longsixbridge_title

関わらせていただいたアーティストさん、DJさんです。(敬省略)


- 2017 -

05.23 MAIA HIRASAWA
05.19 Hey Tanaka
05.13 TRI4TH
04.26 ダスティン・ウォング&嶺川貴子
04.23 おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)
04.22 東田トモヒロ
04.21 村上淳
04.20 踊ろうマチルダ
04.15 DJ KAWASAKI
04.01 中村佳穂
03.26 KAN SANO
03.05 Keishi Tanaka
02.20 椎名純平
02.18 椎名純平
02.17 椎名純平
02.12 コトリンゴ
02.10 コトリンゴ
01.31 ASA-CHANG&巡礼
01.29 ASA-CHANG&巡礼
01.16 Shiho
01.15 モーモールルギャバン
01.14-15 ASA-CHANGのタブラボンゴ スタートワークショップ


- 2016 -

12.31 東田トモヒロ
12.25 DJダイノジ
12.23 伊藤ゴロー
12.11 ブラジル音楽プロジェクト[Workshop]
12.10 ブラジル音楽プロジェクト[LIVE]
11.24 Conguero Tres Hoofers
11.20 赤い靴
11.13 大橋トリオ feat. The BOCOS/原田郁子 (クラムボン)
11.05 Leyona
10.27 中島孝
10.20 ICHI
10.01 CYBERJAPAN DANCERS
09.28 ザ・なつやすみバンド
09.10 アディティア・ソフィアン
08.15 ピーターバラカン
08.07 SO=SAKAGUCHI SHUICHIRO+OSHIMA DAISUKE
07.31 bird
07.01 indigo jam unit
06.13 Sundayカミデ
06.11 中田クルミ
05.29 jan and naomi
05.28 P.O.P
05.26 成山剛 × 中島孝
05.07 東田トモヒロ
05.04 THA BLUE HERB
04.30 伊藤志宏
04.28 伊藤志宏
04.27 伊藤志宏
03.27 牧山純子 & Manami Morita
03.26 東田トモヒロ
03.25 CYBERJAPAN DANCERS+MITOMI TOKOTO
03.20 ダイノジ
03.19 蔡忠浩(bonobos)
02.19 石川周之介
02.13 Eric Kupper & Hideo Kobayashi
02.12 Candle JUNE/小久保淳平/Kenshiro/coby
01.16 DJ EMMA
01.11 indigo jam unit


- 2015 -

12.31 東田トモヒロ&The Rorsters
12.21 中島ノブユキ
12.20 七尾旅人
12.17 ASA-CHANG
12.16 ASA-CHANG
12.15 ASA-CHANG
12.04 DIAZO & DJ KEIN
11.30 サンデーカミデ
11.26 DONUTS DISCO DELUXE
11.15 東田トモヒロ
11.14 石野卓球
11.06 青木カレン
10.30 ダイノジ
10.25 コトリンゴ
10.17 Chiyo Tia
10.17 伊澤一葉
10.13 伊澤一葉
10.11 mouse on the keys
10.03 MOCKY
09.22 ANTONIO LOUREIRO
09.12 上村正人 with 井上銘
09.11 藤本一馬&伊藤志宏
09.05 天才バンド
08.08 東田トモヒロ&The Roasters
08.09 熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和
08.08 熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和
08.07 熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和
07.27 空気公団
07.19 MASANORI MORITA (STUDIO APARTMENT)
07.18 RYO from ORANGE RANGE
07.10 Double Famous
07.03 Curly Giraffe
05.30 青木カレン
05.22 fox capture plan
05.21 室哲哉 featuring 坂本美雨
04.25 東田トモヒロ&The Roasters
03.20 小坂 忠
03.13 Monday満ちる
03.08 餓鬼レンジャー
03.07 矢舟テツロー
02.28 シガキマサキ
02.21 Josei
02.15 中村善郎
02.08 THAMII
02.07 前川信吾(from かりゆし58)/DJ KEIN
01.11 indigo jam unit


- 2014 -

12.31 東田トモヒロ
12.20 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
12.05 DAISHI DANCE + CYBERJAPAN DANCERS
11.29 ピーターバラカン
11.28 大蔵 from ケツメイシ(DJ/LIVE) & DJ KEIN
11.25 Shima&ShikouDUO
11.20 平戸祐介 (quasimode)&bird ☆西畠清順(そら植物園)
11.06 THE MAN
11.01 MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO
10.31 コトリンゴ
10.28 Tommy Guerrero
10.20 RYO(ORANGE RANGE)/前川 真悟(かりゆし58)/DJ KEIN
10.11 近藤房乃助
10.06 奇妙礼太郎
09.28 Double Famous(br /> 09.20 MOOMIN、島袋優(BIGIN)、DJ KEIN
09.10 Tsuyuki Tatsuya
08.09 tamamix
08.08 THAMII
08.02 伊藤志宏
08.01 東田トモヒロ
07.28 山口 武
07.25 SOFA DISCO
07.04 akiko
06.28 石野卓球
06.27 SHANTI
06.14 ロマンスグレーサウンドスケイプ (ASA-CHANG X 小林武文)
06.13 INO hidefumi x 藤原ヒロシ
05.25 おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
05.15 中島ノブユキ
04.26 小西康陽×MURO
04.19 東田トモヒロ
04.16 伊藤ゴロー
04.12 シガキマサキ
04.10 カルメラ
03.22 Silent Poets
03.20 キヨサク(MONGOL800)
03.16 Nicola Conte
03.11-17 久保憲司 写真展
03.01 ILMALI&Fumiya from RIP SLYME
02.07 卍LINE
01.30 Throwing a Spoon (トウヤマタケオ×徳澤青弦)
01.12 indigo jam unit & flexlife
01.19 杉作J太郎 + 吉田豪
01.18 杉作J太郎 + 吉田豪


- 2013 -

12.31 東田トモヒロ
12.21 青木カレン
12.15 コトリンゴ
12.14 大蔵 from ケツメイシ&DJ KEIN
12.12 MIKARIMBA
11.30 orange pekoe with 吉澤はじめ / 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE) / Immigrant's Bossa Band
11.18 中村耕一&三宅伸治
11.16 Tete
11.11 KATSH STATUES
11.03 土岐麻子
11.02 ULISES CONTI
10.26 近藤房之助
10.13 indigo jam unit
10.02 MOVITS!
09.28 大蔵 from ケツメイシ & DJ KEIN
09.26-29 高鈴
09.19 bird
09.18 side slide
09.13 Kenji Jammer & Gravityfree
09.04 名渡山遼
08.30 Antonio Loureiro
08.19 ヤマグチヒロコ
07.19 羊毛とおはな
07.12 Jazztronik
07.06 伊藤志宏
07.03 赤い靴
06.28 青木カレン
06.14 fox capture plan
05.26 ペトロールズ
05.17 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.16 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.14 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.13 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.07 藤本一馬
05.06 藤本一馬
05.02 石野卓球
04.28 高鈴
04.19 東田トモヒロ
04.18 空気公団
03.29 おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
03.22 奇妙礼太郎
03.10 leyona
03.09 akiko
03.03 dj usus (from RIP SLYME) 02.14 次松大助とビューティフルハミングバード
02.03 青木カレン
02.02 青木カレン
02.01 青木カレン
01.26 ReelPeople & The LAYABOUTS
01.12 indigo jam unit


- 2012 -

12.31 東田トモヒロ
12.15 コトリンゴ
11.26 畠山美由紀 & 小池龍平
09.22 ハンバート・ハンバート
09.09 MOVITS !
08.26 ジルデコ
08.18 toruⅡtoru(橋本徹 x 渡邉徹) 08.17 toruⅡtoru(橋本徹 x 渡邉徹) 08.03 沖仁 07.24 paris match
07.23 paris match
07.07 JESSE HARRIS(ジェシーハリス)
07.01 近藤房之助
06.29 近藤房之助
06.27 近藤房之助
06.25 青葉市子
06.02 小池龍平 × JUNN
06.01 オーサカ=モノレール
05.28 奇妙礼太郎
05.18 赤い靴
04.27 DE DE MOUSE
02.24 Chocolat & Akito
02.11 松岡 'matzz' 高廣 (quasimode / montyacc)
01.08 indigo jam unit


- 2011 -

12.09 Ann Sally
11.25 ビューティフルハミングバード & 高鈴
11.03 木村 充揮
10.13 bird
09.24 Maia Hirasawa
09.23 indigo jam unit feat.Alicia Saldenha
08.18 羊毛とおはな
07.02 野宮真貴
06.12 青木カレン
05.14 大橋トリオ
05.09 Percussion Session -IMPACT-
04.20 コトリンゴ
04.01 paris match
03.10 quasimode
02.18 akiko
02.12 ふちがみとふなと
01.08 INDIGO JAM UNIT


- 2010 -

12.26 畠山美由紀
12.07 Wyolica
11.26 土岐麻子
11.05 羊毛とおはな
09.28 COMBOPIANO//trial error / Doit Science
09.17 Giana Viscardi &Michi Ruzitschka
09.06 GABBY&LOPEZ
09.03 J.A.M/社長/YUKI(mosaic/FIGARO) Kosuke Ueda(CUBIC'S)
08.12 Port of Notes
07.19 Nabowa feat.ACO
06.17 小島麻由美
05.29 Curly Giraffe
05.08 " ohashi kotorio "
04.16 DEXPISTOLS/y@m@ / KAMiiiiO (Riot Division) /NA-GA (MAD SKIPPERS ELECTRIC BANG)
04.?? 『ASA-CHANGのタブラボンゴナイト』九州ツアー
03.31 クオシモード
02.26 中塚武/CUBIC'S/Y@M@
01.11 INDIGO JAM UNIT/KUROIWA


- 2009 -

12.09 コトリンゴ
12.04 Immigrant's Bossa Band/Looping JAM/TAKAMOTO(CUBIC'S)/USHI (TRAFFIC JAM)
11.24 半野喜弘 a.k.a RADIQ / RDIQ septet / ITSUKO(Clear/rupa) / KUROIWA(INDIGO/Milestone/OUTPUT)/NOIJIMA & SARA (NAVARO)
11.20 BAGDAD CAFE THE trench town /TRIBECKER T$UNE(The RhinoceroSmiles) /ROY-KEN(DANCING MOODE)
11.13 thirdiq/TERRA/y@m@
11.05 ポートオブノーツ
10.29 Spinna-B-ILL
10.26 青木カレンwith Shima & Shikou DUO
10.08/09 近藤等則
09.23 Manami Morita 
07.25 大橋トリオ
07.08 羊毛とおはな
06.17 COMBOPIANO (渡邊琢磨/内橋和久/千住宗臣)/trial error / Doit Science/DJ NOIJIMA
05.14 ハンバートハンバート
04.10 ジェシーハリス
03.06 1001(senichi)
03.21 Shima&ShikouDUO / Native / UEDA(CUBIC'S)/ NAKAO
03.02 高鈴
02.19 小島大介'&小池龍平 / Araking
02.06 BE THE VOICE / SONIC TIME MACHINE
01.17 F.I.B JOURNAL
01.12 INDIGO JAM UNIT /flexlife / kuroiwa(INDIGO kumamoto)/UEDA(CUBIC'S)


- 2008 -

12.15 オーサカ=モノレール
12.10 コトリンゴ
12.01 eli
11.23 mama!milk
11.07 羊毛とおはな
10.25 sighboat(サイボート)
10.12 中塚武/Y@M@/Takamoto Kenji/ Ryuzoji Yasufumi/ Ueda Kousuke
09.12 日野良一
08.20 ビューティフルハミングバード/シガキマサキ
07.27 Immigrant's Bossa Band/CUBIC'S/KUROIWA
07.11 Free TEMPO/SAWA /ushi/UEDA/Y@M@/TERRA
06.28 Little Tempo /DUB FOREST SMORKER /JAVA /JOEGO/ TAKUROW/ TAKU-LOW/chi---
05.30 JAZZTRONIK/TERRA /Y@MA/NOMATA
05.21 Hands of Creation
04.21 INDIGO JAM UNIT/KUROIWA/ MKT
03.30 Edgar "Jones" Jones & The Joneses/masaru/kishida
03.10 Shima&ShikouDUO feat.林夕紀子
02.21 羊毛とおはな/KGO
02.08 COMBO PIANO/full-vibe creation /ナウエリート
01.25 COLDFEET/UEDA/TERRA/Y@M@


- 2007 -

12.20 quasimode /CUBIC'S
12.01 JAZZTRONIK/ 社長
(SOIL&"PIMP"SESSIONS)/Y@M@/TERRA/NOMATA
11.27 小沢健二/エリザベスコール(映画上映会)
11.18 小沢健二/エリザベスコール(映画上映会)
11.10 畠山美由紀 with Hands of Creation /青柳拓次
11.05 シガキマサキ/CHI---
10.23 青木カレン with 武骨サプリメント
09.24 林夕紀子&シコウ
08.08 Jehro(ジェロ)
08.04 Free TEMPO/ushi/UEDA/Y@M@/OGATA/TERRA
07.06 Saigenji/UEDA/araking/ARGO
06.12 Chocolat & Akito/TAJIRI/CHI---
04.29 Scoobie DO/Maximum Wankers/ザ・ローションズ/MUNEMAN/JOEGO
03.09 渡辺俊美(inter play)/JOEGO/TAKUーLOW/CHI---
02.15 Shima&ShikouDUO
02.02 PAN CAKE


- 2006 -

11.24 BAGDAD CAFE THE trench town /jaNn /サブコンタクト /GEORGE /DUKE JUNIOR SHANTI
11.15 achordion(アコーディオン)/masayan/TAKAMOTO
08.06 BLAZE(US)
07.08 渡辺俊美(inter play)/CHI---
06.09 LITTLE TEMPO
04.14 土岐麻子 / choro azul
04.01 THE NEW MASTERSOUNDS(UK) /OSAKA MONAURAIL /SCOOBIE DO /Shu-bd
02.10 土岐麻子 /CAYO/UEDA
01.26 CINEMA dub MONKS

subscript

ARCHIVE 2017


MAIA HIRASAWA

MAIA HIRASAWA

MAIA HIRASAWA(マイア・ヒラサワ)
1980年、スウェーデン、ストックホルム生まれ。
日本人の父とスウェーデン人の母をもつ。
2007年、アルバム『Though, I'm Just Me』でデビュー。
その後、休暇のため一年間仙台に居住し、 CMへの楽曲提供を皮切りに日本国内での活動もスタートさせる。
2011年、日本独自制作によるアルバム『maia hirasawa』、EP『Boom!』、 2012年にはミニ・アルバム『WE GOT IT』と立て続けに作品をリリース。
シングル"Boom!"は2011年のJ-WAVE「TOKIO HOT100」年間チャートで1位を記録する大ヒットとなった。
2013年5月、約1年半の活動休止期間を経て、アルバム『 WHAT I SAW』を発表。
2016年7月には約3年ぶりとなるアルバム『 Beautiful And Ugly』をリリースした。

(公式サイトはこちら)


MAIA HIRASAWA
JAPAN EARLY SUMMER TOUR 2017

【熊本】2017/05/23(tue) at セカンドサイト5F[熊本市花畑町13-10 セカンドサイト5F]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 4000円 / 当日 4500円
(別途1ドリンクオーダー/ 自由席*一部スタンディングの場合あり)
■前売りチケット取扱 : ジャンジャンゴー(セカンドサイト1F) / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [ジャンジャンゴー] 096-323-1121

【福岡】2017/05/25(thu) at UИION SODA [福岡市中央区大名1-1-3-201]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 4000円 / 当日 4500円
(別途1ドリンクオーダー/ 自由席*一部スタンディングの場合あり)
■お問い合わせ : [Cow and Mouse] 080-3136-2673

Hei Tanaka

Hei Tanaka

Hei Tanaka
2012年11月 今世界でもっとも注目を集めている新進気鋭のイベンター仲原達彦に
「ソロでライブをするべき」と、ケツを叩かれた田中馨。

「ソロは無理」
あっさりとそう答えた田中は、2人の男を道連れに、ベースとドラム2台の不思議系バンド Hei tanakaをめでたく結成。
2012年11月『プチロック フェスティバル 2012』
2013年
『下北沢 インディーファンクラブ 2013』『月刊 ウォンブ!6月号 出演
初めてのツアー『Summer Of Fan 2Days』名古屋にて目を見張る、耳を疑う、ライブを経て
翌年2014年1月の『新春 さるハゲロックフェスティバル'14』を境にひっそりと活動を終える...

ずっこけ3人組バンドというスタイルに限界を感じ
新たなメンバーで再始動。しようとする矢先、間違って元メンバーに声をかけてしまい
結果、1人は残り1人がクビという、見て見ぬ振りできないほどのしこりを残しつつ、めでたく再開。
2016年1月14日に渋谷WWWにて初めての自主企画「列島は世界の雛形」~あの世のザッパに教えたら なんていうだろ?~
をまさかのSOLDOUTで大盛況のうちに終わらせ、何かがまた始まったのだ。
Hei Tanaka ・田中 馨 ベース 
・池田 俊彦 ドラム(T.V.not january)・牧野 容也 ギター(小鳥美術館)・サトゥーくん サックス(EX.the act we act)・黒須 遊 サックス(RIDDIMATES)・あだち 麗三郎 サックス ←リンク 田中を筆頭にメンバー各人が、それぞれの態度で音楽に振り回され続けた先にある
泣けて笑える、最後は大きなクエスチョンのお土産付き
こんなにお得なライブはHei Tanakaだけ

(公式サイトはこちら)


【Blues For Space Girl】
LIVE : Hei Tanaka
■田中馨(ex.SAKEROCK/ショピン)■池田俊彦(T.V.not January)■牧野容也(小鳥美術館)■サトゥーくん(SATETO/ex.the act we act)■黒須遊(RIDDIMATES)■あだち麗三郎 (あだち麗三郎クワルテッット/片想い/他)
■Opening Act : しみずけんた(コロリダス)

2017/05/19(fri) at NAVARO[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場/開演 : 19:00 (Hei Tanaka 21:00〜)
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング / 年齢制限なし)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Navaro] 096-352-1200

TRI4TH

TRI4TH

TRI4TH
2006 年より活動を開始。2009 年 3 月に、須永辰緒主宰レーベル"DISC MINOR"からアナログシングル「TRI4TH plus EP」でデビュー。
以降「Club Jazz Digs Lupin The 3rd 」「NOT JAZZ!! BUT PE'Z!!! 」他、多数のコンピレーシ ョン及びトリビュートアルバムに参加。Remix も多く手がける。
2009 年 11 月には、脚本・三谷幸喜、音楽監督・小 西康陽ミュージカル「TALK LIKE SINGING」に出演、東京・ニューヨーク公演に参加する等、幅広い活動を展開。
2010 年 8 月、1st アルバム「TRI4TH」、翌年 11 月にはカバーアルバム「わらべ JAZZ」をリリース。
2012 年 8 月に新ピアニスト 竹内大輔を迎え、2nd アルバム 「TRI4TH AHEAD」をリリース、渋谷 Duo にてワンマン ライブを成功させる。
2013 年 11 月、初のセルフプロデュースによる 3rd アルバム「Five Color Elements」をリリース。
2015 年 10 月には Playwright より 4th アルバム「AWAKENING」をリリース、タワーレコードの JAZZ 年間セールスチャ ートに発売からわずか 1 ヶ月で 15 位ランクイン。
2016 年 4 月には活動 10 周年を記念するベスト盤を数量・店舗限定でリリースし、話題を集めるも間もなく完売。
そして 9 月 14 日には早くも Playwright 移籍後 2 枚目となるフル・アルバムのリリースが決定!昨今、独自の新たな 境地を切り開きつつある J-JAZZ シーンの中でも実力、経験ともに今が最も旬な要注目ジャズ・バンドである。

(公式サイトはこちら)


AYANAS 4th anniversary LIVE
TRI4TH "HORNS RIOT" TOUR 熊本公演

2017/05/13(sat) at NAVARO[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場/開演 : 19:00 (TRI4TH 21:00〜)
■料金 : 前売 3500円 / 当日 4000円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング / 年齢制限なし)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [AYANAS] 096-324-6944

ダスティン・ウォング&嶺川貴子

ダスティン・ウォング&嶺川貴子

ダスティン・ウォング&嶺川貴子
2011年の夏、ダスティンのライヴを観に行った嶺川と、元々彼女のファンであったダスティンが知り合う。
この出会いをきっかけに交流が始まった両者は、音楽や宇宙、神話談義で盛りあがり、セッションを重ねていき、コラボレーションへと派生していった。
2013年に1stアルバム『TOROPICAL CIRCLE』をリリース、同年夏にはFUJI ROCK FESTIVALにも出演。
2014年には2ndアルバム『SAVAGE IMAGINATION』をリリースし、1ヶ月に及ぶ北米ツアーを行い、2015年には中国12都市をまわるツアーを果たすなど、お互いのソロと平行しつつ、精力的に活動を展開。
ダスティンのギターと嶺川のサンプラーキーボードの間に1本のマイクをシェアし、リアルタイムでサウンドを構築していくパフォーマンスは、生まれたばかりのアメーバのように変化し続けている。
また、音だけにとどまらず、絵や映像も二人で共作しており、作品のジャケットやMVなども自らが手がけている。
2017年4月5日に約3年振りとなる3rdアルバム『Are Euphoria』をリリース。

(公式サイトはこちら)


ダスティン・ウォング&嶺川貴子
『Are Euphoria』ツアー
supported by Art Blakey

2017.04.26(wed) at Navaro[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : Navaro / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Navaro] 096-352-1200

おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)

おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)

おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)
音楽活動に加え、舞台出演、TOKYO FMの全国ネットの番組「ディアフレンズ」のパーソナリティや、執筆、翻訳など、創作の幅を拡げている、坂本美雨。
ブルースやフォークをルーツとするシンガー/ソングライターで、自身のアルバム制作に加え、映画音楽、楽曲提供など多彩に活動する、おおはた雄一。
二人が共演を重ねるうちに、自然とユニットのように息が合い、2006年頃、それぞれ名前の文字からとって「おお雨」と命名。
FUJIROCK FESTIVALやSUMMER SONICなど、各地でのライヴを中心に活動中。
そして「おお雨」という名前で出演する野外フェスはことごとく晴れる! という都市伝説も流れている。


いっしょに逃げてもいいのかな?
おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)SPECIAL LIVE

2017/04/23(sun) at 蔦屋書店熊本三年坂店地下フリースペース(地下モリコーネ前)[熊本県熊本市中央区安政町1−2]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 3500円 / 当日 4000円
(別途1ドリンクオーダー/ 自由席*一部スタンディングの場合あり)
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [蔦屋書店熊本三年坂] 096-212-9891

東田トモヒロ

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年熊本生まれ熊本在住。サーフィンとスノーボーディングをこよなく愛するシンガーソングライター。
2003年のデビュー以来、『LOVE&FREE』をメッセージし続ける永遠の旅人。
その持ち味でもあるエネルギーに満ちた一体感溢れるライブで、これまでに大小問わず数多くの音楽フェスティバルに出演し、ピースフルな空間を作り出して来た。
自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出されるメロディーとメッセージは、全国各地の多くのファンを魅了し、長く愛され続けている。
2016年夏には通算13作目となるアルバム「naturally」をリリース。
また、福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに熊本から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト、『chenge the world』の代表を務める。

(公式サイトはこちら)


東田トモヒロ TRIO LIVE at 熊本 CIB
メンバー : 沼澤尚(Dr) / 時川大輔(Ba)

2017/04/22(sat) at Restaurant Bar CIB[熊本市中央区花畑町11-14 KOHENビル2F]
■開場 : 18:00 開演 : 19:30
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー)
■前売りチケット取扱 : Restaurant Bar CIB / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター / THE DAY CAFE / The Breakers Surf 他
■お問い合わせ : [Restaurant Bar CIB] 096-355-1001

村上淳

村上淳

村上淳
俳優。1973年、​大阪府​生まれ​。
主な出演作は「ナビィの恋」「ヘヴンズストーリー」「赤い季節」「ヒミズ」「希望の国」「playback」「新宿スワン」「二つ目の窓」など数多くの作品に出演。
2017年秋、自身が所属する事務所ディケイドが​、 ​設立25周年を記念して自ら企画・ 製作した映画「AMY SAID」が全国公開。​

​その活動は俳優としての枠に留まらず、2009年​には、レザーを中心としたフットウェアブランド「MADE IN GM JAPAN​ ​」の設立に関わ​る。
また2014年には​ファッションからライフスタイルまでを提案するブランド​「​tr.4 suspension​」​から生まれた​、自身名義のコレクションライン​「​black eddie​」​を​​スタート​。

(公式サイトはこちら)


&Chill PRESENTS
【"CHILLRHYTHM"】
SPECIAL GUEST : DJ 村上淳

2017/04/21(fri) at TATOMIYA[熊本市中央区坪井2丁目1-45]
■開場/開演 : 21:00
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー)

■DJ : ISHIKAWA [fakejam] / TAKU-LOW [LOVERS ROCK] / NAKAO [JAZZ ROOM] / 野中実 etc
■FLOWER ART SHOW : YU YAMANAKA [GREEN&RED]
※ご来場者全員にお花を一輪プレゼント。
■VJ : SBB [from &Chill] / PARTY SNAP / SHINICHIRO TANAKA [タナスナ]
■お問い合わせ : [&Chill] 096-295-7053

踊ろうマチルダ

踊ろうマチルダ

踊ろうマチルダ
ツルベノブヒロのソロ・プロジェクト。
アーティストネームは、オーストラリアの古い歌「Waltzing Matilda」が由来。
マチルダは荷物の意。
「マチルダ(荷物)と踊る」というのは「放浪の旅をする」といった意味を指す。

(公式サイトはこちら)


踊ろうマチルダ
熊本LIVE

2017.04.20(thu) at Sazae[熊本市中央区南坪井町3‐7宮野ビル2F]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 2000円 / 当日 2500円
(要ワンドリンクオーダー)
■前売りチケット取扱 : Sazae / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Sazae] 096-223-5701

※震災のお見舞いを含め、通常よりチケット代金を低めに設定しております。
※弾き語りワンマンライブ(2ステージ)です。
※サポートDJあり。
※小学生以下無料

DJ KAWASAKI

DJ KAWASAKI

DJ KAWASAKI
DJ/リミキサー/サウンド・プロデューサー/作曲家。
2005年に、NYのDJ、Timmy Regisfordが当時デモ・ヴァージョンであった「BLAZIN'」を一晩に3回もかけた事から脚光を浴びる。
同年、King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。
国内ではKyoto Jazz Massiveの沖野修也プロデュースの元、コロムビアより2006年元旦メジャー・デビュー。
サウンド・プロデュースを担当した楽曲、沖野修也の「SHINE」が、ヨーロッパで大きな成功を収めているハウス・レーベル、Defectedからリリースされ注目を集めた。これまでリリースしたシングルが、iTunesダンス・チャートにて通算8曲連続でNo.1を獲得。
Remixを手掛けたRoland AppelのDark SoldierがデトロイトのDJ 3000、ドイツのDJ Hellにプレイされ、アルバム『PARDISE』に収録されたGalactic LoveがJoe ClausellやKarizmaがスピンするなど国際的にも高い評価を得ている。
また、これまでフィーチャリングして来たボーカリストには、Paul Randolph、Lady Alma、N'Dea Davenport、Tasita D'Mour、Gordon Chambers、Shea Soul、Fyza、Jonathan Backelieといった錚々たる面子が名を連ねている。
2013年5月、キャリア初のコンプリート・ベスト盤『NAKED ~ DJ KAWASAKI Complete Best 』(Universal Music LLC)をリリース。
iTunesダンス・アルバム・チャート 1位、総合アルバム・チャート3位獲得。2015年6月に『TIMELESS mixed by DJ KAWASAKI』をリリース。
iTunesダンス・アルバム・チャートにて第1位を獲得。現在、ホームグラウンドのThe Room(渋谷)では社長(SOIL& "PIMP" SESSIONS)と共催の月例パーティー"MAGNETiC"のレジデントDJを務めている(毎月第二土曜開催)。block.fm「FEEl THE MAGiC」の番組ナビゲーターを担当中(毎月第1火曜日)↓エディットバージョン DJ/リミキサー/サウンド・プロデューサー/作曲家。
2005年に、King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。これまでリリースしたシングルが、iTunesダンス・チャートにて通算8曲連続でNo.1を獲得。
ホームグラウンドのThe Room(渋谷)では社長(SOIL& "PIMP" SESSIONS)と共催の月例パーティー"MAGNETiC"のレジデントDJを務めている(毎月第二土曜開催)。block.fm「FEEl THE MAGiC」の番組ナビゲーターを担当中(毎月第1火曜日)

(公式サイトはこちら)

沖野好洋

沖野好洋(Kyoto Jazz Massive/Especial Records)
兄:沖野修也とのプロジェクトKyoto Jazz MassiveのDJ/トラックメーカー。
大阪南船場にShopも構える国内最重要クロスオーヴァー・レーベルEspecial Records主宰。
2002年にリリースされたKyoto Jazz Massiveのファースト・アルバム『Spirit Of The Sun』以降、数多くのリミックス/プロデュース・ワーク/コンピレーションの選曲等を手掛けて来た日本のジャズ/クロスオーヴァー・シーンの重要人物。
DJとしても海外100都市以上でプレイ、KJM Live Bandでも国内はもちろんヨーロッパやアジア等のフェスにも出演。
現在大阪で行われているイベント"Freedom Time"、東京渋谷のThe Roomでの"Especial Records Session"等のレギュラーナイトを始め国内外各地でプレイ。

(公式サイトはこちら)


RESTART
ゲストDJ:沖野好洋、DJ KAWASAKI

2017.04.15(sat) at 三年坂モリコーネ[熊本県熊本市中央区安政町1-2]
■サポートDJ:BAFFALO LOVE (TAKECI,SEI) , YUKI(MOSAIC) , TERRA(FAITH MUSIC) , HIGE&SAi(DAY DREAMING)
■開演 : 21:30〜
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : 三年坂モリコーネ / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [三年坂モリコーネ] 096-212-9893

中村佳穂

中村佳穂

中村佳穂(Nakamura Kaho)
1992.5.26/京都/日本/ピアノ弾き語り
『手は生き物、声は祈り。』
2012年活動開始。
彼女はピアノ一台、マイク一本、舞台上の空気を巻き込んで"一曲"として歌う事ができる。
それはある種変化する生き物のようであり、遊びのようであり、祈りに見える。そのプレイスタイルは、噂になり噂が舞台を呼び、舞台が噂を呼び、現在各地で旅を続ける理由となっている。
フジロックフェスティバル'16出演。
大学に卒業と同時に活動4年間のまとめと称し、2016年7月に初の流通版1st album『リピー塔がたつ』発売。様々なミュージシャンが彼女の門出を支える異例の作品となっている。
2017年3月廃盤1st single「どこまで」のアナログ発売決定。カップリングにgroup_inou imaiによるRemix 収録予定。
彼女は歌は出会った全ての人から。出会った人全てへ向けて。
会ってからのお楽しみ。

(公式サイトはこちら)


acoustics thought
1st Anniversary Special Live
中村佳穂

2017.04.01(sat) at acoustics thought [熊本市中央区南坪井町3-18]
■開場 : 18:00 開演 : 19:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日3000円
(別途1ドリンク・オーダー、全席自由/スタンディングあり)
■前売りチケット取扱 : acoustics thought / acoustics / acoustics stylus / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [acoustics thought]096-233-5129

Kan Sano

Kan Sano

Kan Sano
キーボーディスト/トラックメイカー/プロデューサー。
バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。在学中には自らのバンドでMonterey Jazz Festivalなどに出演。
キーボーディスト、プロデューサーとしてChara、UA、大橋トリオ、RHYMESTER、Madlib、Shing02、いであやか、青葉市子、藤原さくら、Seiho、韻シスト、Nao Yoshioka、Ovall、mabanua、須永辰緒、七尾旅人、Monday Michiru、羊毛とおはな、佐藤竹善、片平里菜、Hanah Spring、COMA-CHI、Twigy、アンミカ、Monica、ゲントウキ、Eric Lauなどのライブやレコーディングに参加。

また新世代のビートメイカー、プロデューサーとして国内外のコンピレーションに多数参加する他、LION、カルピス、CASIO、NTT、ジョンソン、日本管理センターのCMやJ-WAVEのジングル、AnyTokyo 2015の会場音楽など各所に楽曲を提供。

さらにSoundCloud上でコンスタントに発表しているリミックス作品やオリジナル楽曲がネット上で大きな話題を生み、累計40万再生を記録。
また、トラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏でもジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルで全国のホールやクラブ、ライブハウスで活動中。 2011年『Fantastic Farewell』(CIRCULATIONS)をリリースしデビュー。
2012年、Bennetrhodes 名義のアルバム『Sun Ya』を Wax Poetics Japan からリリースしクラブシーンで大きな話題となる。
また、mabanuaバンド他、数々の現場でキーボードを弾き、その個性溢れるフレーズでサポートながらオーディエンスに深い印象を残す。
2013年、ジャズ・レーベルBLUE NOTE創立75周年を記念したプロジェクト"松浦俊夫 presents HEX"のキーボーディストとしてBLUE NOTE (ユニバーサル・ミュージック)よりデビュー。ジャイルス・ピーターソン他世界中のDJから賞賛を浴びる。
2014年、Benny Sings、Monday Michiru、Marter、長谷川健一、mabanuaら国内外のアーティストを迎えた2ndアルバム『2.0.1.1.』をリリース、オリコンセールスチャートにランクイン。
韓国、台湾のレーベルディールも決定し、同国で大きく展開。 リード曲「Here and Now feat. Monday Michiru」は全国ラジオ14局でパワープレイを獲得 (同月リリースではアリアナグランデに続き3位を記録)、J-WAVEで15位まで上昇、またフジテレビ「テラスハウス」の挿入歌として起用されサントラにも収録。
また、アルバムの好セールスを受けSunSet Live、GREENROOM CAMP、中州JAZZなど全国のフェスに出演。
さらにHEX名義ではヨーロッパツアーを成功させ、フランスでおこなわれたジャイルスピーターソン主宰のWorld Wide Festivalでは数千人のオーディエンスを湧かせた。
2015年、朝霧JAMに出演。ドラムとピアノのみで4,000人近いオーディエンスを唸らせる。
また、ネットラジオ「JJAZZ.net」でレギュラー番組「JAZZ CAN」をスタート、初メインMCに挑戦。さらに新進気鋭の劇作家 藤田貴大が脚本・演出を手掛ける「マームとジプシー」に演奏のみならずセリフありの役で登場するなど活躍の幅を大きく広げる。2015年に活躍したクリエイター27名と共に雑誌「サウンド&レコーディング・マガジン」の表紙に登場、愛用のヘッドホンを紹介。
2016年、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、 ジャイルス・ピーターソン主催 World Wide Festival (フランス)に出演。 新曲「C'est la vie feat. 七尾旅人」を 7inchで発売、発売直後に早くも希少アイテムとなっている。
また七尾旅人に加え、Maylee Todd、Michael Kaneko、島村智才を迎え、自身のボーカル曲も多数収録した 3rdアルバム『k is s』を発売。

2017年、3年振りの全国ツアー "Magical kiss tour 2017" を敢行。 "Kan Sano" の名は、様々なシーンに破竹の勢いで浸透中!

(公式サイトはこちら)


Kan Sano
~Magical kiss tour 2017~
熊本公演
[LIVE] : Kan Sano (Keyboards, Vocal, laptop) / 今村慎太郎

2017.03.26(sun) at Navaro[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■DJ:KIYOTA(Doit Science )/ Odate / HIGE / araking / MIYAGAWA / 他 ■開場 : 19:00 開演 : 21:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日3000円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [NAVARO] 096-352-1200

Keishi Tanaka

Keishi Tanaka

Keishi Tanaka
Riddim Saunter解散後、ひとりのミュージシャンとして活動をスタート。
2016年に3rdアルバム"What's A Trunk?"をリリース。
触れてきた様々な音楽や演奏者をコラージュすることで、楽曲そのものや歌の強さが感じられる作品が完成した。
2015年までに、"Fill"と"Alley"のフルアルバム2枚の他、詩と写真で構成された6曲入りソングブック"夜の終わり"や、絵本"秘密の森"など、自身の世界観を表現する多様な作品をリリースしている。
細部にこだわりをみせる高い音楽性を持ちながら、様々なラジオ局でパワープレイに選ばれるなど、幅広い層に受け入れられる音楽であることを証明してみせた。
最大10人編成で行われるバンドセットから弾き語りまで、場所や聴く人を限定しないスタイルで活動中。
自主企画として、バンド編成の"NEW KICKS"と、アコースティックの"ROOMS"を不定期に開催。

(公式サイトはこちら)


fakejam presents
Keishi Tanaka
[LIVE] Keishi tanaka(BAND)
・Keishi Tanaka(Vo,Gt)
・潮田雄一(Gt)
・Keito Taguchi(Ba)(LUCKY TAPES)
・別所和洋(Key)(Yasei Collective)
・黒須遊(Sax)(RIDDIMTES)
・小宮山純平(Dr)

2017.03.05(sun) at Navaro[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 : 18:00 開演 : 20:00 / イベント終了 : 24:00
■料金 : 一般3,000円 学生2,500円 / 当日 一般3,500円 学生3,000円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
※学生料金でご入場の方は学生証の提示をお願いします。
■前売りチケット取扱 : fakejam / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [fakejam] 096-355-3342

椎名純平

椎名純平

椎名純平
1974年8月6日生まれ。
2000年11月8日シングル"世界" でデビュー。
以降ソロ名義で3枚のアルバムをリリース。
他にも様々なプロジェクトへの参加を通じて音の世界を放浪中。
ヒトサライはじめました。
2016年春、ライブ会場限定アルバム"...and the SOUL remains" をリリース。

(公式サイトはこちら)


椎名純平
"...and the SOUL remains"
Release Tour

[熊本市]

2017.02.17(fri) at Voyager [熊本市中央区九品寺1丁目1-26 River Port 9 1B]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日3000円
(別途1ドリンク・オーダー、全席自由/スタンディングあり)
■前売りチケット取扱 : Voyager / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター/ 他
■お問い合わせ : [Voyager]070-5490-7201

[阿蘇市]

2017.02.18(sat) at Art-chi[熊本県阿蘇市内牧222]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日3000円
(別途1ドリンク・オーダー、全席自由/スタンディングあり)
■前売りチケット取扱 : 青空食堂/ BAR CREAM / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター/ 他
■お問い合わせ : [青空食堂11:00〜16:00]0967-35-4166

[熊本市]

2017.02.20(mon) at Bar Sunroof [熊本市中央区花畑町11-11 寿ビル4F]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日3000円
(別途1ドリンク・オーダー、全席自由/スタンディングあり)
■前売りチケット取扱 : Bar Sunroof / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター/ 他
■お問い合わせ : [Bar Sunroof]090-2710-7699


コトリンゴ

コトリンゴ

コトリンゴ [kotringo]
音楽家
5歳よりピアノを始め、7歳で初めての作曲をする。
1999年、神戸の甲陽音楽院を卒業後、ボストンのバークリー音楽院に留学。
ジャズ作・編曲/ピアノパフォーマンス科専攻。在学中には教会でのクワイヤのレギュラーピアニストや、バークリーのヴォイス科のピアノ伴奏の仕事も務めながら、数々の賞を受賞。学位を取得後NYへ移り、様々なギグに参加。

2005年秋より自宅での曲作り/デモテープ作りを始める。
2006年3月、坂本龍一がナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」のオーディションコーナーにて、のちに2ndシングルとなる『にちよ待ち』がオンエアされ、 坂本龍一プロデュース「ロハスクラシックコンサート」に出演。

2006年「月桂冠・つき」のCMソングとなり話題になった『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。翌年、1stアルバム『songs in the birdcage』を発表。以降、現在までにカヴァーアルバム、ミニアルバム、バンド名義のアルバムを含む、9枚のアルバムを発表。

2013 年、新しいメンバー を迎えて再生/始動する新生に加入。ソロ活動とともに、メンバーとしても 活動を開始。

  2014 年 3 月 にはドラマ「明日、ママがいない」(NTV 系)の主題歌「誰か 私を」( シングル ) をリリース。同曲を含む、待望のフル・アルバム「birdcore!」を発表。

2016年11月公開した劇場アニメ「この世界の片隅に」のテーマ、劇中歌、BGMの全てを手がけ、話題となる。

ほかに「新しい靴を買わなくちゃ」「くまのがっこう」「BECK」「幸腹グラフィティ」など映画やアニメのサウンド・トラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。
他アーティストへの楽曲提供やレコーディング参加、ライブサポートなど、活動は多岐にわたる。

ライブ活動も多く、自身のツアーのほか、WORLD HAPPINESS、SUMMERSONIC、FUJI ROCK FESTIVAL、SWEET LOVE SHOWER など数々の音楽フェスティバルにも参加している。

卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で、浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描きだす女性シンガー・ソングライターとして各方面から注目を浴びている。

(公式サイトはこちら)


アニメーション映画『この世界の片隅に』 オリジナルサウンドトラック発売記念ライブ
すずさんとハナウタライブ
■LIVE : コトリンゴ

[熊本公演]

2017.2.10(金) at Denkikan[熊本市中央区新市街8-2]
■開場 : 18:30 開演 : 19:00
■料金
前売り : 一般 3500円 / 学生2500円(学生証提示)
当日 : 一般 4000円 / 3000円
(別途1ドリンクオーダー/ 自由席)
■前売りチケット取扱 : Denkikan / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [電気館]096-352-2121

[福岡公演]

2017.2.12(日) atHABIT [福岡市中央区大名2-1-50 大名O.N.Oビル2F]
■開場 : 18:30 開演 : 19:00
■料金
前売り : 一般 3500円 / 学生2500円(学生証提示)
当日 : 一般 4000円 / 3000円
(別途1ドリンクオーダー/ 自由席)
■前売りチケット取扱 : HABIT 他
■お問い合わせ : [HABIT]092-751-2189


ASA-CHANG&巡礼

ASA-CHANG&巡礼

ASA-CHANG&巡礼
1997年、ASA-CHANGソロユニットとして始動。
そのトライバルかつアブストラクトな独自の波動に満ちた音楽が国内外で評価されると共に、世界各国のメディアにも取り上げられる。
また、ミュージックビデオにおけるコンテンポラリーダンサーとの共演が世界的な話題となり、09年に音楽×ダンス公演『JUNRAY DANCE CHANG』を世田谷パブリックシアターにて開催。
12年に後関好宏、須原杏をメンバーに迎え、国際的な舞台芸術祭「KYOTOEXPERIMENT 2012」への参加、アニメ『惡の華』のEDテーマ曲の提供など、既存の音楽の枠に捕らわれない活動を展開している。
また、14年9月からライブシリーズ「アウフヘーベン!」を始動、世界的な舞踏家・室伏鴻や映像作家・勅使河原一雅、漫画家・押見修造といったジャンルを横断した作家とのコラボレーションを行い、さらにその活動を進化・深化させている。

(公式サイトはこちら)


ASA-CHANG&巡礼
ツアー2017『まほう』九州ツアー

[福岡]

2017.1.29(Sun) at brick – ブリック-[福岡市中央区大名2-1-14 天神アッシュ5F]
■開場 19:00 開演 20:00
■料金 前売 3,000円/当日 3,500円 (別途1ドリンク・オーダー、中学生以下無料、全席自由 /スタンディング)
■前売りチケット取扱 : brick – ブリック-
■問合/チケット予約 : [ brick – ブリック-]092-406-9070

[熊本]

2017.1.31(Tue) at NAVARO[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 19:30 開演 20:00
■料金 前売 3,000円/当日 3,500円 (別途1ドリンク・オーダー、中学生以下無料、全席自由 /スタンディング)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■問合/チケット予約 : [NAVARO] 096-352-1200



Shiho

Shiho

Shiho
Jazzユニット"Fried Pride"のヴォーカリスト。
幼い頃よりピアノに慣れ親しみ、高校生の頃からピアノの弾き語りなど音楽活動を本格的に開始し横田と出会いFried Prideとしての活動を始める。
JAZZスタンダードからソウル、ポップスナンバーまでソウルフルに唄いこなし、一度聞いたら忘れられないパワーに溢れるシルキーボイス。
Fried Prideとしてはは米国ニューヨークブルーノートをはじめ数々の海外公演も行う。
またソロ活動も積極的に行い、シンガーだけでなく、2007年BSフジにて音楽番組のMC担当としてレギュラー出演や2008年、2010年とミュージカル「RENT」にも出演するなど多彩な才能を発揮している。

(公式サイトはこちら)


Shiho
New Year LIVE
出演 : Shiho(Vo) 秋田慎治(Pf) 鳥越啓介(Ba)

2017.1.16(月)at レストラン&ライブハウスCIB(キーブ) [熊本市中央区花畑町11-14 KOHENビル2F]
■開場 18:00 開演 19:30
■料金 前売 5,500円 / 当日 6,000円 (共に別途1ドリンク・オーダー、全席自由/スタンディング)
■前売りチケット取扱 : レストラン&ライブハウスCIB / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター / 他
■問合 : [レストラン&ライブハウスCIB] 096-355-1001



モーモールルギャバン

モーモールルギャバン

モーモールルギャバン[MOWMOWLULUGYABAN]
魂の極限ライヴとポップ&ペーソス溢れる無類の音楽性に中毒者続出の3ピース・バンド、モーモールルギャバン。

2005年4月、ゲイリー・ビッチェ(ドラムス&ボーカル)が、半ば強引に友人を説得して活動開始。
当初はギターも入った5人編成(ゲイリーはギター&ボーカル)だったが、ドラム、ギター脱退後はゲイリー(ドラムス&ボーカル)、マルガリータ(ベース)、 ユコ(キーボード&ボーカル&銅鑼)の3人で活動を継続。
2009年3月に開催されたFM802主催「MUSIC CHALLENGE2008」にてグランプリを獲得し、同年11月にデビューアルバム「野口、久津川で爆死」をリリース。一度聴いたらこびりついて離れな いファンキーでパンクで、ロマンティックかつ刺激的なバンド・サウンドと、胸にキュンとくる巧みな、高い催涙性を誇るメロディ・センスで、瞬く間に熱狂的 なファンを獲得。
その後メジャー移籍をはたし、ビクターエンタテインメントより、2枚のフルアルバム、1枚のミニアルバム、2枚のシングル、2枚のDVD作品を発表。精力的なライブ活動と合わせて全国にその生息域を広げていく。
2014年元旦に、突然のライブ活動休止宣言。結成当初から突っ走って来たバンド活動を一度見直す意味と、より高度に己を表現出来るようにするための試行錯誤の時間を確保したいということからの決断だった。
2014年1月26日の京都公演を皮切りに、5月のライブ活動休止まで続くワンマンツアーを敢行。ファイナルの石巻公演はライブハウスの動員記録を超える盛況をもってモーモールルギャバン第一章が終焉。
しかし、その怒濤のツアーの最中にも作品を制作。ミニアルバム 「モーモールル・℃・ギャバーノ」を発表。アルバムのジャケットとリード曲となった「ハイヒールブルース」のMVに、メインビジュアルとして、ファンを公言して頂いていた橋本愛ちゃんをどっどーんと起用したことでも話題となる。
2015年3月に10ヶ月間の沈黙を破り、復活。京都を皮切りに、東京、名古屋と復活ツアーを開催。tricot、アルカラ、キュウソネコカミをゲストに迎え、全公演ソールドアウト。
そして、心機一転、キングレコードに移籍! 彼らの新たなる挑戦の始まりとも言える3年3ヶ月ぶりのフルアルバム「シャンゼリゼ」を6/24にドロップ!!
さらに磨かれた狂気と内気を是非目撃して下さい!!

(公式サイトはこちら)


Rock Bar DAYS presents
熊本チャリティーPARTY KUMAMOTO and ....!!! Vol.1...!!! =
モーモールルギャバン編 ...!!!

2017.1.15(Sun) at NAVARO[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■LIVE : モーモールルギャバン / カルトス / THE LILYRALLY
■開場 18:30 開演 19:00
■料金 前売 2,000円/当日 2,500円 (別途1ドリンク・オーダー / オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / Rock Bar DAYS 他
■問合 : [NAVARO] 096-352-1200 / [Rock Bar DAYS] 096-323-7110



ASA-CHANG

新春! ASA-CHANGのタブラボンゴ スタートワークショップ

■ASA-CHANGのタブラボンゴ スタートワークショップ
ASA-CHANG考案の魅惑の打楽器「タブラボンゴ」 を自分のものに!
2日間にわたって「つくる」、「たたく」 スペシャルなワークショップが九州初上陸!
入手困難なタブラボンゴをASA- CHANG本人による直接指導のもとで全て伝授します!!


新春! ASA-CHANGのタブラボンゴ スタートワークショップ in KUMAMOTO

■2017年1月14日(土)タブラボンゴを「つくる」
①昼の部 15:00~
②夜の部 19:00~
■2017年1月15日(日)タブラボンゴを「たたく」
③昼の部 15:00~
④夜の部 19:00~
※①+③、①+④、②+③、②+④の4パターンから選択してください。
※定員は先着30名となります。
※各回とも約90分程度を予定しておりますが進行状況により前後いたします。
※タブラボンゴキットを購入していただき、作ったタブラボンゴはお持ち帰りいただきます。

■会場 水道町324 [熊本市中央区水道町3-24]
■参加費 30,000円(ワークショップ+楽器+スタンド+テキスト)
※プラス5000円で楽器をシェアしていただく形でのペア参加も可能です。
※ 小学生以下のお子様が参加される場合は大人1名の同伴をお願いい たします。

■予約方法 : 予約受付アドレスまで下記事項をお知らせください。
・お名前(フリガナ)
・1月14日(土)、15日(日)それぞれの参加希望時間(昼 の部または夜の部)
※ペア参加希望の方は合わせてその旨お知らせください。
■問合 : [LONGSIXBRIDGE] (contactよりお問合せください)
※受付締切:2017年1月10日(火)まで