longsixbridge_title

関わらせていただいたアーティストさん、DJさんです。(敬省略)


- 2018 -

10.07 Polaris+奇妙礼太郎
10.06 東田トモヒロ
10.05 コトリンゴ
10.04 コトリンゴ
10.02 コトリンゴ
10.01 コトリンゴ
09.14 MIDORINOMARU
08.24 Sundayカミデ
08.05 民謡クルセイダーズ
07.27 Dani Gurgel
07.22 思い出野郎Aチーム
06.10 Port of Notes
06.02 bird
06.01 bird
05.15 showmore
05.11 表現(Hyogen)×ありかよ
04.23 踊Foot Works
04.10 THE CHARM PARK
04.07 伊澤一葉
03.31 渡辺亨
03.30 渡辺亨
03.21 石川周之介カルテット
03.18 椎名純平&HIGH ACE
03.10 ピーター・バラカン
03.07 折坂悠太
03.02 fox capture plan
03.01 松沢春伸
02.24 GOMA
02.17 ttractions / KO NAKASHIMA
02.06 踊ろうマチルダ


- 2017 -

12.31 東田トモヒロ
12.20 KO NAKASHIMA
12.08 Michael Kaneko
11.30 椎名純平
11.03 LEO今井 x KO NAKASHIMA
11.02 CYBERJAPAN DANCER
10.24 一十三十一
10.16 島裕介(tp,flh), 高木里代子(p) DUO
10.15 Neighbors Complain
10.15 TRI4TH
10.07 wonk
09.09 ジルデコDUO
09.06 椎名純平
09.01 天才バンド
08.28 畠山美由紀 と 小池龍平
08.24 TGMX & Keishi Tanaka
08.20 Summing / 青木由香
08.04 桑原 茂一
08.04 金 佑龍
07.27 ピーターバラカン
07.17 Yasei Collective
06.25 Jan and naomi
05.23 MAIA HIRASAWA
05.19 Hey Tanaka
05.13 TRI4TH
04.26 ダスティン・ウォング&嶺川貴子
04.23 おお雨(おおはた雄一×坂本美雨)
04.22 東田トモヒロ
04.21 村上淳
04.20 踊ろうマチルダ
04.15 DJ KAWASAKI
04.01 中村佳穂
03.26 KAN SANO
03.05 Keishi Tanaka
02.20 椎名純平
02.18 椎名純平
02.17 椎名純平
02.12 コトリンゴ
02.10 コトリンゴ
01.31 ASA-CHANG&巡礼
01.29 ASA-CHANG&巡礼
01.16 Shiho
01.15 モーモールルギャバン
01.14-15 ASA-CHANGのタブラボンゴ スタートワークショップ


- 2016 -

12.31 東田トモヒロ
12.25 DJダイノジ
12.23 伊藤ゴロー
12.11 ブラジル音楽プロジェクト[Workshop]
12.10 ブラジル音楽プロジェクト[LIVE]
11.24 Conguero Tres Hoofers
11.20 赤い靴
11.13 大橋トリオ feat. The BOCOS/原田郁子 (クラムボン)
11.05 Leyona
10.27 中島孝
10.20 ICHI
10.01 CYBERJAPAN DANCERS
09.28 ザ・なつやすみバンド
09.10 アディティア・ソフィアン
08.15 ピーターバラカン
08.07 SO=SAKAGUCHI SHUICHIRO+OSHIMA DAISUKE
07.31 bird
07.01 indigo jam unit
06.13 Sundayカミデ
06.11 中田クルミ
05.29 jan and naomi
05.28 P.O.P
05.26 成山剛 × 中島孝
05.07 東田トモヒロ
05.04 THA BLUE HERB
04.30 伊藤志宏
04.28 伊藤志宏
04.27 伊藤志宏
03.27 牧山純子 & Manami Morita
03.26 東田トモヒロ
03.25 CYBERJAPAN DANCERS+MITOMI TOKOTO
03.20 ダイノジ
03.19 蔡忠浩(bonobos)
02.19 石川周之介
02.13 Eric Kupper & Hideo Kobayashi
02.12 Candle JUNE/小久保淳平/Kenshiro/coby
01.16 DJ EMMA
01.11 indigo jam unit


- 2015 -

12.31 東田トモヒロ&The Rorsters
12.21 中島ノブユキ
12.20 七尾旅人
12.17 ASA-CHANG
12.16 ASA-CHANG
12.15 ASA-CHANG
12.04 DIAZO & DJ KEIN
11.30 サンデーカミデ
11.26 DONUTS DISCO DELUXE
11.15 東田トモヒロ
11.14 石野卓球
11.06 青木カレン
10.30 ダイノジ
10.25 コトリンゴ
10.17 Chiyo Tia
10.17 伊澤一葉
10.13 伊澤一葉
10.11 mouse on the keys
10.03 MOCKY
09.22 ANTONIO LOUREIRO
09.12 上村正人 with 井上銘
09.11 藤本一馬&伊藤志宏
09.05 天才バンド
08.08 東田トモヒロ&The Roasters
08.09 熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和
08.08 熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和
08.07 熊谷和徳 X ASA-CHANG X 田中邦和
07.27 空気公団
07.19 MASANORI MORITA (STUDIO APARTMENT)
07.18 RYO from ORANGE RANGE
07.10 Double Famous
07.03 Curly Giraffe
05.30 青木カレン
05.22 fox capture plan
05.21 小室哲哉 featuring 坂本美雨
04.25 東田トモヒロ&The Roasters
03.20 小坂 忠
03.13 Monday満ちる
03.08 餓鬼レンジャー
03.07 矢舟テツロー
02.28 シガキマサキ
02.21 Josei
02.15 中村善郎
02.08 THAMII
02.07 前川信吾(from かりゆし58)/DJ KEIN
01.11 indigo jam unit


- 2014 -

12.31 東田トモヒロ
12.20 谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)
12.05 DAISHI DANCE + CYBERJAPAN DANCERS
11.29 ピーターバラカン
11.28 大蔵 from ケツメイシ(DJ/LIVE) & DJ KEIN
11.25 Shima&ShikouDUO
11.20 平戸祐介 (quasimode)&bird ☆西畠清順(そら植物園)
11.06 THE MAN
11.01 MOUNTAIN MOCHA KILIMANJARO
10.31 コトリンゴ
10.28 Tommy Guerrero
10.20 RYO(ORANGE RANGE)/前川 真悟(かりゆし58)/DJ KEIN
10.11 近藤房乃助
10.06 奇妙礼太郎
09.28 Double Famous(br /> 09.20 MOOMIN、島袋優(BIGIN)、DJ KEIN
09.10 Tsuyuki Tatsuya
08.09 tamamix
08.08 THAMII
08.02 伊藤志宏
08.01 東田トモヒロ
07.28 山口 武
07.25 SOFA DISCO
07.04 akiko
06.28 石野卓球
06.27 SHANTI
06.14 ロマンスグレーサウンドスケイプ (ASA-CHANG X 小林武文)
06.13 INO hidefumi x 藤原ヒロシ
05.25 おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
05.15 中島ノブユキ
04.26 小西康陽×MURO
04.19 東田トモヒロ
04.16 伊藤ゴロー
04.12 シガキマサキ
04.10 カルメラ
03.22 Silent Poets
03.20 キヨサク(MONGOL800)
03.16 Nicola Conte
03.11-17 久保憲司 写真展
03.01 ILMALI&Fumiya from RIP SLYME
02.07 卍LINE
01.30 Throwing a Spoon (トウヤマタケオ×徳澤青弦)
01.12 indigo jam unit & flexlife
01.19 杉作J太郎 + 吉田豪
01.18 杉作J太郎 + 吉田豪


- 2013 -

12.31 東田トモヒロ
12.21 青木カレン
12.15 コトリンゴ
12.14 大蔵 from ケツメイシ&DJ KEIN
12.12 MIKARIMBA
11.30 orange pekoe with 吉澤はじめ / 沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE) / Immigrant's Bossa Band
11.18 中村耕一&三宅伸治
11.16 Tete
11.11 KATSH STATUES
11.03 土岐麻子
11.02 ULISES CONTI
10.26 近藤房之助
10.13 indigo jam unit
10.02 MOVITS!
09.28 大蔵 from ケツメイシ & DJ KEIN
09.26-29 高鈴
09.19 bird
09.18 side slide
09.13 Kenji Jammer & Gravityfree
09.04 名渡山遼
08.30 Antonio Loureiro
08.19 ヤマグチヒロコ
08.05 八代亜紀
07.19 羊毛とおはな
07.12 Jazztronik
07.06 伊藤志宏
07.03 赤い靴
06.28 青木カレン
06.14 fox capture plan
05.26 ペトロールズ
05.17 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.16 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.14 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.13 ASA-CHANG×田中邦和 Duo
05.07 藤本一馬
05.06 藤本一馬
05.02 石野卓球
04.28 高鈴
04.19 東田トモヒロ
04.18 空気公団
03.29 おお雨(おおはた雄一+坂本美雨)
03.22 奇妙礼太郎
03.10 leyona
03.09 akiko
03.03 dj usus (from RIP SLYME) 02.14 次松大助とビューティフルハミングバード
02.03 青木カレン
02.02 青木カレン
02.01 青木カレン
01.26 ReelPeople & The LAYABOUTS
01.12 indigo jam unit


- 2012 -

12.31 東田トモヒロ
12.15 コトリンゴ
11.26 畠山美由紀 & 小池龍平
09.22 ハンバート・ハンバート
09.09 MOVITS !
08.26 ジルデコ
08.18 toruⅡtoru(橋本徹 x 渡邉徹) 08.17 toruⅡtoru(橋本徹 x 渡邉徹) 08.03 沖仁 07.24 paris match
07.23 paris match
07.07 JESSE HARRIS(ジェシーハリス)
07.01 近藤房之助
06.29 近藤房之助
06.27 近藤房之助
06.25 青葉市子
06.02 小池龍平 × JUNN
06.01 オーサカ=モノレール
05.28 奇妙礼太郎
05.18 赤い靴
04.27 DE DE MOUSE
02.24 Chocolat & Akito
02.11 松岡 'matzz' 高廣 (quasimode / montyacc)
01.08 indigo jam unit


- 2011 -

12.09 Ann Sally
11.25 ビューティフルハミングバード & 高鈴
11.03 木村 充揮
10.13 bird
09.24 Maia Hirasawa
09.23 indigo jam unit feat.Alicia Saldenha
08.18 羊毛とおはな
07.02 野宮真貴
06.12 青木カレン
05.14 大橋トリオ
05.09 Percussion Session -IMPACT-
04.20 コトリンゴ
04.01 paris match
03.10 quasimode
02.18 akiko
02.12 ふちがみとふなと
01.08 INDIGO JAM UNIT


- 2010 -

12.26 畠山美由紀
12.07 Wyolica
11.26 土岐麻子
11.05 羊毛とおはな
09.28 COMBOPIANO//trial error / Doit Science
09.17 Giana Viscardi &Michi Ruzitschka
09.06 GABBY&LOPEZ
09.03 J.A.M/社長/YUKI(mosaic/FIGARO) Kosuke Ueda(CUBIC'S)
08.12 Port of Notes
07.19 Nabowa feat.ACO
06.17 小島麻由美
05.29 Curly Giraffe
05.08 " ohashi kotorio "
04.16 DEXPISTOLS/y@m@ / KAMiiiiO (Riot Division) /NA-GA (MAD SKIPPERS ELECTRIC BANG)
04.?? 『ASA-CHANGのタブラボンゴナイト』九州ツアー
03.31 クオシモード
02.26 中塚武/CUBIC'S/Y@M@
01.11 INDIGO JAM UNIT/KUROIWA


- 2009 -

12.09 コトリンゴ
12.04 Immigrant's Bossa Band/Looping JAM/TAKAMOTO(CUBIC'S)/USHI (TRAFFIC JAM)
11.24 半野喜弘 a.k.a RADIQ / RDIQ septet / ITSUKO(Clear/rupa) / KUROIWA(INDIGO/Milestone/OUTPUT)/NOIJIMA & SARA (NAVARO)
11.20 BAGDAD CAFE THE trench town /TRIBECKER T$UNE(The RhinoceroSmiles) /ROY-KEN(DANCING MOODE)
11.13 thirdiq/TERRA/y@m@
11.05 ポートオブノーツ
10.29 Spinna-B-ILL
10.26 青木カレンwith Shima & Shikou DUO
10.08/09 近藤等則
09.23 Manami Morita 
07.25 大橋トリオ
07.08 羊毛とおはな
06.17 COMBOPIANO (渡邊琢磨/内橋和久/千住宗臣)/trial error / Doit Science/DJ NOIJIMA
05.14 ハンバートハンバート
04.10 ジェシーハリス
03.06 1001(senichi)
03.21 Shima&ShikouDUO / Native / UEDA(CUBIC'S)/ NAKAO
03.02 高鈴
02.19 小島大介'&小池龍平 / Araking
02.06 BE THE VOICE / SONIC TIME MACHINE
01.17 F.I.B JOURNAL
01.12 INDIGO JAM UNIT /flexlife / kuroiwa(INDIGO kumamoto)/UEDA(CUBIC'S)


- 2008 -

12.15 オーサカ=モノレール
12.10 コトリンゴ
12.01 eli
11.23 mama!milk
11.07 羊毛とおはな
10.25 sighboat(サイボート)
10.12 中塚武/Y@M@/Takamoto Kenji/ Ryuzoji Yasufumi/ Ueda Kousuke
09.12 日野良一
08.20 ビューティフルハミングバード/シガキマサキ
07.27 Immigrant's Bossa Band/CUBIC'S/KUROIWA
07.11 Free TEMPO/SAWA /ushi/UEDA/Y@M@/TERRA
06.28 Little Tempo /DUB FOREST SMORKER /JAVA /JOEGO/ TAKUROW/ TAKU-LOW/chi---
05.30 JAZZTRONIK/TERRA /Y@MA/NOMATA
05.21 Hands of Creation
04.21 INDIGO JAM UNIT/KUROIWA/ MKT
03.30 Edgar "Jones" Jones & The Joneses/masaru/kishida
03.10 Shima&ShikouDUO feat.林夕紀子
02.21 羊毛とおはな/KGO
02.08 COMBO PIANO/full-vibe creation /ナウエリート
01.25 COLDFEET/UEDA/TERRA/Y@M@


- 2007 -

12.20 quasimode /CUBIC'S
12.01 JAZZTRONIK/ 社長
(SOIL&"PIMP"SESSIONS)/Y@M@/TERRA/NOMATA
11.27 小沢健二/エリザベスコール(映画上映会)
11.18 小沢健二/エリザベスコール(映画上映会)
11.10 畠山美由紀 with Hands of Creation /青柳拓次
11.05 シガキマサキ/CHI---
10.23 青木カレン with 武骨サプリメント
09.24 林夕紀子&シコウ
08.08 Jehro(ジェロ)
08.04 Free TEMPO/ushi/UEDA/Y@M@/OGATA/TERRA
07.06 Saigenji/UEDA/araking/ARGO
06.12 Chocolat & Akito/TAJIRI/CHI---
04.29 Scoobie DO/Maximum Wankers/ザ・ローションズ/MUNEMAN/JOEGO
03.09 渡辺俊美(inter play)/JOEGO/TAKUーLOW/CHI---
02.15 Shima&ShikouDUO
02.02 PAN CAKE


- 2006 -

11.24 BAGDAD CAFE THE trench town /jaNn /サブコンタクト /GEORGE /DUKE JUNIOR SHANTI
11.15 achordion(アコーディオン)/masayan/TAKAMOTO
08.06 BLAZE(US)
07.08 渡辺俊美(inter play)/CHI---
06.09 LITTLE TEMPO
04.14 土岐麻子 / choro azul
04.01 THE NEW MASTERSOUNDS(UK) /OSAKA MONAURAIL /SCOOBIE DO /Shu-bd
02.10 土岐麻子 /CAYO/UEDA
01.26 CINEMA dub MONKS

subscript

ARCHIVE 2018


Polaris + 奇妙礼太郎

Polaris 熊本初ライブ決定!
ゲストには奇妙礼太郎!

Polaris

Polaris / ポラリス
オオヤユウスケと柏原譲(Fishmans/So many tears)によるロックバンド。
2001年にミニアルバム『Polaris』でデビュー以降、5枚のフルアルバムをリリース。
FUJI ROCK FESTIVALほか野外フェスに多数出演し、ライヴバンドとして高い評価を得ている。
オオヤユウスケの浮遊感のあるヴォーカル、ポストロックやレゲエ/ダブの要素、そして強靱なリズム隊が生み出す圧倒的なグルーヴによって生み出されるPolaris独自のサウンドで多くの支持を獲得している。
2018年6月20日、3年4ヶ月ぶりとなるフルアルバム『天体』のリリースが決定。


奇妙礼太郎

奇妙礼太郎
「大根 ! 人参!ロックンロール!くよくよしようぜ! ~」でおなじみ、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団や、アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。
弾語りで行われるソロライブはオリジナルに加え、レパートリー豊かなカバー曲を多少交えつつ。泥臭くストレートで朴訥としたロックンロールから、ラブ・アンド・ユーモアなフォークまで歌い上げ、少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。
2013年、初の弾語り全国ツアーを実施、ライブ会場限定にて『HOLE IN ONE』をリリース。
2013年、年末より天才バンドも始動。
2014年10月には渋谷公会堂にて、トラベルスイング楽団を従え、ワンマンライブを成功に収める。
2016年04月01日の味園ユニバースでのワンマンライブを以て奇妙礼太郎トラベルスイング楽団を解散。
05月07日には上野恩賜公園野外ステージにて恒例の弾語りワンマンライブを実施。


Polaris
New Album『天体』Release Live 熊本公演
[Live] Polaris [Guest] 奇妙礼太郎

2018/10/7(sun) at Django [熊本市 中央区新市街1−36]
■開場 18:00 / 開演 18:30
■料金 :前売 4,000円 当日 4,500円 (立見・全席自由 / 整理番号付 / 別途1ドリンク500円)
■前売りチケット取扱 : Django / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Django]096-355-6960

東田トモヒロ

[東田トモヒロ]NEWアルバム[Wonderful Road]リリースツアー決定!
今回はドラムに沼澤尚!
盛り上がり必死!

東田トモヒロ

東田トモヒロ
1972年生まれ熊本市在住。ニューヨークでのレコーディングを経て2003年にメジャーデビュー。
旅とサーフィンとをこよなく愛し、音楽を通して『LOVE&FREEDOM』をメッセージし続けるシンガーソングライター。

その持ち味でもあるエネルギーに満ちたステージパフォーマンスで、ソロライブだけでなくフジロックフェスティバル、サマーソニック、ap bank festival、greenroom festival、windblow、サンセットライブなど、大小問わず数多くのフェスのステージに出演しピースフルな空間を作り出して来た。
自然に寄り添った暮らしや旅の中から紡ぎ出される飾り気の無い等身大の楽曲は、全国各地においてたくさんのファンを魅了し長く愛され続けている。

2017年7月にはミニアルバム「ひだまり」をリリースし、その収益の10%は自然環境の保護に取り組むアウトドアアパレルブランド、patagonia に寄付されている。
2018年夏には通算14作目となるオリジナルアルバム「Wonderful Road」をリリース。

福島県南相馬よつば保育園の子どもたちに九州から季節の野菜や果物・穀物などを届けるプロジェクト「change the world」の代表を務める。


東田トモヒロ
live tour 2018 Wonderful Road
メンバー : 東田トモヒロTRIO
時川大輔(bass),沼澤尚(drums)

2018/10/06(sat) at Navaro [熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円 ※学生前売2500円 / 当日2,500円
※学生料金希望の方は一般前売りをご購入していただき、当日受付で学生証提示で500円バックいたします。
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング / 少学生以下無料)
■DJ : RYUHEI
■前売りチケット取扱 : Navaro / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [Navaro] 096-352-1200

コトリンゴ

アニメーション映画[この世界の片隅に]で第40回アカデミー賞優秀音楽賞を受賞し、たくさんの称賛、絶賛を得たコトリンゴワールド。
今回は全会場生ピアノ、熊本はバンドセットでの九州ツアーが決定しました!
(天草はソロライブになります。)
フジロック出演、赤塚不二夫トリビュート参加、toeとのコラボ etc その進化は止まりません。
類まれな才能、センス、テクニックを趣溢れる会場でご堪能ください。

コトリンゴ kotringo

コトリンゴ kotringo
音楽家
5歳からピアノ、7歳から作曲をはじめる。
神戸・甲陽音楽院を卒業後、ボストン・ バークリー音楽大学に留学し、ジャズ作曲科、パフォーマンス科を専攻。学位を取得後、ニューヨークを拠点に演奏活動を開始。
2006年、坂本龍一に見い出され、シングル『こんにちは またあした』で日本デビューを飾る。以降、現在までにカヴァーを含む、10枚のソロアルバムを発表。最新作は2017年11月発売の「雨の箱庭」。
2016年11月に公開し、ロングヒットとなったアニメーション映画「この世界の片隅に」の音楽を担当。第40回日本アカデミー賞優秀音楽賞、第71回毎日映画コンクール音楽賞、おおさかシネマフェスティバル2017音楽賞を受賞。
2018年10月公開の映画「旅猫リポート」の音楽を 担当。
映画、アニメのサウンドトラックや多数のCM音楽を手がけるなど、クリエイターからの支持も高い。
卓越したピアノ演奏と柔らかな歌声で浮遊感に満ちたポップ・ワールドを描くアーティストとして活躍中。


コトリンゴ
「雨の箱庭」ツアー2018〜九州編〜

[箱庭クインテット in 熊本]
member
コトリンゴ:vo & piano
鈴木カオル:drums
須藤ヒサシ:bass
副田整歩:sax
田中充:tp

2018/10/01(月)at グランラセーレ レガロ [熊本市北区楠3丁目2-13]
■開場18:30 / 開演19:00
■料金 前売4200円/ 当日4800円(要ワンドリンクオーダー/着席)
■前売りチケット取扱 : グランラセーレ レガロ/ 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ/チケット予約 : [Studio JAM]096-214-2118 / [グランラセーレ レガロ]096-337-7800

[箱庭クインテット in 佐賀]
2018/10/02(火)at 浪漫座   [佐賀市柳町2-9 佐賀市歴史民俗館 旧古賀銀行内]
■開場18:30 / 開演19:00
■料金 前売4200円/ 当日4800円(要ワンドリンクオーダー/着席)
■前売りチケット取扱 : 浪漫座/ローソンチケット
■お問い合わせ/チケット予約 :[RAG・G]0952-26-2687

[ピアノソロ in 大分]
2018/10/04(木)ジェラテリアふくろう [大分市王子中町3-5 ふくろうの森ビル1階)]
■開場18:30 / 開演19:00
■前売り3000円/当日3500円(要1ドリンクオーダー/着席)
■前売りチケット取り扱い:ジェラテリアふくろう/アトホール
■お問い合わせ/チケット予約 : [AT HALL]097-535-2567
Solo Out!

[ピアノソロ in 天草]
2018/10/05(金)at 天草市地域交流センターおおくす [熊本県天草市五和町手野1丁目367-1]
■開場 18:00/ 開演18:30
■料金 前売3000円/ 当日3500円(着席)
※[映画この世界の片隅に/ 上映期間9/29〜10/5(木曜休館予定)]映画鑑賞セット割引あり
■前売りチケット取扱 : 本渡第一映劇他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ/チケット予約 : [本渡第一映劇]0969-23-1417

MIDORINOMARU

ピアノとドラムによる至高のデュオ、MIDORINOMARU(ミドリのマル)のライブが決定しました!

THE ZOOT16やザ・コストパフォーマンスでドラム&パーカッション、スチャダラパー、スライマングース、レキシ(レキネームは丑三つ時三朗太)でパーカッション担当するなど、各方面で大人気Mi-CHANGと、激しく情熱的なJAZZピアニスト、NiKAによるデュオライブです。
今年の中洲JAZZにも出演が決まり、これからガンガン来そうですよ。
今回はたくさんの方に見ていただきたく、前売り2,000円で!

MIDORINOMARU

MIDORINOMARU(ミドリのマル)
2010年結成。
2013年よりNiKA(piano),と三星章紘(percussion,drums)の2人編成で活動を始める。
2014年、吉祥寺曼茶羅で初のワンマンライブ。
2015年、サイバーエージェントのアメーバ新ロゴアニメーションの音楽にミドリのマルの「karakuri」が使われる。
\ 2015年、GO OUT CAMP 猪苗代湖に出演。初の野外フェス。
2015年12月月2日に、初のフルアルバム「no logic」を発売。
2016年7/31〜初ツアー「暑中見舞いツアー~いつもお世話になっております~」が決定(浜松、和歌山、四日市、名古屋、蒲郡) 2016年12月2日に、2nd album「GOOD MORNING」を発売。
2017年12月に1st,2nd揃って完売。
2018年3月28日1st「no logic」が再販&全国流通開始。
2018年4月1日、3rd album「SUN」が、ライブ会場とHPで販売開始。
2018年6月20日に2nd「GOOD MORNING」が再販&全国流通開始。
年末の12月3日に「青山月見ル君想フ」でのワンマンライブが決定。
今後の動きに目が離せない。


MIDORINOMARUの『実りの秋ツアー2018』
熊本公演

2018/09/14(fri)at Sandwich cafe TATOMIYA[熊本市坪井2丁目1-45]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 前売 2000円 / 当日 2500円 (別途1ドリンクオーダー/着席・スタンディング)
■前売りチケット取扱 : Sandwich cafe Tatomiya / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ/チケット予約 : [Sandwich cafe TATOMIYA] 096-321-6500

Sundayカミデ

天才バンドでは鍵盤、ベースを、ワンダフルボーイズではボーカリストとして活躍しているSundayカミデさんの福岡、熊本公演が決定しました。
5/30にはやついいちろう×Sundayカミデ×ナイツ塙として配信シングルが音源化されるなど、活動絶好調!
名曲弾き語りと"すべらない話"、今回は両日とも蒲池眼鏡舗さんで開催、是非眼鏡をかけてご来場ください!

Sundayカミデ

Sundayカミデ
2010年結成「マジであった事POPMUSIC」をダンサブルに表現するバンド「ワンダフルボーイズ」のリーダーでボーカル。
盟友、奇妙礼太郎とともに「TENSAI BAND㈼」のピアニスト、ベーシストとしても活動し、ボーカル/ピアニスト/ソロシンガーと多数の顔を持つアーティスト。
21世紀の名曲「君が誰かの彼女になりくさっても」の作詞作曲としても知られ、最近では様々なアーティストへの楽曲提供やCM音楽も多く手掛けている。


【ピアノKISS!!!】
出演 : Sundayカミデ

【福岡】
2018/08/24(fri)at 蒲池眼鏡舗福岡店 [福岡市中央区大名1丁目3-7 サウステージ1 1F]
■開場 20:00 開演 20:30
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (別途1ドリンクオーダー/着席・スタンディング)
■前売りチケット取扱 : 蒲池眼鏡舗福岡店 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ/チケット予約 : [蒲池眼鏡舗福岡店] 092-707-0705

【熊本】
2018/08/25 (sat) at 蒲池眼鏡舗FLOOR [熊本市中央区上通町6-15 T-FOURビル B1F]
■開場 20:00 開演 20:30
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (別途1ドリンクオーダー/着席・スタンディング)
■前売りチケット取扱 : 蒲池眼鏡舗 / 蒲池眼鏡舗FLOOR / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ/チケット予約 : [蒲池眼鏡舗]096-319-1775 [蒲池眼鏡舗FLOOR]096-273-6449

※両日とも、 眼鏡をかけてご来場のお客様には1ドリンクサービス!
是非、お好みの眼鏡でご来場ください。


民謡クルセイダーズ

民謡+ラテン+何か!
話題沸騰、民謡クルセイダーズ、まじ奇跡の熊本公演決定!
くっそ暑いであろう8月5日、日曜日の午後3時開演、会場は健軍ワンドロップ!

ピーターバラカンさんにライクーダーも注目する民謡クルセイダーズ、見逃し厳禁、お待ちしてます!

民謡クルセイダーズ

民謡クルセイダーズ
フレディ塚本(vo)、Meg(vo, pianica)、田中克海(g)、DADDY U(b)、Moe(key)、Sono(timbales)、Mutsumi Kobayashi(bongos)、Irochi(congas)、山内ステファン(tp)、大沢広一郎(sax)

かつて戦後間もない頃、偉大 なる先達――東京キューバンボーイズやノーチェクバーナが大志を抱き試みた日本民謡とラテン・リズムの融合を21世紀に再生させる「民謡クルセイダー ズ」。
東京西部、横田基地のある街、福生在住で米軍ハウス「バナナハウス」主のギタリスト田中克海が、モノホンの民謡歌手フレディ塚本と近所の某酒場で意気投合したことをきっかけに、2012年福生周辺の辺境音楽好きが集まり結成。
70年代以降には福生でよく見られたハウス・セッションを続けながら現在に至る。


民謡クルセイダーズの旅巡業
~民謡クルセイダーズがやってくる ヤァ!ヤァ!ヤァ!~ 熊本編

2018/08/05(日)熊本@ONE DROP Dining'studio [熊本市東区沼山津1-1-21]
■開場 14:00 開演 15:00
■前売 3,000円 当日 3,500円 (要2ドリンクオーダー/ 立見・一部着席 全席自由)

■DJ : コモエスタ嶋田 / キャプテンOZA

■前売りチケット取扱 : ONE DROP Dining'studio / 明星パンチ / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ/チケット予約 : [ONE DROP Dining'studio] 096-331-1106

Dani Gurgel

Dani & Debora Gurgel Quartetoとしても話題のサンパウロ出身ヴォーカリスト、Dani Gurgelソロ名義によるセカンド・アルバム"TUQTI"のリリースを記念して、レコーディング・メンバーによるジャパン・ツアー、熊本公演が決定!

■ツアー・メンバー
Dani Gurgel(vo) / ダニ・グルジェル(ヴォーカル)
Thiago Rabello(ds) / チアゴ・ハベーロ(ドラムス)
Conrado Goys(eg) / コンハード・ゴイス(エレクトリック・ギター)
Gabriel Santiago(ag) / ガブリエル・サンチアゴ(アコースティック・ギター)
Frederico Heliodoro(b) / フレデリコ・エリオドーロ(ベース)

Dani
 Gurgel

ダニ・グルジェル(Dani Gurgel)
1985年、ブラジル・サンパウロ生まれ。
3才のころには音楽に触れ、ボサノヴァ界のスターであるジンボ・トリオによる音楽スクールのClamに参加し、以後15年間にわたってピアノやフルート、サックス、エレキ・ベースを学ぶ。テナー&バリトン・サックス奏者として、Domus、そしてサックス奏者、ホベルト・シオンによるプロジェクトであるULMという二つのビッグ・バンドにも参加した。18歳になったダニは自身で作曲を始め、同時に歌詞も書き始めた。その時、ダニはあることに気が付く。様々な楽器に触れてきたダニが最後に見つけた楽器、それは自分の歌声である、ということに。
2008年にソロ・アルバム『Nosso』をリリースし、2010年には若手ミュージシャンを多く集めた『Agora』発表したを発表 。同時に、映像の分野や地元サンパウロの音楽シーンにおける牽引者としてもその才能を発揮し、新たな作曲家たち(New Composers)という意味の<NovosComposiotores>と冠したTV番組とアルバム、そして<Outro Som>と呼ばれるドキュメンタリーTV番組、そしてWEBで公開してきた<MusicadeGraca(無料の音楽)>など数々のプロジェクトを手掛けていく。こうした一連の動きが認められ、ダニは2015年から2018年にかけて<PPM -PrêmioProfissionaisda Música(ミュージック・プロフェッショナル賞)>において5部門を受賞。2013年には<Prêmioda Música>に、2007年には<PrêmioNascente>に表彰された。また、OrquestraTom Jobimではキュレーター役を務め、2017年にはDani Gurgel& NovosCompositoresTourを慣行。2010年にはクラウドファウンディングを使った音楽プロジェクトによって<PrêmioConverge de InovaçãoDigital(デジタル・イノヴェーション賞)>を受賞した。なお、このプロジェクトはニューヨークに本拠地を構えるレーベル、ArtistShareと共同で運営したものだ。

2012年より、ダニはピアニストで作曲家のデボラ・グルジェル、そしてドラマーでありプロデューサーでもあるチアゴ・ハベーロらとともに、ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテートというコラボレート活動を続けてきた。彼らのニックネームは<DDG4>と呼ばれ、これは日本のファンが名付けたもの。DDG4はこれまでに累計7枚のアルバムをリリースして来、ブラジルのほか、日本やドイツ、オランダなどで世界各国で販売されている。ダニが作曲した楽曲は、マリア・シュナイダーやフィロ・マシャード、アンソニ ー・ウィルソン、サラ・セルパ、そしてデボラ・グルジェルなど、世界中でレコーディングされている。

Dani Gurgel - TUQTI – EPK
Dani Gurgel - Sete Anões


Dani Gurgel

2018.07.27(金) at 熊本 セカンドサイト5F [熊本市花畑町13-10 ]
■開場 19:00 / 開演 20:00
■料金 前売 4500円 / 当日 5000円 (共に要1ドリンクオーダー/着席・スタンディング 全席自由)
■前売りチケット取扱 : JANJANGO(セカンドサイト1F) / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター / ライブポケット
■お問い合わせ/チケット予約 : [JANJANGO / セカンドサイト1F] 096-323-1121

思い出野郎Aチーム

思い出野郎Aチーム

思い出野郎Aチーム
2009年・夏、多摩美術大学にて結成。
ファンク、ソウル、レゲエ、ディスコ、アフリカンミュージック、パンク、飲酒を織り交ぜたスタイルで活動中。
FUJI ROCK FESTIVAL、Sunset Live、カクバリズムの夏祭りなど、数多くのフェス、イベントに出演。
また、メンバーは、VIDEOTAPEMUSIC、Y.I.M.、G.Rinaなどのミュージシャンのライブサポート、レコーディングへの参加など、多岐にわたって精力的な活動をしている。
2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム「WEEKEND SOUL BAND」をリリース。
2017年8月、カクバリズムより2ndアルバム「夜のすべて」をリリース。


Blues For Space Girl presents
思い出野郎Aチーム
熊本初LIVE!

2018/07/22(SUN)at Navaro [熊本市中央区南坪井町10-1ビル地下]
■開場 15:30 / 開演 16:00
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (要ワンドリンクオーダー/スタンディング/未就学児無料 )
■DJ : takamoto / Kappy(spoon)
■前売りチケット取扱 : e+(イープラス) / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター / Navaro 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [Navaro ] 096-352-1200

Port of Notes

本格的に活動を開始しているポートオブノーツ、久しぶりの熊本公演が決定しました。
今回はシャワー通りにあるセレクトショップ、acousticsさんのイベントになります。
acousticsさんは5周年でもポートのライブを開催してまして、今回は約20年振りの開催。
昨年の畠山美由紀さんのライブも最高でしたし、今回も間違いない演奏、歌声、たくさんの名曲が聞けるはずです。

*今回のイベントではLONGSIXBRIDGE.の年間カードの使用はできません。 ご了承くださいませ。

Port of Notes

Port of Notes (ポート・オブ・ノーツ)
畠山美由紀 (Vocal)
小島大介 (Guitar)
'96年、ヴォーカリスト・畠山美由紀とギタリスト・小島大介によりPort of Notes(ポート・オブ・ノーツ)を結成。'97年、EP『Port of Notes』でCDデビュー。現在までに4枚のオリジナル・アルバムを発表。
'01年、POLA化粧品のTV CMソングとして"With This Affection"、'02年"Sailing To Your Love"、'03年"Those My Old Days"が使用される。
'01年12月、松任谷由実30周年カバー・アルバム『Queen's Fellows』に参加、翌年1月、日本武道館で行われたYuming Tribute Concert "Queen's Fellows"に出演。'04年に発売された、3rdアルバム『Evening Glow』では、松任谷由実の参加も話題となった。
'08年デビュー10周年を記念して、自身の選曲に新曲を加えたベスト盤『Blue Arpeggio~Own Best Selection~"青いアルペジオの歌"』をリリース。
'09年全曲NY録音、Jesse Harrisプロデュースによるオリジナル・アルバム『Luminous Halo~燦然と輝く光彩~』 をリリース。
'17年12月、久しぶりとなる新曲「トラヴェシア」を発表。


acoustics presents
Port of Notes LIVE

2018.06.10(日) at 熊本 セカンドサイト5F
[熊本市花畑町13-10 / 096-323-1121(JANJANGO / セカンドサイト1F)]
■開場 19:00 開演 19:30
■前売 4,000円 当日 4,800円 (要1ドリンクオーダー/着席・立見 全席自由)
■前売りチケット取扱 : acoustics / JANJANGO(セカンドサイト1F) / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [acoustics] 096-323-1753

bird

[JOYPOOLとは]

音楽好きのお父さんやお母さんのための、お子様と一緒に楽しめる音楽イベントです。
通常のライブ会場でお子様連れで来ていただいても、周りの方に気を使い音楽を楽しめないことが多かったのですが、 [JOYPOOL]ではお子様が突然泣きだしても問題ありません。
突然の出来事も、音楽と一緒に楽しんでいただく空間です。

お一人でも、カップルでも、お友達だけでも、この空間を楽しんでいただけるならばご参加いただけます。
どうぞ、大切な方と一緒に音楽を楽しんでください。
お待ちしております。

bird

bird
グルーヴィな歌声と独創性に満ちた楽曲で、ジャンルを選ばず音楽ファンを魅了するシンガー&ソング・ライター。
大沢伸一/MONDO GROSSO主宰レーベルより「SOULS」で1999年デビュー。
1stアルバム「bird」は70万枚突破、ゴールドディスク大賞新人賞獲得。
最新作は、10枚目のオリジナル・アルバムとなる「Lush」(VRCL-4041)。
birdと冨田恵一(冨田ラボ)の2人だけで実に1年以上の歳月を費やし、 近年の新世代ジャズにも呼応するジャンルレスなbirdミュージック。
現在、ジャンル関係なく各種野外FES、イベントに出演中。


【JOYPOOL九州ツアー】
special guest : bird

【福岡】 2018/06/01(金)福岡@ UNION SODA [福岡市中央区大名1-1-3-201]
■開場: 18時00分 (19時よりbird 演奏開始予定)
■料金 : 前売 4,000円 小学生1,000円/ 当日4,500円 小学生1,500円
(未就学児無料/着席・スタンディング)
■チケット : eプラス 他

【熊本】 2018/06/02(土)熊本@早川倉庫 [熊本市中央区万町2-4]
■オープニングアクト : COBY / シミズケンタ
■DJ : chi--- / SHIORI 他
*会場内出店あり

■開場: 16時00分 (19時よりbird 演奏開始予定)
■料金 : 一般4,000円/小学生1,000円/未就学児無料
■チケット : eプラス / 蔦屋書店三年坂店 他

■お問い合わせ/チケット予約 : [LONGSIXBRIDGE.]

showmore

showmore

showmore
根津まなみ(Vo/作詞/作曲)、井上惇志(Key/作曲/編曲)の2 人によるセンセーショナル・ポップユニット。
その音楽性はジャズや ヒップホップを下敷きに多彩な表情を持ち、キャッチーな歌詞と旋律 で切なくアダルトな世界観をビビッドに描き出す。
「正しい事ばかり 言わないで。人は寂しい生き物でしょ」


THEE ROCK CASTL 9th anniversary LIVE!
showmore
1st album「overnight」release tour in kumamoto

2018.05.15 (Tue) at good time bar Yomnom [ 熊本市中央区上通町6-23 長崎書店ビル2F-A]
■開場 19:00 開演 20:00
■前売 2,500円 当日 3,000円 (要1ドリンクオーダー/スタンディング)
■DJあり
■前売りチケット取扱 : yomnom / THEE ROCK CASTL / TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [good time bar Yomnom] 096-326-0008 *火曜定休日

表現(Hyogen)×ありかよ

表現〈Hyogen〉

表現〈Hyogen〉
失えないものたちを載せて旅する音楽の箱舟。
権頭真由(アコーディオン/歌)、佐藤公哉(ヴァイオリン/歌)、古川麦(ギター/歌)、園田空也(コントラバス /歌)。
2005年東京藝術大学に発足。即興演奏を下敷きとした作曲を特色とし、「未知の故郷が見える」と賞さ れる音楽性でライヴハウス、ホールはもとより美術館、ギャラリー、寺社、教会、古民家、野外など多彩 なスペースで演奏を行う。
人や空間と共鳴しながら音を紡ぐ力に定評があり、様々なジャンルとの共演/共作、地域に密着したプ ロジェクトも手がける。
2013年 瀬戸内国際芸術祭パフォーミングアーツプログラムに出演しアルバム/アートボックス『琥珀の 島』を発表。「川俣正・東京インプログレス」にゲストアーティストとして参加。CIANアートアワード2013授 賞。
2014年 美術家・川俣正とCIANのサポートによる欧州3カ国(パリ、プラハ、ベルリン)のツアーを行い、 各地で熱狂的に迎えられる。
2015年 越後妻有アートトリエンナーレの十日町市街地プロジェクト『サウンド・ダイアログ』で町を舞台 にした音楽パフォーマンスを発表。ミニアルバム『一つの漂着』を発表。
2018年 「音まち千住の縁」レジデンスアーティストとして音楽と日本茶のプロジェクト『茶MUSICA』開催 。


横手ありさ Arisa Yokote

横手ありさ Arisa Yokote
呼吸と声から派生するあらゆる響きで色彩を運ぶ唄い手。
森羅万象に散りばめられたモティーフ、記憶、煌めき、リズムに寄り添わせた声の響きで紡ぐ物語は、 柔らかく自由に、伸びやかに、ひそやかに、境界を越えている。
アコースティックユニット『Lupe∝ ルーペ』、作曲家 宮内康乃による声と身体の現代音楽パフォーマン スグループ『つむぎね』、アフリカをスタートにアジアや世界の民族音楽を吸収し、ネオトライバルな祝 祭を巻き起こす遊動芸能家集団『SUNDRUM』、馬喰町バンドのリーダー武徹太郎とのユニット『晴ツ』 等さまざなグループへ参加、クリエーションに携わっている。
また、パラリンピックのNHK公式CMソングへ声で参加、舞台作品への楽曲提供、障害のある子供達と の音楽交流やWS、台湾原住民との音楽交流、絶海の孤島 青ヶ島に伝わる島唄の唄い手としての活 動など、活動範囲は国内外問わず多岐に渡る。
2017年11月に、1st Solo album「ヒトトオシのうた」をBRIDGEより全国リリース。
マイク一本のモノラル録音で、ウクレレと歌だけの9曲を収録。 その素朴なサウンドは、横手ありさの持つ本質的な表現の明るさ、時代を超えた普遍性と強さ、奥ゆか さ、美しさを十分に感じられる作品となっている。


須藤かよ

須藤かよ
ピアノ ボーカル アコーディオン 作曲 編曲  東京生まれ 国立音楽大学卒。 
ブラジル音楽、ジャズ、クラシック、ポップスの ライブ、サポート、レコーディング。
コンテンポラリーダンス公演、劇の音楽など。 幅広いジャンルで活動。 
2008年、ブルガリア、ベルギー、オーストリアにて公演。
  2010年、ブラジルへ渡りエルメートグループのベーシストのイチペレのユニットに加わり  イチペレグループのアルバムのレコーディングにも参加。 
2012年に東京から熊本の山奥に移住。 自然と共生しながらのライフスタイルを模索しながら全国各地 で演奏活動を行う。 
青森 八戸ハッチ市他イベント出演
石川県珠洲市 森のようちえんで森のコンサート、金沢のイベント、 滋賀県 伊吹イベント、長崎 東彼杵コンサート、長崎県野母崎コンサート、 宮崎県 心療内科での院内コンサート、野外イベント、 熊本県 アートプレックス、熊本県各地イベント、熊本地震復興イベント、 東京ライブスペース、カフェライブ、他、出演。 障害者対象のワークショップ、わらべうたのワークショップのサポート、 子ども対象の音遊びワーク、高齢者対象のうたごえ喫茶なども各地で行う。 サポート・共演  サイゲンジ、石川ひとみ、上時等(ビギン)、さねよしいさこ、 武川雅寛(ムーンライダーズ)、バランサ、 渡辺亮、沢田穰治、ジョアンリラ、イチペレ ツヴァルク、ロムチアキ、 佐藤正治(ヒカシュー)、持田裕子、伊澤隆嗣、他。
  2006年 須藤かよソロアルバム「かよだよ」リリース。


表現(Hyogen)×ありかよ

2018.05.11 (Fri) at 長崎書店リトルスターホール [熊本市中央区上通町6-23 長崎書店ビル3F]
■開場 18:00 開演 18:30
■前売 2,500円 当日 3,000円 (別途1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取扱 : TSUTAYA書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [LONGSIXBRIDGE.]

踊Foot Works

「 ​FUJI ROCK FESTIVAL​ 2017 」​内の​ ​"​ ​ROOKIE A GO-GO​ ​"​ ​への出演、​また​ペトロールズ​・​ トリビュート企画への参加等、 エネルギッシュに東京の音楽シーンを​​急激に駆け​登る「 踊Foot Works 」​の​熊本公演がSazae​にて開催。

彼らの音楽的なテーマはズバリ「​もっと POP を DOPE に、ずっと DOPE をPOPに 」。
生バンドのグルーブをベースにした、HIP​ ​HOP​ ​の枠を飛び越え​た​新​時代​の​ポップミュージック​。
今しか感じることのできない疾走感、 そして大きな可能性を秘めた彼らの「 今 」を切り取った貴重な公演。

踊Foot Works

踊Foot Works
2020年型のグルーヴとポップネスをリプレゼントする TOKY O INV. ( トウキョウ アイエヌビー ) Pecori ( rap )、Tondenhey ( guitar )、 fanamo' ( chorus ) の3人で2016年12月に始動。
2017年3月に全曲オリジナルトラックからなる「 ODD FOOT WORKS 」をフリーシェア。 耳の早いリスナーのみならず多くのアーティストからも注目を集め る。
5月の初ライブを経てサポートメンバーだった SunBalkan ( bass ) が正式加入。 7月より下北沢ガレージにて Q2 との共催イベント " TOKYO INV. " を開始 ( これまで に MONO NO AWARE、石毛輝、呂布、LEO今井、FIVE NEW OLD、オカモトレイジらが出演 ) 。7月28日、FUJI ROCK FESTIVAL'17 に出演。 8月9日配信のペトロールズのカバーEP「 WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? – EP 」に参加 ( w/ MONO NO AWARE、中村佳穂、呂布 )。 11月8日、O-EAST で開催された " PACHINKO vol.1 " に出演 ( w / 長岡亮介 + STUTS、ORGE YOU ASS- HOLE、Yogee New Waves、MONO NO AWARE、中村佳穂 )。12月22日(金)、1st CD「 Arukeba Gravity – ep 」をごく一部ショップ限定でリリーススタート。12月31日(日)には、初主催イベント「 Arukeba Gravity 2017-2020 @ WOMB大晦日 LIVE 」を開催した。


踊Foot Works
" KYUSHU INV. 2018 Tour " in Kumamoto

2018.04.23 (mon) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場/開演 : 20:00 ■LIVE : 踊Foot Works 21:00〜
■DJ : casipann / haLuka(THE GENTS SHOP)/ SHIORI / Aloha
■料金 : 一般前売2,000円 / 当日 2,500円
学生前売1,500円 / 当日2,000円
(要ワンドリンクオーダー / 着席・スタンディング / 未就学児童不可)
*学生料金希望の方は一般前売りをご購入していただき、当日受付で学生証提示で500円バックいたします。
■前売りチケット取扱 : Sazae / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター他
■お問い合わせ/チケット予約 : [Sazae] 096-223-5701

THE CHARM PARK

洗練されたオーガニックなミディアムロック。
大橋トリオのツアーサポート等で注目を集めるシンガーソングライ ター「 THE CHARM PARK 」
福岡​・​熊本公演が、4/9(月) UNION SODA、4/10(火) Sazae にて開催決定。
叙情的で美しい楽曲、緻密なメロディー、 ダイナミックな楽曲スケール。 緻密なメロディセンスとアレンジ力に全世界の音楽人が注目する新世代ポップスのアルティザン。
​サポートドラムに赤い靴・神谷洵平、キーボード TOSHIを迎えた貴重な福岡​・​熊本公演、是非お見逃しなく。

熊本公演はご来場者全員にお花を一輪プレゼントします!

THE CHARM PARK

THE CHARM PARK
シンガーソングライター、Charm(チャーム)によるソロユニット。
マサチューセッツ州ボストンの音楽大学でギターを専攻。
2015年11月、1st mini album「 A LETTER 」リリース。タワレコメンに抜擢され、早耳リスナーの注目を集める。
リリース以降、各方面から作曲や歌唱、演奏の依頼が後を絶たず、大橋トリオ、南波志帆など現在参加中のプロジェクト多数。
そして2016年12月、2nd mini album「 A REPLY 」リリース。Apple Music が今最も注目すべき新人アーティストをピックアップする企画「 今週の NEW ARTIST 」や、収録曲「 そら 」が TOKYO FM「クロノス 」レコメンドソングに抜擢。
2017年5月、新曲「 Dreamers 」が起用された SEIKO の新企業 CM「 ただの数字じゃない Dreamers 篇 」が公開。同年7月からスタートした東名阪ワンマンツアーはチケット発売からわずか2日で SOLD OUT を達成。7月28日リリースの配信シングル「 Starry 」は日本テレビ系「 PON! 」8月エンディングテーマソングに抜擢。8月にオンエアされたテレビ朝日系列「 関ジャム完全燃 SHOW 」で「 音楽業界のクセ者が選ぶ、次来るアーティスト 」として大々的に紹介され一躍注目を集める。
2017年11月自身初となるフルアルバム「 THE CHARM PARK 」をリリース。歌、ソングライティング、演奏をほぼ1人で行い作り上げる叙情的で美しい音世界とオーガニックかつダイナミックな楽曲スケール、緻密なメロディセンスとアレンジ力に全世界の音楽人が注目する新世代ポップス職人。


THE CHARM PARK
熊本公演
【GRAND OPEN tour Extra edition in KUMAMOTO】
" THE CHARM PARK in Flower Park "

FLOWER ART SHOW
YU YAMANAKA [GREEN&RED]

2018.04.10 (tue) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■料金 前売 3500円 / 当日 4000円
(要ワンドリンクオーダー/着席・スタンディング )
■前売りチケット取扱 : Green & Red / Sazae / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター他
■お問い合わせ/チケット予約 : [Sazae] 096-223-5701

伊澤一葉

THE CHARM PARK

伊澤一葉
ピアニスト キーボーディスト コンポーザー
経歴 東京事変 the HIATUS 大橋トリオ 吉澤嘉代子
片平里菜 salyu 坂本真綾 aiko 米津玄師 土岐麻子 CHARA 由紀さおり
木村カエラ 柴咲コウ 等 名だたるアーティストのピアノ、キーボード演奏、また楽曲提供も務める。
多岐ジャンルにわたり活動を広げる 自身のバンドとして あっぱ ではVOもつとめる


蒲池眼鏡舗 8周年記念LIVE
【5に至り知る可し】伊澤一葉ソロツアー
in KUMAMOTO

2018.04.7 (sat) at 蒲池眼鏡舗FLOOR[熊本市中央区上通町6-15 T-FOURビル B1F]
■開場 19:30 開演 20:00
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (要ワンドリンクオーダー/着席・スタンディング / 未就学児無料)
■前売りチケット取扱 : 蒲池眼鏡舗 / 蒲池眼鏡舗FLOOR / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター他
■お問い合わせ/チケット予約 : 蒲池眼鏡舗 [096- 319-1775] 蒲池眼鏡舗FLOOR [096-273-6449]

渡辺亨

1999年の放送開始時からNHK-FM「世界の快適音楽セレクション」の選曲・構成を担当する音楽評論家[渡辺亨]氏を迎え、お送りする【快適音楽のすすめ】。
あなたの快適なお部屋を"音楽"で更に快適にします。
今回、 福岡は[めがねの音楽]、熊本は[初夏に聞きたい快適音楽] でご提案。

spotify、Apple Musicなど、今や膨大な数の楽曲が聴き放題ですが、今回のイベントでは、世界中から、あなたの知らない、しかしとても素敵な音楽をご提案、解説いたします。素敵な音楽とその成り立ち、音楽を深く知ること。

音楽の魔法であなたの生活を少し豊かにするお手伝いです。

お飲物とお菓子をご用意してお待ちしております。
どうぞ心地よくお過ごしください。

渡辺亨

渡辺亨
Twitter@watanabe19toru)
音楽評論家。
「ミュージック・マガジン」「レコード・コレクターズ」「CDジャーナル」「ケトル」「intoxicate」「Latina」などにレギュラーで執筆。
1999年の放送開始時からNHK-FM「世界の快適音楽セレクション」の選曲・構成を担当、および自分のコーナーに出演。
単著に『音楽の架け橋 快適音楽ディスク・ガイド』(シンコーミュージック)、『プリファブ・スプラウトの音楽 永遠のポップ・ミュージックを求めて』(DU BOOKS)。


【快適音楽のすすめ】
出演 : 渡辺亨

【福岡編】テーマ : [めがねの音楽]
2018/3/30(fri)at 蒲池眼鏡舗福岡店[福岡市中央区大名1丁目3-7 / 092-707-0705]
■開場 19:30 開演 20:00 終演 22:00
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (1ドリンク込み*お菓子付/着席・スタンディング
■前売りチケット取扱 : 蒲池眼鏡舗福岡店 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [蒲池眼鏡舗福岡店 / TEL 092-707-0705]

【熊本編】テーマ : [初夏に聞きたい快適音楽]
2018/3/31(sat)at Debby [熊本市中央区水道町2-7上通スカイハイツエクセル201]
■開場 19:30 開演 20:30 終演 22:30
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (1ドリンク込み*お菓子付/着席・スタンディング
■前売りチケット取扱 : Debby / signs / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [Debby] 096-327-2345 / [signs] 096-288-2322

石川周之介カルテット

石川周之介

石川周之介
サックス/フルート/ボサノバギター奏者。

米ニューオリンズ大学とオランダのロッテルダム音楽院でアメリカとヨーロッパ、それぞれ異なるスタイルのジャズを学び2007年ロッテルダム音楽院卒業(EU教職免許取得)。帰国後は、ジャズプロジェクト「Uit Nederland」やファンクバンド「Soviet Chance」でリーダーを努めるほか、中塚武、青木カレンをはじめ様々な音楽家のサポートを行う。

2013年8月Quicy Jones氏の37年振りの来日コンサートにてビッグバンドメンバーとして共演を果たす。

2014年モントルージャズフェスティバル川崎にてナタリーコール公演のオープニングアクトを務める。

2015年オランダ・イギリス・ドイツにてヨーロッパツアー7公演を敢行。9月フルアルバム「Mind Your Step」をリリース。2016年4月「Can't wait for spring」をiTunesより配信。


後藤魂

後藤魂
横浜市出身
10歳の頃よりクラシックピアノを始める。
大学在学中よりジャズピアノを始め、板橋文夫、大石学、両氏に師事し演奏活動をスタートさせる。
以後、都内を中心にジャズ、ポップス、ラテン等様々な セッションにて演奏活動を行う。
現在はJazz Quartet VANGY!!のピアニストとして、また、石川周之介、青木カレン、箏奏者の中しま りん、力武誠Quartet(敬称略)等、多くのアーティストのピアニストとしても活動中。
また、音源制作ユニットFaDKATにおいて、東京スカイツリー施設内の映像音楽、NISSAN CIMA、CANONのweb CMを手がける。

寺尾陽介

寺尾陽介
1987年、埼玉県さいたま市出身。中学生の時にベースを始める。
18歳で明治大学入学後、「ビッグ・サウンズ・ソサエティ・オーケストラ」に所属、コントラバスをはじめる。コントラバスを安カ川大樹氏に師事。

これまでにジャズコンボ、ビッグバンドを中心に若手からベテランまで数多くのミュージシャンと共演。

またCarl Saunders氏(tp)、Douglas Purviance氏(btb)、Scott Reeves氏(tb.alto flg)、Vladimir Shafranov氏(pf)など海外のミュージシャンとの共演、国内ツアーにも参加している。

2011年浅草JAZZコンテストにて駒野逸美氏(tb)のバンドでグランプリを受賞。

工藤 明

工藤 明
中学時代にドラムを始め、高校時代に地元のジャズバーでミュージシャンとしてのキャリアをスタートさせる。
ドラムを岩井禎彦、松原"マツキチ"寛、今泉正義、榎本吉高、marty morell、各氏に、アンサンブルをsimon purcell氏に師事。
ジャズ、ポップス、クラブシーンを軸としながら、青木カレン、石川周之介、中塚武、永山マキ、野口茜trio、森田真奈美tiro、jazz collective、jazzin' park 、kotetsu、vusik、等、様々なアーティストと共演をし、国内外問わず活動をしている。
また近年ではドラムだけでなく、カホン2台を中心とした変則パーカッションセットも演奏し、その個性的なサウンドは、ボーカリストをはじめ多方面から好評を得ている。

石川周之介カルテット
九州ツアー 熊本公演
石川周之介(sax,fl) 後藤魂(p) 寺尾陽介(b) 工藤明(d)

2018/3/21(wed)at LIVE & DINING 酔ing [熊本市中央区花畑町10-10 中山ビル2F]
■Opening Act : Beuties of nature
■開場 19:00 開演 20:00
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (要ワンドリンクオーダー/着席・スタンディング )
■前売りチケット取扱 : LIVE & DINING 酔ing / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [LIVE & DINING 酔ing] 096-356-2052 (18:30以降)

椎名純平&HIGH ACE

椎名純平

椎名純平
1974年8月6日生まれ。
2000年11月8日 シングル"世界"でデビュー。
以降ソロ名義で三枚のオリジナル・アルバムをリリースする。
2010年からはバンド"DezilleBrothers"を結成し、五人がぶつかりあう音の肉体性を追究している。
ヒップホップ/R&Bの様式美、ファンクの猥雑と洗練、ソウルミュージックの品格…これらブラックミュージックから多くを学び、独自の音像を展開中。

(公式サイトはこちら)

TOMOHIKO a.k.a HEAVYLOOPER

TOMOHIKO a.k.a HEAVYLOOPER
(SoundProducer,Bassist,DJ)
1997年SUPER BUTTER DOGでメジャーデビュー。「サヨナラCOLOR」「FUNKYウーロン茶」「コミュニケーションブレークダンス」など数々の名曲を世に出し、2006年に惜しまれつつ解散。
その後HEAVYLOOPERSseSSion名義で発表したHIPHOPクラシックス名曲カバーアルバム「FATLOOP vol.1~3」はクラブシーンに衝撃を与える。
2010年、ブルースハープのHIROKING、ドラムの柿沼和成(ex.犬式/鎮座DOPENESS & DOPING BAND)らとバンド「HOMARE」を結成。アルバム「ha­45」をリリース。
さらに盟友、竹内朋康氏と「Magic Number」を始動。豊富な経験を生かしプロデューサー、ベーシストとして忌野清志郎、ライムスター、SpinnaB­ILLなど数多くのミュージシャンをサポート、現在、毎週水曜日に開催される「PB WEDNESDAY!」ではHOSTを務め、竹内朋康カルテット2、HOMARE、前田サラSESSIONなど、豪華ミュージシャンが集い、所狭しとセッションを重ねている。
2016年、新たに「児玉奈央&Magical echo land」を始動。ライブ、楽曲制作、ミュージシャンのコーディネイトなど活動の幅を広げ活躍中。

竹内朋康

竹内朋康
1997年「SUPER BUTTER DOG」のギタリストとしてメジャーデビュー (2008年に解散)。
2004年、RHYMESTERのMummy-Dと共にユニット「マボロシ」を結成。
また、堂本剛のサポートをはじめ、さかいゆう、椎名林檎、椎名純平、ROOT SOULなど、多数のアーティストをサポート。
2014年、ギターのみならず全ての楽器を自ら演奏した初ソロアルバム『COSMOS』をorigami PRODUCTIONSよりリリース。先行シングルとして急遽配信リリースした「Step by Step feat. Full Of Harmony」は、FM10局の9月度パワープレイ (獲得数はメジャーインディ含め2位!)をはじめラジオでの大量O.A.や、フジテレビ「テラスハウス」で発売前にかかわらず楽曲が使用されるなど、大きな話題を呼ぶ。
2015年、竹内朋康 & Friends / TOUR "COSMOS" 2015と題した全国ツアーを27公演行った。
またReturn Of Rare Groove と謳い、元住吉の名店POWERS2にて定期的に行っているイベント"MAGIC NUMBER"は毎回10名以上のミュージシャンが名を連ね音楽シーンの話題となる人気イベントである。

(公式サイトはこちら)

大竹重寿

大竹重寿
cro-magnon, 閃光、椎名純平&HIGH ACE、ひこうき雲、under the dogs等に参加する多忙なドラマー、パーカッショニスト。
メインバンドのクロマニヨンは1996年、米国ボストンにて、Dr&Per:大竹重寿、G&B:コスガツヨシ、Key:金子巧が出会いジャムを始め、Loop Junktionを結成。
1枚のミニアルバム、2枚のフルアルバムをリリースし2004年惜しまれつつも活動停止。同年、進化した三人が原点に立ち返り、 cro-magnonとして活動開始。
ジャンルを軽く超越したgrooveでトリオの可能性を追求中。
ステージの大小を問わず必ずオーディエンスを踊らせる。
韓国や東南アジア、ヨーロッパでも人気爆発中。

(公式サイトはこちら)


椎名純平&HIGH ACE
in kumamoto

椎名純平(vo,key)
竹内朋康(gt) マボロシ / SUPER BUTTER DOG
TOMOHIKO a.k.a.HeavyLooper (ba) SUPER BUTTER DOG
大竹重寿(dr) cro-magnon

2018/3/18(sun)at Navaro [熊本市中央区南坪井町10-1ビル地下]
■開場 / 開演 19:00
■料金 前売 2000円 / 当日 2500円 (要ワンドリンクオーダー/スタンディング )

■LIVE : yet
■DJ : HIRAKU / Aloha

■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター / Navaro 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [Navaro ] 096-352-1200

ピーター・バラカン

今回は魅惑のモータウン!
TSUTAYA三年坂の在庫から【モータウン】と【最近のオススメ】をDIGします!
※使用したCDは販売します。
更には質問コーナーを開催、あなたの長年の疑問をピーターさんへぶつけてください!
■質問募集!
チケット予約時、コメント欄に、ピーターバラカンさんに聞いてみたいことを記載してお送りください。
当日会場でお答えしていただきます。
※当日ご来場の方のみとさせていただきます。
※時間の都合上、すべての質問にお答えはできません。御了承ください。

ピーター・バラカン

ピーター・バラカン
1951年ロンドン生まれ。

ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。

現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。
著書に『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『200CD ブラック・ミュージック』(学研)などがある。

(公式サイトはこちら)


ピーター・バラカン
出前DJ in 熊本 vol.5
テーマ : 魅惑のモータウン

2018/3/10(sta)at 蔦屋書店熊本三年坂地下イベントスペース [熊本市中央区安政町1-2 カリーノ下通 BF]
■開場 / 開演 18:00 [18:00~DJ MASARU / 19:00~ピーター ・バラカン]
■料金 ○一般前売 3500円 / 当日 4000円 ○学生前売 2500円 / 当日 3000円*要学生証提示
(要ワンドリンクオーダー/着席・スタンディング )

■オープニングDJ / MASARU [GET ON MUSIC JOINT]
■日本酒出店 / 千代の園酒蔵
■レコード店出店 / beginners records / iNaDAY / PEANUTS RECORDS / Sweet Nuthin' Records

■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター / GET ON MUSIC JOINT / beginners records / iNaDAY / PEANUTS RECORDS / Sweet Nuthin' Records / tartelette 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [蔦屋書店熊本三年坂販売CDコーナー] 096-212-9891

折坂悠太

全ての人の心をざわめき立たせる ソウル・ミュージック。
奇跡の弾き語りツアー開催決定。

折坂悠太

折坂悠太
平成元年、鳥取生まれのシンガーソングライター。
幼少期をロシアやイランで過ごし、帰国後は千葉県に移る。
2013 年よりギター弾き語りでライヴ活動を開始。
2014 年、自主製作ミニアルバム『あけぼの』を発表。
2015 年、レーベル『のろしレコード』の立ち上げに参加。
2016 年には自主 1st アルバム『たむけ』をリリース。
その後は合奏(バンド)編成でのライヴも行う。
2017 年 8 月 18 日には、合奏編成にて 初のワンマンライヴとなる「合奏わんまん」を 代官山 晴れたら空に豆まいてにて行い、チケットは完売。
同日より合奏編成で録音した会場限定盤 独特の歌唱法にして、ブルーズ、民族音楽、 ジャズなどにも通じたセンスを持ち合わせながら、 ポップスとして消化した稀有なシンガー。
「なつのべ live recording H29.07.02」を販売開始する。

(公式サイトはこちら)


折坂悠太
弾き語り投げ銭ツアー2018

2018.03.07(wed) at Sazae [熊本市中央区南坪井町3-7 宮野ビル2F ]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金:投げ銭
(着席 / 要ワンドリンクオーダー)
■お問い合わせ/チケット予約 : [Sazae] 096-223-5701

fox capture plan

TBS ドラマ「カルテット」、NHK ドラマ 「この声をきみに」(竹内豊・主演)の劇中歌も担当するなど、ライブ以外の活動も高く評価されてる[fox capture plan]、約3年ぶりの熊本公演。
3年前も最高でしたが、サマーソニックや東京JAZZなど、大規模フェスや世界ツアーを経験して大きくスケールアップしてるようです。
お見逃しなく!

fox capture plan

fox capture plan
井上 司 Tsukasa Inoue:Drums
岸本 亮 Ryo Kishimoto: Piano
カワイヒデヒロ Hidehiro Kawai:Double Bass

"現代版ジャズ・ロック"をコンセプトとした情熱的かつクールで新感覚なピアノ・トリオ・サウンドを目指し、それぞれ違っ た個性を持つバンドで活動する 3 人が集まり 2011 年結成。
2013 年 2nd album「BRIDGE」を 12 月に発売し、 「JAZZ JAPAN AWARD 2013 アルバム・オブ・ザ・イヤーニュー・スター部門」、第 6 回「CD ショップ大賞 2014」ジャズ 部門賞を受賞。
2015 年は年初に 3 作のアルバムリリースを公言し、「UNDERGROUND」「COVERMIND」 「BUTTERFLY」の三部作で「JAZZ JAPAN AWARD 2015 アルバム・オブ・ザ・イヤー・ニュー・ジャズ部門」を獲得 (「BUTTERFLY」は「CD ショップ大賞 2016」ジャズ部門賞もダブル受賞)。
活動 5 周年を迎えた 2016 年に FUJI ROCK FESTIVAL, 第 15 回東京 JAZZ に出演を果たす。
2017 年 1 月「FRAGILE」を発売後、TBS 系「カルテッ ト」・9 月スタート NHK「この声をきみに」のドラマ劇伴、その他 CM やゲームなど多方面への楽曲提供、7 月に 「ROCK IN DISNEY ~fox capture plan」を緊急リリース、8 月 SUMMER SONIC 2017 出演、9 月に東京ジャズ 3 年連続出演、以後韓国・台湾・3 回目でスケールアップした中国ツアーも決定している。
10 月 4 日に最新作「UИTITLƎD」の発売が決定。

(公式サイトはこちら)


fox capture plan
in KUMAMOTO

2018/3/2(fri)@ Restauant Bar CIB [熊本市中央区花畑町11-14 KOHENビル2F]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金:前売 4,000円 / 当日 4,500円
(要ワンドリンクオーダー/着席・スタンディング / 3歳以上チケット必要)
■前売りチケット取扱 :Restauant Bar CIB / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [Restauant Bar CIB] 096-355-1001

松沢春伸

松沢春伸

松沢春伸
山形市在住のSSW。
仙台を中心に東北でワンマンライブや野外フェスで活動を続けていたが、2014年VORZ MUSICよりファーストアルバム『MEMO』をリリース以降、その活動を東京、大阪、名古屋に拡げる。
そのソウルフルな歌声と圧巻のギタースタイルで描く彼独自の楽曲は、オーディエンスはおろか共演者すらも魅了する。

flexlife

flexlife / フレックスライフ
アコースティックユニット。
自由な空気感のボーカルと、風貌もプレイも牧歌的なギタリスト。

"それいゆ"でデビュー。
最新作はIndigo Jam Unitをむかえた"Wild Cat Blues"
楽曲提供等に 太田裕美/畠山美由紀/一十三十一/羊毛とおはな etc

311を機に拠点を東京から熊本へ。
震災をテーマとした楽曲"らんなうぇい"がラジオや新聞等で話題に。
右手にアナログ盤、左手にユーモアを持って活動中

2018年AOKI RIE名義でソロ音源発売予定。

松沢春伸
in KUMAMOTO
■Opening Act : FLEX LIFE

2018/3/1(thu)@ ボイジャー (Voyager) [熊本市中央区九品寺1-1-26 River Port 9 1B]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金:投げ銭 (要ワンドリンクオーダー/着席・スタンディング )
■お問い合わせ/チケット予約 : ボイジャー (Voyager)[070-5490-7201]

GOMA

迫力ある3D映像!海外でも人気のディジュリドゥ生演奏!

活動20周年を迎えるディジュリドゥ奏者で画家としても評価の高いGOMA、待望の来熊。
第25回東京国際映画祭で観客賞、韓国全州映画祭では最優秀アジア映画賞を受賞するなど、名作の誉れ高い【フラッシュバックメモリーズ3D】上映+本人によるトーク&生演奏。
"高次脳機能障害"から奇跡の復活を遂げたGOMAの現在をぜひ。

フラッシュバックメモリーズ3D

フラッシュバックメモリーズ3D
2009年11月26日に首都高速で追突事故に遭遇したGOMAは、記憶の一部が消えてしまったり新しいことを覚えづらくなるという高次脳機能障害の症状が後遺し、後にMTBI(軽度外傷性脳損傷)と診断された。
一時はディジュリドゥが楽器であることすらわからないほど記憶を失っていたGOMAがリハビリ期間を経て徐々に復活する過程を、GOMAと妻すみえの日記を交えて振り返りつつ、突然異なる映像が頭の中に飛び込んでくる症状「フラッシュバック」をアニメーションで表現。
WWWで行なわれたGOMAのスタジオライブの模様と過去映像、そしてフラッシュバックが共存する、文字通り「全く新しい形の3D 映像作品」であり、まぎれもない「家族愛の物語」である。

GOMA

GOMA
オーストラリア先住民族の管楽器ディジュリドゥの奏者・画家。
1998年にアボリジニーの聖地アーネムランドにて開催された「バルンガディジュリドゥコンペティション」にて準優勝。ノンアボリジニープレイヤーとして初受賞という快挙を果たす。全国の野外フェスティバルや海外にも活動の幅を拡げ、勢いに乗っていた2009年、追突事故に遭い「外傷性脳損傷による高次脳機能障害」と診断され、記憶障害を患い活動を休止。2010年、事故後間もなく描き始めた点描画が評判となり、全国各地で展覧会を開催。11年には再起不能と言われた音楽活動も苦難を乗り越え再開した。
2012年、GOMAの復帰を描いた映画「フラッシュバックメモリーズ3D」が第25回東京国際映画祭にて観客賞、韓国全 州映画祭で最優秀アジア映画賞を受賞。以降「旅のチカラ(NHK)」「ハートネットTVブレイクスルー(Eテレ)」など、事故後のGOMAの活動を取り上げたTV特番の放映や番組出演も精力的に行う。2016年、事故後のGOMA自身の日記やアート作品などをまとめた初の書籍「失った記憶ひかりはじめた僕の世界」を出版。2017年、新宿タカシマヤ美術画廊にて、これまでで最大規模となる個展『GOMA個展~再生~』を開催。現在は音楽活動のみならず絵画展、講演会と多岐に渡り活動中。
活動20周年イヤーとなる2018年は、ライブ、絵画展示、講演会、ワークショップ、映画『フラッシュバックメモリーズ』3D上映など、様々な形で全国47都道府県を網羅するツアーを行うとともに、同年2月には、GOMA&The Jungle Rhythm Sectionとして9年ぶりとなる待望の新作『STARTING OVER』をリリースする。

(公式サイトはこちら)


GOMA
20th Anniversary Tour "STATING OVER"
映画『フラッシュバックメモリーズ』3D上映+GOMAトーク+ライブ

2018.02.24(sat) at DENKIKAN [熊本市中央区新市街8-2]
■開場 : 19:30 開演 : 20:00
■料金 : 一般3,000円 学生2,500円 / 当日 一般3,500円 学生3,000円
(着席 / 要ワンドリンクオーダー)
※学生料金でご入場の方はチケット購入時に学生証の提示をお願いします。
※特別上映のためDENKIKANの各種割引料金は全て適用されません。
■前売りチケット取扱 :DENKIKAN / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [DENKIKAN] 096-352-2121

Attractions / KO NAKASHIMA

デビューEP発売以降、地元福岡だけでなく、全国で話題を集めるAttractions、毎回素晴らしいライブを聞かせてくれるKO NAKASHIMA、さらにシーンを盛り上げる地元DJを迎え、fakejam presents 【BLUES FOR SPACEGIRL】開催!

山本幹宗(ex The Cigavettes、くるり、銀杏BOYZ、BOOM BOOM SATELLITESのサポートギターなど)が参加した【Attractions】のデビュー楽曲"Knock Away"は、Apple Music NEW ARTISTにピックアップ、Spotifyでも主要プレイリストに網羅され、バイラルチャート8位を獲得するなど、Attractionsは2018年ブレイク必至!
ぜひこの機会に!

Attractions

Attractions
2016年結成。
サウンドはUKロックを原点に海外のトレンドとも共振。
俄に全国から熱い視線を集める福岡のニューストリートカルチャーの一翼を担う。
2017年8月28日、福岡発世界基準の音を鳴らすべく デビュー曲『Knock Away』を配信リリース。
Apple Musicの「New Artist」に選出、 Spotifyでは国内バイナルチャート最高8位を獲得し 配信開始2ヶ月で20万回再生を達成。
10月4日発売のEP「Attractions」リリースイベン トではyahyel、 韓国からKIRINを招きチケットはソールドアウト。
勢いそのままに2018年3月アメリカで開催されるサウスバイサ ウスウエストへの出演も決まり、 福岡のバンドでありながら今国内インディーで最も熱い視線を集めるバンドである。

(公式サイトはこちら)

KO NAKASHIMA

KO NAKASHIMA
音楽家、作詞作曲家。
ソロ名義で2016年にBermuda Entertainment Japanより「RAFT」「TAXIS」 と2枚のEPをリリース。
2017年より、 バンドプロジェクトINDEEAを始動。
他アーティストへの楽曲提供、広告音楽等も手がけている。

(公式サイトはこちら)


fakejam presents
【BLUES FOR SPACEGIRL】
〔LIVE〕Attractions / KO NAKASHIMA 〔DJ〕 Kappy(spoon) / taku nishimura(&Chill) / casipann / haLuka(THE GENTS SHOP) 他

2018.02.17(sat) at Navaro [熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 : 19:00 (KO NAKASHIMA LIVE 21:00〜 / Attractions LIVE 22:15〜)イベント終了 26:00
■料金 : 一般3,000円 学生2,500円 / 当日 一般3,500円 学生3,000円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング)
※学生料金でご入場の方は学生証の提示をお願いします。
■前売りチケット取扱 :fakejam / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [fakejam] 096-355-3342

踊ろうマチルダ

新しい夜明け

豊かに呼吸する音楽、生身の歌声。
トムウェイツやシェイン・マガウアン(ポーグス)を彷彿させる枯れた歌声は強烈なインパクトを放つ。
〔踊ろうマチルダ〕として10周年を記念してのアルバム[新しい夜明け]も大好評。
寒い冬の夜にあう流浪の音楽家、絶好のタイミングで熊本ライブ開催です。

踊ろうマチルダ

踊ろうマチルダ
どこか懐かしくて素朴な音と歌。
ブリテン諸島(イングランド、スコットランド、アイルランド)や スウェーデンなど北ヨーロッパ周辺の音楽にルーツを見出しながら も、何故か一度聴いただけで、その心に住み着いて離れないような メロディ。物語を感じさせる丁寧な日本語詞。そして何よりも、形 容しようの無い、優しくも激しいその「圧倒的な歌声」が、聴く人 の胸の奥に埋もれていた原風景を呼び覚ます。

2007年に立ち上げたツルベノブヒロのソロ・プロジェクト。
アーティストネームは、オーストラリア民謡『Waltzing Matilda』が由来。
マチルダは荷物の意。「マチルダと(ワルツを)踊る」という独特 な言いまわしは、「放浪の旅をする」といった意味を指す。
今年で 踊ろうマチルダ10周年を迎えた。

(公式サイトはこちら)


踊ろうマチルダ
10周年記念レコ発ツアー
『新しい夜明け』

2018/2/6(tue)at SAZAE[熊本市中央区南坪井町 3-7 宮野ビル 2F]
■開場 19:00 開演 20:00
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー/着席・スタンディング )
*弾き語りワンマン(ギター、ハーモニウム、シュルティボックス、ハーディガーディ)
■前売りチケット取扱 :Sazae / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ/チケット予約 : [Sazae] 096-223-5701