧倒的なライヴパフォーマンスは全国各地で評判となる。
2006年8月、1stアルバム「雨の246」をリリース。
2007年7月にはFujiRockFestival07' にAvalonステージのトリとして出演。最初数十名だった観客が、 最後アンコール時には1500人程になるというパフォーマンスを果たす。
2008年1月9日 2ndアルバム「Road To The Deep North」を発売。タワーレコードJ-JAZZチャート1位を獲得。海外ラジオ番組でもオンエアされる。
2009年4月22日 ビクターより 3rdアルバム「Poetry」をメジャーリリース。
全曲ホールレコーディングを行った4作目のアルバム「呼吸」2012年4月リリース。夏に放送されたNHK-FMの1時間特番は大きく話題となった。
近年ではお互いソロでの活動が多く、不定期に全国ツアーを行っている。

(公式サイトはこちら)


Shima&ShikouDUO
九州ツアー2014 熊本公演

2014.11.25(tue) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:Tsutaya Music Cafe Morricone / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター / PAVAO 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



平戸祐介(quasimode)& bird ☆西畠清順(そら植物園)

bird

bird
シンガー & ソング・ライター(1975 年 京都出身)

グルーヴィな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。
大沢伸一/MONDO GROSSO 主宰レーベルより「SOULS」で1999 年デビュー、1st アルバム「bird」は70 万枚突破。ゴールドディス ク大賞新人賞獲得。

伸びやかな歌声を武器に、ジャンルの垣根を越えて活躍するその姿勢は、ライブも含め音楽ファンから高い評価を得ている。
15 周年Year の2013 年3 月20 日(水)に、 新曲2 曲を含む、樋口直彦氏のギターとbird で紡ぐオーガニックアルバム「HOME」、 全曲リマスタリング & Blu-spec CD2 にて2 枚組BEST 盤「bird's nest 2013」、 の2 タイトル同時発売。
9/25 に9 枚目のアルバム「9」も発売。
2013年はbird が歌う資生堂140 年企業CM も放送
現在2014 年末発売予定のアルバム制作中。

(公式サイトはこちら)

平戸祐介 (quasimode)

平戸祐介(Pf、Key)
長崎県生まれ。
ジャズ喫茶を経営する父親とクラシック・ピアノの先生をする母親の間に生まれ、4歳の頃よりピアノを弾き始める。
父親の所有する膨大なジャズ・レコードを聴きながら育ち、中学生の頃からジャズピアニストとして活動を開始。
高校時代にはNYマンハッタン音楽院のサマー・ワーク・ショップでトップ・レベル・コンボに抜擢され、最優秀賞を獲得。
卒業後渡米し、NYにあるニュースクール大学ジャズ科に進み、Walter Bishop Jr.に師事する。
'95にはRichard Davis (Bs), Winard Harper (Ds)と共演、ジャパン・ツアーで成功を収める。
大学卒業後に帰国、上京し、quasimodeを結成。
現在はリーダーとしてバンドを牽引しながら、様々なジャズ・クラブでのライヴ、レコーディングなども積極的に行なっている。

(公式サイトはこちら)


西畠清順

西畠清順
植木の卸問屋、『花宇』の五代目。
日本全国・世界中を旅し、収集している植物は数千種類。
2012年、ひとの心に植物を植える活動「そら植物園」をスタート。
植物を用いたいろいろなプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開し、反響を呼んでいる。

(公式サイトはこちら)




Tsutaya music cafe Morricone Renewal Open Party
「うたと植物が奏でる"旅の祝宴"」
Special Guest ☆平戸祐介 (quasimode) & bird ☆西畠清順(そら植物園)

2014/11/20(thu) at Tsutaya Music Cafe Morricone
[熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00
※平戸祐介 (quasimode) & bird LIVE START 20:00
■前売 4,800円 当日 5,300円 (ご入場時別途ドリンク代として500円いただきます)
※料理(オードブル/ビュッフェ)付き
■前売りチケット取り扱い:Tsutaya Music Cafe Morricone / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター / Vertigo / 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155



THE MAN

THE MAN

THE MAN
2012年に結成。
元 東京スカパラダイスオーケストラの 冷牟田竜之を中心に、 オーセンティック・スカをベースにした ロックグルーヴの8人編成によるスカバンド。
2013年5月にTaboo Recordより 1stアルバム「THE MAN」をリリース。
SKAファンのみならず、ROCKファンをも巻き込み熱狂させる骨太の楽曲を引っ提げ、アルバムリリースツアー、フェスや各イベントへの出演、ストリートライブや全国をツアーで回るなど勢力的にライブを展開。
THE MANの爆発的なステージングで 知名度を着実に高めていった。
2013年12月に行われた初のワンマンでは、チケット先行が即日完売。 ライブハウスの入場キャパを最大限まで拡大し全チケットをSOLD OUTさせた超満員の会場は、凄まじい熱気に包まれた。
2014年5月21日にビクターエンタテインメントよりメジャーデビュー。 メジャーデビューイヤーになる7月、FUJI ROCK FESTIVAL'14 WHITE STAGEに初出演。ライブバンドの勢いを更に加速させたステージパフォーマンスに、会場を埋め尽くした観客を熱狂させた。
今後もワンマンライブ、ツアーや大型フェス、各地イベント出演など続々決定している。

(公式サイトはこちら)


THE MAN
AYANAS presents Curious × THE MAN Album Release Live "GABBA GABBA HEY" in KUMAMOTO

2014.11.6(thu) at ONE DROP Dining Studio
[熊本市東区沼山津1丁目1-21]

■開場 19:30 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要2ドリンクオーダー)

■オープニングアクト : a noare
■DJ : TAKU-LOW(LOVERS ROCK)

■前売りチケット取り扱い:ONE DROP Dining Studio / AYANAS / LOVERS ROCK
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[ONE DROP Dining Studio] 096-331-1106
[AYANAS] 096-324-6944
[AYANAS] 096-284-1551



MOUNTAIN MOCHA KILIMAJARO

MOUNTAIN MOCHA KILIMAJARO


MOUNTAIN MOCHA KILIMAJARO
疾⾛走するインストゥルメンタル・バンド。時代のマナーとカルチャー への敬意を貫きながらも、既成に⼀一切切執着しない超攻撃型6ピース。
国内外のクラブシーンから野外フェスまで、あらゆる客席をダンスフ ロアに変えるヘヴィ・ファンク・フォース。
ソウル・ミュージックのマナーを基調とした⼤大胆かつ緻密な楽曲アプローチは、まさに⿊黒⼈人⾳音楽を全年年代的に貫くファンクを体現しており、インスト・ファンクの新たなディレクションとなっている。

(公式サイトはこちら)


MOUNTAIN MOCHA KILIMAJARO
『壱弐参四伍録』リリース・ツアー

2014.11.01(sat) at NAVARO [熊本市中央区中央街5-17熊本中央ビル地下]

■開場 19:00 開演 20:00(オープニングアクト スタート)
※モカキリは21時開始予定
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
※オールスタンディング

■オープニングアクト: a noare
■DJ / masaru(Get on Music Joint)、kuroiwa(milestone)

■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / NAVARO / AYANAS 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[NAVARO] 096-352-1200



コトリンゴ

コトリンゴ

コトリンゴ
8歳よりピアノを始め、7歳で初めての作曲をする。

 1999年、神戸の甲陽音楽院を卒業後、ボストンのバークリー音楽院に留学。ジャズ作・編曲/ピアノパフォーマンス科専攻。
在学中には教会でのクワイヤのレギュラーピアニストや、バークリーのヴォイス科のピアノ伴奏の仕事も務めながら、数々の賞を受賞。学位を取得後NYへ移り、様々なギグに参加。

2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。
2006年3月、坂本龍一がナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディションコーナーにて、のちに2ndシングルとなる『にちよ待ち』がオンエアされ、坂本龍一プロデュース「ロハスクラシックコンサート」にも出演。

2006年「月桂冠・つき」のCMソングとなり話題になった『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。
翌年、1stアルバム『songs in the birdcage』を発表。以降、現在までにカヴァーアルバム、ミニアルバム、バンド名義のアルバムを含む、9枚のアルバムを発表。

2013 年、新しいメンバー を迎えて再生/始動する新生に加入。ソロ活動とともに、メンバーとしても 活動を開始。

  2014 年 3 月 にはドラマ「明日、ママがいない」(NTV 系)の主題歌「誰か 私を」( シングル ) をリリース。同曲を含む、待望のフル・アルバム「birdcore!」を発表。

ソロ作品のほか、「新しい靴を買わなくちゃ」「くまのがっこう」「BECK」など映画のサウンド・トラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。
他アーティストへの楽曲提供やレコーディング参加、ライブサポートなど、活動は多岐にわたる。

ライブ活動も多く自身のツアーのほか、WORLD HAPPINESS、SUMMERSONIC、FUJI ROCK FESTIVAL、SWEET LOVE SHOWER など数々の音楽フェスティバルにも参加している。

卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で、浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライターとして各方面から注目を浴びている。

(公式サイトはこちら)


コトリンゴ
蒲池眼鏡舗FLOOR 1st Anniversary

2014.10.31(fri) at 蒲池眼鏡舗FLOOR [熊本県熊本市 中央区上通町6−15]

■開場 19:30 開演 20:30
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■FOOD & SWEETS : walet
■協賛 walet / meranco ricca / fakejam / Bar Sunroof / hair salon YELLOW / Vvit / wallflower by jun okamoto
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[蒲池眼鏡舗FLOOR] 096-273-6449



トミーゲレロ

近藤房之助

Tommy Guerrero
カリスマティックなスケーターとして世界のストリートに影響を与え、オリジナリティ溢れるサウンドで多くの支持を得ているミュージシャンでもある、真のストリート・アーティスト。
サンフランシスコ出身。伝説のスケートボード・チーム【Bones Brigade】最年少メンバーとしてシーンに登場。抜群の知名度と影響力を持つオリジナル・ストリートスケーターとしてスケートボード界で成功を収めた。
その後、ミュージシャンとして音楽活動も開始する。
98年に発表したデビューアルバム『Loose Grooves & Bastard Blues』がロングセラーを記録、音楽シーンでも確かな地位を確立する。Galaxia、Mo' Waxなどのレーベルからのリリースも含め、作品をコンスタントに発表。現時点での最新作である『No Mans Land』(12年)を含めアルバムを9枚を発表している。
近年ではリリースの度に大規模なツアーを行い、日本でも数カ所ツアーを行い、新たなファンを獲得している。
14年10月08日には待望の新作『Perpetuum』のリリース、同月、全国9箇所にも及ぶジャパンツアーが決定!

(公式サイトはこちら)


Tony Guerrero & EL DIABLITOS

Tony Guerrero & EL DIABLITOS
「エル・ディアブリートス」は、オレゴン州ポートランドを拠点とするマカロニ・ウェスタン風バンド。
サンフランシスコ出身の【トニー・ゲレロ】は、バンドのトレードマークであるクリーンなステレオ・ギターで魂を突き刺すようなギター・メロディを演奏して、このバンドのサウンドをクリエイトする。エレクトロニックな要素を取り入れたドラムを叩くのは、東オレゴンの砂漠出身【ドン'ヴィト'グリスウォールド】。
流れるようなベースでバンド全ての音をつなぎ合わせるテキサス出身の【ブレット'ボリージョ'エデレン】。
彼らの渦巻くような、リヴァーブの効いた不気味なアップビート・チューンは、どのジャンルや年齢層のオーディエンスにも訴えかる。
14年10月08日にアルバム『COME HELL OR HIGH WATER』で日本デビューが決定。
同月、トミー・ゲレロとの全9箇所にも及ぶ、ジャパン・ツアーが決定!

(公式サイトはこちら)


Tommy Guerrero
"Perpetuum" Japan Tour 2014 with Tony Guerrero & EL DIABLITOS
supported by acoustics

2014.10.27(mon) at セカンドサイト5F [熊本県 熊本市 花畑町13-10]

■開場 19:00 開演 20:00(オープニングアクトスタート)
■前売 4000円 当日 4500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■support DJ : CALDELIC POINT / JOEGO / HIGE
■前売りチケット取り扱い: acoustics / anerca&L.I.V / セカンドサイト / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター / OLLI / The Day Cafe / 漫画人館 / 他
■問合 :
[acoustics] 096-323-1753
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[SECOND SIGHT 1F JANJANGO] 096-323-1121



LOVERS ROCK NIGHT vol .1

LOVERS ROCK NIGHT vol .1


■【緊急決定!前川 真悟(かりゆし58)、RYO(ORANGE RANGE )、DJ KEIN 来熊!】


LOVERS ROCK NIGHT vol .1
ゲスト RYO(ORANGE RANGE )/ 前川 真悟(かりゆし58)/ DJ KEIN

2014/10/20(mon) at VIBE [熊本県熊本市下通1丁目6-18カーナA-1ビル3F]

■開場 21:00
■前売 2000円 当日 2500円 (共に要1ドリンクオーダー)

■DJ : HIGE【2110】 / 5040【emilliano】 / NOBORU【emilliano】 / SYO5IVE【HARLEM】 / LUCKA MOUNTAIN【studio1592】 / TAKU-LOW【LOVERS ROCK】
■前売りチケット取り扱い: セカンドサイト / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / にょろんが 他)
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[LOVERS ROCK] 096-284-1551



近藤房之助

近藤房之助

近藤房之助
1951年生まれ。日本では数少ないブルース・シンガー。
76年京都にて伝説のバンド、BREAK DOWNを結成。
90年にLIVEアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。
また、同年、企画バンド「B.Bクィーンズ」に参加、テレビ・アニメの主題歌「おどるポンポコリン」をリリースする。
この老若男女楽しめるパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年のレコード大賞をも獲得するに至った。
コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動と、B.B.KING、OTIS RUSH、BOBBY "BLUE"BLAND、STUFFなど海外のミュージシャンと共演する傍ら、日本に於いても数多くのミュージシャンに影響をあたえ続け、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立を果たしている。

(公式サイトはこちら)


近藤房之助
LIVE 2014 〜Anytime Anyplace〜
■メンバー / 近藤房之助(Vo/G) 宮川剛(Perc)YANCY(Key)

2014.10.11(sat) at セカンドサイト5F [熊本県 熊本市 花畑町13-10]

■オープニングアクト : 上村正人バンド[ROCK in JAZZ]
■開場 19:00 開演 20:00(オープニングアクトスタート)
■前売 4000円 当日 4500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い: セカンドサイト / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / にょろんが 他)
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[SECOND SIGHT 1F JANJANGO]096-323-1121



奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎
「大根 ! 人参!ロックンロール!くよくよしようぜ! 」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団や、アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。
弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。
泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。
2013年、初の弾語り全国ツアーを実施、ライブ会場限定にて『HOLE IN ONE』をリリース。
2013年、年末より天才バンドも始動。

(公式サイトはこちら)


奇妙礼太郎
弾き語りライブ at SAZAE

2014.10.06(月) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
※着席・スタンディング
■前売りチケット取り扱い: Sazae / にょろんが 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[Sazae] 096-223-5701



moomin&島袋優(BEGIN)、DJ KEIN

MOOMIN

MOOMIN


島袋優(BEGIN)

島袋優(BEGIN)


DJ KEIN

DJ KEIN



~AFTER SUMMER~
moomin&島袋優(BEGIN)、DJ KEIN
【Opening Act】ボンボ藤井(ウクレレ ワークショップ)


■MOOMINのライブにBEGINの島袋優が参加のスペシャルライブ!
特別企画として、ウクレレを持ってくれば本番LIVEに参加出来る!
*ボンボ藤井さんにウクレレを教えてもらって、MOOMIN&DJ KEIN&島袋優(BEGIN)のライブの時に一緒にウクレレ弾きましょう、 一緒に弾く曲は【涙そうそう】です。

2014.9.20(sat) at セカンドサイト5F [熊本県 熊本市 花畑町13-10]
■開場 19:00 開演 20:00(オープニングアクトスタート)
■前売 3000円 当日 3500円 (共に要1ドリンクオーダー)
※保護者同伴に限り、中学生まで入場無料(ドリンク代500円はいただきます)
■前売りチケット取り扱い: セカンドサイト/TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター/にょろんが他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[SECOND SIGHT 1F JANJANGO]096-323-1121



agora

agora

露木 達也(つゆきたつや) / Vocal & Guitar
湘南出身のギタリスト/シンガー。
>高校生時代にエレキギターを始めロックを演奏するギター少年だったが、やがてMiles DavisやJohn Coltraneなどの音楽からジャズに傾倒し、ECM系のサウンド、Pat Metheny、Keith Jarrett、John Abercrombieらに影響を受け、特にPat Methenyがブラジル音楽への一歩となり、Toninho Horta、遡ってAntonio Carlos Jobim、Joao Gilberto、Caetano Velosoらへとつながり、現在に至る。
またクラシックギターに移行する過程では、師事していたアルゼンチン人ギタリストAriel Asselbornの影響で、Quique SinesiやCarlos Aguirre、Luis Salinasなどアルゼンチン・フォルクローレを通過し、現在の演奏スタイルを確立している。
現在はボサノバをメインのフィールドとしながら、複数のユニットで活動を続け、ソロライブも精力的に展開。ソロ活動では、繊細でハートフルなギターと柔らかいヴォイスの弾き語りで、幅広いオーディエンスを魅了。

(公式サイトはこちら)

小畑 和彦

小畑 和彦 / Guitar
福岡県出身。
九州産業大学在学中にプロ活動を始める。
81年上京後、都内ラウブハウスを中心に活動。
Spick & Span、今田勝Now Inn等のバンドを経て、Pan Cake、fronte等のバンドで活躍中。
又、ソロギター活動や、作・編曲、ブラジル系シンガーのプロデュースなど積極的に行っている。
小野リサ、平井堅、TOKU、マンデーミチル等数 多くのレコーディングにも参加している。

(公式サイトはこちら)

]

石川 智

石川 智 / Percussions
兄の影響で9歳の頃からパーカッションを始める。
中学高校時代、ハードロック、フュージョンドラムを叩き、大学在学中にラテン音楽に目覚める。
中でも特にブラジル音楽に傾倒、サンバ、ボサノバをはじめ、ブラジルのあらゆるリズム、奏法、アンサンブルスタイルをマスター。
この頃よりプロとしての演奏活動を開始。
小野リサはじめ、多くのアーティスト、ミュージシャンとセッション、レコーディングに参加しジャンルは多岐にわたる 。

(公式サイトはこちら)



agora tour 2014
露木達也(vo/gt) with 小畑和彦(gt) & 石川智(perc)

2014.09.10(wed) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■投げ銭 (要1ドリンクオーダー)
■問合/チケット予約 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155



tamamix

tamamix

tamamix
ウクレレの音色と懐かしいメロディで過去と未来を繋ぐ、魔法の「ウクリスト」 YouTube "tamamix channel"での再生回数が合計120万回を超え、音楽界から熱い注目を浴びる「声とウクレレ」のロユニットtamamix。 ポット型浄水器「Brita(ブリタ)」サウンドロゴをはじめ、SkypeCMなどに演奏、活動の幅を広げる。

2011年7月ショーロクラブ「武満徹ソングブック」にゲストボーカルで参加。
アン・サリー、おおたか静流、おおはた雄一、沢 知恵等と共演。 2011年11月には、ショーロクラブの沢田穣治を迎え、待望の1st.アルバム「u.ku.lu」を発表。

(公式サイトはこちら)

永見行崇

永見行崇
1972年島根県出雲市生まれ。
5歳よりクラシックピアノを学ぶ。

1995年 九州芸術工科大学芸術工学部音響設計学科卒業
1998年 NYにてピアノをBarryHarris氏に師事
1999年 セネガルにてサバールをDoudou Ndiaye Rose氏とその一族に師事。
2001年 2年間に渡り劇団四季ミュージカル「ライオンキング」に打楽器奏者として出演。
2008年 再び1年半に渡り劇団四季ミュージカル「ライオンキング」に出演。

JAZZ、POPS、コンテンポラリーなど、様々なジャンルの鍵盤奏者として活動する一方で、セネガルの民族打楽器「サバール」をはじめとする打楽器も演奏し、アジア、アフリカ、中南米等の民族音楽にも造詣が深く現地の音楽家達との共演も多い。

日本的な情景を映し出す独特な"間"、幻想的な旋律と響きに満ちたピアノによるオリジナル曲を主体としたソロアルバムを3枚発表。

世界中のリズムやメロディーをバランスよく取り入れたアレンジとトラック制作も得意とし、現在は関東を拠点として様々なアーティストのアレンジやプロデュースも幅広く手掛けている。

(公式サイトはこちら)


tamamix
【九州でうくるるるるる♪in 熊本】
演奏 : tamamix(ukulele&vo) 永見行崇 (key)

2014.08.09(sat) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2000円 当日 2500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■問合/チケット予約 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155



THAMII

THAMII

THAMII
太陽からこぼれるメロディー 南風に揺られるリズム

ジャワイアン、レゲエ、ソウル、サーフなどを随所にちりばめた常夏のビーチサイドミュージック 大阪の某有名スタジオで18歳からレコーディングの修行を行い、弱冠23歳でチーフエンジニアを担当。
2008年 Manaの導きにより歌い始め、今では全国各地のカフェバーから、大規模なフェスまで、年間100本を超える大小様々なライブ活動を展開している。
作詞、作曲、演奏、録音などすべてを一人で行った100%DIY完全自主制作アルバム「BEACH SOUND」を計4枚リリース、2011年発売のBEACH SOUND4は、発売後2ヶ月足らずで早々に完売する。
"ドノバンフランケンレーター "START LIVIN' Japan Release Party" "MISHKA FALL TOUR 2012" "Hayley Sales"Japan Live Circuit2012" "THAMII&Carter Rollins fall tour 2013" など名だたるサーフ系アーティストのツアーに帯同。
2013年夏には2年ぶりとなるアルバムを2枚同時リリースし、全国40カ所にのぼるリリースツアーを行う。

(公式サイトはこちら)


THAMII
Acoustic Live !

2014.08.08(fri) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2000円 当日 2500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■問合/チケット予約 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155



伊藤志宏

伊藤志宏

伊藤志宏(いとう しこう)
ピアニスト、ボタンアコーディオニスト
作曲家、アレンジャー、プロデューサー
1977年8月28日生まれ
東京出身 ちなみに乙女座A型
五歳の頃より祖父の岸川基彦にクラッシックピアノを師事する。14歳のとき東京交響楽団とベートーベンピアノコンチェルト三番を共演好評を博す
慶応義塾経済学部入学後セロニアスモンクのソロピアノのCDを聞いて「ジャズもいいかも」 と思い独学で始め音楽理論も同時に一人で学ぶ。23歳くらいからいつの間にかライブを始めるようになりプロ活動を開始
特にドラム、ベースのいない変則形態における演奏には定評がある。
今現在、ソロピアノ、ピアノトリオ、多様な編成での独自の活動を模索中
また沢山の歌手から伴奏者、アレンジャーとして信頼を寄せられる

(公式サイトはこちら)


伊藤志宏
ソロピアノ 〜夏の静寂〜

2014.08.02(sat) at 男女共同参画センターはあもにい 多目的ホール [熊本市中央区黒髪3丁目3番10号]

■開場 18:30 開演 19:00
■前売 2,500円 当日 3.000円
■問合/チケット予約 :[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



東田トモヒロ

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年熊本生まれ、熊本市在住。
2003年のデビュー以来一貫してメッセージ性の高い、音楽性豊かな曲を発信し続け、国内はもとより海外からも高く評価されるシンガーソングライター。
またその持ち味でもあるエネルギーに満ち溢れたライブで、これまでに数多くの音楽フェスティバルなどに出演。
2014年には通算11作目のアルバム「timeless world」をリリース。
自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、人生を『旅』ととらえ 歩みを続けている。
福島県南相馬市の子どもたちに、季節の野菜くだものを届けるプロジェクト「change the world」の代表。


【organicross 〜Return To Innocence〜】
〜真夏の夜に東田トモヒロの"LOVE&PEACE"とオーガニックワイン〜
*美味しいオーガニックワインを揃えてお待ちしております!
*東田トモヒロ、"LOVE&PEACE"な名曲を数曲歌います!

2014.08.01(fri) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2500円 当日 3000円 (共に要1ドリンクオーダー)
■DJ有り
■出店:有機・自然栽培野菜の友作農園
■問合/チケット予約 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155



山口 武

山口 武

山口 武
京都出身、現在は大阪市在住。

ジャズベースの巨匠ロンカーターとは1995年から2000年まで メンズファッション「エフワン」のTVコマーシャルに出演。
ロンカーターとはその後、現在に至るまで日本ツアーを毎年 行い、彼とのアルバムは6枚、DVD1枚を発売。

正統派ジャズギターを演奏しつつも、新しい音楽も追求しながら 日本各地で活躍しているギタリスト

(公式サイトはこちら)



山口 武(JazzGuitar)with:増田幸代(vo)

2014.07.28(mon) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2500円 当日 3000円 (共に要1ドリンクオーダー)
■問合/チケット予約 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155



OFF THE ROCKER (Shinichi Osawa + Masatoshi Uemura) / FPM

OFF THE ROCKER

OFF THE ROCKER
大沢伸一とサウンド、プレイスタイルで共鳴し合うbonjour recordsの上村真俊によるDJデュオ。
事前の打ち合わせを一切せずにその場の反応で1曲づつ交互にスピンするBACK TO BACKのDJプレイは、それぞれの単独プレイより意外性と相乗性をもって変幻自在にフロアを盛り上げる。
OFF THE ROCKERとは"イカレてる"というスラングと、ROCKなDJスタイルのダブルミーニング。
レギュラーパーティーは渋谷VISIONでの「RAD」。
「ソファで聴くダンスミュージック」をコンセプトとしたMIX-CD「SOFA DISCO」をシリーズでリリースし、タイトルを冠にしたパーティーもおこなっている。

(公式サイトはこちら)


田中知之 (FPM)

田中知之 (FPM)
1997年にメジャー・デビュー。
以降、8枚のオリジナルアルバムのリリースの他、多数のアーティストのプロデュースも手掛け、リミキサーとしても、布袋寅泰、くるり、UNICORN、サカナクション、FATBOY SLIM、Howie B、など100曲以上の作品を手掛けている。
また、『オースティン・パワーズ:デラックス』『SEX AND THE CITY』への楽曲提供の他、村上隆がルイ・ヴィトンの為に手掛けた短編アニメーションの楽曲制作など活躍の場は多岐に渡る。
最近は自身のブランド、ListやConnecteeのディレクターとしての顔も。
国内外の次世代クリエイター計16組をリミキサーとしてフィーチャーした、『Scale』収録曲のRemix集『Scale Remixes』(全17曲)がiTunes等で配信限定発売中。


(公式サイトはこちら)


SOFA DISCO 2014

SOFA DISCO 2014
OFF THE ROCKER presents SOFA DISCO 2014
2014.12.4 on saleAVCD38817 定価2,400円(+税)

ミッド・テンポ・ニューディスコ//新世代UKハウス//インディー・ロック//アシッド・エレクトロをマイルドなグルーブで絶妙の温度感にブレンドした、ソファー・ディスコ・サウンド2014スタイル最新アップデート!!

日本を代表する人気DJ大沢伸一と高感度セレクトショップbonjour recordsの音楽バイヤーを務める上村真俊によるDJユニット・OFF THE ROCKERが"ソファーに座ってダンスミュージックを楽しむ"をコンセプトに提案する新感覚のパーティー「SOFADISCO」。
ただ盛り上がるだけを目的とせず、リスニングとして、軽く体を揺らせるサウンドとして、リラックスしてダンスミュージックを楽しめるパーティーとして全国のレストランやバーで開催され、クラブとは違った音楽の楽しみ方ができる社交場として人気を集めている。
そのパーティー感を味わえる同タイトルのMIX-CDも2013年2月に発売。
12/4には最新版にアップデートされた第2弾「OFF THE ROCKER presents SOFA DISCO 2014」がリリース。


【SOFA DISCO feat FPM in 熊本】
[SPECIAL GUEST DJ] OFF THE ROCKER (Shinichi Osawa + Masatoshi Uemura) / FPM


2014.7.25(fri) at セカンドサイト5F [熊本県 熊本市 花畑町13-10]
■SUPPORT DJ : HIRAKU / Kinaco aka Yoshie Takahashi / and more
■開場 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い: セカンドサイト / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / にょろんが 他)
■問合/チケット予約 :
 [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
 [SECOND SIGHT 1F JANJANGO]096-323-1121



akiko

akiko

akiko
2001年、名門ジャズレーベル「ヴァーヴ」初の日本人女性シンガーとしてデビュー。既存のジャズの枠に捕われない幅広い音楽活動で人気を博す。
現在までにライブ盤、ベスト盤含め、19枚のアルバムをリリース。これまでに「ジャズ・ディスク大賞」や「Billboard Japan Music Award」を始め、数々のミュージックアワードを受賞。2003年にはエスティー・ローダーより日本人女性に送られる美の賞「ディファイニング・ビューティー・アワード」を授与される。
またシンガーとしてだけではなく、ソングライティングやアレンジ、ジャケットのデザインも含めたアートディレクションに至るまでセルフ・プロデュースをもこなし、コンピレーションCDの選曲や他アーティストのプロデュースなども手がける。
アパレル・ブランドとのコラボレーションで帽子やワンピースなどのアイテムを展開するなどファション方面でも活躍。
また定期的に声を使ったボイス・ワークショップや、子供のためのジャズワークショップを開催している。更に英国アーユルヴェーダカレッジ日本付属校認定ア ーユルヴェーダライフスタイリスト、日本ナチュラルヒーリングセンター認定アーユルヴェーダ・ホームケアドクター及びライフコンサルタントの資格を取得し、2013年からはアーユルヴェーダのワークショップやスリランカでのリトリートツアーなども開催している。
音楽性やファッション性のみならず、そのライフ・スタイルにも多くの支持が集まる。
現在、自ら選曲と執筆を手がけたコンピレーションCD付き書籍『JAZZ ME UP!』が好評発売中。

(公式サイトはこちら)


~mocos renewal special event~
【JAZZ ME UP! LIVE!】
出演 : akiko(vo) 岩崎大輔(E.Pf )

2014.07.4(fri) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区 上通町1-1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■問合/チケット予約 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155



石野 卓球

石野 卓球

石野 卓球
1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。
1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。

1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade"のFinal Gatheringで150万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。
1999年からは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。
2004年は約3年振りとなるアルバム『TITLE#1』、4月には『TITLE#2+#3』(2枚組)を2ヶ月連続でリリース。その海外編集盤『TITLES』はヨーロッパ・アジア各国でもリリースされた。
2005年は4枚目となるDJ MIX CD『A PACK TO THE FUTURE』をリリース。
2006年はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと新ユニット"InK(インク)"を結成し、オリジナルフルアルバム『C-46』を、2007年にはInKのセカンドアルバム『InK PunK PhunK』を8月にリリース。
2010年には6年振りとなるオリジナルソロ作品『CRUISE』をリリースし、2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリースした。

(公式サイトはこちら)


【BLUES FOR SPACEGIRL】
[GUEST DJ] 石野 卓球
[SUPPORT DJ] HIGE(2110) / Kinaco aka Yoshie Takahashi / and more
[VJ]KIKUCHI (from WHITE.)

2014.6.28(sat) at セカンドサイト5F [熊本県 熊本市 花畑町13-10]

■開場 21:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い: セカンドサイト / 2110 / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / にょろんが / 各プレイガイド 他
■問合 : [SECOND SIGHT 1F JANJANGO]096-323-1121 / [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



SHANTI

SHANTI

SHANTI
 幼い頃から様々な音楽に触れてきたSHANTIは、小学生の時、聖歌隊で賛美歌を歌い、ミュージカルも経験。
97年バークリー音楽院サマースクール留学帰国後、CMの作詞作曲、ナレーション、ライヴ活動等を開始。そのソングライティングのセンスや歌唱力が多くのアーティストを魅了し、桑田佳祐、サディスティックミカバンド、CHAR、小林桂、TOKU、マリーン、TAKE6、小沼ようすけなど、名だたるミュージシャンたちと、様々な形でコラボレーションしてきた。海外のミュージシャンとの交流も多く、ピーター・アースキンやジョー・サンプルなどと親交を深めている。

 2008年フランスで製作した「Share My Air」に続き、10年6月コロムビアより「Born To Sing」でメジャー・デビュー。
配信アルバムがiTunesのジャズ・チャート1位を獲得するなど、発売直後から「SHANTI」の名とその類まれなるオーガニック・ボイスは、瞬く間に日本全国へ知れ渡る。
翌年1月には2ndアルバム「Romance with Me」をリリースし、収録曲「Love matters」は結婚情報誌「ゼクシィ」のWEB CMで起用。同年7月に初のカバーアルバム「Sunny and Blue」を経て、同夏、初のヨーロッパツアー(ドイツ・ポルトガル・スペイン・フランス)を行い、最終日にはパリで行われたJAPAN EXPO 2011に出演し、大成功をおさめた。 
12年2月には3rdフルアルバム「LOTUS FLOWER」をリリースし、連続でiTunesジャズ・チャート1位を獲得。レコ発全国ツアーも好評を博す。

 SHANTIの歌声に惚れこんだオランダ・ジャズレーベルのプロデューサーが、今までの楽曲の中からセレクトし、ヴォーカルをアムステルダムで録り直したアルバム「Cloud9」(全曲Remix)が同年12月欧州、13年2月に北米でリリースされる。また、日本オーディオ協会による「日本プロ音楽賞」にて優秀賞(1stアルバム)、最優秀賞(2nd アルバム) と連続受賞している。

彼女の多彩な才能は、音楽だけにとどまらない。08年NHK国際放送「J-MELO」のVJや、10年8-9月にオンエアされたNHK教育「ハピえいご」のママ役など、歌手以外の表現活動にも積極的に参加し、多彩な才能を開花させている。
2011年4月から1年間NHK-BS1の新情報番組「地球テレビ エル・ムンド」の金曜担当のナビゲーターを務めた。

(公式サイトはこちら)


西山

西山 "HANK"史翁
ギタリスト・作曲家・プロデューサー。

SHANTI のデビュー作"BORN TO SING"より" LOTUS FLOWER"まで 4枚のアルバムのギター、ミュージカル・ディレクター、アレンジャー、バンマス、として活躍。
SHANTI ライブではおなじみのレギュラーメンバー。ロイ・エアーズ、スライ&ロビー、アレックス・アル('This is it'ツアーメンバー)、ボブ・ジェームス、ジェイムズ・ギャドソン、ネイザン・イースト、ハイラム・ブロック、フィリップ・ウー、マイケル・パウロ、リッキー・ローソン、レオン・ライ(香港ムービースター)、ケン・チュウ(F4台湾)、アリソン・ウィリアムズ、との共演歴。久保田利伸、上田正樹、谷村新司、ゴスペラーズ、SAKURA、SHANTI、KREVA、ホームメイド家族、マリーン、伊東たけし(T-SQUARE)、サンプラザ中野くん、Rainey's Band 、他アーティストのツアーサポート、レコーディングへの参加。

2013年 自身のソロアルバム"UNKNOWN MOOD" をリリース。

コードボイシングのセンス、ブラックなグルーブ、幅広い音楽性、そしておおらかなキャラクターが、多くのミュージシャンやファンに支持されている。


〜mocos renewal special event〜
SHANTI Guitar Duo Tour in 九州 〜熊本公演〜

2014.06.27(fri) at TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE [熊本市中央区上通町1-1 NK第一ビル1F]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976 / [TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155



ロマンスグレーサウンドスケイプ

ロマンスグレーサウンドスケイプ

ロマンスグレーサウンドスケイプ
ASA-CHANGのタブラボンゴ、トランペット、巡礼トロニクス等など数々のアイテムと小林武文のドラム、タブラボンゴ、金属・木製・電気的各種打楽器。
4畳半から大ホールまで、空間に応じて自由自在な、打楽器的あるいは非打楽器的なDUOパフォーマンス。

(公式サイトはこちら)


ASA-CHANG
東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。
93年に脱退後、ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動で注目を集めている日本を代表するパーカッショニスト。
昨年、ASA-CHANG & 巡礼の「花」がアニメ「悪の華」のエンディングテーマに。

(公式サイトはこちら)


小林武文
邦楽囃子方仙波清彦氏に師事し、邦楽・お囃子を国立劇場などで実践的に学ぶ。舞台・ライブサポート・レコーディングなど、幅広いフィールドで演奏する一方、作編曲活動も行う。
NHK「あまちゃん」のあまちゃんビッグバンドにも参加し紅白出場。
NHK Eテレ「大!天才てれびくん」、「ムジカ・ピッコリーノ」など、多方面で活動中。

(公式サイトはこちら)


ロマンスグレー・サウンドスケイプ (ASA-CHANG X 小林武文)
初!九州縦断2014

2014/06/14(sat) at 長崎書店3Fリトルスターホール [熊本市中央区上通町6-23 3F]

■開場 18:30 開演 19:00
■前売 2500円 当日3000円 (要1ドリンクオーダー)
■問合/電話予約:[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



INO hidefumi X 藤原ヒロシ

INO hidefumi

INO hidefumi (猪野 秀史 いの ひでふみ)
宮崎県延岡市生まれ。
ミュージシャンであり、自身のレーベル「innocent record」を運営し、「1レーベル・1アーティスト」をコンセプトに自身の音楽のみをリリースしている。

(公式サイトはこちら)


INO hidefumi

hiroshi FUJIWARA 藤原ヒロシ
音楽プロデューサーにしてアーティスト。
1980年代からDJとして活動。90年代からは音楽プロデュース、作曲家、アレンジャーとして活動の幅を広げる。2011年よりAOEQやソロでの演奏活動を活発に行っている。
またストリートカルチャーの牽引者としての顔も持ち、ファッションの分野でも若者に絶大な影響力を持つ。

(公式サイトはこちら)


STUSSY PRESENTS
INO hidefumi hiroshi FUJIWARA
CAFÉ TOUR 2014」 in KUMAMOTO

2014.06.13(fri) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区 上通町1−1 NK第一ビル1階]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (共に要1ドリンクオーダー)
■問合/チケット予約 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
[TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE]096-354-1155
プレイガイド、チケットぴあ



おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)

おおはた雄一坂本美雨


おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
おおはた雄一(Vo.G), 坂本美雨(Vo)

音楽活動に加え、舞台出演、TOKYO FM系全国ネット番組「ディアフレンズ」のパーソナリティや、執筆など、創作の幅を拡げている、坂本美雨。
アメリカンフォークミュージックをルーツとするシンガー/ソングライターで、 自身のアルバム制作に加え、映画音楽、楽曲提供など多彩に活動する、おおはた雄一。
二人が共演を重ねるうちに、自然とユニットのように息が合い、 2006年頃、それぞれ名前の文字からとって「おお雨」と命名。
FUJIROCK FESTIVALやSUMMER SONICなど、各地でのライヴを中心に活動中。
そして「おお雨」という名前で出演する野外フェスはことごとく晴れる!という都市伝説も流れている。

おおはた雄一オフィシャルサイト
坂本美雨オフィシャルブログ



おお雨(おおはた雄一+坂本美雨) acoustic Live in Kumamoto vol.2

2014.05.25(sun) at Sazae[熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F]

■開場 15:00 開演 16:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (共に要1ドリンクオーダー/着席・スタンディング/整理番号付き)
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / Sazae / にょろんが 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976 / [Sazae]096-223-5701


中島ノブユキ

中島ノブユキ

中島ノブユキ (作曲家/ピアニスト)
東京とパリで作曲を学ぶ。
作曲家 / ピアニストとして 映画音楽~JAZZ~POPS~広告音楽~クラシック 等様々なフィールドで活動。
2005年頃より主に菊地成孔 ペペ・トルメント・アスカラール、持田香織、畠山美由紀、ゴンチチらの作品に編曲家として参加。菊地成孔作品には作曲家としても楽曲提供した。またタップダンサー熊谷和徳と東京フィルハーモニー交響楽団が共演する「REVOLUCION」(2010年)では音楽監修/作曲、オーケストレーションを担当した。

映画音楽として太宰治原作「人間失格」(荒戸源次郎 監督作品)を、またアニメーション「たまゆら」(佐藤順一 監督作品)の音楽を担当。2011年よりNHK-BSプレミアムで放送の番組「旅のチカラ」のテーマ音楽(『その一歩を踏み出す』)を担当。

近年は女優であり歌手でもあるジェーン・バーキンのワールドツアー「Jane Birkin sings Serge Gainsbourg」に音楽監督/ピアニストとして参加、世界27ヶ国を回った(約80公演)。
東京とパリとを行き来しながら制作されたJane Birkin + Nobuyuki Nakajima 名義の作品「une petite fille(少女)」を kizunaworld org.より2012年8月発表。またリミックスワークとしては中島自身のリミックスによる「Thinking of you (NN's Dreamy Mix)」が世界的DJ、ホセ・パディーヤのコンピレーション「Ibiza Sundowner Presented By José Padilla」に収録された。

ソロアルバムとして『エテパルマ』(2006年発表。バンドネオン、ギター、弦楽三重奏、ピアノ等の編成により自身のオリジナル楽曲の他、F・モンポウ、V・モライス、D・エリントン等の作品を新たに響かせた作品)、『パッサカイユ』(2007年発表。前作の編成を踏襲しつつ、ラフマニノフ、ホレス・シルバー、トニーニョ・オルタ等の作品を編曲。自身の楽曲でも新たな地平を開く。)、『メランコリア』(2010年発表。より内省的に響きに装いが変化。自身の楽曲の比重が高まる。)『カンチェラーレ』(2012年発表。C・ダレッシオ、A・ジョビン、J・S・バッハの楽曲から かしぶち哲郎の楽曲、そして自身の書き下ろし楽曲を含む自身初のピアノソロアルバム。ジャケットは鴨居玲の絵画。)がある。

2013年にはNHK大河ドラマ「八重の桜」の音楽を担当した。
2014年2月にスパイラルレコーズよりピアノソロアルバム『clair-obscur』(クレール・オブスキュア)を発表。

ライフワーク「24のプレリュードとフーガ」の全曲完成に向け作曲中である。

(公式サイトはこちら)


中島ノブユキ
『クレール・オブスキュア』リリース・ピアノソロ・ツアー

2014.05.15(thu) at 男女共同参画センターはあもにい 多目的ホール [熊本市中央区黒髪3丁目3番10号]

■開場 18:30 開演 19:00
■前売 3,000円 当日 3,500円
※未就学児童入場不可
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



小西康陽×MURO ヴァイナル頂上決戦!!

小西康陽

小西康陽
1959年、北海道札幌生まれ。
1985年にピチカート・ファイヴでデビュー。
豊富な知識と独特の美学から作り出される作品群は世界各国で高い評価を集め、1990年代のムーブメント"渋谷系"を代表する1人となった。
2001年3月31日のピチカート・ファイヴ解散後は、作詞・作曲家、アレンジャー、プロデューサー、DJとして多方面で活躍。
2011年5月には「PIZZICATO ONE」名義による初のソロプロジェクトとして、アルバム「11のとても悲しい歌」を発表。
2012年10月発売の八代亜紀「夜のアルバム」ではアルバムプロデュースおよびアレンジを担当した。
毎月最終水曜23:00〜、NHK-FMにてレギュラー番組「小西康陽 これからの人生。」が放送中。
著書に片岡義男と共著の「僕らのヒットパレード」ほか。

(公式サイトはこちら)

MURO

MURO
日本が世界に誇るKing Of Diggin'ことMURO。
80年代後半からKrush Possee、Microphone Pagerでの活動を経て99年にソロとしてメジャーデビュー。
以来、MCとしてはもとより、「世界一のDigger」としてプロデュース/DJでの活動の幅をアンダーグラウンドからメジャーまで、そしてワールドワイドに広げていく。
2007年にはミ ラノで行われたNIKE AIRFORCE 1のイベントでのDJ出演を皮切りにロンドン/アムステルダムでのヨーロッパツアーも敢行。また、同年12月には 北京で行われたFENDIのファッションショーのアフターパーティでDJを、そして2008年4月にはNYのBrooklyn Museumで行われた村上隆氏のエキシビションのオープニングイベントにてDJを行う。
また、2008年1月よりOAの安室奈美恵 によるヴィダルサスーンCMタイアップ曲「Rock Steady」のプロデュースや、MISIA「Yes Forever」のリミックスなどを手がける。
Microphone Pagerのまさかのリユニオン作で幕を開けた2009年は、NYでのQ-Tipのパーティーのゲストなどの海外プレイやプロデュース・ワークのみならずリリース物も多く、ブルーノート、トロージャン、スタックス などの歴史的音源のミックスCDを次々とリリース。
その最中の8月には自身の軌跡を辿るべく、これまで発表リリースしてきた楽曲をインストで繋いだ【DA CREATOR】を発表。
また、2010年1月には世界初の試みとなる和物サントラ・オンリーのオフィシャル・ミックスで関係各所やファンの度肝を抜き、ハワイ出身のシンガー=JPとの新ユニットM2Jでは、MISIAの「MAWARE MAWARE」にプロデュース、フィーチュアリング参加でFIFAワールドカップ2010のオフィシャル・アルバムでアジア代表としての世界デビュー。更には初のジャケット本を発売。
2011年にはセレクトショップ『DIGOT』をオープン。
国内外からのオファーを受け、SALSOULやJAMES BROWN MIX、 更にはGREENSLEEVESやISLANDなどレーベルオフィシャルMIXを数多くリリース。
多岐に渡るフィールドで最もその動向が注目されているアーティストである。

(公式サイトはこちら)


小西康陽×MURO ヴァイナル頂上決戦!!
Guest DJ : 小西康陽 / MURO

2014.04.26 (sat) at セカンドサイト[熊本県熊本市花畑町13-10]
■開場/開演 19:00(Guest DJ start 23:00予定)
■前売3000円 当日 3500円 (別途1ドリンクオーダー)

■DJ : TAKURO / GEORGE from Diggin'Deeper|FunkInc|PARTYMASTERZ / UEDA+TAKAMOTO(JAZZ ROOM)/ TAKECI(AGブレイカーズ) and more
■LIVE : まむしMC's / 上村正人+中田由美

■前売りチケット取り扱い店舗: セカンドサイト /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター /ローソンチケット / にょろんが 他
■プレイガイドチケット発売日 : 3/28(fri)予定
■問合 : [SECOND SIGHT 1F JANJANGO]096-323-1121 / [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



東田トモヒロ

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年熊本県生まれ、熊本市在住。

2003年のデビュー以来、メッセージ性の高い表情豊かな楽曲 を発信し続け、国内はもとより海外からも高く評価されるシ ンガーソングライター。
またその持ち味でもあるエネルギーに満ちあふれたライブ で、これまでに数多くの音楽フェスティバルに出演。
2012年には通算10作目のアルバム「月が昇る頃キミは」をリ リース。
自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、人生を 「旅」ととらえ歩みを続けている。

また福島県南相馬市の子どもたちに季節の野菜や果物を送る プロジェクト「change the world」の代表。

(公式サイトはこちら)


東田トモヒロ with 沼澤尚
LIVE TOUR 2014 timeless world

2014.04.19(sat) at Restaurant Bar CIB[〒860-0806 熊本県熊本市 花畑町11-14 KOHENビル2F]
■開場 18:30 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:Restaurant Bar CIB / DAY CAFE / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976 / [Restaurant Bar CIB]096-355-1001



伊藤ゴロー

伊藤ゴロー

伊藤ゴロー GORO ITO
作曲家、ギタリスト、プロデューサー布施尚美とのボサノヴァ・デュオnaomi & goro、ソロ・プロジェクト MOOSE HILL(ムース・ヒル) 、坂本龍一や細野晴臣、高橋幸宏との共演等で活動する傍ら、映画『雪に願うこと』オリジナル・サウンド・トラック他ドラマやCM音楽も手がけ、国内外でアルバムリリース、ライブを行う。
Penguin Cafe Orchestra 『tribute』『best』、原田知世『music & me』『eyja』、ボサノヴァの名盤『GETZ/GILBERTO』誕生から50年を記念したトリビュート盤『ゲッツ/ジルベルト + 50』他、多数のアルバムプロデュースも行なう。
2011年、青森県立美術館 5 周年を記念した『芸術の青森展』に「TONE_POEM 青の記憶 サウンド・インスタレーション」で参加、また2012 年同館で開催された夏の企画展『Art and Air ~空と飛行機をめぐる、芸術と科学の物語』のサウンドトラックを担当する。
2012 年にリリースした2ndソロアルバム『GLASHAUS』は高い評価を獲得しロングセラーとなる。
同年「伊藤ゴローwithジャキス・モレレンバウム スペシャル・デュオ・コンサート」を草月ホールで開催。
2011年より原田知世と歌と朗読の会「on-doc.(オンドク)」で全国ツアーを、2013年12月3rdソロアルバム『POSTLUDIUM』をリリース。

(公式サイトはこちら)


伊藤ゴロー
「ポストルディウム」リリース・ソロツアー 2014

2014.04.17(thu) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本県熊本市中央区 上通町1−1 NK第一ビル1階]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
*未就学児童入場不可
■前売りチケット取り扱い:
蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター /Tsutaya Music Cafe Morricone 他
・チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:226-127)
・ローソンチケット 0570-084-008 (Lコード:84838)
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


シガキマサキ

シガキマサキ

シガキマサキ
37歳。1児の父。
ウィークエンドシンガーソングライター。

過去に4枚のCDを発表。収録曲が各地FM局にてヘビーローテーションとなり、好評を得る。
2009年に転職。もう一つの夢であった教師の道へ。
しばらく事実上の活動休止であったが、2013年より新たに活動再開。
現在は仕事の傍ら、週末のみマイペースに活動中。
2013年4月~「everything is simple」がトヨタカローラ山口のCMソングとして 2014年1月~「Wonderful human life」が中国警備保障のCMソングとして起用されている。

ぬくもりのある声、シンプルながら味わい深い言葉の使い手。
何だか胸に沁みるメロディに乗せて、今宵も誰かの人生を歌う。

(公式サイトはこちら)


シガキマサキ
【はるのいろ 2014】LIVE

2014.04.12(sat) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本県熊本市中央区 上通町1−1 NK第一ビル1階]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,000円 当日 2,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
*未就学児入場無料 / 学生 1000円(年齢確認できる身分証明書のご提示をお願いいたします。)
■前売りチケット取り扱い:
蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター /Tsutaya Music Cafe Morricone / にょろんが 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



カルメラ

カルメラ

カルメラ
「SUMMER SONIC2013」や福岡大型ビーチフェス「Sunset Live」の三年連続出場も果たした関西発エンタメ系インストブラスロックバンド。
ポップス、ジャズ、サンバ、ラテン、ロックなどあらゆるジャンルを時に楽しく、時に切なく、大阪ライクにクロスオーバーする8人組。演奏力の高さに加え、全員が関西人で構成されたメンバーならではのトーク、時にコントも取り入れたライブ演出は、近年のリピーターの増加が人気を物語っている。インディーズロックシーンをザワザワさせている、注目のバンドである。

2007年 本格的にライブ活動を開始。
2009年よりDJ須永辰緒氏の定例イベント「World Standard」にレギュラーメンバーに抜擢され出演。
2010年5月に1stアルバム「Hello!!ワールドワイド」をリリース。
2011年2月、"マキ凛花"をフューチャリングしてリリースした7inchアナログレコード「Everybody Loves My Baby feat.マキ凛花」は即日完売し、JET SETのデイリー、及びウィークリーのランキングで共に1位を獲得。
2011年6月SOIL&"PIMP"SESSIONSがツアーファイナル恵比寿LIQUIDROOM公演にてピックアップするアーティストとして抜擢される。
2011年7月、2ndアルバム「KNACK IS THE KETCHUP」をリリース。
2012年2月、JAZZシンガー"akiko"をフューチャリングした、7inchアナログレコード「Choo Choo Ch'Boogie feat. akiko」がJET SETのランキングでデイリー&ウィークリー共に1位を再び獲得。
同年2月、初の全曲カバーの3rdアルバム「MIX MODERN COVERS!」をリリース。その発売記念ワンマンライブを大阪BIG CATにて行い、超満員で成功させる。
同年3月には、SOIL&"PIMP"SESSIONSの社長が選曲したコンピレーションCD「JPJZ-Beautiful selected by SHACHO」にカルメラの楽曲「A Night In Tunisia」が収録される。
同年8月、4thアルバム「千日前HIGH COLORS」をリリース。
全国10箇所以上で「千日前HIGH COLORSツアー」を開催。動員数のべ2000人以上。
2013年3月15日、「大阪卒業式」と題したワンマンライブを大阪BIG CATで開催。(動員700人)
4月より本格的に全国進出するべく東京へ活動拠点を移す。
6月19日ワーナーミュージック・ジャパン移籍第一弾アルバム「HANZOMON LINE」をリリース。
iTunesジャズチャート6位、タワーレコードインディーズアルバムチャート10位。
8月「SUMMER SONIC2013」に初出場。
8月「笑っていいとも!」の新企画「アルタでちょんまげ」にメンバーたなせが出演。番組初の生ちょんまげに挑戦し一気にカルメラの名前は全国区となる。
9月「Billboard OSAKA」での初のワンマンライブを開催。
福岡の大型ビーチフェス「Sunset Live2013」へ3年連続となる出場。 10月から冷牟田竜之(ex東京スカパラダイスオーケストラ)氏から指名を受け、「THE MAN×カルメラ Club Circuit Tour2013」を開催。
2014年2月26日に最新アルバム「ゴールデン・バラエティー」(ワーナーミュージック・ジャパン)をリリース。3月2日よりリリース記念ツアー『カルメラの「ゴールデンでバラエティなツアー」』をスタートさせる。

(公式サイトはこちら)


AYANAS 1周年企画
カルメラの「ゴールデンでバラエティなツアー」熊本公演

2014.04.10 (thu) at NAVARO [熊本市中央区中央街5-17 熊本中央ビル地下/銀座通り東側、国道3号線付近]
■with : Coming soon...

■開場 : 19:30 開演 : 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (別途1ドリンクオーダー)
■問合 : [AYANAS] 096-324-6944 / [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



Silent Poets

Silent Poets

Silent Poets
1992 年FILE RECORDS より1st アルバム「6 pieces "sense at this moment"」でデビュー。
現在までに通算7 枚のオリジナル・アルバムと多数のリミックス・アルバムなどをリリース。
海外からの評価も高く94 年にドイツの 99 レーベル、Bellisima UK よりヨーロッパでもアルバムがリリースされる。
95 年に人気コンピシリーズである「Cafe Del Mar Vol. DOS」に日本人として初めて収録されたのをはじめ、現在までアメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなどで40 作品を超えるコンピレーション・アルバムに楽曲が収録される。
2000 年にはパリのレーベル Yellow Productions よりアルバム「TO COME...」がリリースされ、翌年にはアメリカのアトランティックよりリリースされる。同年より、下田のソロ・ユニットとなる。
活動は多方面に渡り、パリ・コレクション等のフアッションショーの音楽の担当や、他アーティストのプロデュース、リミックス、映画等にも楽曲を提供。
活動20周年にあたる2012年、トイズ・ファクトリー時代の音源 (Potential Meeting ~ To Come)が世界110カ国のiTunes Storeにて配信開始。
2013年9月、自身のレーベル"ANOTHER TRIP"を設立し、「ANOTHER TRIP from SUN」、「SUN - Alternative Mix Edition -」を11月20にリリース。
2014年リリース予定の8thオリジナルアルバムの制作も進行中。

(公式サイトはこちら)


Silent Poets
"ANOTHER TRIP SESSION" in KUMAMOTO

2014.03.22 (sat) at 2110 [熊本市中央区下通1-10-6 アーバン21ビル 10F]
■Guest:Silent Poets(下田法晴)
■LIVE : Nakakoh(KUMAMOTO)
■DJ : hige and more…

■開場/開演 :
■前売 2,500円 当日 3,000円 (別途1ドリンクオーダー)
■問合 : [2110] 096-312-1393 / [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



キヨサク(MONGOL800)

キヨサク(MONGOL800)

キヨサク(MONGOL800)
沖縄出身3ピースバンドMONGOL800のVo&BASS,楽曲の作詞・曲を担当。
生まれ育ち現在も生活の拠点である沖縄から発信する自然体の言葉、平和を願うメッセージが多くの人々の共感を呼び、熱い支持を得ている。
2013年MONGOL800 バンド結成15周年を迎え、1月には初のBESTアルバム「800BEST –simple is the BEST-」、 そして2月には6枚目のオリジナルアルバム『GOOD MORNING OKINAWA』をリリース。
近年は、ソロ活動として他アーティストへの楽曲提供やプロデュース、コラボレーションなどへも積極的に参加。
2010年、自らを中心とするセッション集団「The NO PROBLEM's」を始動。
2012年5月 上江洌.清作&The BK Sounds!!名義で完全ジャマイカレコーディング『アイランド』 をリリース。
枠に捕らわれない柔軟なスタンスで、さらなる音楽活動に広がりをみせている。

(公式サイトはこちら)


【UKLELE GYPSY / ウクレレジプシー】
旅するキヨサク・ウクレレ弾き語りツアー

2014.03.20(thu) at Sazae[熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー/整理番号付き)
■オールスタンディング
■LIVE:キヨサク(MONGOL800)
■サポートDJ : GRIGRI(SELECTOR) / chi---(stylus!) / TAKULOW
■前売りチケット取り扱い(2/8販売開始):蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / Sazae / にょろんが / チケットぴあ 他
■未就学児のご入場はお断りさせていただきます。
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976 / [Sazae]096-223-5701



Nicola Conte

Nicola Conte

Nicola Conte
本国イタリアのみならず現在の新世代ヨーロピアン・ジャズ・ムーヴメントを代表するプロデューサー/DJ/ギタリスト。
1995年にレーベル「スケーマ」を立ち上げ、イタリア国内にクラブ・ジャズ/ラウンジ・ブームを巻き起こす。
近年は自らギターを手にし、ジャズ・ミュージシャンたちとのセッションから生まれる有機的なサウンドを核としている。
近年発表のアルバム『リチュアルズ』『ラヴ&レヴォリューション』でも、生音100%のスタイリッシュで良質なモーダル・ジャズを展開し、クラブ・ジャズの範疇だけでなく本格派のジャズ・アルバムとしても高い評価を 得た。
DJとしては、ジャズ、ボサノヴァ、ソウルから打ち込みまでを自由に行き来するプレイに定評がある。
今年1月、創立65周年を迎えたジャズ・レーベル「プレスティッジ」の音源を選曲したコンピレーション『ミスティック・プレスティッジ』をリリース。3月には待望の新作『フリー・ソウルズ』のリリースを控えている。

(公式サイトはこちら)


Nicola Conte presents
『MYSTIC PRESTIGE Release Party in kumamoto』

2014.03.16(sun) at Sazae[熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (共に要1ドリンクオーダー)
■サポートDJ : :三浦 信(COMEDY TONIGHT) / Kuroiwa / YUKI(mosaic) / sei(FlowLab Inc.)/ TAKECI(AGブレイカーズ) / KOUSUKE(JAZZ ROOM)/ Makoto Ueda (Graphic Engine) / Nakao(JAZZ ROOM)
■Aroma空間designer : sachiko akahoshi
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / Sazae / にょろんが 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976 / [Sazae]096-223-5701



久保憲司 写真展

久保憲司 写真展

久保憲司
カメラマン、ライター、オーガナイザー。
1964年、大阪府生まれ。17才のときに渡英。イギリスを代表する音楽誌『NME』への作品持ち込みをきっかけに、ロック・フォトグラファーとしてのキャリアをスタートさせる。
以降、『Merody Maker』等のイギリスの音楽誌、『ロッキング・オン』『クロスビート』『ミュージック・マガジン』などの日本の音楽誌で活躍。
2013年フジロックでビョークのオフィシャルカメラマンを務めるなど、国内、国外に関わらず、ロックシーンの重要なシーンを多数写している。
その傍らで自らペンを執り、音楽ジャーナリストとしても活動。
主著に『ロックの神様』(マーブルトロン)、共著に『ザ・ストーン・ローゼス ロックを変えた1枚のアルバム』(伊藤英嗣著、イースト・プレス)、『ダンス・ドラッグ・ロックンロール 誰も知らなかった音楽史』(鈴木善之監修、音楽出版社)など。


久保憲司 写真展
『 loaded 〜このすべての現場に立ち会った男に猛烈に嫉妬する〜』

2014.03.11(tue)~3.17(mon) at ミュージックカフェ モリコーネ[熊本県熊本市中央区 上通町1−1 NK第一ビル1階]
■入場料500円 当日700円 (一回観覧のみ有効)
■前売りチケット取り扱い/ミュージックカフェ モリコーネ / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / にょろんが 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


[初日3/11(火)開催イベント]
【久保憲司トークショー】
■1st 18:00〜 / 2nd 20:00〜
※写真展チケットをお持ちの方のみ入場可/1drink代500円いただきます。

【レセプションパーティー】 2014.03.11 at NAVARO [熊本市中央区中央街5-17 熊本中央ビル地下/銀座通り東側、国道3号線付近]
■OPEN 22:00
■入場料1500円[写真展チケット付] (別途1ドリンクオーダー)
■DJ:久保憲司 / Kinaco aka Yoshie Takahashi and more
■LIVE : Doit Science


ILMARI & DJ Fumiya from RIP SLYME

ILMARI

ILMARI
2001年『Stepper's Delight』でメジャーデビュー。
日本のHIPHOPグループとしては初の武道館公演・海外公演・野外5万人ライブなど記録を作り続けるRIP SLYMEのMC。
ILMARI個人としては映画やPVなどの映像監督を手掛けるほか、キャンペーン広告写真や雑誌モデルなどの活動も行っている。

(公式サイトはこちら)


DJ Fumiya

DJ Fumiya
14歳でDJを始め、クラブで開催されたDJバトル優勝を機に、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加する。
18歳でRIP SLYMEに加入、2001年にメジャーデビュー。
02年発表のアルバム『TOKYO CLASSIC』は日本のヒップホップ初のミリオンセールスを記録。これまでに「One」「楽園ベイベー」 「熱帯夜」など、数々のヒット曲を放っている。
RIP SLYMEでは、ヒップホップはもちろん、ロック、ソウル、ジャズ、ラテン、ハウス、ドラムンベースなど、 世界中のありとあらゆるダンスミュージックを飲み込んだトラック作りで異才ぶりを発揮。
他アーティストのプロデュース、楽曲提供、リミックス制作も多く、これまでにbird、AYUSE KOZUE、LITTLE、HALCALI、KOHEI JAPAN、真心ブラザース、YO-KING、Fantastic Plastic Machine、Mr.Children、布袋寅泰などの作品に参加。
現在はクラブイベントなどで積極的にDJプレイ。
主にエレクトロハウス、バイリファンキ、ドラムンベースなどをスピンしている。
初のファースト・ソロアルバム「Beats for Daddy」(WPCL-11224 /¥3,150(tax in))が好評発売中。ミックスCD「DJ FUMIYA IN THE MIX」(WPCL-10779 /¥2,400(tax in))も好表発売中!

[特設ページ]http://bddf.jp/
[Facebook]http://www.facebook.com/DJ.Fumiya

(公式サイトはこちら)


【hinamatsuri】
Guest DJ : ILMARI from RIP SLYME / DJ Fumiya from RIP SLYME

2014.03.01 (sat) at セカンドサイト [熊本県 熊本市 花畑町13-10]
■DJ : Kinaco aka Yoshie Takahashi / chi---(stylus!)/Micky/ フカミ★カナ(nino&nina) / and more
■VJ : R!KA☆P!KO

■開場/開演 19:00(Guest DJ start 23:30予定)
■前売3000円 当日 3500円 (別途1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い: セカンドサイト /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター /ローソンチケット(Lコード 84098)/ にょろんが 他
■問合 : [SECOND SIGHT 1F JANJANGO]096-323-1121 / [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



〜BLUES FOR SPACEGIRL〜 Special Guest Deejay 卍LINE from AMATORECORDZ

Throwing a Spoon

卍LINE
2006年からReggae Deejay「卍LINE」として、若手Deejayが必ず通る道である「現場の叩き上げ」からその活動をスタート。
全国各地で開催されているクラブイベントで年間60~80本近いショーをこなす。
「レゲエミュージック」に真剣に打ち込む姿勢はもちろん、「現場」を重ねる度にみるみる上がるそのスキル、 そこでしか味わえないVibesに現場関係者はもちろん、レゲエリスナー達から熱い支持を受ける。

2008年6月にはReggae Deejayとして自身の名刺代わりであるファーストアルバム「卍LINE」をリリース。
その作品のリリースが世間を驚かせた事は言うまでもない。
翌年2009年8月には自身のレーベル「AMATO RECORDZ」を立ち上げ、セカンドアルバム「VORTEX」をリリース。
2004年に起きた自身のあの「事故」の記憶...IKIROの存在が話題となった。
2010年8月には異例の3年連続3枚目のアルバム「TIME WAVE」をリリース。
翌年、2011年3月11日の東日本大震災以降、新曲「にほんのうた」をリリース。
2012年6月13日には、卍LINE4枚目のアルバムである「MUZICAL PHOENIX」をリリース。
そして2014年、待望の5枚目のアルバムへと更なる進化を続ける卍LINEからはこれからも目が離せない。

デビュー当初から現場至上主義で7年、LIVEをするための CDという心構えは変わらぬまま、 アンダーグラウンド、メインストリームの区別なく LIVEをこなしつつ、 着実にその知名度とスキルを上げて来た卍LINE。
唯一無二の存在感はシーンの壁はおろか時代の壁をも飛び越えてゆく。

4枚のアルバムとともに、2014年も国内、国外問わず精力的に活動中。
ここまで来る近道はいくらでもあったはずだ。しかし遠回りもせず、近道もしない。
巷に増えつつある「偽者」達を横目に着々と成長を続ける卍LINEは、実に中毒性の高いReggae Deejayである。

(公式サイトはこちら)


nasse presents
【〜BLUES FOR SPACEGIRL〜 Special Guest Deejay 卍LINE from AMATORECORDZ】

2014.02.07(fri) at Navaro[熊本市中央区中央街5-17 熊本中央ビル地下/銀座通り東側、国道3号線付近]
■開場/開演 21:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンクオーダー)
■Special Guest / DJ SUGURU / DJ KEIN / 卍LINE
■サポート:TAKULOW 他
■前売りチケット取り扱い: Navaro / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / 桜庵 / 他
■問合 : [nasse編集部]096-371-3771 / [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



Throwing a Spoon (トウヤマタケオ×徳澤青弦)

Throwing a Spoon

Throwing a Spoon (トウヤマタケオ×徳澤青弦)
2012年初夏、トウヤマタケオと徳澤青弦で結成されたピアノとチェロのデュオ。 隙のある曲作りと、節度ある即興によって極上の楽曲を構築していく。

徳澤青弦(とくざわせいげん)
1976年生まれ 東京出身 チェリスト・作曲・編曲家
たくさんの著名アーティストとレコーディングやライヴサポートをするかたわら anonymass、菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、ASA-CHANG&ブルーハッツ、 world's end girlfriend & POLTERGEIST ensemble、UooB などでバンド活動する
また、2001年以降コメディアンのラーメンズの音楽を担当している
2007年「ラーメンズサントラVol.1」リリース
2008年「ポツネンの音楽」リリース
2011年「ポツネンの音楽その2」リリース

トウヤマ タケオ
作曲家。鍵盤奏者。編曲家。クラシック、ジャズ、ロック、フォークロアなどのジャンルを、越境し、放浪する音楽家。
ソロピアノ演奏の他に、画家nakabanとの幻灯ユニット"ランテルナムジカ"、8ビート偏愛ユニット"PATO LOL MAN"など、活動は多岐に渡る。
2010年に発表したピアノソロ作品集「Waltz in March」(WINDBELL)はロングセラーとなっている。
今秋、歌ものアルバム「飛ばない日」(WINDBELL)をリリース。


Throwing a Spoon (トウヤマタケオ×徳澤青弦)
"awakening"release tour

2014.1.30(thu) at Sazae[熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンクオーダー)
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


杉作J太郎 + 吉田豪

吉田豪

吉田豪
プロインタビュアー&プロ書評家。
現在、雑誌・新聞などでの連載数が20を超えるライター。
主な著書は『バンドライフ』『hon-nin列伝セキララなオンナたち』『続・人間国宝』『吉田豪のセメント!!スーパースター列伝』『元アイドル1&2』『人間コク宝』『男気万字固め』『サブカルスーパースター欝伝』。
テレビ・ラジオ出演も多数。最近では単行本のプロデュースも手掛けるなど多方面で活躍。

(公式サイトは「吉田豪の平熱大陸」)



杉作J太郎

杉作J太郎
漫画家・映画監督・脚本家、男の墓場プロダクション局長。
監督作品に『任侠秘録人間狩り』『怪奇!! 幽霊スナック殴り込み!』『やる気まんまん』『チョコレート・デリンジャー』(製作中)。
著書に『ヘイ、ワイルドターキーメン』『卒業、さらばワイルドターキーメン』『ボンクラ映画魂』『仁義なき戦い浪漫アルバム』『男の花道』『L.L.Cool J太郎』『応答せよ巨大ロボット、ジェノバ』『杉作J太郎が考えたこと』『恋と股間』等

(公式サイトはこちら)



ロフトプラスワンpresent's 『 Jさん豪さん世相を斬る!』
【出演】杉作J太郎、吉田豪

【熊本】
2014.1.18(土) at 熊本長崎書店3Fリトルスターホール [ 熊本市中央区上通町6ー23 長崎書店ビル3F]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (着席/立見 *お食事お飲物券として別途500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:
蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター / 長崎書店 / カフェ ヴィアーレ ベーグルストア / ONE DROP / 他
12月中旬より販売開始 : ローソンチケット / イープラス 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


【福岡】
2014.1.19(日) at 福岡大名LIVLABO [福岡県福岡市中央区大名1丁目6−8]
■開場 18:00 開演 18:30
■前売 3,000円 当日 3,500円 (着席/立見 *お食事お飲物券として別途500円いただきます)
■前売りチケット取り扱い:LIVLABO
12月中旬より販売開始 : ローソンチケット / イープラス 他
■問合 : [LIVLABO] 092-791-6009


東田トモヒロ

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年熊本県生まれ、熊本市在住。

2003年のデビュー以来、メッセージ性の高い表情豊かな楽曲 を発信し続け、国内はもとより海外からも高く評価されるシ ンガーソングライター。
またその持ち味でもあるエネルギーに満ちあふれたライブ で、これまでに数多くの音楽フェスティバルに出演。
2012年には通算10作目のアルバム「月が昇る頃キミは」をリ リース。
自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、人生を 「旅」ととらえ歩みを続けている。

また福島県南相馬市の子どもたちに季節の野菜や果物を送る プロジェクト「change the world」の代表。

(公式サイトはこちら)


muchcolor LIVE vol.70
東田トモヒロ 大晦日カウントダウンパーティー

2013.12.31(tue) at Sazae[熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場 21:00 開演 23:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:蔦屋熊本三年坂チケットカウンター/Day Cafe 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


青木カレン

コトリンゴ

青木カレン
ジャズシンガー。
ライブ・ツアー活動をメインに、BS Asahi TVのジャズ音楽番組のメインキャスト、ラジオのcross fm、Love FM、インターFM、神戸Kiss FM、ラジオ高崎を経て、現在はFM熊本やインターネットラジオのJJazz,Netでナビゲーターを務める。
アルバム2作品がジャズ専門誌ADLIBの「アドリブアワード(クラブ/ダンス部門)」受賞。
2010年ベストドレッサー賞の新人部門であるベストデビュタント賞を授賞。
2011年6月公開の織田裕二主演の大人気映画「アンダルシア 女神の報復」の挿入歌を担当。NHK Eテレ「3か月トピック英会話」~魅惑のスタンダード・ジャズ編~に出演し話題に。
2012年夏、初のニューヨーク公演を成功させる。同年秋、フジテレビ系ドラマ「結婚しない」の挿入歌を担当。
2012年9月には舘ひろしのアルバムにデュエット曲「銀座の恋の物語」が収録され、NHKの音楽番組SONGSに出演。
2012年12月、映画音楽の名曲をジャズ・アレンジしたラブ・ソング集、アルバム「トランキュリティ」をリリース。
2013年6月公開の映画「ガリレオ 真夏の方程式」の劇中歌を担当。

(公式サイトはこちら)


青木カレン
x'mas special LIVE"

2013.12.21(土) at 磨天楼 [熊本市西区横手2-13-22 TEL096-325-6424]
■開場 18:00 開演 19:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:磨天楼 / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


コトリンゴ

コトリンゴ

コトリンゴ(kotringo)
5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。
1999 年に神戸・甲陽音楽院 を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を先攻。学位を取得後には、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。
2006 年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライター。

2011年4月よりベースに村田シゲ(□□□ほか)、ドラムに神谷洵平(赤い靴)を迎えソロと並行してスリーピース・バンドでも活動。
2012年3月にミニ・アルバム「La mémoire de mon bandwagon」を発表。
また、10月公開の映画「新しい靴を買わなくちゃ」のサントラを坂本龍一と共同制作、10月17日に坂本龍一 + コトリンゴ「新しい靴を買わなくちゃ – オリジナル・サウンドトラック」をリリース。
2013年1月16日には待望のフルアルバム「ツバメ・ノヴェレッテ」を リリース。

(公式サイトはこちら)


COMMON GROUND presents
コトリンゴ " The Christmas Live "

2013.12.15(sun) at Sazae[熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
チケットぴあ 0570-02-9999 (P コード:216-301)
ローソンチケット 0570-084-008 (L コード:82053)
■問合 : [Sazae] 096-223-5701


MIKARIMBA

MIKARINBA

Mika Stoltzman(旧姓 吉田ミカ)
熊本県天草出身。2008年からニューヨーク在住。
1991年世界的な打楽器奏者ツトム山下氏に出 会ったことで演奏家として目覚め1994年からパーカッショングループNEXUSに師事。
1997年アフリカ(ガーナ)のカクラバロビ氏との出会い共演で大きな影響を受け2000年カナダ /トロント大学上級演奏家コース修了。
2001年現代作曲家S.ライヒ作品を編曲演奏してライヒ本人のCD『Triple Qurtet』(ノンサッチ)に収録されたことで世界デビュー。
2008年からスティーヴガッド氏 プロデュースによる録音&演奏活動を始めJAZZをマイク・マイニエリに師事。
2010年Gaddプロデュース第1弾CD"MIKARIMBA"(ビデオアーツ)とDVD"Marimba Madness"(Big Round) リリースがきっかけで東京ブルーノート初めとして米国の主要ジャズクラブでJAZZデビュー。
最近の活動として主なものは、2012年Jazz巨匠チックコリアがMikaに捧げた新曲"Marika Groove"をR.ストルツマン,E.ゴメス,S.ガッドと初演&録音し大きな話題を呼ぶ。
2013年5月ニューヨーク・カーネギーホールでの6回目になるリサイタルではジョンゾーン作曲マリンバソロ曲などを世界初演し、チックコリア氏も愛妻ゲールモーランと共に友情出演した。8月はメキシコで一番古く歴史あるハラパ交響楽団に招聘されてチックコリア作曲マリンバ協奏曲を世界初演。12月11日Gaddプロデュース第2弾CD"If you Believe"(TeeGa Music)リリース。
又これまでに2005、2007、2008年熊本県 天草市(旧本渡市)において世界的なアーティスト達を招いた天草国際音楽祭「アイランドマジッ ク」を企画・プロデュース。
米メディアからの評価も高くこれまでに「日本が誇るマリンバ・マエストロ、吉田ミカ』(NYタイムアウト誌)『芸術的かつエネルギッシュな彼女が世界でメジャーになる日も近いだろう。」(Mark Swed/ ロサンゼルスタイムズ紙)「これほどまでのJazzマリンバを聴くのはRedNorvo時代以来だ」(米オーディオファイルJohn Henry)などレビュー多数。
現在は クラシックとJAZZを縦横無尽にクロスオーバーするニュー・ジャンルのマリンバ奏者として幅広い演奏活動を展開している。

(公式サイトはこちら)

Steve Gadd
ジャズ、ロック、フュージョンなどさまざまなフィールドで活躍する現代最高のセッション・ドラマー。
1945年、米ニューヨーク生まれ。70年代を代表するニューヨークのセッション・ミュージシャン集団"スタッフ"のドラマーとして絶大な人気を集めた。
解散後はスタッフの中心メンバーであったコーネル・デュプリー、リチャード・ティーらを率いて、自身のバンド"ガッド・ギャング"を結成。ニューヨーク・ロチェスター出身のジャズ・ドラマー、セッション・ドラマー、スタジオ・ミュージシャン。
マーチングバンド、ドラムコーで培われてきたスネアトドラムの奏法、パラディドルやオープンロールといったルーディメンツプレイをドラムセットの演奏に多く持ち込むガッド・スタイルが特徴。
これを正確に演奏するので同時代のドラマーの尊敬を集め、Gadd を God とかけ て「神様」と呼ばれたりした。正確なその演奏を、教則本のような、機械のような、と評する人達もいる。
卓越したテクニック、天才的な技術とも評され、またグルーヴ感も高く評価されている。
最近ではジェームス・ テーラー、ポール・サイモン、エリック・クラプトン、デヴィッドサンボーン、ボブジェームスなどのサポートメンバーとして活動するほか 吉田ミカを初めとしたプロデューサーとしても活躍。
2003年9月13日、シンバルメーカーのジルジャン社 (Zildjian) に an American Drummer Achievement Award として讃えられた。

(公式サイトはこちら)

John Tropea
ギタリストのジョン・トロペイは、1946年1月7日、ニューヨーク生まれ。9歳でピアノ、14歳でギターを始め、ジャズ教育の名門校バークリー音楽院に学んだ。
その後、ニューヨークに出て活動する間、ブラジル出身のエウミール・デオダートの『ツァラトゥストラはかく語りき』に参加することで注目を集めた。
'75年には、フュージョン・ギター・ブームの先鞭を付けるアルバム『トロペイ』を、ウィル・リーやマイケル・ブレッカーらと制作。続く'77年の第2作『ショート・トリップ・トゥ・スペース』、'79年の第3作『トゥ・タッチ・ユー・アゲイン』で評価を決定づけた。
その一方、スタジオ・セッションの第一人者として、トム・スコットやリチャード・ティーなどフュージョン界の実力派のほか、ポール・サイモンやロバータ・フラックなど大物歌手のレコーディングにも参加し、数々の好演を残してきた。
'97年に約12年ぶりのリーダー作『チェンジ・ザ・ワールド』を発表し、翌'98年に自己名義でブルーノート東京に初出演。
'99年には、R&Bを基調にした『レッツ・ゲット・イット・オン)』を出し、リーダー・セッションにも熱を上げてきた。自己名義の最新作は『Take Me Back To The Ol' School』(STP/海外盤) 。

(公式サイトはこちら)

境野慎一郎
アコーステック&エレクトリックベーシスト/作編曲家。
2007年ボストンのバークリー音楽大学へ留学。同校ではマシュー・ギャリソン、オスカー・スタグナーロ、ケンウッド・テナード、デニス・モンゴメリー三世にジャズ、ラテン、ブラジリアン、ファンク、ゴスペル等の様々な音楽を師事。
ジェリー・バーガンジーのベーシスト、デイブ・サントロに音楽理論、ハウ・トゥー・インプロビゼーションの著者としても有名なハルク・ルックに即興音楽を師事する 。
世界3大ジャズフェスティバルのモントリオール・ジャズフェスティバルを始め、その他にもトロント、ニューオリンズ、グルジア、ロシア、ニカラグア、パナマまたケネディーセンター、スカラーズ等の世界各地のフェスティバルやクラブで演奏をする。
ジョン・パティテゥチ、ベン・ストリート、ジョー・ロバーノ、フレッド・ハーシュ、デイビッド・リーブマン等のアーティスト等に師事。
同インステュードの1周年記念コンサートではグローバル・ジャズ・オーケストラの一員としてウエイン・ショーター、ダニーロ・ペレス、デイビッド・ギルモア、ジョン・パティテゥチ、テリリン・キャリントンとの共演を果たす。
2012年より、NYを拠点にブルーノート、ジンクバー、スーモーク、ファットキャット、シェイプシフター等のクラブで活動を続ける。


New CD "If you Believe" リリース記念 来日ツアー
MIKARIMBA
feat. Mika Stoltzman、Steve Gadd、John Tropea、境野慎一郎

2013.12.12(木) at 熊本市国際交流会館ホール [熊本県熊本市中央区花畑町4番18号]
■開場 18:00 開演 19:00
■SS席:10,000円(50席限定)/ S席:6,000円
※SS席は公演後、TSUTAYAミュージックカフェ[熊本市中央区上通町1−1 NK第一ビル1階] にてサイン会+交流パーティー券付き (21:15-22:15 フリードリンク+フード付き)
※未就学児童の入場は出来ません
■前売りチケット取り扱い:[M.I.O]096-223-5833
蔦屋書店熊本三年坂サービスカウンター、熊日プレイガイド
[チケットぴあ](Pコード:215-167)
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976



大蔵 from ケツメイシ & DJ KEIN

大蔵 fromケツメイシ

大蔵 fromケツメイシ
ケツメイシのリーダー。及び、ケツメイシの筋肉担当。

週1回以上ジムに通う筋肉番付ではあるが、もの凄く優しい心を持つ今だ 少年のような人柄が彼のリリック(歌詞)にも生きている。
勤勉な性格で、1つ1つの行動や言動などを必ず反復する習慣は、大蔵の持つ生真面目な学習能力の高さを感じさせる。
横浜で育った環境であるがゆえに、地元横浜で活躍するレゲエアーティストやヒップホップアーティストとの親交も深く、フィーチャリングなどの音楽の参加も盛んに行っている。

そんな彼がクラブでは、グループのコンサートでは見せないDJ、MC、ライブという、スタイルで登場する。

(公式サイトはこちら)


DJ KEIN

DJ KEIN
SELECTOR&MC、トラックメーカー。
東京と沖縄のクラブを拠点に全国のイベントに多数出演中。
1995年より数々のビッグダンスやCLUB にて精力的に活動。
2008年より名を改め新たなステージへ。

SWEET TUNEからDANCE TUNEまで幅広い選曲とピースでポジティブ、時にハードな独特のMCスタイルで、パーティーピ-プルの心と体を踊らせる。ジャンルのボーダーを超えて様々な人々を取込む彼のレゲエを中心としたDJスタイルは日々広がり、前進を見せている。2012にリリースのKEINプロデュースによるBIGGA RAIJI とのシングル「I NEED U」はiTunes /REGGAEにて第3位を記録。
また近日リリースのMOOMINのアルバム『空き地のヒーロー』の内、4曲をプロデュース他CM音楽など手掛ける。
イベントでは東京『UNION』、『FLASH』野外ダンスの『YAH GUIDANCE』、沖縄、離島を中心に『GRIND』にレギュラー出演中。
■DJ KEIN ブログ  http://ameblo.jp/djkein
■DJ KEIN twitter @djkein


大蔵 from ケツメイシ(DJ/LIVE) & DJ KEIN

2013.12.14(sat) at NAVARO [熊本市 中央街5-17 熊本中央ビル地下(銀座通り東側、鹿児島銀行横)]
■suport DJ有り
■開場 / 開演 21:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:NAVARO / 桜庵 / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


SHANTI

SHANTI

SHANTI
幼い頃から様々な音楽に触れてきたSHANTIは、小学生の時、聖歌隊で賛美歌を歌い、ミュージカルも経験。
97年バークリー音楽院サマースクール留学帰国後、CMの作詞作曲、ナレーション、ライヴ活動等を開始。そのソングライティングのセンスや歌唱力が多くのアーティストを魅了し、桑田佳祐、サディスティックミカバンド、CHAR、小林桂、TOKU、マリーン、TAKE6、小沼ようすけなど、名だたるミュージシャンたちと、様々な形でコラボレーションしてきた。海外のミュージシャンとの交流も多く、ピーター・アースキンやジョー・サンプルなどと親交を深めている。
2008年フランスで製作した「Share My Air」に続き、10年6月コロムビアより「Born To Sing」でメジャー・デビュー。
配信アルバムがiTunesのジャズ・チャート1位を獲得するなど、発売直後から「SHANTI」の名とその類まれなるオーガニック・ボイスは、瞬く間に日本全国へ知れ渡る。
翌年1月には2ndアルバム「Romance with Me」をリリースし、収録曲「Love matters」は結婚情報誌「ゼクシィ」のWEB CMで起用。同年7月に初のカバーアルバム「Sunny and Blue」を経て、同夏、初のヨーロッパツアー(ドイツ・ポルトガル・スペイン・フランス)を行い、最終日にはパリで行われたJAPAN EXPO 2011に出演し、大成功をおさめた。
12年2月には3rdフルアルバム「LOTUS FLOWER」をリリースし、連続でiTunesジャズ・チャート1位を獲得。レコ発全国ツアーも好評を博す。
SHANTIの歌声に惚れこんだオランダ・ジャズレーベルのプロデューサーが、今までの楽曲の中からセレクトし、ヴォーカルをアムステルダムで録り直したアルバム「Cloud9」(全曲Remix)が同年12月欧州、13年2月に北米でリリースされる。また、日本オーディオ協会による「日本プロ音楽賞」にて優秀賞(1stアルバム)、最優秀賞(2nd アルバム) と連続受賞している。
彼女の多彩な才能は、音楽だけにとどまらない。08年NHK国際放送「J-MELO」のVJや、10年8-9月にオンエアされたNHK教育「ハピえいご」のママ役など、歌手以外の表現活動にも積極的に参加し、多彩な才能を開花させている。2011年4月から1年間NHK-BS1の新情報番組「地球テレビ エル・ムンド」の金曜担当のナビゲーターを務めた。

(公式サイトはこちら)


SHANTI
アコースティック九州ツアー

2013.12.2(火) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7宮野ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


※体調不良により急遽公演を中止させていただくこととなりました。 ご来場を楽しみにしていらっしゃったお客様には、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。

-nasse 20th anniversary- 【 Jazz up!-A night of new encounters-】

orange pekoe with 吉澤はじめ

orange pekoe
ナガシマトモコ (ヴォーカル、作詞)と藤本一馬(ギター、作曲、編曲)により1998年に結成され、関西で活動を開始。
自宅録音を駆使し作品を制作する傍ら、関西のクラブやカフェを中心にライブを展開。DJ、クリエイターを中心に大きな支持を受け、2002年にメジャーデビュー。
ナガシマトモコの甘美で唯一無二の歌声、藤本一馬の独創的なギター、そしてジャズ、ブラジル、ソウル、ラテンなど、様々なジャンルの音楽を確固たるオリジナリティで昇華した自作自演のスタイルで、日本のオーガニック・ミュージックシーンをリードする存在として、同世代から圧倒的な支持を受けている。
また作品ごとにアートやファッションとのコラボレーションを展開するなど、そのヴィジュアルワークにも注目が集まる。
現在まで6枚のオリジナルアルバムをリリースし、アジアや、ニューヨークでのCDリリースやライブ公演など海外にも活動の幅を広げている。 ライブにおいては、真にアコースティックで二人の息づかいが聞こえるデュオ編成、またグルーヴィーで迫力溢れるバンド編成、どちらの編成も観客を惹き付けてやまないライブバンドとしての一面も支持されており、 歌とギターのみによるデュオ・スタイルでのツアー「orange pekoe acoustic duo tour」、また「orange pekoe with the Big Band party night!!!」と 題して総勢18人からなるビッグバンド・オーケストラでのライブを開催。
昨年はレギュラーバンドにバイオリンや中近東のパーカッションなどを迎えた新たなバンド編成でのライブを展開し、 12月にはブラジルの国民的大歌手エリス・レジーナの没後30年を記念したカバーアルバム『orange pekoe / Tribute To Elis Regina』をリリース。インドネシアソニーからはベストアルバムもリリースされ、インドネシア公演も成功裏に終えた。
また、それぞれソロとしての活動も始動し、ギタリストとしての1stソロアルバム「SUN DANCE」が各方面から高い評価を得ている藤本一馬の2ndアルバム『Dialogues』もリリース。カルロス・アギーレ、ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート、北村聡らを迎え、ジャズや南米音楽の国境、その先に辿りついた美しき作品集として結実。
今年はニューヨークで活躍する新進気鋭のミュージシャン達とともにレコーディングされたナガシマトモコのソロアルバムもリリース予定で、現在進行形のジャズ&ソウルミュージックを聴かせるアルバムとして期待が高まる。
またorange pekoeとしても新たなサウンドを打ち出すべくニューアルバムの制作に入っている。

(公式サイトはこちら)


沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)

沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)
DJ/クリエイティヴ・ディレクター/執筆家/世界唯一の選曲評論家/Tokyo Crossover/Jazz Festival発起人。
開店以来20年で70万人の動員を誇る渋谷The Roomのプロデューサーでもある。
KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした 「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本 人として初めて獲得。
これまでDJ/アーティストとして世界35ヶ国140都市に招 聘されただけでなく、CNNやBILLBOARD等でも取り上げられた本当の意味 で世界 標準をクリアできる数少ない日本人音楽家の一人。ここ数年は、音楽で空間の 価値を変える"サウンド・ブランディング"の第一人者として、映画館、ホテル、銀行、 空港、レストランの音楽設計を手掛けている。
2005年には世界初の 選曲ガイドブック『DJ 選曲術』(リット―ミュージック)を発表し執筆家としても注目を集める。2011年にフォレスト出版より3冊目となる書籍『フィルター思考で解を導く』を 発売。DJが書いたビジネス書として話題となり、Amazonのビジネス書/仕事術のカテゴリーで1位を記録する。
同年7月 『DESTINY』をリリー ス。iTunesダンス・チャート1位、総合チャート3位を獲得。現在、有線放送内D-47チャンネルにて"沖野修也 presents Music in The Room"を監修。InterFM『JAZZ ain't Jazz』(76.1MHz)にて番組ナビゲーターを担当中(毎週水曜20時~22時放送)。ホームグラウンドのThe Roomでは月例パーティー"SOUNDSANCTUARY"のレジデントDJを務めている (毎月第二土曜開催)。

www.kyotojazzmassive.com/
ameblo.jp/shuya-okino
twitter.com/shuyakyotojazz
www.facebook.com/kyotojazzmassive.real
www.facebook.com/shuya.okino


Immigrant's Bossa Band
Shoco (vo), 大橋いさお(g), スガメス・ジャポン(key), カワイヒデヒロ a.k.a. Luigi(b), 山際秀人(ds), NOBU(per)
■ Immigrant's = 移民の ■ Bossa = 傾向、感覚 ■ Band = バンド "Mellow & Funky! Cool but Hot! Jazzy Brazilian Sound"。そして "伝わる"ラ イブをキーワードに結成された和製ブラジリアン・ジャズ・バンド。
"Billboard Fukuoka"、夏フェス "夏開き/夏結び"、小林 径氏がDJを務める"Routine Jazz" や、須永 辰緒氏がプロデュースするイベント "夜ジャズ""World Standard West"、"東京 JAZZ 2006 Pre LIVE"、"福岡 Keep Jazz By" など、クラブ/ライ ブハウスを主体に精力的にライブ活動を行い、様々なコンピレーションCD (Tokyo Bossa Nova、和ペリティーボ、Tokyo Luxury Lounge BarTime、etc...) 等へ多数楽曲を提供。
2006年11月 J-WAVE のインターネットラジオ Brandnew J でヘビーローテーショ ン、リアルタイムランキングで1位を獲得。2007年3月23日、新作「IMMIGRANT'S E.P.」をアナログオンリーでリリースし、Dance Music Records のトータルセー ルスチャートで1位を獲得。2009年7月、イギリスの総合誌 "Monocle" のウェブ チャンネル "Monocle Summer series" にて、スタジオライヴを全世界に配信。
前 Vo&Gt. Ray が2009年いっぱいで脱退し、2010年新たに Vo. Shoco と Gt. Isao が加入。同年4月には海外香港でのライブを行う。2011年Drums. Tatsuが脱 退、山際秀人が加入。

2013年6月にカバーアルバムを発表し、立て続けに7月24日、2年ぶりとなるオリ ジナルニューアルバ ム"NEWDAY(Playwright)"を発売。 様々な層のオーディエンスからの支持を受け、急速に成長を続ける現在最も注目 されるバンドの一つである。


-nasse 20th anniversary-
【 Jazz up!-A night of new encounters-】

2013.11.30(sat) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■出演: orange pekoe with 吉澤はじめ / 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE) / Immigrant's Bossa Band 他
■サポートDJ :
YUKI(mosaic)/TESSY(mosaic)/sei(FlowLab Inc.)/TAKECI(AGブレイカーズ)/KOUSUKE(JAZZ ROOM)/Makoto Ueda (Graphic Engine)
■開場/開演 19:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
※スタンディング・整理番号付き
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト/蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター/チケットぴあ/ローソンチケット 他
■問合 :
[nasse編集部]096-371-3771
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


中村耕一&三宅伸治

中村耕一

中村 耕一(なかむら こういち)
1951年 北海道生まれ。
1960年代、学生時代にビートルズの音楽と出会いアマチュア・バンドを結成。
学校を卒業後もクリーム、ジミ・ヘンドリックス、ヴァニラ・ファッジなど当時のアート・ロック、ニュー・ロックに影響を受けながら、ボーカリストとして地元でバンド活動を続ける。
1980年に上京、翌年よりプロとしての活動が始まり30年間バンドの一員として活動していたが、2011年3月に脱退。
2013年2 月に名古屋、東京を皮切りにソロ・アーティストとしてライブ活動を開始し、盟友・三宅伸治の全面バック・アップ、プロデュースによる再出発アルバム『かけがえのないもの』を発表する。


三宅伸治

三宅伸治
1985年MOJO CLUB結成。1987年『BACKしよう』でデビュー。
1989年東芝EMIよりメジャーデビューし、同年覆面バンド タイマーズとして活動。
MOJO CLUB解散後、ソロ活動を開始すると共に、忌野清志郎、仲井戸麗市、木村充揮、ザ・ハイロウズ、斉藤和義、ウルフルズ、石田長生・・・等、 様々なアーティストとの交流を深めながらライブ活動を行う。
2007年デビュー20周年に当たり、多数のゲストを迎え記念アルバムを発売し、同時に記念ライブを渋谷AX にて行う。
また、忌野清志郎&NICE MIDDLE with NEW BLUEDAY HORNSにてバンドマスターとして活動。
同バンドの楽曲も手掛け、同時にソロ活動においても精力的にライブも行っている。


SMILEY'S presents 風知空知サウンズ
出演:中村耕一&三宅伸治

2013.11.18(月) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 18:30 開演 19:30
■前売 4,000円 当日 4,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE] 096-354-1155


Tete

Tete

Tete
オールディーズを再構築した、テテならではのノスタルジックかつモダンなサウンドに、自分が歩んで来た人生を振り返りつつも、あらたな一歩を踏み出したテテの新作は、聴く人一人一人の心に語りかけてくる。出会って良かったと思える、心の芯から暖まるアルバムを発表したテテ。本人たっての希望により、地方都市でギター1本、弾き語りツアーを敢行!

1975年にセネガル人の父親とマルティニーク出身の母親の間に生まれる。2才の時に母親と共にフランスに移住。
15才のときに母親から贈られたギターが音楽人生へ進むきっかけとなる。ボブ・ディラン、ボブ・マーリー、ジミ・ヘンドリックス、ビートルズ、レニー・クラヴィッツ、さらにデルタ・ブルース、フォーク、ブルーグラス、ジャズ・・・アメリカ音楽に影響を受けながら、独自の世界を築く。
1998年にパリに移り住み、地下鉄やバーなどで歌いながら、2001年にアルバム『レール・ドゥ・リヤン』でデビュー。
世界各地で行う年間百回以上のコンサートも評判を呼び、たちまちスターダムに躍り出る。

(公式サイトはこちら)


Tete
来日公演2013

2013.11.16(土) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


KATSH STATUES

武田カオリ

武田カオリ
1999年ギタリスト、石井マサユキとのユニットTICAを結成。
ROCKをベースにFOLK,DUBなどのエッセンスを加えたTICAワールドを 展開している。
ソロ名義での活動は、2012年にソロアルバムをリリース。
その他、ゆらゆら帝国、HAKASE-SUN、中島ノブユキ、 東京スカパラダイスオーケストラのベーシスト、川上つよし率いる 『川上つよしと彼のムードメイカーズ』等に参加。
TV-CMでの歌唱は2006年頃より。
様々なキャラクターを演じられる魅力を感じながら今日に至る。


tatsu(bass)

tatsu(bass)
'87年にレピッシュのベーシストとしてデビュー、日本のスカ/パンク創世記を担う。数々のセッションワークを行いつつ。現在プロデューサーとしても活動中。


栗原務

栗原務


田中邦和

田中邦和
1966年生まれ。大学時代からジャズ、ポップスに傾倒し、以来サックスを独学にて修める。
「幅広い音楽を俯瞰する」と評されるスタイルで、あらゆるサウンドに溶け込みつつ独自の存在感を醸し出す。ソロとしての活動、「sembello」「blackvelvets」などのバンド、 ポップスや映画TVのレコーディング、セッション等多数に参加。New York 、London、Montereyほか内外のジャズおよびロックフェスティバルにも頻繁に出演。
オーセンティックなジャズからポップス、即興まで活動は多岐にわたる。


KATSH STATUES(キャッチスタテューズ)
LIVE IN KUMAMOTO

2013.11.11(mon) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円
(税込・別途ドリンク代・着席/一部立見)
■前売りチケット取り扱い:
Tsutaya Music Cafe Morricone / ayanas 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


土岐麻子 meets Schroeder-Headz

Tete

土岐麻子
Cymbals のリードシンガーとしてデビュー。
2004年の解散後、実父 土岐英史氏を共同プロデュースに迎えたジャズ・カヴァー・アルバム『STANDARDS ~土岐麻子ジャズを歌う~』をリリースし、ソロ始動。
本人出演/歌唱が話題となったユニクロTV-CMソング『How Beautiful』を始め、NISSAN「新型TEANA」TV-CM ソング『Waltz for Debby』、資生堂「エリクシール シュペリエル」CMソング、『Gift ~あなたはマドンナ~』など、自身のリーダー作品のみならずCM音楽の歌唱や、数多くのアーティスト作品へのゲスト参加、ナレーション、TV、ラジオ番組のナビゲーターを務めるなど、"声のスペシャリスト"。
最新アルバムは、3年ぶりとなるオリジナル・フルアルバム『HEARTBREAKIN'』。

(公式サイトはこちら)


Schroeder-Headz

Schroeder-Headz
数多くの著名ミュージシャンのサポートとして活躍するキーボーディスト、渡辺シュンスケによるソロ・プロジェクトにして、ピアノとベース、ドラムスによる インストゥルメンタル・トリオ。
その名前はアメリカのアニメ "PEANUTS"( 日本名:スヌーピー ) に登場するトイピアノを弾く男の子、シュロー ダー君に由っている。
クラシック、ジャズ、ダンスミュージック、エレクトロニカなどを通過した現代の耳を持つ、リリカルな男子の脳内イメー ジ、そして同アニメの音楽を担当したビンス・ガラルディ・トリオへの敬愛の意も込めて。

(公式サイトはこちら)


muchcolor LIVE vol.68
土岐麻子 meets Schroeder-Headz

2013.11.3(sun) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円
(税込・別途ドリンク代・着席/一部立見・整理番号付き・未就学児の入場は不可とさせていただきます)
■前売りチケット取り扱い:
Tsutaya Music Cafe Morricone /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


ULISES CONTI

Tete

Ulises Conti
Ulises Contiは、1975年生まれ、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のコンポーザー、マルチ・インストゥルメンタリスト、サウンド・アーティスト。
数多 くの映画・舞台音楽を手がける他、Lola Ariasとのコラボレーションを含め、Metamusicaより7枚のアルバムをリリース。
ガレージ・ロック~アシッド・フォーク、フォルクローレの古典からColleenまでをフォローする現代的な感覚とウィットに富んだ独創性溢れる楽曲で注目を浴びている。
アメリカでのアーティスト・イン・レジデンスやドイツでの舞台音楽、アルゼンチン本国ではBEACH HOUSEと共演するなど、様々な国を旅して培われた無国籍で既成の概念に捉われない様はまさに孤高。
シネマチックなオーケストレーションからロマンチックでエスプリの効いたソロピアノ、先鋭的なエレクトロニクスまでを華麗に使いこなすアルゼンチン・ポスト音響派屈指の才能との呼び声も高い。

東京のレーベルflauよりソロキャリア10年の集大成的作品となるコンピレーション・アルバム『ATLAS』を10/6にリリース。
京都国際舞台芸術祭でのロラ・アリアスの舞台音楽を提供、初来日ツアーを予定している。

(公式サイトはこちら)


Pavao 5th anniversary
LIVE :ULISES CONTI Japan Tour 2013

2013.11.2(sat) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:30
■前売 3,000円 当日 3,500円
(税込・別途ドリンク代・着席/一部立見・整理番号付き・未就学児の入場は不可とさせていただきます)
■前売りチケット取り扱い:Pavao / Sazae
■問合 : [Pavao]096-351-1158 / [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


近藤房之助

近藤房之介

近藤房之助
1951年生まれ。
日本では数少ないブルース・シンガー。
76年京都にて伝説のバンド、BREAK DOWNを結成。
90年にLIVEアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。
また、同年、企画バンド「B.Bクィーンズ」に参加、テレビ・アニメの主題歌「おどるポンポコリン」をリリースする。
この老若男女楽しめるパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年のレコード大賞をも獲得するに至った。
コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動と、B.B.KING、OTIS RUSH、BOBBY "BLUE"BLAND、STUFFなど海外のミュージシャンと共演する傍ら、日本に於いても数多くのミュージシャンに影響をあたえ続け、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立を果たしている。

(公式サイトはこちら)


宮川 剛

宮川 剛 (みやがわ つよし)
1970年長崎生まれ。
中学時代YMOのコピーバンドでドラムを始め、九州芸術工科大学在学中より、藤山英一郎氏、原田迅明氏に師事し、ジャズドラマーとして活動開始。
Small Circle of Friends、cryff in the bedroom、忌野清志郎 & NICE MIDDLE WITH NEW BLUE DAY HORNS のドラマーを経て、数々のアーティストのレコーディング、ツアーに参加。
2007年8月、宮沢和史率いる GANGA ZUMBA(ガンガズンバ)に正式加入。
パーカッショニストの今福健司、マルコス・スザーノと共に強力なグルーヴでバンドの屋台骨を担う。
また、パンデイロでは、エフェクターを駆使した奏法の日本の第一人者である。


加藤エレナ

加藤エレナ
在学中に受けたオーディションをきっかけにCM音楽等の楽曲制作、スタジオレコーディン グ、ライブツアーを中心に活動。

渡米。ニューオリンズにてセッション。

BLUES CARAVAN JAPANツアー2007、2009年シカゴブルースギタリスト、『カルロス・ジョンスン』のツアーキーボディストとして活躍。

また、シンガーソングライターとしても活動、様々なバンド、セッションでのライブも勢力的に行っている。

(公式サイトはこちら)



muchcolor LIVE vol.67
近藤房之助 熊本公演

2013/10/26(sat.) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


indigo jam unit

indigo jam unit

indigo jam unit
2005年結成。樽栄嘉哉(Pf)、笹井克彦(WB)、和佐野功(Dr & Per)、清水勇博(Dr)からなるインスト・ユニット。
2006年1st album"DEMONSTRATION"をリリース以来、年1枚のペースでアルバムを発表。
レコーディングはすべて一発録音で、修正やダビングを一切せず、リアルなサウンドを追求。
すべてのタイトルで1万枚を超えるセールスを記録。
加えて、2009年にはflexlifeとのコラボレーション・カヴァー・アルバム"Vintage Black"、 HIP HOP界のリリスト"COMMON"のリワークアルバム"re:common from indigo jam unit"、 2011年に、ボーカルにAlicia Saldenhaをゲストに迎え製作されたROSEをリリース。
樽栄-クラシック、清水-ジャズ、笹井-ファンク、和佐野-ラテン、と、 4人それぞれのルーツが色濃く反映された独自のクロスオーバーサウンドが特長。

(公式サイトはこちら)


flexlife
ソウル、ファンク、レゲエ、ジャズ等様々なエッセンスを 独自のスタイルへと昇華し続ける男女ユニット。

大倉健の奔放かつ普遍的なメロディと、 青木里枝の詩的ながら時折メッセージ性が垣間見える 日本語詞からなる、 強さと儚さが同居する歌声と世界観に支持が集まっている。

近年並行している、2人編成のアコースティック、 バンド編成のライブ共に、泥臭さと繊細さが交差する パフォマンスを展開中。
また、アートの他、反戦、環境問題etcにも関心が高く 様々な形態のイベントに積極的に参加し活動拠点を 更に広げている。

フェイバリットはソウルの巨人~浜口庫 之助までと ジャンルレス。
スタイルとしてのソウルでなく心意気としてのソウル。


indigo jam unit
guest : flexlife

2013.10.13(sun) at 熊本LIVE HOUSE Django[熊本市中央区新市街1-36 サンライトビルB1]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■サポートDJ有り
■前売りチケット取り扱い:
ライブハウス ジャンゴ/蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


Movits!

 Movits!

Movits!〈モービッツ!〉
DJ、MC、そしてサックス奏者の3名からなるMOVITS!。

踊れるJAZZとヒップホップ・サウンドのユニークなマッシュアップ・スタイルで世界中を虜にし、 日本でもすでにコアな音楽リスナーの耳を惹きつけてきた。
過去にも来日経験のある彼らが、新作「Head among the clouds」を引っさげ日本へ再襲来!
ジャンルや国境の垣根を飛び越えたMOVITS!ワールドはますます絶好調。
よりワイルドに進化したMOVITS!ワールドを体感できる、またとないチャンスを見逃すな!

(公式サイトはこちら)


muchcolor LIVE vol.66
Movits!〈モービッツ!〉 Japan Tour 2013

2013/10/02(wed.) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■開場 19:30 開演 20:30
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
※スタンディング・整理番号付き
■サポートDJ有り
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


大蔵 from ケツメイシ & DJ KEIN

大蔵 fromケツメイシ

大蔵 fromケツメイシ
ケツメイシのリーダー。及び、ケツメイシの筋肉担当。

週1回以上ジムに通う筋肉番付ではあるが、もの凄く優しい心を持つ今だ 少年のような人柄が彼のリリック(歌詞)にも生きている。
勤勉な性格で、1つ1つの行動や言動などを必ず反復する習慣は、大蔵の持つ生真面目な学習能力の高さを感じさせる。
横浜で育った環境であるがゆえに、地元横浜で活躍するレゲエアーティストやヒップホップアーティストとの親交も深く、フィーチャリングなどの音楽の参加も盛んに行っている。

そんな彼がクラブでは、グループのコンサートでは見せないDJ、MC、ライブという、スタイルで登場する。

(公式サイトはこちら)


DJ KEIN

DJ KEIN
SELECTOR&MC、トラックメーカー。
東京と沖縄のクラブを拠点に全国のイベントに多数出演中。
1995年より数々のビッグダンスやCLUB にて精力的に活動。
2008年より名を改め新たなステージへ。

SWEET TUNEからDANCE TUNEまで幅広い選曲とピースでポジティブ、時にハードな独特のMCスタイルで、パーティーピ-プルの心と体を踊らせる。ジャンルのボーダーを超えて様々な人々を取込む彼のレゲエを中心としたDJスタイルは日々広がり、前進を見せている。2012にリリースのKEINプロデュースによるBIGGA RAIJI とのシングル「I NEED U」はiTunes /REGGAEにて第3位を記録。
また近日リリースのMOOMINのアルバム『空き地のヒーロー』の内、4曲をプロデュース他CM音楽など手掛ける。
イベントでは東京『UNION』、『FLASH』野外ダンスの『YAH GUIDANCE』、沖縄、離島を中心に『GRIND』にレギュラー出演中。
■DJ KEIN ブログ  http://ameblo.jp/djkein
■DJ KEIN twitter @djkein


大蔵 from ケツメイシ(DJ/LIVE) & DJ KEIN

2013.9.28(sat) at 紅蘭亭 上通りパビリオン[熊本県熊本市中央区上通町1−15]
■開場 / 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■suport DJ : DJ2zy's zoo / クリちゃんDior / ノブヨ / LOVE / araking / nsk
■前売りチケット取り扱い:紅蘭亭 上通りパビリオン / 桜庵 / 蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


高鈴

bird

高 鈴(コウリン)
山本高稲 ヤマモトタカネ
(1977/05/05)…VO/作詞/作曲
山口彰久 ヤマグチアキヒサ
(1977/04/06)…G/作曲/アレンジ

京都出身のアコースティックユニット。
現在は東京在住。
鈴のかすかな音の様に、繊細な感情や音の響きを表現したい気持ちを込め "高く鳴る鈴"「高鈴(コウリン)と命名。
1998年結成。
日本語の切なさや儚さを、音楽に載せるオリジナル楽曲の多さが特徴的。 2003年、SONY MUSIC RECORDSとメジャー契約。
デビュー曲『真夜中の後悔』で独自の存在感を全国に放つ。 アルバム3枚、ミニアルバム2枚、シングル1枚をリリース。
サードアルバム『ヒビノウタ』ではテレ東系アニメ「続夏目友人帳」の エンディングテーマ、『愛してる』で幅広いファンを獲得。

(公式サイトはこちら)


高鈴
熊本ツアー 『あなたをしらないわたしから わたしをしらないあなたへ』


2013.9.26(thu) at Bar Sunroof [熊本市中央区花畑町11-11 寿ビル4F]
■開場 20:00 開演 20:30
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■問合 : 【Bar Sunroof】 090-2710-7699


2013.9.27(fri) at Total Drinking Space ICHI [熊本市中央区下通1丁目5-3第二池田屋ビル1F奥]
■開場 19:30 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■オープニングアクト : Nakakoh
■問合 : 【Total Drinking Space ICHI】 096-356-3610(20:00〜26:00)


2013.9.28(sat) at Nyima [阿蘇郡南阿蘇村河陰4036-8]
■開場 16:00 開演 17:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■問合 : 【Nyima】 0967-67-0864


2013.9.29(sun) at NINi [熊本市中央区坪井2-3-37金田ビル3階]
■開場 19:00 開演 19:30
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■問合 : 【NINi】 096-345-3588


TOTAL INFOMATION : 【LONGSIXBRIDGE】 096-342-4976
*お子様のご入場に関しては各会場までお問い合わせください。

bird

bird

bird
シンガー & ソング・ライター
1975年 京都出身

グルーヴィな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。
大沢伸一/MONDO GROSSO主宰レーベルより「SOULS」で1999年デビュー、1stアルバム「bird」は70万枚突破。ゴールドディスク大賞新人賞獲得。
伸びやかな歌声を武器に、ジャンルの垣根を越えて活躍するその姿勢は、ライブも含め音楽ファンから高い評価を得ている。

現在、birdが歌う資生堂140年企業CMが放送中。

15年目を迎える2013年3月20日(水)に、 新曲2曲を含む、樋口直彦氏のギターとbirdで紡ぐオーガニックアルバム「HOME」、 全曲リマスタリング & Blu-spec CD2にて2枚組BEST盤「bird's nest 2013」、 の2タイトル同時発売。

15周年Yearの今年は夏にニュー・アルバムも発売予定。

(公式サイトはこちら)


muchcolor LIVE vol.65
bird
" そうだ 九州、行こう。" Acoustic Tour 熊本公演

2013.9.19(thu) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
Sazae /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター /チケットぴあ/ローソンチケット 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


Side Slide

Side Slide

サウンドジャグラー【KAZZ】、ノマドアーティスト【Keison】によるユニット、Side Slideライブ決定!

Keison
中学2年より兄の影響でギターを始める。放浪生活を経て拠点を静岡に置き、バンド"LIFE"結成。
1999年6月にはアマチュアながらDavid Lindrey、2000年3月にはSPEECHの来日時オープニングアクトを務める。
2000年3月8日、シングル『Fine』(Epic Records)でデビュー。
2ndシングル『水玉模様』は各FM局でパワープレイを獲得。スペースシャワーTV・Vewsicでは特番がON AIRされ好評を得た。
同年7月19日1stアルバム『Keison』(Epic Records)をリリース。
2002年、"Keison&Caravan"としてLIVEを中心に活動を行う。
2003年、再びソロ活動を開始、同年7月30日シングル『男の世界』(東芝EMI)をリリース。
2004年に自主制作盤『Under The Sky』(My Pace Label)を、2005年3月9日に2nd アルバム『BOTTLE』(Tuff Beats)を発売し、同年EDWINのイメージキャラクターとしてTV-CMに出演。
2006年5月10日に3rd アルバム『漂流』(Tuff Beats)、2007年3月7日にアコースティック・セルフカヴァー集『ACOUSTIC CIRCUS』(Tuff Beats)をリリース。
2009年8月5日、3年ぶりのオリジナルアルバム『EGO』を発売。
2010年3月でデビュー10周年を迎え、4月28日に初のベスト盤『THE BEST -GOOD JOB!』をリリース。
ギターとサーフボードを片手に日本国内のみならず、台湾やオーストラリアなど海外でも精力的にライブ活動を行っている。

(公式サイトはこちら)

KAZZ
北海道出身、葉山在住。
20代をアメリカ、フランス、西アフリカで過ごす。

西アフリカ・ニジェール共和国では海外青年協力隊のギター講師として活動する他、ドレッドロッカーたちとレゲエバンドを結成。現地のラジオ・TV・イベントへの出演、西アフリカツアーなど積極的に活動する。
帰国後、サイケデリックトランスロックバンド"ミラクルサル"結成。台湾ロックフェス"SPRING SCREAM"に毎年出演、 2001年にはイギリスツアーを行う。現在はソロ活動が中心で、アコースティックギター、カリンバ(アフリカン親指ピアノ)、ジャンベ(西アフリカの太鼓)を使ったオリジナル曲を中心にライブ演奏を行っている。
世界的なサーフィンフォトグラファー、佐藤傳次郎のスライドショーとのジョイントライブなど、視覚と聴覚とのコラボレーションも好評を得ている。
また、アフリカンパーカッションのワークショップを、小学校や幼稚園、子ども会などでも行っている。
2006年ファーストアルバム『Glassy"凪"』をリリース。

(公式サイトはこちら)


Side Slide(KAZZ&KEISON)
Mahalo Ke Akua"Release Tour

2013.9.18(wed) at The Day Cafe[熊本県 熊本市 麻生田4丁目2-40][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
The Day Cafe 他
■問合 : [The Day Cafe] 096-338-3355


Kenji Jammer & Gravityfree

Kenji Jammer

KENJI SUZUKI (a.k.a. KENJI JAMMER)
1983年メジャーデビュー。
1987年、元クリームのジャック・ブル ースと共演した際に海外での活動を勧められ、1988年に渡英。
活動の拠点をロンドンへと移す。コリーヌベイリーレイやシール、アニー レノックスといったイギリスを代表するアーティスト作品に多数参加。

1998年よりシンプリー・レッドのメ ンバーとして、バンド解散の201 0年までレコーディング及びワールドツアーにギタリスト として参加。
引き続きミック・ハックネルのソロプロジェクトに参加している。

(公式サイトはこちら)


Gravityfree

Gravityfree
djow(デジョー)と8g(エイジ)によるpainting unit。
"鎖に縛られない無重力な瞬間や感覚"をテーマに"LIVE"という概念の中で、音楽と共にGravityfreeのライブペイントは成長を遂げて来た。現場の空気感や音の流れを汲み、絵は絶え間なく変化を遂げる。
音響的なペイントのグルーブ感は、共演したアーティストや多くのオーディエンスの支持を受けて、FUJI ROCKを始めとする日本の野外フェスティバルや音楽イベントでは欠かせない存在となり、現在もBandの様なフットワークで国内外ライブペイントツアーを行っている。
2009年にはモンタナ州、ミズーラ市のローカルフェスティバルにてパフォーマンスを行い、ローカル各地で行ったShowでも大絶賛の評価を得る。
2010年サンフランシスコはマーケットストリート沿いに壁画を制作。カルフォルニア、オレゴンをバイオディーゼルとベジオイルを使って北上するツアー、ELEMENTS TOURに参加、5都市にてLive paintingを披露する。ワークショップやアートを中心としたキャンプイベント"ARThcamp"を静岡県富士宮市にて企画開催。
2011年テネシー州、アメリカ最大のミュージック&アートフェス"bonnaroo"でLive paintingを披露。
2012年越後妻有アートトリエンナーレ(大地の芸術祭)にてインスタレーション作品、DEAIを公開。Live paint カルチャーと愛を全宇宙へと伝えるべく、Gravityfreeの壮大なペイントの旅は続く。

(公式サイトはこちら)


Kenji Jammer & Gravityfree
『Cocmic space rock guitar jam TOUR 2013』

2013.9.13(fri) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■スペシャルゲストライブ:東田トモヒロ
■support DJ
daisuke(NAVARO)/SUGIYAMA(acoustics)/chi---.(stylus!/SHIPS) / joego / 歓喜
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
Sazae /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


名渡山遼

名渡山遼

名渡山 遼 (なとやま りょう)
1993年生まれ。
現在、日本大学芸術学部在学中の20歳。
小学校6年生の夏休みのハワイ旅行で家族がお土産に買ったウクレレを弾き始める。独学でみるみる上達し、 14歳の頃にはブルース・シマブクロ、ジョディ・カミサトなどハワイのウクレレ・プレイヤーのステージのオープニングアクトを務め、「ウクレレ天才少年」としてテレビにも取り上げられる。
2010年、ジェイク・シマブクロのジャパンツアーにも出演、翌年「ウクレレ・スーパー・ジャム」にメインアクトでの出演を果たす。
2011年にミニアルバム「Way 2 Go!!」を自主制作で発売。カバー・アルバム「ウクレレ・モーニング」をリリース。
2012年に初のフルアルバム「FOR YOU」をリリース。若干20歳ながら、ウクレレ・ワークショップの講師やハワイアンライブ、カフェイベントなど様々な活動を行う。また「The Ukulele Infinity」というウクレレ・コミュニティーを友人でウクレレプレイヤーの佐藤友紀とともに主宰し、作品発表も行っている。
2013年は、4月にCS音楽チャンネル「ミュージック・エア」で放送されたスタジオライブのDVD[Live Lab.」が5月27日に発売、5月29日にはウクレレの教則DVD「ウクレレで弾くドラえもんの唄」が発売。また同日には2曲のカバーで参加した、ファンキーモンキーベイビーズのウクレレカバーアルバム「MAHALO!  ウクレレ ファンキーモンキーベイビーズ」も発売される。
そして7月3日には、待望のセカンドアルバム「WONDERLAND」が発売。よりスケールアップしたバラエティに富んだ内容に期待が集まっている。
愛用のウクレレを全て自作で制作するウクレレビルダーでもある。

(公式サイトはこちら)


名渡山遼
"ウクレレ ワンダーランド2013"名渡山遼 LIVE 熊本公演

2013.9.4(水) at Tsutaya Music Cafe Morricone [熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 19:00 開演 19:30
■前売 2,000円 当日 2,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■オープニングアクト有り
■前売りチケット取り扱い:
Tsutaya Music Cafe Morricone 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


アントニオ・ロウレイロ

アントニオ・ロウレイロアントニオ・ロウレイロ


アントニオ・ロウレイロ 『ソー』
まったく新しい音楽との出会い。その驚きと喜び、そして戸惑いさえも避けられぬ21 世紀の音楽を生み出したのは、ミナスでありサンパウロであり、ブラジルつまりは南米だった。弱冠26 才のシンガーソングライター/マルチ奏者/作曲家、アントニオ・ロウレイロの2nd アルバム。

前作『Antonio Loureiro』がミュージックマガジン誌「ベストアルバム2010」にて高橋健太郎氏(音楽評論家)に1 位選出されるなど、話題をさらった前作からもネクスト・レヴェルに到達した内容。
現代ブラジルを代表する女性シンガーのタチアナ・パーハ、アルゼンチンのスーパートリオ、アカ・セカ・トリオのピアノ奏者アンドレス・ベエウサエルト、ブラジル北東部の雄シバ、アレシャンドリ・アンドレスをはじめとしたミナスの若き精鋭たちをゲストに迎えつつ、ヴォーカル、ピアノ、ヴィブラフォン、キーボード、ローズ、ドラムス、ベース、アタバキ、ヴィオラなど多数の楽器を操り完成させた。NRT の新シリーズ<quiet border>第二弾。

(公式サイトはこちら)


アントニオ・ロウレイロ
ジャパン・ツアー2013 熊本公演
出演:Antonio Loureiro (piano, vocal)

2013.8.30(fri) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト/蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター/TSUTAYA MUSIC CAFE MORRICONE 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


ヤマグチヒロコ

羊毛とおはな

ヤマグチヒロコ(ボーカル)
10代から都内のクラブ、ライブハウスなどで歌い始め、その後、様々なジャンルのコンピレーションアルバムなどに参加。
CMソングやナレーションも務める。

2010年に南フランスで行われたフェスティバルに参加。
スタンディングオベーションになり「日本の優秀な歌手HIROKO 」と新聞に掲載された。

テレビ東京の人気お笑い番組「ゴッドタン~マジ歌選手権」では、ダイノジ大地洋輔の彼女役ヒロコとして出演。
着うた配信やDVDも発売中。
2013年4月に渋谷公会堂で行われたマジ歌liveでは、観客と一体となり、会場を大いに盛り上げた。

又、アーティストのレコーディングや全国ツアーなどで、コーラスやパーカッション、ギターなど、マルチプレイヤーとしてサポートに務める。
2013年7月3日には4曲入りの初のミニアルバム『明日へ』をリリース予定。

8月からは全国タワーレコード店での発売も予定している。

ブラジルのタンバリン"パンデイロ"を叩きながら歌う「叩き語り」で躍動感溢れるliveパフォーマンスを見せている。

(公式サイトはこちら)


ヤマグチヒロコ
『Ashitae』発売記念西日本ツアー
[Voz ecoando à distância ~ 声は彼方に響く]

2013.8.19(月) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,000円 当日 2,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
Sazae /蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


羊毛とおはな

羊毛とおはな

羊毛とおはな
千葉はな(Vo.)と市川和則(Gt.)によるアコースティックデュオ。

2007年のデビュー以来"オトナからコドモまで"楽しめるライブは全国で話題に。
2009年にNTT docomoのCMソング、2010年にはNHK「みんなのうた」、映画「さんかく」主題歌、2011年7月にはアニメ「異国迷路のクロワーゼ」OPソングに起用されるなど、音楽業界だけではなく各方面からも注目を集める彼らの音楽はまさしく唯一無二の世界。

(公式サイトはこちら)


羊毛とおはな
「LIVE IN LIVING '13」CAFE TOUR 熊本公演

2013.7.19(Fri) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,800円 当日 4,300円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 : [SECOND SIGHT] 096-323-1121


Jazztronik

Jazztronik

野崎良太 (Jazztronik)
Jazztronikとは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロジェクト。
1998年 Flower Recordsより初リリースし2003年メジャーデビュー。

ピアニスト、作曲家として2009年リリースした3rdピアノソロアルバム「bird of passage」の収録曲が彫刻の森美術館40周年記念音楽にそして2010年秋公開の映画「死刑台のエレベーター」でも主題歌「ベットタイムストーリーfeat.YUKI」が抜擢されている。
ドラマ、映画音楽に関しても昨今は映画「宮城野」、ドラマ「未来講師めぐる」「Love Game」「Real Clothes」「逃亡弁護士」等の音楽を担当し、クラシック、Jazz、クラブミュージックだけにはとどまらない彼独自の音楽は多方面から評価されている。

サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとしても数多のアーティストとコラボレーションを重ねてきている。
葉加瀬太郎、Mondo Grosso, TRF, クリスタル・ケイ、ゴスペラーズ, 山崎まさよし、椎名林檎、Coming Century、島谷ひとみ、flumpool等 ・・・例を挙げると枚挙に暇がない。
DJとしても''Jazztronica!!''@渋谷 The Room(奇数月第4土曜日)、 ''Love Tribe''@代官山 AIR (偶数月第3金曜日) を主宰、全国各地で精力的に活動している。
海外では12inch Single「Dance with me 12inch version/SAMURAI」がDanny Krivit, Louie Vega等の多くのトップDJに支持を受け、Chez musicより12inch Single「SAMURAI-侍」がアメリカ及びヨーロッパ各地でリリースされスマッシュヒット。世界一のダンスミュージックレーベルDefectedの大ヒットMix CDシリーズ「In The House」を日本人アーティストとして初リリース。
ロンドン、マンチェスター、NY、パリ、エジンバラ、ローマ、フィンランド、スロバキア、エストニア、リトアニア、クロアチア、アイルランド、韓国、上海、シンガポール等でライブ、DJ、そしてSouthport Weekender、Kaunas Jazz、Jazzakarr Fess等の海外人気フェスにも参加し大好評を得ている。

2011年1月に発売された「進化は日本から始まる」がテーマのLEXUSのコンパクトハイブリットカーCT200hのナビゲーターに世界でも活躍する新進気鋭の音楽家として抜擢。WEB、雑誌広告等で大量露出されたのも記憶に新しい。

2012年はTBS系で放送の連続ドラマ「家族八景」(脚本:筒井康隆、監督:堤幸彦)のサウンドトラック、島谷ひとみカバーアルバム「Sign Music」の全曲サウンドプロデュース、→Pia-no-jaC←×葉加瀬太郎によるAL「BATTLE NOTES」のストリングスアレンジ、flumpoolの別プロジェクトRed Dracul Scar Tissue「experimental」の全曲Remixを手掛ける等、引き続き止まる事の無い活躍を続けている。

Jazztronik Studio Live Best

そして12/19に近年Liveパフォーマンスで好評を得ている名曲をスタジオ生演奏で再録音したAL「Jazztronik Studio Live Best」をリリース! 躍動感溢れるLIVEの熱気を感じ取れる生演奏にこだわった今作は、本当の意味でのBEST ALBUMになっており各方面から高い評価を得ている。

(公式サイトはこちら)


-SECOND SIGHT 15th anniversary + muchcolor 5th anniversary -
muchcolor LIVE vol.64 【Jazztronik LIVE】

2013.7.12(Fri) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■support DJ KOUSUKE(JAZZ ROOM)/ Makoto Ueda (Graphic Engine) / sei(FlowLab Inc.)/ TAKECI(AGブレイカーズ)
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター /チケットぴあ/ローソンチケット 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


伊藤志宏

伊藤志宏

伊藤志宏(いとう しこう)
ピアニスト、ボタンアコーディオニスト
作曲家、アレンジャー、プロデューサー
1977年8月28日生まれ
東京出身 ちなみに乙女座A型
五歳の頃より祖父の岸川基彦にクラッシックピアノを師事する。14歳のとき東京交響楽団とベートーベンピアノコンチェルト三番を共演好評を博す。
慶応義塾経済学部入学後セロニアスモンクのソロピアノのCDを聞いて「ジャズもいいかも」と思い独学で始め音楽理論も同時に一人で学ぶ。
23歳くらいからいつの間にかライブを始めるようになりプロ活動を開始。
特にドラム、ベースのいない変則形態における演奏には定評がある。
今現在、ソロピアノ、ピアノトリオ、多様な編成での独自の活動を模索中 また沢山の歌手から伴奏者、アレンジャーとして信頼を寄せられる。

(公式サイトはこちら)


伊藤志宏
ソロピアノ 九州ツアー熊本公演

2013.7.5(fri) at RESTAURANT BAR CIB[熊本市花畑町11-14 KOHENビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
RESTAURANT BAR CIB /蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


赤い靴

赤い靴

赤い靴
・東川亜希子(ひがしかわあきこ): vo&piano

4歳からピアノを習い始める。
10歳からバイオリン、中学でロックに目覚めエレキギターを始める。
音楽専門学校で音楽ビジネスを学び、在学中に作曲を始め、歌い始める。
その後、東川亜希子名義で「ナミナミ」「スローライフ」「耳にフワァー」の3枚のアルバムをリリースし、CM音楽作家としても活動。

2009年、東川が1人ピアノ弾き語りしていたイベントで、同じく出演していた神谷洵平に「是非ドラム叩きたいです」と声をかけられる。
音楽の趣味、感覚、音を聞いて即サポートドラムに採用する。
東川初の作曲提供曲、カコイミク「イン・ザ・ダーク イン・ザ・ライト」(大橋トリオプロデュース)のアレンジを神谷洵平と行ったのをきっかけに赤い靴を結成。

大橋トリオコンサートツアー2012「RとL」にてコーラス、アコーディオン、パーカッション等で参加。

(公式サイトはこちら)


・神谷洵平(かみやじゅんぺい): 1983年1/30 生まれ 身長158cm 体重51kg

プロドラマーであった父の影響で、幼稚園からピアノ、中学時代からギター、バンドを始めるに至りドラムを始める。高校時代から吹奏楽のパーカッションに所属し、さまざまな楽器に触れる。
当時から好きであった事は、RolandのMTRに1人多重録音する事。こだわっていた事は良い音色で楽器を鳴らす事。楽器の響き方、その空間。 好きな音楽は、さまざまである。
オールドロック、ブラックミュージック、ジャズ、70Sフォーク、AOR、エレクトロニカ、etc。
特に2000年代以降、エレクトロニカやジャズ、プロデューサーのJon Brionには1ドラマーとして、ミュージシャンとしては相当影響を受けた。
1998年~2000年代以降の音楽形態の中で、独自に自分の好きな音楽、Good Musicを作りながら、またそこで調和してゆくドラマーとして活動中。


赤い靴
「イノリーマスの森」熊本公演

2013.7.3(wed) at GOOD DEAL CAFE[熊本県熊本市中央区 上林町3-36 1F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
GOOD DEAL CAFE /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 :
[GOOD DEAL CAFE] 096-288-4834


青木カレン

青木カレン

青木カレン
幼少を海外で過ごし、慶応大学在学中本格的にアーティスト活動を開始。

ライブ・ツアー活動をメインに、BS Asahi TVのジャズ音楽番組のメインキャスト、ラジオのcross fm、Love FM、インターFM、神戸Kiss FM、ラジオ高崎、FM熊本などでナビゲーターを務める。
アルバム2作品がジャズ専門誌ADLIBの「アドリブアワード(クラブ/ダンス部門)」受賞。
2010年ベストドレッサー賞の新人部門であるベストデビュタント賞を授賞。
2011年6月公開の織田裕二主演の大人気映画「アンダルシア 女神の報復」の挿入歌を担当。NHK Eテレ「3か月トピック英会話」~魅惑のスタンダード・ジャズ編~に出演し話題に。2012年夏、初のニューヨーク公演を成功させる。
同年秋、フジテレビ系ドラマ「結婚しない」の挿入歌を担当。2012年9月には舘ひろしのアルバムにデュエット曲「銀座の恋の物語」が収録され、NHKの音楽番組SONGSに出演。
2012年12月、映画音楽の名曲をジャズ・アレンジしたラブ・ソング集、アルバム「トランキュリティ」をリリース。

現代女性の先導となり、心の癒しとなるメッセージを唱い続ける、今最も美しいディーバ。

(公式サイトはこちら)


muchcolor LIVE vol.63
青木カレン

2013.6.28(Fri) at TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE[熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


fox capture plan

fox capture plan

fox capture plan
・Ryo Kishimoto:Piano (JABBERLOOP)
・Hidehiro Kawai:Double Bass (Immigrant's Bossa Band)
・Tsukasa Inoue:Drums (direction of the chord、nhhmbase)

それぞれ違った個性を持つバンドで活動する3人が集まり2011年結成。
"現代版ジャズ・ロック"をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドは、その数回のライヴのみからジワリジワリと評判を集め、2011年7月に行われたJABBERLOOPのリリースパーティ(代官山UNIT)では、オープニングアクトにも関わらず、フロアを完全にロック。
8月にタワーレコード新宿店のみで発売したCDR"Sampleboard"が全くのノー・プロモーションにも関わらずフロアデイリーチャート1位の売り上げを記録。
2012年10月にタワーレコード限定でミニアルバム"FLEXIBLE"をリリース。
ライヴ活動の幅を広げ、いよいよフル・アルバムをリリース。
今後の活躍が期待される。

(公式サイトはこちら)


fox capture plan
「trinity」 release tour in Kumamoto

2013.6.14(fri) at NAVARO[熊本市中央区中央街5-17熊本中央ビル地下(銀座通り東側、国道3号線付近auショップ地下)][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー)
■support DJ, opening act あり

■前売りチケット取り扱い:
Navaro /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 :
[NAVARO] 096-352-1200
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


ギジェルモ・リソット

ギジェルモ・リソット

guillermo rizzotto (ギジェルモ・リソット)
アルゼンチンの伝統音楽を心に宿し、新たな解釈で継承する若き「印象主義」ギタリスト、ギジェルモ・リソット。

1980年生まれ、アルゼンチン・サンタフェ州ロサリオ出身、ギタリスト、作曲家、編曲家、プロデューサー。
12歳でギターを始め、19歳で地元のロサリオ音楽学校を卒業し、プロとして活動を始める。
2006年に、10年以上の書きためた作品から吟味した初のオリジナル・ソロ・アルバム『Solo guitarra』を発表。
その後スペイン、バルセロナへ移住し、自身のレーベル「Olga Records」を主宰。
歌手デビッド・デ・グレゴリオとの共作『Brillo』(08年)、フルート奏者パブロ・ヒメネスとの共作『El paso del tiempo』(09年)、『La otra orilla』(12年)を発表。アルゼンチンのギタリストを代表する重鎮フアン・ファルーとも共演を果たし、賞賛されるなど、その実力は広く認知されている。
日本では、長らく入手困難だった『ソロ・ギターラ』が2012年春に国内盤としてリリース。
南米音楽〜フォルクローレのリスナーはもとより、クラシック・ギターのファンにまで幅広く支持され、異例のロングセラーを記録し一躍注目の存在となった。
2013年4月18日、待望の新作『情景の記憶(ソロ・ギターラ II)』がリリースされるのに併せ、5月〜6月には待望の初来日ツアーの開催が決定した。

(公式サイトはこちら)


ソロ・ギターラ


<好評発売中>
『ソロ・ギターラ』(RCIP-0173)


ソロ・ギターラⅡ


<最新作 4月18日リリース!>
『情景の記憶〜ソロ・ギターラⅡ』(RCIP-0188)





ギジェルモ・リソット ジャパン・ツアー 2013 「ソロ・ギターラ」

2013.6.2(sun) at TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE[熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 18:00 開演 19:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (全席自由 / 共に1ドリンク別途)
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976


児玉奈央

児玉奈央

児玉奈央
16歳の時、Carole Kingの「Tapestry」を聴いて衝撃を受け歌い始める。

2001年、SAKEROCKのギタリストの星野源とPolypを結成。
2002年、ジャムバンドシーンにおける草分け的な存在、MAJESTIC CIRCUSに参加。
2005年、アコースティック・ギターとマンドリンからなるユニット、YoLeYoLeを結成し、2007年1st Album『ひかり』リリース。 湘南を拠点に全国の野外イベント、カフェやバー等、大小問わず数多くのライブツアーを行い、各地で人気を得る。
2009年1st Solo Album『MAKER』(Tuff Beats) を、 2010年2nd Album『SPARK』(FlyingStar Records) をリリース。

現在はソロ活動を中心に、Fuji Rock Festival '10、Rock on the Rock '10、Greenroom Festival '11などフェスにも多数出演。
2011年7月20日、"児玉奈央と青柳拓次" 名義で、カバーアルバム『Family Songs』(FlyingStar Records)を発売。
花王リセッシュ CMのCMソングの歌唱を担当、出演もするなど、活動の場を広げている。

(公式サイトはこちら)


児玉奈央
「MAGIC HOUR TOUR」with 永野亮

2013.6.1(sat) at TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE[熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
チケットぴあ 0570-02-9999 (P コード:196-780)
ローソンチケット 0570-084-008 (L コード:85754)
■問合 :
[TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE] 096-354-1155
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
supported by COMMON GROUND / LONGSIXBRIDGE


ペトロールズ

ペトロールズ

ペトロールズ
長岡亮介、三浦淳悟、そして河村俊秀の3人組。

クルマ好きの長岡が英国でガソリンを意味するペトロールという言葉をグループ名に冠して2005年に結成。
ひとつひとつの音が消える瞬間までを意識下に置いたその演奏は人々の集中力を引き付ける。一捻りされた催しなどでリスナーとの信頼関係を築き続け、愛好家は着実に増え続けている。


(公式サイトはこちら)


ペトロールズ
エクササイズアフタープロブレムナイトキューシュー
supported by LONG SIX BRIDGE / COMMON GROUND


2013.5.26(sun) at Kumamoto Django [熊本県熊本市新市街1-36サンライトビルB-1][MAP]
■開場 18:30 開演 19:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンクオーダー)
■オープニングアクト:感情graph19s / Niagara Power Stone
■support DJ:KAPPY(RIOT DIVISION)
■前売りチケット取り扱い:
チケットぴあ 0570-02-9999 (P コード 198-975)
ローソンチケット 0570-084-008 (L コード 86304)
蔦屋熊本三年坂店チケットカウンター、Django、他
■問合 : [Django] 096-355-6960

ASA-CHANG×田中邦和 Duo

ASA-CHANG ASA-CHANG

ASA-CHANG×田中邦和 Duo
二人が織りなす自由で独創的な即興演奏が 遂に! 九州上陸!!!!!
"この瞬間"を見逃すな!

Sembello、土岐麻子、Losalios、Fantastic Plastic Machineなどジャンルの幅を大きく越えて活躍するサックス奏者の田中邦和。
東京スカパラの創設者!
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する鬼才リズミストASA-CHANGによるインプロビゼーション・デュオをご堪能下さい!


ASA-CHANG×田中邦和 Duo
九州ツアー


■TOTAL INFO/LONGSIXBRIDGE 096-342-4976

【鹿児島】

2013.5.13(Mon) at イパネマ[鹿児島市東千石町5-17ステラビル301][MAP]
■開場 20:00 開演 20:30
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
イパネマ
■問合 :
[イパネマ] 099-223-1187(月曜日以外の20時以降)


【熊本】

2013.5.14(Tue) at Sazae[熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
Sazae
■問合 :
[Sazae] 096-223-5701


【大分】

2013.5.16(Thu) at AT HALL[大分市中央町2-6-4 エムライフシティビル3F][MAP]
■開場 19:00 開演 19:30
■前売 2,800円 当日 3,300円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
AT HALL
■問合 :
[AT HALL] 097-535-2567


【宮崎】

2013.5.16(Thu) at ライブハウスぱーく[宮崎市橘通3-7-15 TRストーンビルB1F][MAP]
■開場/開演 19:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
ライブハウスぱーく
■問合 :
[ライブハウスぱーく] 0985-27-5181


藤本一馬

藤本一馬

藤本一馬
ギタリスト、作曲家、サウンドクリエイター。1979年7月生まれ、兵庫県出身。
フォーク、ブルースギタリスト&シンガーソングライターの父親の影響でギターを弾き始める。その後ピアニストだった叔父の影響でジャズに傾倒する。ギター演奏は独学で習得。
1998年ヴォーカルのナガシマトモコとorange pekoeを結成。
ジャズ、ラテン、ブラジル、ソウルなど、様々な音楽を独自に昇華した自作自演のスタイルで、現在までに6枚のオリジナルアルバムを発表。
アジア各国や北米でのCDリリース、ライブなど、海外へも活動の幅を広げ、日本のオーガニックミュージックシーンを常にリードする存在として注目を集めている。
2010年より並行して、ギタリストとしてのソロ活動を開始。日々の生活や自然からのインスピレーションをもとにした独創的なオリジナル曲と、ジャズ、ワールドミュージックのエッセンスを滲ませつつ、オープンチューニングなども使用した型破りな演奏で話題に。
ROVOの岡部洋一(perc)、ジャズシーン屈指の若手プレイヤー工藤精(bass)を迎えた1stソロアルバム『SUN DANCE』(バウンディ)を2011年に発表。
ジャズクラブから野外フェスまで、さまざまな舞台で活躍する音楽性は唯一無二。

(公式サイトはこちら)


藤本一馬
"Dialogues" 九州ツアー2013 with 北村聡(bandoneon)


【熊本】

2013.5.6(Mon/Holi) at TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE[熊本市中央区上通町1番1号 NK第1ビル1階][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE /蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター 他
■問合 :
[LONGSIXBRIDGE] 096-342-4976
■主催 TSUTAYA MUSIC CAFÉ MORRICONE

【鹿児島】

2013.5.7(Tue) at Coffee Innovate[鹿児島県鹿児島市山下町12-12#101号][MAP]
■開場 20:30 開演 21:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
Coffee Innovate、acoustics addict、他
■問合 :
[acoustics addict] 099-213-9166
■主催 acoustics addict


石野 卓球

石野 卓球

石野 卓球
1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成。
1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。

1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル"Love Parade"のFinal Gatheringで150万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。
1999年からは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。
2004年は約3年振りとなるアルバム『TITLE#1』、4月には『TITLE#2+#3』(2枚組)を2ヶ月連続でリリース。その海外編集盤『TITLES』はヨーロッパ・アジア各国でもリリースされた。
2005年は4枚目となるDJ MIX CD『A PACK TO THE FUTURE』をリリース。
2006年はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと新ユニット"InK(インク)"を結成し、オリジナルフルアルバム『C-46』を、2007年にはInKのセカンドアルバム『InK PunK PhunK』を8月にリリース。
2010年には6年振りとなるオリジナルソロ作品『CRUISE』をリリースし、2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリースした。

(公式サイトはこちら)


muchcolor LIVE vol.62
[GUEST DJ] 石野 卓球
[SUPPORT DJ] HIGE / SHOTA YOUNG
[VJ]KIKUCHI (from WHITE.)

2013.5.2(Thu) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■開場 21:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト/TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター/2110、他
■問合 : [セカンドサイト] 096-323-1121


高鈴

高鈴

高 鈴(コウリン)
山本高稲 ヤマモトタカネ (1977/05/05)…VO/作詞/作曲
山口彰久 ヤマグチアキヒサ (1977/04/06)…G/作曲/アレンジ

京都出身のアコースティックユニット。現在は東京在住。
鈴のかすかな音の様に、繊細な感情や音の響きを表現したい気持ちを込め
"高く鳴る鈴"「高鈴(コウリン)と命名。
1998年結成。
日本語の切なさや儚さを、音楽に載せるオリジナル楽曲の多さが特徴的。
2003年、SONY MUSIC RECORDSとメジャー契約。
デビュー曲『真夜中の後悔』で独自の存在感を全国に放つ。
アルバム3枚、ミニアルバム2枚、シングル1枚をリリース。
サードアルバム『ヒビノウタ』ではテレ東系アニメ「続夏目友人帳」の
エンディングテーマ、『愛してる』で幅広いファンを獲得。
2009年、自主レーベル「little dance music」設立。
2009年『うたかた』2011年『砂の時間』を発表。
初のDVD「高鈴in目黒PersimmonHall」を2012年リリース。

2012年10月10日、最新作「新世界」をリリース。
10月29日に東京渋谷「さくらホール」にて総勢23名の弦楽プレイヤーと 『高鈴オーケストラ』を結成し、ワンマンライブを行なう。 また「新世界Tour 2012」として初の韓国ソウルにてライブを行う。
韓国のミュージシャンが高鈴の楽曲をカバーするなど 今後、韓国と高鈴の交流も新たにスタートする。

(公式サイトはこちら)



蒲池眼鏡舗3周年記念パーティ
スペシャルゲストLIVE 【高鈴】

2013.4.28(Sun) at NINi(熊本市中央区坪井2-3-37-3F)[MAP]

■開場 19:00 高鈴LIVE 21:00~
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー)
*23:00からのご入場は2000円(要1ドリンクオーダー)とさせていただきます。
■ドレスコード:眼鏡
■前売りチケット取り扱い:蒲池眼鏡舗/NINi/蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合 :[蒲池眼鏡舗] 096-319-1775


東田トモヒロ

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年熊本県生まれ、熊本市在住。

2003年のデビュー以来、メッセージ性の高い表情豊かな楽曲 を発信し続け、国内はもとより海外からも高く評価されるシ ンガーソングライター。
またその持ち味でもあるエネルギーに満ちあふれたライブ で、これまでに数多くの音楽フェスティバルに出演。
2012年には通算10作目のアルバム「月が昇る頃キミは」をリ リース。
自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、人生を 「旅」ととらえ歩みを続けている。

また福島県南相馬市の子どもたちに季節の野菜や果物を送る プロジェクト「change the world」の代表。

(公式サイトはこちら)


東田トモヒロ livetour 2013 Acoustics.

2013.4.19(fri) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:セカンドサイト/TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカ ウンター、他
■問合 : [セカンドサイト] 096-323-1121


空気公団

空気公団

空気公団
1997年結成。現在は山崎、戸川、窪田の3人で活動中。

ささやかな日常語、アレンジを細やかにおりこんだ演奏、それらを重ねあわせた音源製作を中心に据えながらも、映像を大胆に取り入れたライヴや、様々な芸術家とのコラボレーションを軸にした展覧会等、枠にとらわれないアート志向の活動を独自の方法論で続けている。


(公式サイトはこちら)


空気公団LIVE TOUR
音・街・巡・旅 2013
夜はそのまなざしの先に流れる
2013.2.11ー2013.6.15 熊本公演
supported by LONG SIX BRIDGE / COMMON GROUND

2013.4.18(thu) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (1ドリンクオーダー)
※整理番号付 / 未就学児童入場不可
■前売りチケット取り扱い:
チケットぴあ 0570-02-9999 (P コード 190-343)
ローソンチケット 0570-084-008 (L コード 84042)
蔦屋熊本三年坂店チケットカウンター、Sazae、他
■問合 : [Sazae] 096-223-5701


おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)

おおはた雄一坂本美雨


おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
おおはた雄一(Vo.G), 坂本美雨(Vo)

音楽活動に加え、舞台出演、TOKYO FM系全国ネット番組「ディアフレンズ」のパーソナリティや、執筆など、創作の幅を拡げている、坂本美雨。
アメリカンフォークミュージックをルーツとするシンガー/ソングライターで、 自身のアルバム制作に加え、映画音楽、楽曲提供など多彩に活動する、おおはた雄一。
二人が共演を重ねるうちに、自然とユニットのように息が合い、 2006年頃、それぞれ名前の文字からとって「おお雨」と命名。
FUJIROCK FESTIVALやSUMMER SONICなど、各地でのライヴを中心に活動中。
そして「おお雨」という名前で出演する野外フェスはことごとく晴れる!という都市伝説も流れている。

おおはた雄一オフィシャルサイト
坂本美雨オフィシャルブログ



おお雨(おおはた雄一+坂本美雨) acoustic Live

2013.3.29(Fri) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]

■開場 18:00 開演 19:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:蔦屋熊本三年坂店チケットカウンター、Sazae、他
■問合 :[Sazae] 096-223-5701 ※15時以降


奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

奇妙礼太郎
「大根!人参!ロックンロール!くよくよしようぜ!~」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、のボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。
弾語りで行われ るソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。
泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。
2012年7月18日、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団、『桜富士山』Sakura Fujiyamaをリリース。

(公式サイトはこちら)

全国弾語りソロツアー2013
3月1日から4月にかけて全国約40会場

ここ数年、バンド・ソロを通じて年間200本を越えるライブを続ける奇妙礼太郎、2012年は奇妙礼太郎トラベルスイグ楽団のフロントマンとして、アルバムのリリース、東名阪ツアー、FUJIROCK FESTIVAL '12への出演など精力的にバンドを動かし、年末には渋谷QUATTROでのワンマンライブをソールドアウト。
2013年の春、自らの足で歌をつたえるべく全国ツアーを行います。
YouTube上に無数にアップロードされている奇妙礼太郎のビデオ。それは彼の歌声を聞いた人々が、その感動を友人やまだ知らぬ方へ「伝えたい」という気持ちの表れだろうと推測する。
とはいえ、目の前に存在し直接鼓膜を揺らした瞬間の感動は、PCを通じて伝わるそれと天と地ほどの違いがある。
奇妙礼太郎は「平成最強のハンドマイクロッカーでありバンドマン」だが、ギターで弾語る彼の歌もまた、格別の鳥肌を立ててくれる。

奇妙礼太郎弾語りソロアルバム
ライブ会場限定リリース決定
『タイトル未定』
10曲入/2000円(の予定)

3月1日からの弾語りソロツアーにてライブ会場限定の奇妙礼太郎弾語りソロアルバム(全曲オリジナル未発表曲)を販売します。
※ひとまずは奇妙礼太郎弾語りツアーライブ会場での販売のみとなります。


奇妙礼太郎
全国弾語りソロツアー2013 熊本公演

2013.3.22(Fri) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■サポートDJ
Joego / オナラムシ(scofitz) / K_Yota(Doit Science) / tella(The Rhinocerosmiles)
■前売りチケット取り扱い:
Sazae
蔦屋熊本三年坂店チケットカウンター
居酒屋じょうごや / Pavao / KEITH / ICHI
■問合 : [Sazae] 096-223-5701


leyona

leyona

leyona
1999年に仲井戸"CHABO"麗市プロデュース作品「オレンジ」でデビュー。
以来,忌野清志郎やG.LOVEを始めとした多数の国内外アーティスト,ミュージシャンと深い交流を深めながら,そのOne&Onlyなヴォーカルによって独自でオリジナルの世界観を表現し続けている。

2012年3月にリリースされた新作は数々の友人アーチスト達とのコラボレーション・トラックを集めた「you've got a friend」ブルーズ・ザ・ブッチャーと完全タッグを組んだ新録「GO GO POWER」のCD二枚組+ボーナスDVD。ソロ,デュオ,バンドでのライブを展開中。


(公式サイトはこちら)








Leyona
acoustic solo Live

2013.3.10(sun) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 18:30 Leyona演奏開始予定 20:30
■サポートDJ /オープニングアクト有り
■前売 3,500円 当日 4,000円 (1ドリンク付)
■前売りチケット取り扱い:
蔦屋熊本三年坂店チケットカウンター、Sazae、他
■問合 : [Sazae] 096-223-5701


akiko

akiko

akiko
2001年、ユニバーサルジャズと契約。
名門レーベル"ヴァーヴ"初の日本人女性シンガー。
オーセンティックなジャズだけでなく、エレクトロニカ、ブラジル、R&B、また独自のルーツであるロックに至るまで、様々な音楽を吸収し独自のスタイルを確立。
国内外の他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多い。
音楽性のみに留まらず、そのライフスタイルも注目されるアーティストのひとり。
現在、最新作のニューオリンズ録音のフル・アルバム"Dark Eyes/黒い瞳"が好評発売中。
古いスタンダードナンバーの、akikoには珍しい日本語による歌唱も話題を集めている

(公式サイトはこちら)


akiko 熊本公演

2013.3.9(sat) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 18:30 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (1ドリンク、つまみ付)
*別料金で食事は用意出来ます。
■前売りチケット取り扱い:
Sazae
蔦屋熊本三年坂店チケットカウンター、Sazae、他
■問合 : [Sazae] 096-223-5701


[HINA MATSURI]

dj usus(RIP SLYME)

dj usus (from RIP SLYME)
「HIPHOPグループ・リップスライムのSU。
リップスライム内では低音担当として日々ラップ。ビターでダンディなのにポップというコントラストの効いた存在で、絶大な知名度と人気を確立。
反して。DJとしては、神出鬼没・無口にテクノが主流。虚像と現実のギャップで魅せるそのストイックなプレイスタイルは、理由なくクラウドを心 酔させ、それはやがてハッピーエンドへと変わる。
好きな時間は、朝4時と6時。

(公式サイトはこちら)




[HINA MATSURI]
SPECIAL GUEST DJ : dj usus(RIP SLYME)

2013.3.3(Sun) at セカンドサイト[熊本県 熊本市 花畑町13-10][MAP]
■開場/開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンク付き)
■GUEST DJ : KINAKO
■SUPPORT DJ : Lips DJ's , R!KA☆P!KO , フカミ★カナ
■前売りチケット取り扱い:
セカンドサイト , TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター、Plus、他
■問合 : [セカンドサイト] 096-323-1121


次松大助とビューティフルハミングバード

次松大助

次松大助
1999年「ザ・マイスティース」のボーカルとしてミュージシャンのキャリアをスタート。
5枚のフルアルバムと2枚のミニアルバム、6枚のシ ングル、2枚のライブDVDをリリース。
フジロック、サマーソニック、カウントダウンジャパン等多くのフェスティバルへも出演。
ミュージシャ ン活動以外でも音楽誌、ファッション誌でのコラム連載等で多彩な才能を発揮。
「ザ・マイスティース」結成10年目を迎えた2009年4月、多 くのファンに惜しまれつつも解散を発表。
シンガーソングライターとしての新たなキャリアをスタートし、1stアルバム『Animation for oinkm oink!』をリリース。
現在は独特のピアノ弾き語りスタイルで、日本全国でライブを行っている。

(公式サイトはこちら)

次松大助

Ballade for Night Zoo(バラード フォー ナイト ズー)
DQC-1008 / 2,000yen(taxin) / CD / 8tracks
Released by bud music, inc. / Distributed by BounDEE by SSNW

1. #6 "Far Night"
2.King&Queen
3.霧の中
4. #7 "ibiqui"
5.静かな生活
6. U.F.O.
7. 夏の沼(Live for Night Fish )
8. Chime!Chime!Chime!(Live for Night Fish )




ビューティフルハミングバード

ビューティフルハミングバード
小池光子(歌)と田畑伸明(タバティ:アコースティックギター)の二人組。2002年結成。
2003年にリリースした1stアルバム「ビューティフルハミングバード」がロングセールスを記録。
2006年、鈴木惣一朗プロデュースでメジャーデビュー。
住友林業や日本郵便など数多くのCM曲に参加。
これまでにアルバム4枚、シングル2枚、カバーアルバム1枚、ミニアルバム1枚をリリースしている。
完全生音による「耳をすまそうコンサート」や、親子で楽しめる「絵本のよみきかせライブ」を展開。
2011年、NHKみんなのうた「ウメボシジンセイ」をNHK東京児童合唱団とともに担当。
ミニアルバム「ウメボシジンセイ」もリリースした。
2012年9月、ライブ会場限定販売CD「PDEP」(トラッドのカバー6曲入り)リリース。
2013年1月に は、長く廃盤だったファーストアルバムが、ボーナストラック4曲を加えて再発される。

(公式サイトはこちら)

ビューティフルハミングバード

ビューティフルハミングバード
10周年記念リマスター盤! 2013年1月23日リリース

2003年にリリースされロングセラーとなった、ビューティフルハミングバード(小池光子:ボーカル、田畑伸明:アコースティックギター)のファーストアルバム。
しばらく廃盤となっていましたが、10周年を迎える2013年、リマスタリングを施し再発が実現!
オリジナル盤の6曲に加え、コンピ盤「The Many Moods Of Smiley Smile」(2003年)より「朝の友人」、ピアニカ前田をフィーチャーリングした未発表バージョンの「いつか私は」、未発表オリジナル曲デモの「希望」、未発表カバー曲デモの「My man and me」と、4曲をあらたに収録。
当時のレーベル主宰者・行達也(mona records)による愛あふれるライナーノーツ付き。





supported by LONG SIX BRIDGE / COMMON GROUND
次松大助とビューティフルハミングバード
■次松大助 「Ballade for Night Zoo Release Live」
■ビューティフルハミングバード「ツアー winter2013」

2013.2.14(Thu) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (要1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取り扱い:
チケットぴあ 0570-02-9999 (P コード:190-342)
ローソンチケット 0570-084-008 (L コード:84037)
■問合 :[Sazae] 096-223-5701


ReelPeople & THE LAYABOUTS

reelpeople

Reel People
2001年、Oli LazarusはPapa recordsを設立したと同時にReel Peopleを結成。
デヴューシングルの「Spiritual」をリリース。魂が吹き込まれたハウスミュージックは明らかに彼らの可能性を示すものだった。
02年にミュージシャン/作家のMike Pattoを迎え、Dyanna Fearonをフューチャーした「Buterflies」やAngela Johnsonとコラボレーションした「Can't Stop」など数々の名曲を世に送り出し、翌年にはデヴューアルバム『Second Guess』を発表。Gilles PetersonやKyoto Jazz Massive、Studio Apartmentらに絶賛され話題を呼んだ。
その後、05年には、シングル 「The Rain」 をリリース。Joey NegroやMark Grantなどといったトップ・プロデューサーたちのミックス CD にも次々と収録されると共に、Simon Dunmoreがオーナー件A&Rを務めるDefected Recordsに移籍。新たにシングル3曲を加えた新装版の「Second Guess」が世界中でヒットを記録していくことになるのであった。同年にはKyoto Jazz Massiveの沖野 修也が主宰するTokyo Cross Over/Jazz Festivalに出演し、あのHerbie Hancockを唸らせ日本でも大きなインパクトを残したのち。Blue NoteやYELLOWでもライブセットを披露した。
08年にはアルバム『Seven Ways To Wonder』をリリース。
ラテン・ソウルのテイストを加えたリードシングル「Alibi」やソカのグルーブを織り込んだ「Outta Love」そして現在ユニットを組んでいるTony Momrelleをフューチャーしたディスコチューン「Amazing」に代表される楽曲がよりバンドとしての芸術性や完成度を反映した。
その後Mike Pattoは他のプロジェクトの為にReel Peopleを離れたが、09年に彼らの新しいプラットホームとしてファンキーでジャジーな要素を色濃くしたReel People Musicを設立。
近年では11年にStevie Wonderの名曲をカヴァーしタイトルにもなったアルバム『Golden Lady』をリリース。
シングルはLouie VegaやRasmus Faber等にリミックスされ、アーティストとしての地位を確固たる物にした。
そして12年には彼らの弟分でもあるアーティストThe Layaboutsのデヴューアルバムをプロデュースし、同時に結成10周年を記念したオリジナルの新曲を含むベストアルバム『Reel People 10 Years of Soulful Bliss』をリリースした。

(公式サイトはこちら)

THE LAYABOUTS

THE LAYABOUTS
The Layaboutsは計り知れない才能を秘めている。
リズムマスターのLeigh Darlowとギタリストで作曲かでもあるAlex Paschaliは2001年にロンドンで出会い、以後同じスタジオで10年以上様々な活動を共にしてきた。
ディープ/ソウルフルなハウスミュージックを得意とする楽曲は、DJ Spinna、Da Lata、DJ Spen、Robert Owens、Soulsearcherらの目にとまり、過去に彼らのリミックスを英名門ハウスレーベルのDefectedやMN2S、SoulfuricそしてReel Peopleが主宰するPapa Recordsに提供する。
その後Reel PeopleのOli Lazarusと共にマネージメント契約を結び。2010年にコンピレーション「Deep In En5」をリリース。彼らの新しいキャリアがスタートした。
その後新しく設立されたReel People Musicから、数多くの楽曲を発表。
中でもDJ KAWASAKIのニューアルバムにも楽曲を提供したことで記憶に新しいUKのシンガーShea Soulをフューチャーしたシングル「Perfectly」代官山AIRが主宰するミックスシリーズ「HEARTBEAT」においてDJ EMMAが収録したミックスCDのリードトラックとしても有名な「Do Better」などは日本のハウスミュージックシーンにおいても記憶に新しい。
そして2012年に満を持して彼らのオリジナルデビューアルバム「Future Retro」をリリース。
Tony MomrelleやImanni、Omar、Porita Moniqueといった個性的なヴォーカリストを迎え、どこかオールドスクールでありながらも深く、共鳴するような4×4のキックが彼らの音楽性が次なる段階へとシフトしたことを示している。
彼らの刺激的な音楽の旅はまだ始まったばかりである。

(公式サイトはこちら)


2013 NEW YEAR PARTY
FAITHMUSIC & LONG SIX BRIDGE PRESENT
ReelPeople & THE LAYABOUTS JAPAN TOUR 2013

■DJ & LIVE: Reel People , The Layabouts
■DJ : TAKECI , GO HONDA , SAi , TERRA

2012.1.26(Sat) at Django [熊本県熊本市中央区新市街1−36][MAP]
■開場/開演 23:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:Django , TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター
■問合 : [Django] 096-355-6960


indigo jam unit

indigo jam unit

indigo jam unit
2005年結成。笹井克彦(WB)、樽栄嘉哉(Pf)、和佐野功(Dr & Per)、 清水勇博(Dr)からなるインスト・ユニット。
樽栄-クラシック、清水-ジャズ、笹井-ファンク、和佐野-ラテンと、 4人それぞれのルーツが絡み合う独自のサウンドが特長。
2006年1stアルバム"DEMONSTRATION"をリリース以来、 毎年12月にアルバムを発表。
レコーディングはすべて一発録音で、 修正やダビングを一切行わず、リアルなサウンドを追求。
現在、Commonのリミックスアルバム等を含め10タイトル、 合計10万枚以上のセールスを記録している。

(公式サイトはこちら)

indigo jam unit

REBEL
release : 2011.12. 12(Wed)(予定)
通常盤:2,625yen (cat# bss042)
※SHM-CDを使用

indigo jam unit、結成8年目、8枚目のオリジナルアルバムが完成。
本作も、一発録音にこだわり、修正やダビング、クリックも使わず、 すべてオリジナル曲で、ゲストミュージシャンもなしで製作。
前作INDEPENDENTと同様、ルーツの異なる4人がアイデアをもちより、 1ヶ月以上かけ、100を超えるセッションから生まれた、 ライブ感あふれるアルバムです。
強い意志をもち、それを表現する・・・「REBEL」と名付けました。


indigo jam unit
"REBEL" release tour 2013

2013.1.12(Sat) at レストランバーCIB [熊本市中央区花畑町11-14 KOHENビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
レストランバーCIB
蔦屋熊本三年坂店チケットカウンター
■問合 : [レストランバーCIB] 096-355-1001


東田トモヒロ

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年熊本県生まれ、熊本市在住。
2003年のデビュー以来、メッセージ性の高い表情豊かな楽曲を発信し続け、国内はもとより海外からも高く評価されるシンガーソングライター。
またその持ち味でもあるエネルギーに満ちあふれたライブで、これまでに数多くの音楽フェスティバルに出演。
2012年には通算10作目のアルバム「月が昇る頃キミは」をリリース。

自然農とエネルギーの自給自足を実践しながら、人生を「旅」ととらえ歩みを続けている。
また福島県南相馬市の子どもたちに季節の野菜や果物を送るプロジェクト「change the world」の代表。

(公式サイトはこちら)





muchcolor LIVE vol.58
東田トモヒロ 大晦日 カウントダウンパーティー

2012.12.31(Mon) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]

■開場 21:00 開演 23:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 (1ドリンク、Food付)
■前売りチケット取り扱い:蔦屋熊本三年坂チケットカウンター、Day Cafe、Sazae 他
■問合 :
[Sazae] 096-223-5701


コトリンゴ

コトリンゴ

コトリンゴ (kotringo)
5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。
1999 年に神戸・甲陽音楽院 を卒業後、ボストン・バークリー音楽院に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を先攻。学位を取得後には、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。
2006 年に坂本龍一に見出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライター。

1年4月よりベースに村田シゲ(□□□ほか)、ドラムに神谷洵平(赤い靴)を迎えソロと並行してスリーピース・バンドでも活動。
2012年3月にミニ・アルバム「La mémoire de mon bandwagon」を発表。
また、10月公開の映画「新しい靴を買わなくちゃ」のサントラを坂本龍一と共同制作、10月17日に坂本龍一 + コトリンゴ「新しい靴を買わなくちゃ – オリジナル・サウンドトラック」をリリース。
2013年1月には待望のフルアルバムをリリース予定。

(公式サイトはこちら)


JUN OKAMOTO ✖蒲池眼鏡舗 ✖コトリンゴ LIVE
三つの夜の楽しみ方

【Contents】
■コトリンゴ ライブ
■岡本順、蒲池正浩、コトリンゴによるトークショー
■Exhibition of new Eyewears by 蒲池眼鏡舗
■ JUN OKAMOTO 2013 Spring & Summer Debut Show !

2012.12.15(Sat) at ギャラリー木村 [熊本市中央区水道町3-5 上通KビルBF][MAP]

■開場 19:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (1ドリンク付き)
※眼鏡着用の方は受付で500円キャッシュバック
■前売りチケット取り扱い:
wallflower、蒲池眼鏡舗
TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター
■問合 :
[wallflower ] 096-223-5642
[ 蒲池眼鏡舗 ] 096-319-1775


畠山美由紀 & 小池龍平

畠山美由紀 & 小池龍平

畠山美由紀 (Vocal)
2011年12月に発売された、オリジナルアルバム『わが美しき故郷よ』も話題となった、シンガー・ソング・ライター。
カフェ・ミュ-ジックの先駆者、Port of Notesのヴォーカリストとしても活動中。
2012年10月からFM横浜「Travelin' Light」(毎週土曜日11:00~13:00生放送)のDJを担当。
小池龍平 (Guitar&Vocal)
Bophana, Hands of Creationなどの活動を経て、ソロ活動を開始。
また畠山美由紀や、アン・サリー、bonobos、 土生"TICO" 剛(LITTLE TEMPO)などのサポートギタリストとしても幅広く活動中。


畠山美由紀 & 小池龍平

畠山美由紀 & 小池龍平
Album「Coffee & Music ~Drip for Smile~」

2012年10月1日(コーヒーの日)発売 
RBCP-2657 / ¥2,500(税込)
発売 / 販売:Rambling RECORDS

■カフェ・ブームを先導する鎌倉の人気カフェ、"カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ"のカリスマ・マスター、 堀内隆志氏が【Coffee】に関連した曲ばかりを選曲したカフェ・コンピレーション「Coffee & Music」第2作に、畠山美由紀 & 小池龍平 が参加!
さら本作のために書き下ろした新曲を収録。



muchcolor LIVE vol.57
畠山美由紀 & 小池龍平 "Coffee&Music" LIVE 熊本公演

2012.11.26(Mon) at Sazae [熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F][MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,500円 当日 5,000円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
※未就学児童入場不可
■前売りチケット取り扱い:
チケットぴあ [Pコード:184-408 / 0570-02-9999]
ローソンチケット [Lコード:82253 / TEL 0570-084-008]
■問合 : [SAZAE] 096-223-5701


ハンバートハンバート

ハンバートハンバート

ハンバートハンバート
1998年結成、佐藤良成と佐野遊穂による男女デュオ。2001年CDデビュー。
テレビ・映画・CMなどへの 楽曲提供多数。最近ではCMソン グ「アセロラ体操のうた」が話題に。
2012年6月、スカ集団COOL WISE MANとの共作ミニアルバム『ハンバート・ワイズマン!』(ユニバーサルJ)を リリース。

佐藤 良成(さとう・りょうせい)
1978年 神奈川県出身
ボーカル/ギター/フィドル(バイオリン)他
■佐野 遊穂(さの・ゆうほ)
1976年 東京都出身
ボーカル/ハーモニカ 他

2007年 映画『包帯クラブ』劇中音楽
2008年 小田急電鉄CMソング「待ち合わせ」/日本テレビ系列『2クール』エンディングテーマ「罪の味」
2009年 映画『プール』主題歌「タイヨウ」
2010年 ニチレイアセロラシリーズCMソング「アセロラ体操のうた」
2011年 NHK教育テレビ『シャキーン!』楽曲提供「ホンマツテントウ虫」

(公式サイトはこちら)


ハンバートハンバート
" サニーサニー ハンバート 秋編 " 熊本公演


2012.9.22(SAT) at Kumamoto Django [熊本市新市街1-36 サンライトビルB1][MAP]
■開場 19:00 / 開演 19:30
■前売 3,800円 当日 4,300円 (整理番号付)
(入場時に別途ドリンク代をいただきます)
※未就学児童入場不可
■前売りチケット取り扱い:
チケットぴあ [Pコード 176-941 / 0570-02-9999]
ローソンチケット [Lコード 89083 / 0570-084-008]
■問合 : [COMMON GROUND] 092-531-1199

MOVITS!

MOVITS!

MOVITS!
スウェーデンはルレア地方出身のヒップホップ&スウィング・バンド。
もともとはリード・シンガー&作詞を務めるヨアンと、DJ&作曲、プロデューサー役をこなすアンダースによる、兄弟ユニットとして結成された。結成当初はPlaneten Jordenと名乗り、アコースティック調のヒップホップやレゲエ・ミュージックを中心とした楽曲を発表していたという。その後、サックス・プレイヤーのヨアキムが加入し、現在のトリオ編成となる。やがて3人はバンド名をスウェーデンの伝説的ミュージシャンの名にちなみ、「Movits!」に変更。
2005年にはヨーロッパを中心にライヴ活動を開始。その後、JAZZ的な要素を含むドラムやホーンに魅せられ、彼らのサウンドが徐々に変化していく。自らのサウンドを「Äppelknyckarjazz」(※Applestealingjazz:1930~40年代のスウェーデンのストリート・キッズ達が好んで着ていたズボンの名称にちなんだもの)と名づけ、その知名度は段々とワールドワイドなものに。2008年に満を持して発表された1stアルバム『Äppelknyckarjazz 』は瞬く間に大ヒット。ヨーロッパを飛び越え、翌年にはデジタル形式でアメリカでもリリースされた。楽曲のレコーディング時には10名以上のミュージシャンをスタジオに呼び、レコーディングにはおよそ3年以上をも費やしたという。
「もともアコースティックな音楽をやってたから、あんまりサンプリングという手法は使わずに自分達で演奏した音を使いたいんだ」とはプロデューサーを務めるアンドレスの弁。
スウィング・ジャズの帝王、ベニー・グッドマンの影響を色濃く受け、同時にヒップホップ・グループ、アウトキャストのメンバー、アンドレ3000のスタイルにも大きな影響を受けたというサウンドはまさに唯一無二。
また、母国語であるスウェーデン語でラップすることをバンドのアイデン ティティとしており、歌詞のトピックは社会問題を題材にしていることが多い。彼らのヒット・シングル" Fel Del Av Garden"は、軽快なリズムと洒落っ気たっぷりのPVとは裏腹に、巨大な資本社会の構造に疑問を呈しているという内容だ。
2011年4月には2ndアルバム『Out Of My Head』をワールドワイド・リリース。今年に入ってからは2ヶ月以上にも及ぶアメリカ&カナダツアーも慣行し、大盛況のうちに幕を閉じた。
そして2012年2月には待望の来日公演を実現。深夜の新宿OTOにてヨアンのラップ、アンダーシュのDJ/ギタープレイ、そしてヨアキムのサックスが鳴り響き、満員御礼の会場中をこれでもかという程に盛り上げた一夜となった。
2012年9月には、DJセロリやKEN THE 390ら日本のアーティストとコラボレーションした日本限定企画MIX CDの発売も控えている。
現在、2013年のリリースを目指して新作アルバムを準備中。
今、もっともイカしたスウィング野郎たちに乗り遅れるな!

(公式サイトはこちら)


MOVITS ! in Kumamoto By M×C×W×T×M×2 !!!


2012.9.9(SUN) at 熊本NAVARO [熊本市中央街5-17熊本中央ビル地下][MAP]
■開場 20:00
-MOVITS! performance time will be from 22:00~-
■support DJ  Gosay Oda / kappy
■support BAND/LooPing JAM
■前売 3,000円 当日 3,500円 (入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター、machi(feal)、color、
wallflower by jun okamoto、tetorigarden、meranco ricca
■問合 : [NAVARO] 096-352-1200


ジルデコ

ジルデコ

JiLL-Decoy association
(ジルデコイ・アソシエーション、通称:ジルデコ)

02年結成。chihiRo(Vo) kubota(G) towada(Drs)の3人が生み出すJAZZ/FUNK/R&Bをベースにしたオリジナリティあふれる楽曲と、高い演奏力によりジャム・セッションのように毎回進化していくライブ・パフォーマンスが中毒者を増やしていく。

07年4月、待望の1stアルバム『ジルデコ』を発表し、高い評価を得た。08年7月に2ndアルバム『ジルデコ2』を発表。その翌年からは、ジャズクラブで催すプレミア・ライブ「ジルデコ・ラウンジ」と、ライブハウスで繰り広げるイベント・ライブ「ジルデコ・フェスタ」という2つ方向性のレギュラー・ライブをスタートし、より一層ライブ・アーティストとして可能性を広げていく。

10年2月、クラブジャズ・シーンを代表するミュージシャンが多数参加し話題となった3rdアルバム『ジルデコⅢ』を発表し、渋谷HMVの邦楽インディーズ・チャートで3週に渡り1位を獲得。アルバム・リリースの間に配信したiTunesやamazon限定ミニアルバムはいずれもJAZZチャートで1位を獲得。そして、何と前作アルバムから8ヶ月という短い期間で4thアルバム『ジルデコ4 ~ugly beauty~』を発表。2年連続で行った渋谷クアトロでのワンマンLIVEも満員御礼で大成功に収めた。

そして今年2012年は、ジルデコ結成10周年というアニバーサリー・イヤー。それに相応しく、記念アルバムを3作リリースし、さらにはビルボードライブ東京でのスペシャル・ライブや国内最大ジャズフェス「東京ジャズ」への出演など、今その勢いは留まることを知らない。

(公式サイトはこちら)


ジルデコ・アコースティックライブ in 熊本


2012.8.26(SUN) at Restaurant Bar CIB [熊本市中央区花畑町11-14 KOHENビル2F][MAP]
■開場 19:30 / 開演 20:00
■前売 2,000円
(入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■前売りチケット取り扱い:
For Groove 郵便振替
ローソンチケット [Lコード 88948 / TEL 0570-084-008]
Restaurant Bar CIB
■問合 : [Restaurant Bar CIB] 096-355-1001


『真夏の夜を過ごすためのいくつかの音楽』

真夏の夜


橋本徹 (SUBURBIA)
編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。
渋谷・公園通りの「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。
『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは230枚を越える。
USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」を監修・制作。著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

(公式サイトはこちら)


渡辺 亨
札幌出身。音楽評論家。
DJ。NHK-FM「世界の快適音楽セレクション」の全体の構成と選曲、および自身が出演する「音楽のバックステージ」と「Toppics」のコーナーを担当。
渋谷Bar Musicで、「Toru ⅡToru」と「Count On Me」(with中村智昭)を主宰。
「Music Magazine」「Record Collectors」「ケトル」「CD Journal」「Audio Basic」などで連載。


『真夏の夜を過ごすためのいくつかの音楽』
Special Guests DJ : toruⅡtoru
■橋本徹 : 編集者/選曲家/DJ/プロデューサー
■渡辺亨 : 音楽評論家


【鹿児島】
2012.08.17(fri) at coffee innovate (鹿児島県鹿児島市山下町12-12#101号)[MAP]
■開場 18:00 / 開演 19:00 (toruⅡtoru performance time will be from 19:00 ~ 23:00)
■前売 2,000円 / 当日 2,500円
(入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■サポートDJ : 奥村朗(GADGET)
■前売りチケット取り扱い:
acoustics addict/acoustics harvest/NEJI/かねじょう/coffee innovate
■問合 : [coffee innovate(コーヒー・イノベート)] 099-210-7237


【熊本】
2012.08.18(sat) at Sazae -サザエ- (熊本市南坪井町3-7 宮野ビル2F)[MAP]
■開場 18:00 / 開演 19:00 (toruⅡtoru performance time will be from 19:00 ~ 23:00)
■前売 2,000円 / 当日 2,500円
(入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■サポートDJ : UEDA/TAKECI(AGブレイカーズ)
■前売りチケット取り扱い:
蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター
Sazae
■問合 : [Sazae -サザエ-] 096-223-5701

沖仁

沖仁

沖仁
1974年生まれ。14歳より独学でエレキギターを始める。
高校卒業後、カナダで一年間クラシックギターを学ぶ。その後、スペインと日本を往復し20代を過ごす。
一時帰国中の1997年、日本フラメンコ協会主催新人公演において奨励賞を受賞する。2000年5月帰国。
2006年、3rdソロアルバム「ナシミエント〜誕生〜」でメジャーデビュー。同年12月には、NHK「トップランナー」に出演。
07年4月〜NHK大河ドラマ「風林火山」紀行テーマ曲を担当。
2010年7月、スペイン三大フラメンコギターコンクールのひとつ「第5回 ムルシア "ニーニョ・リカルド" フラメンコギター国際コンクール」国際部門で優勝。日本人として初の快挙を成し遂げた。同月、5thアルバム「アル・トーケ〜フラメンコの飛翔〜」をリリース。9月にはデビュー10周年ベストアルバム「MI CAMINO〜10年の奇跡〜」をリリース。同月、コンクールに挑む様子を密着取材したTBS系「情熱大陸」がオンエアされ、大きな反響を呼ぶ。現在は東京を拠点にし、ソロ活動を中心に国内外のアーティストとの共演、プロデュース、楽曲提供等を精力的に行っている。
昨年7月には、初の映像作品DVD「Con Palmas[コン・パルマ] ~ ライヴ・アット・ブルーノート東京」10月には最新アルバム「Concierto[コンシェルト]〜魂祭〜」をリリース。

(公式サイトはこちら)


小林智詠

小林智詠(こばやしちえい)
1980年埼玉県生まれ。
幼い頃より南米のフォルクローレを演奏、9歳でギターを始める。フラメンコギターを鈴木英夫に師事。
2002年スペインに渡り、フラメンコギターをベンハミン・アビチュエラに師事。マヨルカ島を拠点に音楽活動。
その後アルゼンチンに渡り、フアン・カルロス・カラバハルらと現地フェスティバルに出演。
帰国後はソロライブのほか、岡田浩安、小川紀美代、沖仁などフォルクローレ、タンゴ、フラメンコを中心にジャンルを越えて数多くのミュージシャンと共演。また、映画・TV番組・ゲーム音楽のサントラに参加。
2008年、ファーストCD『不思議な風』を発表。さまざまな民俗音楽の力強さを土壌としながら、自由で個性的な楽曲づくりを目指している。

(公式サイトはこちら)



muchcolor LIVE vol 53
沖仁
"コンサートスタイル フラメンコギター 2012"


2012.8.3(fri) at 熊本市男女共同参画センターはあもにい メインホール [熊本県熊本市中央区黒髪3-3-10][MAP]
■開場 18:00 / 開演 19:00
■前売 5,000円 当日 5,500円
全席自由/整理番号付(未就学児童入場不可)
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター、 交通センタープレイガイド [096-326-8813]、熊日プレイガイド [096-327-2278]
チケットぴあ [Pコード 170-036 / 0570-02-9999]
ローソンチケット [Lコード 87457 / TEL 0570-084-008]
■問合 : [:Comodo arts project(コモドアーツプロジェクト)] 096-288-4635


paris match

paris match

paris match
ミズノマリ(vocal)/杉山洋介(music)

2000年4月ビクターからアルバム「volume one」でデビュー。
ボサノヴァ、ジャズ、ソウル、クラブミュージックのエッセンスが溶け込んだ杉山洋介の作りだす上質な楽曲と、ミズノマリのクールな歌声で注目を集める。
「SUMMER BREEZE」「太陽の接吻」など、これまで様々なテレビCMや番組などで彼らの楽曲が使われている。
ここ数年は本格的にライブ活動を行い、日本のみならず、韓国を始めとしたアジア圏内や欧米でも高い評価を得て、野外フェスやクラブイベント等にも多数参加。彼らの韓国での彼らの人気は特に根強い。
また2010年にはタイで開かれた各国のアーティストが集合する大きな音楽フェスに参加。韓国に続きタイでも彼らの人気が実証された。
結成12年目となる今年は10枚目となるオリジナルアルバムを制作中。
ちなみに"paris match"というユニット名は、彼らが敬愛してやまないThe Style Councilの1stアルバム「Cafe Bleu」の収録曲から付けられている。

(公式サイトはこちら)


[salon de paris match 2012] 九州ツアー


【福岡公演】
2012.07.23(mon) at ROOMS(福岡県福岡市中央区大名2丁目1-50 大名ONOビル3階)[MAP]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■前売 4,000円 / 当日 4,500円
(入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■サポートDJ有り
■前売りチケット取り扱い:
プレイガイド
チケットぴあ (Pコード:172-390 / 0570-02-9999)

■問合 : [ROOMS] 092-751-0075


【熊本公演】
2012.07.24(tue) at セカンドサイト(熊本県 熊本市 花畑町13-10)[MAP]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■前売 4,000円 / 当日 4,500円
(入場時に別途ドリンク代をいただきます)
■サポートDJ有り
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター

プレイガイド
チケットぴあ (Pコード: 172-390 / 0570-02-9999)

■問合 : [セカンドサイト] 096-323-1121


JESSE HARRIS

jesse harris

JESSE HARRIS(ジェシーハリス)
NY出身。ボブ・ディランの流れを継承した、現在のニューヨークを代表するシンガー・ソングライター。
90年代中頃に男女デュオのグループ"ワンス・ブルー"でデビュー。97年のバンド解散後は、マイペースにソロで活動。
アメリカン・フォークやカントリーといったルーツ・ミュージックの匂いを残しつつ、NYならではの都会的なセンスと、ブラジル音楽にも通じるさりげない軽快さを備えた絶妙なメロディが魅力。
ノラ・ジョーンズをはじめ、ケニーG、パット・メセニー、畠山美由紀、平井堅など多くのアーティストにカバーされている曲で、2002年度グラミー賞[Song of The Year]受賞曲「Don't Know Why」の作者としても知られている。
また「Don't Know Why」以外の曲でも、キャット・パワー、トリスタン・プリティマン、リズ・ライト、マデリン・ペルー、キアラ・シヴェロ、日本ではBIRDなど、多くのアーティストに愛され、歌われている。

(公式サイトはこちら)


bonobos

bonobos(ボノボ)
2001年結成、2003年「もうじき冬が来る」でメジャー・デビュー。
レゲェ/ダブ、ドラムンベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと、様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団。
ROCK IN JAPAN、FUJI ROCK FES、RISING SUN ROCK FESなど、毎年数多くの野外フェスに出演し、ライブバンドとしても確固たる地位を築いている。
他アーティストへの楽曲提供、演奏サポートなど、それぞれのソロ活動も精力的に行われ、2010年にはvo.蔡、dr.辻ともにソロアルバムも制作/発表している。
2011年8月には日比谷野外大音楽堂にてバンド結成10周年を盛大に祝い、9月には9th Single「Go Symphony!」、12月には5th Album「ULTRA」をリリース!!

(公式サイトはこちら)


SECOND SIGHT 14th Anniversary LIVE
muchcolor LIVE vol 53
JESSE HARRIS(ジェシーハリス) SUB ROSA TOUR in JAPAN 2012 熊本公演
special guest live:bonobos(ボノボ)


2012.7.7(sat) at SECOND SIGHT [熊本県熊本市花畑町13−10][MAP]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター
チケットぴあ [Pコード 170-033 / 0570-02-9999]
ローソンチケット [Lコード 87455 / TEL 0570-084-008]
■問合 : [SECOND SIGHT] 096-323-1121


近藤房之助

近藤房乃助

近藤房之助 YO-YO
Member:
近藤房之助(Vo/G)
宮川剛(Perc)
YANCY(Pf)

近藤房之助の信条である、「Anytime Anyplace」。
大都市に人を集めるのではなく、聴きたいという人がいるならばこちらから出向いて聴いてもらう。
日本全国津々浦々をライブ行脚する為に結成されたユニットがYO-YO。
近藤の持ち味であるBLUESを中心としたステージはトリオ編成の枠を越えたエモーショナルなプレイを聴かせてくれる。
近藤房之助
1951年生まれ。日本では数少ないブルース・シンガー。
76年京都にて伝説のバンド、BREAK DOWNを結成。
90年にLIVEアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。また、同年、企画バンド「B.Bクィーンズ」に参加、テレビ・アニメの主題歌「おどるポンポコリン」をリリースする。この老若男女楽しめるパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年のレコード大賞をも獲得するに至った。
コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動と、B.B.KING、OTIS RUSH、BOBBY "BLUE"BLAND、STUFFなど海外のミュージシャンと共演する傍ら、日本に於いても数多くのミュージシャンに影響をあたえ続け、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立を果たしている。
2011年クラブミュージックシーンの鬼才プロデューサーのSWING-O a.k.a.45をサウンドプロデューサーに迎え、若手FUNK BANDたちとのコラボレーションによって作り上げたファンク&ソウルカバーアルバム「黒くなれ」を4/20にリリース。
宮川 剛 (みやがわ つよし)
1970年長崎生まれ。
中学時代YMOのコピーバンドでドラムを始め、九州芸術工科大学在学中より、藤山英一郎氏、原田迅明氏に師事し、ジャズドラマーとして活動開始。
Small Circle of Friends、cryff in the bedroom、忌野清志郎 & NICE MIDDLE WITH NEW BLUE DAY HORNS のドラマーを経て、数々のアーティストのレコーディング、ツアーに参加。
2007年8月、宮沢和史率いる GANGA ZUMBA(ガンガズンバ)に正式加入。パーカッショニストの今福健司、マルコス・スザーノと共に強力なグルーヴでバンドの屋台骨を担う。
また、パンデイロでは、エフェクターを駆使した奏法の日本の第一人者である。
YANCY
沖縄生まれ、東京、岐阜、兵庫と転々として育つ。11/12生まれ。O型。
シンガーソングライターとしての活動と並行して様々なアーティストのレコーディングやライブサポートに参加。またアレンジャーやサウンドプロデューサーとしても評価されておりレコーディング作品やCM作品も多数。
ローズ、ウーリッツアー、ハモンド、アナログシンセなどビンテージ楽器のスペシャリストとしても知られている。ルーツミュージックから音響系まで実に幅広い音楽的バックボーンは多くのミュージシャンから信頼を得ている。サポート、プロデュースワークの一方、デビュー当初から続けているユニット『kotez&yancy』では独自のブルース、ニューオリンズピアノでルーツミュージックファンを魅了し続けている。j-popシーンを代表するロックピアノプロジェクト『CRAZY FINGERS』にも初期から参加。ルーツミュージックとポップスシーンをまたいで活動するスタイルは日本においては非常に貴重な存在。jazzやblues、soul、R&Bなどのルーツミュージックからシンガーソングライター、昨今人気のサーフ系アコースティックからエレクトロニカまでその活動範囲は多彩である。 ルーツミュージックのフィールドではDr Jhonやオル・ダラのフロントアクトを務め、Otis RushやBuddy Guyとも共演。かと思えば、八代亜紀さんのミニアルバムを全曲サウンドプロデュースして周りを驚かせるなど本人はいたってマイペース。
またビンテージ楽器と録音機器を揃えた自宅スタジオ『SUNNY PLACE』にて自らの音楽的ルーツである70年代のS・S・W(シンガーソングライター)を強く感じさせる作風で自らの作品の録音や他アーティストの録音も手掛けており、サウンド、アレンジメントや肌触りまで、そのマニアックなこだわりぶりにコアなファンを持つ。

(公式サイトはこちら)


近藤房之助 LIVE 2012 ~Anytime Anyplace~


【福岡】
2012.06.27(WED) at BEAT STATION (福岡市中央区渡辺通4-11-4) [MAP]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 [1drink別(入場時に別途ドリンク代として500円いただきます)]
■問合 : [BEAT STATION] 092-738-1761

【熊本】
2012.06.29(FRI) at セカンドサイト (熊本県熊本市花畑町13−10) [MAP]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 [1drink別(入場時に別途ドリンク代として500円いただきます)]
■問合 : [セカンドサイト] 096-323-1121

【鹿児島】
2012.07.01(SUN) at CAPARVO HALL (熊本県熊本市花畑町13−10) [MAP]
■開場 18:00 / 開演 18:30
■前売 4,000円 当日 4,500円 [1drink別(入場時に別途ドリンク代として500円いただきます)]
■問合 : [SR Factory] 099-227-0337


青葉市子

青葉市子

青葉市子
1990年 生まれる。
2007年 クラシックギターを弾き始める。
2008年 作品が生まれる。
2009年2月 青葉市子として初演奏。
2010年1月 1stアルバム「剃刀乙女」発売。
2010年7月 FUJI ROCK FESTIVAL '10に出演。
2011年1月 2ndアルバム「檻髪」発売。
2011年8月 SUMMER SONIC 2011に出演。
2012年1月 3rdアルバム「うたびこ」発売。
現在は東京都内を中心に精力的にライブ活動中です。

(公式サイトはこちら)


青葉市子 旅のうたびこ 独奏会 2012


2012.06.25(mon) at ツノ ~レストラン&カフェ~ (熊本県熊本市水道町4−2) [MAP]
■開場 19:30 / 開演 20:00
■前売/当日 3,000円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター
チケットぴあ (Pコード:169-686 / 0570-02-9999)
ローソンチケット (Lコード:87368 / 0570-084-008)

■問合 : [ツノ] 096-356-2770

小池龍平 × JUNN

小池龍平

小池龍平
1978年生まれ東京都荒川区出身、リズムギタリスト&シンガーソングライター。
高校時代に初めてギターを手にし、早稲田大学ラテンアメリカ協会での活動などを経て、ブラジル音楽をはじめ各地の黒人音楽に出逢いリズムギターに傾倒していく。
2003 年ブラジル音楽を独自の解釈で演奏するアコースティック・トリオ"Bophana"を結成。青柳拓次(Little Creatures)プロデュースのデビューアルバム"Bophana"の他、2枚のアルバムを発表。日本人離れしたクール・ヴォイスとリズム・ギター は、高い評価 を受ける。
また2006年、自らが中心となり"Hands of Creation"を結成。1stアルバム"Hands of Creation"でメジャーデビュー。アメリカン・フォーク、レゲエ、ブラジリアン・ミュージック等の音楽をルーツに持つ同バンドは、SUMMER SONIC 2006、朝霧Jam'06、FUJI ROCK FESTIVAL'07、SunSet Live'08等数々の大型フェスに出演。2枚のアルバムをリリース。
2009年以降、徐々にバンド活動からソロ〜サポート活動に専念。
2009年8月には小池龍平ソロプロジェクト"bonito"として、マイケル・ジャクソンのカバーアルバム"Sings MJ"を発表。bonito名義でSUMMER SONIC '09に出演。
またサポートミュージシャンとしては Port of Notes、畠山美由紀、Ann Sally、noon、DSK、satocough(BIG FROG, my-pot)、土生"tico"剛(LITTLE TEMPO)、icchie(ex. DETERMINATIONS)、光風(COOL WISE MAN、GREEN MASSIVE)、show441(el skunk di yawdie)、HanaH、bonobos…など、さまざまなジャンルのミュージシャンと共演。
また icchie presents EXOTIC SESSION BAND もしもパレードのメンバーとしても不定期に活動中。

その他、『三菱MUFG』 TV CMソングや、『ニチレイフーズ・アセロラドリンク』、『ヱビスビール』、『ジャックスカード』、『SONY Cyber-shot、HANDYCAM』、『明治 おいしい牛乳』、『カネボウ ALLIE』、『ACジャパン』等のTV CMナレーションも担当。

(公式サイトはこちら)


JUNN

JUNN
山口県出身。現在福岡市在住シンガーソングライター。
2008年、山口県周南市にあるclub peopleにてキャリアスタート。
アコースティックソロスタイルで全国のアンダーグラウンドシーンを旅して廻り、年間100本以上のLIVEを行う。
チルなメロウネスから、土臭くダンサブルなブラックネスまで、ROOTSやSOULのアコースティックカヴァーを織り交ぜボーダレスに表現するスタイルはまさにone&only. その日本人離れしたリズム&ヴォイスは様々なシーンより高い評価を受ける。
2010年より福岡を拠点に活動。様々な来福アーティストのオープニングアクトを務める。
2011年、北海道ツアーにて飛羽芸術祭TOBIU CAMP by MAGICAL CAMP2011のオオトリにソロで出演。九州からは初のゲスト出演を果たす。
弾き語りソロをはじめ、JUNN with spooky+, JUNN ACOUSTIC BAND、光風(cool wise man,山賊)、小池龍平 (bonito,Hands Of Creation)とともに結成したコーラストリオ、the EQUALITESのメンバーとしても不定期に活動中。ソロではSTB a.k.a satobon、小池龍平、光風、長久保 寛之(lake,光風&GREEN MASSIVE),TENGUSAなど、数々のアーティストを迎え各地で演奏活動を行っている。
2011年、初のスタジオ盤アルバム制作中。 UNITY and FAMILY and LOVE.

(公式サイトはこちら)


Saudade records&ONPA presents
小池龍平 × JUNN acoustic tour 2012
"poemas de saudade"


2012.06.02(sat.) at NAVARO(熊本県熊本市中央街5-17) [MAP]
■開場 20:00 / 開演 21:00
■前売 2,000円 当日 2,500円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター
■問合 : [NAVARO] 096-352-1200


オーサカ=モノレール

オーサカモノレール

■オーサカ=モノレール
本年、結成20周年を迎える。'92年の結成から一貫して「1968~72年のFUNKサウンドを現代に蘇らせる」ことに執心し、9人編成のFUNKオーケストラとして世界のファンクシーンの第一線を走り続けて来た。
徹底的なこだわりのライブ、レコーディングに加え、70sブラックムービーの自主配給なども手掛ける。
マーヴァ=ホイットニーをプロデュースするなど海外での評価も高く、2006年以来、毎年ヨーロッパ遠征ツアーを行う。
2009年にはバルセロナ公演を収録した『LIVE IN SPAIN』(CD+DVD)を発表。2012年も、イギリス、イタリア、オーストリア、スイス、スペイン、ドイツ、フランス、ベルギーにて約1ヶ月のツアーを敢行。夏にはヨーロッパとカナダのフェスティバル約20箇所を巡るツアーも決定している。

(公式サイトはこちら)


muchcolor Live vol.51
OSAKA MONAURAIL
20th Anniversary "STATE OF THE WORLD" TOUR !!


2012.06.01(fri) at Kumamoto Django (熊本県熊本市新市街1-36サンライトビルB-1) [MAP]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター
チケットぴあ (Pコード:166-852)
ローソンチケット (Lコード:86603)

■問合 : [Django] 096-355-6960


奇妙礼太郎

奇妙礼太郎

■奇妙礼太郎
奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のフロントマン。

大阪が誇る笑いと哀愁を背負ったグッド・シンガー。

切な楽しい、誰もが愛さずにはいられない人物。

「Live Golden Time」4/4発売。

(公式サイトはこちら)



奇妙礼太郎 KUMAMOTO LIVE


2012.5.28(mon) atNAVARO (熊本市中央街5-17-BF :銀座通り東側、国道3号線付近auショップ地下)[MAP]
■開場 20:00 / 開演 21:00
■前売 2,000円 当日 2,500円 [1drink別]
■サポートDJ有り
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター

■問合 : [NAVARO] 096-352-1200


赤い靴

赤い靴

■赤い靴
神谷洵平(Dr)とシンガーソングライターの東川亜希子(Vo, Piano, Violin)からなるユニット、赤い靴が7月20日にデビューアルバム「コマドイルの旅」をリリースする。
文学的でメルヘンな歌詞と、神秘的な独特のポップセンスで話題の赤い靴。
今回の作品は大橋トリオがコーラス&編曲、コトリンゴがピアノ、ジャンクフジヤマがコーラスで参加しており、また作詞をPredawn、羊毛とおはなの羊毛こと市川和則、大橋トリオの作詞を手がけるmicca、トルネード竜巻の名嘉真祈子が手がけている。

(公式サイトはこちら)


Patchworks Label presents
赤い靴 " 九州の旅ツアー " 熊本公演


2012.5.18(fri) at GOOD DEAL CAFE [熊本市上林町3-36並木坂ビル 1F][MAP]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター
チケットぴあ [Pコード 0570-02-9999]
ローソンチケット [Lコード TEL0570-084-008]
■問合 : [GOOD DEAL CAFE] 096-288-4834


DE DE MOUSE IN KUMAMOTO

DE DE MOUSE

■DE DE MOUSE
チベット、インドネシアなどの民族音楽の歌、子供の声から ソウルフルなヴォーカルまで、多彩な素材を緻密にチョップ&エディットした印象的なメロディ。
独特なコード進行の上を飛び交うきらびやかなシンセサイザーサウンドに、 ブレイクコアまでも連想させる緻密だがアクセントの強いビート。

アシッドハウスからアーメンブレイク、ヒップホップからフュージョンまで 様々なキーワードをリンク/融合させ、新たな可能性を体現する エレクトロニック・シーンの異端児DE DE MOUSE(デデマウス)。

誰にも真似出来ないイマジネーション豊かな楽曲に加え、 ツインドラムを従えたアグレッシブなバンドアンサンブルから 大胆にエディットし直されたダンスセットまで、ライブスタイルも独創的でエネルギーに溢れている。
音源、パフォーマンス共に国内外問わず多数のアーティストやクリエイター達から強力に支持され、 ファッション、ゲーム、グラフィック等、あらゆるジャンルとのコラボレーションも積極的に行っている。

(公式サイトはこちら)


fakejam 1st Aniversary+muchcolor Live Vol 49
DE DE MOUSE IN KUMAMOTO


2012.4.27(fri) at NAVARO (熊本市中央街5-17-BF :銀座通り東側、国道3号線付近auショップ地下)[MAP]
■開場 開演 21:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 [1drink別]
■サポートDJ有り ,br /> ■前売りチケット取り扱い:fakejam/蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター/チケットぴあ/他
■問合 : [NAVARO] 096-352-1200

Chocolat & Akito Acoustic Tour 2012 熊本

chocolat&akito

■Chocolat & Akito
ショコラと片寄明人(Great 3)によって2005年に結成された夫婦デュオ。
明と暗、清濁併せ呑んだ、その独特な詩世界を美麗なメロディーで綴り、同年に「Chocolat & Akito」でデビュー。
2007年には2nd「Tropical」をリリース。現在は待望の3rdアルバム制作中。

二人だけでの弾き語りから、栗原務(Little Creatures)、清水一登(ヒカシュー)、石井マサユキ(Tica, Gabby & Lopez)を迎えたファンキーかつメロウ、しかしあくまでもロックなバンドセットまで、一糸乱れぬハーモニーで、胸しめつけるメロディーを聴かせるライブは必見。

近年、片寄明人はプロデューサーとして、フジファブリック、Sister Jet、Anyなど数多くのミュージシャンを手がけ、ショコラはアクセサリーブランド「Corchea」デザイナー、CMナレーターとしても活躍中。
またユニクロのCMにも夫婦出演するなど、話題を集めている。

(公式サイトはこちら)


muchcolor LIVE vol.46
Chocolat & Akito Acoustic Tour 2012 熊本

2012.2.24(fri) at NAVARO (熊本市中央街5-17-BF :銀座通り東側、国道3号線付近auショップ地下)[MAP]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 [1drink別]
■サポートDJ tajiri(ソングサイクル) / chi---.(stylus!)

■Pコード:160-758 / Lコード:85155
■前売りチケット取り扱い:
蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカウンター、チケットぴあ、ローソンチケット

■問合 : [NAVARO] 096-352-1200

松岡 'matzz' 高廣 (quasimode / montyacc)

quasimode

■松岡'matzz'高廣(quasimode/montyacc)

国内外問わず飛躍し続けている「quasimode(クオシモード) 」のパーカッショニスト。
多忙を極めるquasimodeでの活動の他、パーカッション・ドラムで都内を中心に多方面においてセッション・サポート等勢力的に活動中。常日頃から魂の篭った情 味ある物を表現しようと心がけている。
また、quasimodeのメンバーとしては唯一DJとしても活動中で、パーカッショニストならではの選曲には定評がある。
プランツレーベル主催のコン ガワークショップやアパレルブランド「montyacc (モンティ アック)」を主催、今年始めにはテーマ曲を担当するNHK Eテレ「資格☆はばたく」の番組レポーターとしても出演とその活動は 多岐に渡る。

(公式サイトはこちら)


LONGSIXBRIDGE PRESENTS "blues for space girl vol.1"
special guest DJ/ 松岡 'matzz' 高廣 (quasimode / montyacc)

2012.2.11(sat) at 2110 KUMAMOTO [MAP]

■DJ:Ueda/TAKECI(AGブレイカーズ)/Kuroiwa (MILESTONE /FOCUS )/ボギー(LooPing JAM / Big John TENTA)
■開場/開演 20:00 (終了予定25時)
■前売 2,000円 当日 2,500円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:蔦屋書店熊本三年坂1Fチケットカ ウンター

■問合 :[2110 KUMAMOTO] 熊本市下通1丁目10-6 10F Tel: 096-312-1393


indigo jam unit 熊本公演

indigo jam unit

■indigo jam unit
2005年結成。
笹井克彦(WB)、樽栄嘉哉(Pf)、和佐野功(Dr & Per)、清水勇博(Dr)からなるインスト・ユニット。
樽栄-クラシック、清水-ジャズ、笹井-ファンク、和佐野-ラテンと、4人それぞれのルーツが絡み合う独自のサウンドが特長。

2006年1st album"DEMONSTRATION"をリリース以来、年1枚のペースでアルバムを発表。
レコーディングはすべて一発録音で、修正やダビングを一切せず、リアルなサウンドを追求。
加えて、2009年にはflexlifeとのコラボレーション・カヴァー・アルバム"Vintage Black"と、HIP HOP界のリリスト"COMMON"のリワークアルバム"re:common from indigo jam unit"、2011年にAlicia Saldenhaをゲストボーカルに迎えたカヴァーアルバム"ROSE"をリリース。

(公式サイトはこちら)


indigo jam unit

■INDEPENDENT
release : 2011.12. 7(Wed)(予定)
通常盤:2,625yen (cat# bss040)
※SHM-CDを使用

結成7年目のindigo jam unit、7枚目となるオリジナル・アルバムが完成しました。 本作も、一発録音にこだわり、修正やダビング、クリックもつかわず、ゲストミュージシャンもなし。 全てオリジナル曲で、ルーツの異なる4人の数十回にわたるセッションから生まれたアルバムです。 INDEPENDENTなスタイルで進んでいく、INDEPENDENTな音楽を感じてください。



muchcolor LIVE vol.45
indigo jam unit "INDEPENDENT" release tour ! 2012

2012.1.8(sun) at LIVE HOUSE Django [MAP]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、LIVE HOUSE Django

■問合 : [LIVE HOUSE Django] 096-355-6960

Ann Sally 熊本公演

Ann Sally

■Ann Sally
幼少時からピアノを習い音楽に親しむ。
10代の頃より様々なジャンルの音楽を垣根なく愛聴し、歌で表現する面白さにのめり込む。
卒業後も内科医として働く傍ら歌い続ける。
2001年「Voyage」でアルバムデビュー。2003年には「Day Dream」「Moon Dance」で日本語の曲を含むカヴァー曲をオリジナルに昇華した歌唱によりロングセラーとなる。
2002年から3年間ニューオリンズに医学研究のため暮らし、現地の音楽家とプライベートに収録した音源を、帰国後アルバム「Brand-New Orleans」として発表し話題に。
帰国後も病院勤務の傍ら音楽活動を行い、2児の母となった2007年に「こころうた」を、2008年には書き下ろしマキシCD「時間旅行」を発表。2009年には第60回紅白歌合戦に出演しテーマソングを歌唱。
2010年末には7枚目のアルバム「fo:rest」(フォレスト)を発表。時代やジャンルの枠を超えた、柔らかくも情感あふれ、深みある歌唱と、そのナチュラルなライフスタイルは幅広く支持されている。

(公式サイトはこちら)



muchcolor LIVE vol.44 Ann Sally 熊本公演

2011.12.9(fri) at Second Sight 5F [MAP]

■開場 18:00 開演 18:30
■前売 3,500円 当日 4,000円 [1drink別] ( 着席/立ち見 全席自由・入場整理番号付 )
※未就学児入場不可とさせていただきます。
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、Second Sight
チケットぴあ (Pコード:155-105 / tel 0570-02-999)
一般発売11/05(土)

■問合 :[Second Sight] 096-323-1121

ビューティフルハミングバード & 高鈴 LIVE

ビューティフルハミングバード

■ビューティフルハミングバード
小池光子 (Vocal) 1978年6月4日生
田畑伸明 (Acoustic Guitar) 1978年6月14日生

2002年、小池光子と田畑伸明で結成。2003年にリリースしたアルバム「ビューティフルハミングバード」がロングセールスを記録、稀有な世界観と表現力が高く評価される。
2006年、鈴木惣一朗プロデュースでメジャーデビュー。
一方で、小池が数多くのCMや作品に参加、「誰もが声を聴いたことがあるボーカリスト」となる。

近年、通常のライブ活動の他、完全生音の室内楽スタイルによる「耳をすまそうコンサート」や、子育て中のお父さん・お母さんも気がねせずに親子で楽しめる「絵本のよみきかせLIVE」を始動。
また、坂本龍一氏主宰の『にほんのうたキャラバン』での童謡コンサートにも積極的に参加しており、全ての人に音楽の幸せを届けるべく活動中。

本年10月19日にはオリジナルアルバムとしては4年ぶりとなるニューアルバム「HORIZON」をリリースし、長崎を皮切りにTOUR「HORIZON」を開催する予定。

(公式サイトはこちら)


高鈴

■高鈴 (こうりん)

山本高稲 VO,作詞作曲
山口彰久 G, 作曲編曲

京都出身のアコースティックユニット。
鈴のかすかな音の様に、繊細な感情や音の響きを表現したい気持ちを込め"高く鳴る鈴"「高鈴(コウリン)と命名。1997年結成。
2002年、自主制作CD『クローバーテール』発表。このCDをきっかけに2003年、SONY MUSIC RECORDSと契約。
デビュー曲『真夜中の後悔』で独自の存在感を全国に放つ。
以後、アルバム3枚、ミニアルバム2枚、シングル1枚をリリース サードアルバム『ヒビノウタ』ではテレ東系アニメ「続夏目友人帳」のエンディングテーマ、『愛してる』で幅広いファンを獲得。
2009年、自主レーベルlittle dance music立ち上げる。
同レーベルよりファーストミニアルバム『うたかた』発表。
2011年、レーベルファーストフルアルバムの先行シングルとして『痕を残して』を2/23配信のみリリース。
『うたかた』『痕を残して』は共に、2010香川人権同和啓発CM曲として起用される。
2011年1月から、BS朝日『いつも、ロハス日和』のエンディングテーマに『あの家へ帰ろう』が起用される。
2011年4月29日、レーベルファーストフルアルバム『砂の時間』発表。
8月、高鈴初の単独ホール公演「高鈴inめぐろパーシモンホール」から全国ツアーを開始。

(公式サイトはこちら)



蒲池眼鏡舗&LONGSIXBRIDGE PRESENTS
ビューティフルハミングバード & 高鈴 LIVE

2011.11.25(fri) at 長崎書店3F リトルスターホール [MAP]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 [1drink別]
■drink:walet cafe(ワレットカフェ)
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、長崎書店、蒲池眼鏡舗
チケットぴあ (Pコード:152-693 / tel 0570-02-999)
ローソンチケット (Lコード:82941 / tel 0570-084-008)

■問合 : [長崎書店] 096-353-0555

木村充揮 (憂歌団)

木村充揮

■木村充揮は1975年、ブルースバンド「憂歌団」のリードボーカルとしてデビュー。『天使のダミ声』と称される独特の声の魅力、独特の歌い回しで長年大阪を代表するボーカルとして活躍。

1999年惜しまれながらも「憂歌団」は無期限活動休止に入るが木村充揮は精力的にソロ活動を開始しロック、ポップ、ブルースにとどまらず演歌、流行歌、ジャズ、民俗音楽にいたるまであらゆるカテゴリーを包括したボーダー・レスなシンガーとして活躍の場を広げる。

2006年、デビュー30周年を迎え「30th Anniversary」コンサートを大阪NHKホールで2日間開催。これを機に『30th Party』、『小さな花』とアルバムを2タイトル連続リリースするなど、ますますパワーアップする。同年12月にはその2日間の9時間にも及ぶステージを4時間に凝縮した木村充揮・初の映像ドキュメントとして2枚組のLIVE DVDをリリース。
2007年、この2〜3年濃密なステージを共有してきた近藤房之助氏と昭和の"男唄"を讃えカバーしたアルバム『男唄〜昭和讃歩〜』を発表。男による男の為の応援歌はせちがらい平成の世に滲み渡り、各地で行った「男唄ライブ」は話題を呼んで多方面から高い評価を得る。
2008年には、話題作のLIVE DVD『男唄〜THE 歌謡 SHOW〜』、シングル『クレイジー節〜昭和讃歩〜』を発表。2009年、男唄シリーズ3部作を経て、オリジナル楽曲を発表するため同氏とのユニット"クレイジードッグス"を結成し、同年7月3部作の集大成となるアルバム『CRAZY DOGS』を発表するなど、音楽への飽くなき挑戦はとどまるところを知らない。

これまでライブではスタンダード曲の素晴らしいカヴァーを数々聴かせてきましたが、2011年、日本を代表するジャズ界の奇才・梅津和時氏をプロデューサーに、渋谷毅氏(Piano)をはじめとする素晴らしいプレイヤー達を迎え、木村充揮キャリア初のジャズ・アルバムをスタジオ・レコーディング。
Nat King ColeとBillie Holiday、この二人の偉大なアーティストの永遠の名曲群を唄う珠玉の名盤シリーズが完成。5年ぶりとなる待望のソロ・アルバムを3月、4月に連続でリリースした

(公式サイトはこちら)



muchcolor LIVE vol.43 木村 充揮 熊本公演

2011.11.3(thu) at Second Sight 5F [MAP]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、Second Sight
チケットぴあ (Pコード:156-856 / tel 0570-02-999)
※9/24(日)発売開始

■問合 : [Second Sight] 096-323-1121


[CAFE VIALE BAGEL STORE 12th Anniversary]
Special Guset:矢舟テツロー

■矢舟テツロー (Tetsuro Yafune)
シンガーソングライター、ピアニスト。

ジャズピアニストとしてキャリアをスタートさせるが細野晴臣「HOSONO HOUSE」を聴いたのをきっかけに、自ら作詞・作曲し、ピアノ弾き語りで歌うシンガー・ソングライターとしての活動を始める。
あくまでもオーセンティックなジャズをベースにしながら、日本語の響きを最大限に生かした「ヒップな」ポップ・ミュージックを作り続ける、日本では数少ないタイプのミュージシャン。
これまでに4枚のアルバムをリリースし、2011年8月には通算5枚目となる最新作「SONGS」をリリース。
その卓越したソングライティングセンスと日常をモチーフにしたリアルな歌詞、「声」の魅力、ジャズピアノを土台とした確かな演奏力は世代や性別を問わず、各方面から熱い支持を得ている。

またアメカジ・ファッション愛好家としても有名で、ファッション業界からの注目度も高い。

(公式サイトはこちら)


tenniscoats

[CAFE VIALE BAGEL STORE 12th Anniversary]
Special Guset:矢舟テツロー

2011.10.22(sat) at CAFE VIALE BAGEL STORE [MAP]

■開場 19:30 開演 20:00
■ticket : 1,500円 [1drink別]
※50名限定
■Special Guest : 矢舟テツロー
■opening Act : 群像楽団
■DJ : コモエスタ嶋田

■問合 : [CAFE VIALE BAGEL STORE] 096-362-375


bird

bird

■シンガー&ソング・ライター。1975年京都出身。
大沢伸一/MONDO GROSSO主宰レーベルより「SOULS」でデビュー。

1stアルバム「bird」は70万枚突破。ゴールドディスク大賞新人賞獲得。
嫋やかで力強い歌声により音楽ジャンルの壁を飛び越え活躍するその姿勢が高い評価を受け、音楽家としての地位を不動のものにする。

2011年5月25日、bird 7th,オリジナル・アルバム「NEW BASIC」発売( VRCL4015 / ¥2,625 )。自身の活動以外にも、GIRA MUNDOとのユニットTRIADICとしても活動中(2011年8月3日オリジナル・アルバム「TRIADIC」発売)。

(公式サイトはこちら)



bird "そうだ 九州、行こう。" Acoustic Tour 熊本公演

2011.10.13(thu) at Second Sight 5F [MAP]

■開場 19:00 開演 20:00
■前売 4,000円 当日 4,500円 [1drink別]
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、Second Sight
チケットぴあ (Pコード:150-302 / tel 0570-02-999)
ローソンチケット (Lコード:82365 / tel 0570-084-008)
※9/11(日)発売開始

■問合 : [Second Sight] 096-323-1121


bird_NewCD

■エバーグリーン・ポップスの誕生。
美しいメロディーに彩られた新曲の数々をスタジオ録音とライブ録音で構成し完成した、4年半ぶりのオリジナル・アルバム!!

bird 『NEW BASIC』
2011年5月25日発売  VRCL 4015 \2,625(tax incl.)

■参加メンバー
Drums : Gneta(Orquesta De La Luz)
Guitar : 田中義人
Hammond Organ : 金子雄太
Guitar : 山崎まさよし(『海を見つめて』のみ)

■参加コンポーザー
岡本定義(Coil)、金子雄太、Chris Pedley (The Baker Brothers)、Saigenji、田中義人、bird、松本良喜 <五十音順>

Maia Hirasawa

(公式サイトはこちら)


Indigo Jam Unit feat.Alicia Saldenha

Maia Hirasawa
【Second Sight 13th Anniversary】
+ 【muchcolor Live】

2011.9.24(sat.)
at Second Sight 5F[MAP]

■開場 19:30 開演 20:00
※Live Start 21:00~
■前売 2,500円 当日 3,000円 [1drink別]

■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA三年坂チケットカウンター、Second Sight、チケットぴあ
■問合:[Second Sight] 096-323-1121


indigo jam unit

Indigo Jam Unit feat.Alicia Saldenha

indigo jam unit、カバーアルバムの第2弾が完成しました!

今回のゲストはトリニダード&トバゴ生まれのシンガー"Alicia Saldenha"(アリシア・サルデイ二ャ)。
本作ももちろん修正、ダビングは一切なし。
ボーカルも含めて一発録音された、エネルギーあふれるリアルなサウンド。
グルーヴィーでソウルフルな名曲6曲、39分超収録の、スタジオ・ライブ盤ともいえる生生しいアルバムです。


Indigo Jma Unit feat.Alicia Saldenha

indigo jam unit
2005年結成。笹井克彦(WB)、樽栄嘉哉(Pf)、和佐野功(Dr & Per)、清水勇博(Dr)からなるインスト・ユニット。
2006年1st album"DEMONSTRATION"をリリース以来、年1枚のペースでアルバムを発表。
レコーディングはすべて一発録音で、修正やダビングを一切せず、リアルなサウンドを追求。
すべてのタイトルで1万枚を超えるセールスを記録。
それに加えて、2009年にはflexlifeとのコラボレーション・カヴァー・アルバム"Vintage Black"、 さらに、HIP HOP界のリリスト"COMMON"のリワークアルバム"re:common from indigo jam unit"もリリース。
2010年12月には、樽栄-クラシック、清水-ジャズ、笹井-ファンク、和佐野-ラテン、と、 4人それぞれのルーツが色濃く反映された6thアルバム"Roots"を発表。
繊細で郷愁感あふれるピアノ、豪快なツインドラム、極太ベース・サウンドが特長。
精力的にライブ活動を行っている。

(公式サイトはこちら)


Indigo Jma Unit feat.Alicia Saldenha

Alicia Saldenha
カリブ海トリニダード・トバゴ出身のシンガー。

アメリカ、ヨーロッパ在住時にはミュージカルにも参加。
Wales(UK)在住時には、国営のコーラスグループ"BBC National Chorus Of Wales"の メンバーとして活躍。

現在は日本在住で、大学の講師も務める。

(公式サイトはこちら)



indigo jam unit "ROSE"release tour!!! at Kumamoto Django
Guest vocal: Alicia Saldenha

2011.9.23(fri.) at Kumamoto Django [MAP]
開場 19:00 開演 20:00
前売 3,500円 当日 4,000円 [1drink別]

■チケット発売日:2011/08/01
■前売りチケット取り扱い:TSUTAYA三年坂チケットカウンター、Kumamoto Django(予約も可)
■問合:[Kumamoto Django] 096-355-6960
■チケット予約:LONGSIXBRIDGEbasis records


羊毛とおはな

(公式サイトはこちら)

羊毛とおはな

羊毛とおはな 熊本公演

2011.8.18(thu) at 長崎書店3F リトルスターホール[MAP]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 3,500円 当日 4,000円 [1drink別 整理番号付]
■前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、チケットぴあ

■問合 [長崎書店] 096-353-0555


野宮 真貴(ex.ピチカート・ファイブ)

クラブスタイルで行うマチカラライブvol.39『mach×3』に野宮真貴の最新型ソロユニット"LOOKER"がGROOVE UNCHANTと共に参加決定です!

Lookerとはルックス至上主義を標榜する野宮真貴のソロユニット。
"Looker"という言葉をコンセプトにしたファッショナブルなライヴをコンパクトにパッケージ。セクシーでロキシーなアジテーション!!!

熊本からのサポートDJも素晴らしいです。
盛り上がり間違いなし!!

野宮真貴

■野宮真貴(ex.ピチカート・ファイヴ)

1981年デビュー。80年代ニューウェイヴシーンを代表する存在に。
90年代に「ピチカート・ファイヴ」に加入、渋谷系文化のアイコンとして、日本及び海外の熱狂的な人気を集めた。
独創的な存在感と歌声で音楽に加えカルチャーやアート、ファッションなど多方面で活躍中。
今年 2011年、デビュー30周年を迎える。

今宵は、野宮真貴の最新型ソロユニット"LOOKER"として出演。 新曲 the Looker を含むスタイリッシュ&ミニマムなライブを披露。
(公式サイトはこちら)


グルーヴあんちゃん

■グルーヴあんちゃん(GROOVE UNCHANT)

DJ、プロデューサー。リミキサー、トラックメイカー。
元ピチカート・ファイヴの小西康陽氏とレギュラーイベントを中心とし日本全国様々なパーティーでゲストDJとして呼ばれ土岐麻子、eli(元ラブタンバリンズ)一十三十一、マキ凛花、の歌唱曲プロデュース。浅野ゆう子のリミックスなども手がける。
2010年12月1st ソロアルバムである「NOTRE MUSIQUE」完成。鈴木桃子、野本かりあ、浜崎容子(アーバンギャルド)などをボーカルにフューチャリング。

レーベル主としての側面もあり、アンチャンタブルレコーズというDJユースを重視したアナログ専門レーベルを運営。コモエスタ八重樫、エイプリルセット、などをリリース。
(公式サイトはこちら)


muchcolor Live vol.39
machi×kamachi×muchcolor=『mach×3』
[Special Guest]
Live: 野宮 真貴(ex.ピチカート・ファイブ)
DJ: GROOVE UNCHANT

suport DJs: TERRA,y@m@,mary-ongg,TAKASHI,YOKOCHIN/EDA,takamoto,KAMiiiiOO(Riot Division),本田剛
(野宮さんの出演時間は22時から30分ほどの予定です。)


2011.7.2(sat) at 熊本SECOND SIGHT [MAP]
開場 19:00 開演 19:00
前売 2,500円 当日 3,000円 [1drink別 整理番号付]
席種:スタンディング
イベント終了予定:26時
前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、蒲池眼鏡店、machi加盟店、セカンドサイト、チケットぴあ他

チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード 141-788)
問合 [SECOND SIGHT] 096-323-1121
主催:machi・蒲池眼鏡店・muchcolor


青木カレン"voyage"リリース・ツアー2011 in kumamoto

クラブジャズとリアルジャズをグローバルに超越した今日本を代表する最も美しいジャズ・ディーヴァ、青木カレンさんのライブが決定しました!
さらに、そのDeepな歌声をサポートするのはTOKYO JAZZ シーンの若手実力派達。甘くDEEPな大人の夜になること間違いなし!

青木カレン(vo) /渥美幸裕(g) / 菱山正太(p,key) / 西岡ヒデロー(per)
(公式サイトはこちら)

青木カレン

muchcolor Live vol.38
青木カレン"voyage"リリース・ツアー2011 in kumamoto

2011.6.12(sun) at 熊本SECOND SIGHT [MAP]
開場 19:00 開演 20:00
前売 3,500円 当日 4,000円 [1drink別 整理番号付]
席種:着席/一部スタンディング
前売りチケット取り扱い:
TSUTAYA三年坂1Fチケットカウンター、セカンドサイト、チケットぴあ

チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:132-552)
問合 [SECOND SIGHT] 096-323-1121
主催:Rambling RECORDS・muchcolor


combopiano

Takuma Watanabe(COMBOPIANO) solo tour with TADZIO

2011.06.04(sat) at 熊本NAVARO [EARLYEARS#32]
開場 20:00 開演 20:30 前売 2,000円 当日 2,500円 [+1drink別]
出演:COMBOPIANO(渡邊琢磨),TADZIO(p-vine),石頭地蔵(p-vine),レノンシネノン,ぼら
問合:熊本NAVARO(096-352-1200)