HOME>SCHEDULE>DETAIL


Jan and naomi

Jan and naomi

Jan and naomi (ヤン アンド ナオミ)
Jan(GREAT3,Jan Urila Sas) とNaomi によるデュオ。
2012 年、渋谷百軒店で各々が活動しているときに出会う。
2014 年2 月、1st シングル「A Portrait of the Artis as a Young Man/time」を《Hot Buttered Record》より7inchレコードで500 枚限定リリース。10 月に1st EP「jan,naomi are 」を発表。
2015 年3月『サウンド&レコーディング・マガジン』 Premium Studio Live Vol.9「Crescente Shades」INO hidefumi+jan and naomi を配信にてリリース。
2016年6月、2ndEP "Leeloo and Alexandra" をリリースし、全国ツアーを敢行。7月、フジロックフェスティバル2016に出演するなど注目を集める。2017年は肘折国際音楽祭、GO OUT JUMBOREEに出演が決定。
アートやファッションイベントでのライブやモデル出演も多数。Naomiがボーカルで参加した花王WEBCMが現在オンエア中。映画『Amy said』(村本大志監督・2017年9月公開予定)では、初の映画音楽とエンディングテーマ「Black Milk」を手がける。
<狂気的に静かな音楽> という新たなミュージック・スタイルを確立し、儚く切ないメロディーセンスでリスナーを虜にしている。

(公式サイトはこちら)


Jan and naomi
live at kumamoto

2017/06/25(日) at Bar Sunroof [熊本市中央区花畑町11-11 寿ビル4F]
■開場 : 19:30 開演 : 21:00
■料金 : 前売 2500円 / 当日 3000円
(別途1ドリンクオーダー)
※熊本出身、jan and naomi のジャケットも手がけた【Yuuki Ikegami】のアート作品展示会も同時開催
■前売りチケット取扱 : Bar Sunroof / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Bar Sunroof] 090-2710-7699

ご予約はこちらからどうぞ。

Yasei Collective

Yasei Collective

Yasei Collective (ヤセイコレクティブ)
2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。
2010年、別所和洋(Keys)が加入。 自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。
2011年には1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL'12に出演。
2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。 自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。
2014年には柳下"DAYO" 武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、国内外から超豪華11組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。 発売記念ツアーは全国30公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREE STARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。11月にはシングル『radiotooth』、2016年4月には4thアルバム『Lights』をリリースした。
2017年1月、世界を代表するドラマーであるMark•Guilianaをゲストに迎えたブルーノート東京公演を開催。
中毒性のあるビートと突き抜けたポップセンスを武器にジャンルレスな快進撃を続けている。

(公式サイトはこちら)


Yasei Collective
Live Tour 2017 "FINE PRODUCTS" @熊本

2017/07/17(月祝) at NAVARO [熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 : 18:30 開演 : 19:30
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(別途1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取扱 : NAVARO / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [NAVARO] 096-352-1200

ご予約はこちらからどうぞ。

ピーターバラカン

Yasei Collective

ピーターバラカン
1951年ロンドン生まれ。
ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。
現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」(インターFM)、「ウィークエンド・サンシャイン」(NHK-FM)、「ライフスタイル・ミュージアム」(東京FM)、「ジャパノロジー・プラス」(NHK BS1)などを担当。

著書に『ロックの英詞を読む〜世界を変える歌』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側』(岩波新書)『わが青春のサウンドトラック』(光文社文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『猿はマンキ、お金はマ ニ』(NHK出版)、『魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパブリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック 名盤240』(講談社+α文庫)、『200CD ブラック・ミュージック』(学研)などがある。

(公式サイトはこちら)


ピーターバラカン
出前DJ 熊本編 VOL.4

2017/07/27(木) at Sazae[熊本市中央区南坪井町 3-7 宮野ビル 2F]
■開場 : 18:00 開演 : 19:00
■料金 : 前売 3500円 / 当日 4000円
(別途 1 ドリンクオーダー /着席・スタンディング/ 小学生以下無料)

■オープニングDJ : キャプテンOZA
■出店レコードショップ : Beginners Records / Sweet Nuthin' Records / Peanuts Records / iNaDAY

■前売りチケット取扱 : Sazae / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Sazae] 096-223-5701
■協賛 : 千代の園酒造株式会社

ご予約はこちらからどうぞ。

金 佑龍

金 佑龍

金 佑龍(キムウリョン)
K-POPぽくない洋楽然とした邦楽を目指す旅する酔いどれ吟遊詩人。
2002年cutman-boocheというBANDを大阪で結成し2004年から2011年解散までに数々の作品をリリースし、多方面から評価され、John Butler TrioやTeteといった海外アーティストのO.AやFUJI ROCK FESTIVALをはじめとする数々の大型Fesにも出演しオーディエンスを沸かせる。
cutman-boocheを解散後、2011年中旬からギター片手に日本中旅をする。
2013年6月19日に2年半の沈黙を経てソロ名義で初のAlbum 「Live in Living」をリリース。
同年10/23にはSOULの伝道師45率いる45トリオ 【45 a.k.a. SWING-O(Key)、Sunapanng(Bass)、久保正彦(Dr)】とのコラボアルバム「キム・ウリョンと45トリオ」をリリース。
更にこの度2014年6月11にFISHMANSの名曲『ナイトクルージング』を12インチアナログレコード+CD封入の形式でFLAKE RECORDSの全面協力で全国リリース。口コミを中心にじわじわ各地でリアクションの輪が出来てきている模様!!!
ふわりふわりとヒリヒリの中にメランコリック、トラディショナル、オーガニックサーフミュージック経由の音遊びその隙間に入り込むループサンプリングに人懐こいハスキーボイスは黒人音楽にも強く影響を受けた痕が見える。
何処かの誰かに似てるようで何処の誰にもないオリジナリティー。 時々3人?6人編成で 全国を絶賛好評行脚中!
トムウェイツとチャーリーチャップリンと山田かまちに憧れ ラムとウイスキーと落語が大好物である。
一方、自身のsessionBAND型プロジェクトPAHUMA名義と BIGNOUN名義で河原真(ROCK'A'TRENCH)脇山広介(tobaccojuice)中嶋康孝(スピカ)と結成し活動を始める。

(公式サイトはこちら)


First Touch !!! in Kumamoto!!!
LIVE : 金 佑龍

2017/08/04(fri) at Tatomiya [熊本市中央区坪井2-1-45]
■開場 : 19:00 開演 : 19:30 (金 佑龍 20:30〜)
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング / 年齢制限なし)
■前売りチケット取扱 : Tatomiya / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : Tatomiya(096-321-6500)

ご予約はこちらからどうぞ。

freepaper Dictionary 30th Retrospective BackNumber Fair

桑原 茂一

桑原 茂一(MOICHI KUWAHARA)
選曲家、プロデューサー、株式会社クラブキング代表。
1973年より、米国『ローリングストーン』日本版創刊メンバーとして運営。
77年『スネークマンショー』をプロデュースしYMOと共演。同年より『コムデギャルソン』パリコレを中心にしたコレクションの音楽演出を担当する。
82年原宿に日本で初のクラブ『ピテカントロプス』をオープン。
88年フリーペーパー『dictionary』を創刊。
2010年、渋谷区神南にアートスクール、ディクショナリー倶楽部を開校。
2015年よりフリーペーパーdictionary、interFM_PIRATERADIO、スペース/ディクショナリー倶楽部、これらを統合した「メディアクラブキング(WEB)」を桑原茂一事務所として運営。

(公式サイトはこちら)


Dictionary 30th Anniversary Party in kumamoto
【出演】桑原 茂一(ディクショナリー編集長&選曲家)
上映 「 Touch of Evil 」(15min)映像選曲桑原茂一

【販売会場】会場 : 蔦屋書店熊本三年坂店地下スペース
【商品リスト】:dictionary
【日程】8月1日(火)~8月10日(木)
※入場無料になります。(8/5のパーティーのみ有料になります)

2017/8/5(sat)at 三年坂モリコーネ[熊本市中央区安政町1-2]
■開場 : 開演 :
■料金 : 前売 1500円 / 当日 2000円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング / 年齢制限なし)
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [LONGSIXBRIDGE]

ご予約はこちらからどうぞ。

TGMX & Keishi Tanaka

TGMX & Keishi Tanaka

Keishi Tanaka
Riddim Saunter解散後、ひとりのミュージシャンとして活動をスタート。
2016年に3rdアルバム"What's A Trunk?"をリリース。
触れてきた様々な音楽や演奏者をコラージュすることで、楽曲そのものや歌の強さが感じられる作品が完成した。
2015年までに、"Fill"と"Alley"のフルアルバム2枚の他、詩と写真で構成された6曲入りソングブック"夜の終わり"や、絵本"秘密の森"など、自身の世界観を表現する多様な作品をリリースしている。
細部にこだわりをみせる高い音楽性を持ちながら、様々なラジオ局でパワープレイに選ばれるなど、幅広い層に受け入れられる音楽であることを証明してみせた。
最大10人編成で行われるバンドセットから弾き語りまで、場所や聴く人を限定しないスタイルで活動中。
自主企画として、バンド編成の"NEW KICKS"と、アコースティックの"ROOMS"を不定期に開催。

(公式サイトはこちら)

TGMX aka SYUTA-LOW TAGAMI(FRONTIER BACKYARD)
90年代後半から、SCAFULL KINGのリーダー、ボーカル&トランペットで活動。
2001年1/12~14 渋谷AX3DAYSを最後に休止状態へ。
2001年11月、TGMX名義の1stソロアルバム「MUSIC LIBRARY」のリリースが即日完売。
ソロワークをしつつ、2004年頃から本格的始動したFRONTIER BACKYARDは、現在までにアルバム4枚、ミニアルバム1枚などをリリース。FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCKFESTIVAL、ROCK IN JAPAN FES、COUNTDOWN JAPAN、RUSH BALL、KESEN ROCK FESなど数々のフェス等にも出演。
他にもCUBISMO GRAFICO FIVE(2001年-)、THEDEKITS(2011年-)のバンドで鍵盤、ギターなどの楽器を担当。
LOW IQ 01 &MASTER LOW(1998年-)のサポートメンバーでもある。
バンド活動のみならず、プロデュース、楽曲提供、DJ、弾き語り等あらゆる音楽形態でマルチに活動中。
40歳を迎えた今年は、「TWIN SONGS」題した弾き語りツアーをKeishi Tanakaと全国19箇所にて開催。
6/25に当時即完売した「MUSIC LIBRARY」を再発。
11/7には、TGMXの全てが詰まった「TGMXの音楽関係」なる本、11/23に待望の2nd soloalbum「I CAN'T SING IT」をリリースした。

(公式サイトはこちら)


TWIN SONGS 2017
TGMX & Keishi Tanaka
ACOUSTIC TOUR

2017/08/24(thu) at Tatomiya[熊本市中央区坪井2-1-45]
■開場 : 19:00 開演 : 19:30
■料金 : 前売 3500円 / 当日 4000円
(別途1ドリンクオーダー/ 自由席*一部スタンディングの場合あり)
■前売りチケット取扱 : Tatomiya / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Tatomiya] 096-321-6500

ご予約はこちらからどうぞ。

畠山美由紀 と 小池龍平

畠山美由紀 と 小池龍平

■畠山美由紀(Vocal)と小池龍平(Guitar & Vocal)。 2012年10月1日(コーヒーの日)、カフェ・ブームを先導する鎌倉の大人気カフェ、"カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ"のカリスマ・マスター堀内隆志氏が、全曲"Coffee"に関連した選曲で制作したアルバム、畠山美由紀& 小池龍平「Coffee & Music ~Drip for Smile~」を発表。
その後、"畠山美由紀と小池龍平"名義で、全国のカフェツアーからFUJI ROCK FESTIVALまで、ライブを開催中。

(公式サイトはこちら)

畠山美由紀
シンガー・ソングライター。
男女ユニット"Port of Notes"、ダンスホール楽団"Double Famous"のボーカリストとして活躍する中、2001年、ソロデビュー。
ボーカリストとして、他アーティストの作品、トリビュートアルバム、映画音楽や、TV CMソング等への参加も多く、ジャンルや世代、国境を越えて共演を果たし、音楽ファンから圧倒的な支持を受けている。
現在は、FMヨコハマ「Travelin' Light」のDJとしても活動中。

(公式サイトはこちら)

小池龍平
リズムギタリスト&シンガー・ソングライター。
bonobos、LITTLE TEMPOのギタリスト。サポート・ミュージシャンとしても活動中。
ナチュラルで優しい歌声と、様々なリズムが深く絡み合った独特のアコースティックリズムギターは高く評価されている。

(公式サイトはこちら)


畠山美由紀 と 小池龍平のライブ 熊本公演
出演:畠山美由紀(Vocal)、小池龍平(Guitar& Vocal)

2017/08/28(月) at Sazae[熊本市中央区南坪井町 3-7 宮野ビル 2F]
■開場 : 18:00 開演 : 19:00
■料金 : 前売 4500円 / 当日 5000円
(別途 1 ドリンクオーダー /着席・スタンディング / *未就学児童入場不可)
■前売りチケット取扱 : Sazae / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Sazae] 096-223-5701

ご予約はこちらからどうぞ。

天才バンド

天才バンド

天才バンド

天才バンド


(公式サイトはこちら)


Blues For Space Girl
LIVE : 天才バンド

2017/09/01(fri) at NAVARO[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場/開演 : 19:00 (天才バンド 20:30〜)
■料金 : 前売 4000円 / 当日 4500円
(要ワンドリンクオーダー/オールスタンディング / 年齢制限なし*小学生以下無料)
■Opening Act : あり
■前売りチケット取扱 : NAVARO / aramatsu / カミノウラ食堂 / Sazae / 蒲池眼鏡舗 / 蒲池眼鏡舗FLOOR / ICHI / fakejam / Tartelette / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [Navaro] 096-352-1200

ご予約はこちらからどうぞ。

WONK

WONK

WONK
東京を拠点に活動するエクスペリメンタルソウルバンド。
ジャズやソウル、ヒップホップなどのジャンルをクロスオーバーに行き来し、その独創性の高さや圧巻のライブパフォーマンスは各メディアで話題となっている。
2016年9月にリリースした待望の1stフルアルバム『Sphere』はタワーレコード・バイヤープッシュ「タワレコメン」に選出され、翌2017年には第9回 CDショップ大賞 ジャズ賞も受賞。
2016年11月には『Sphere』より抜粋された楽曲を収録した12inch Vinylもリリース。
ラッパーのDian(KANDYTOWN)や若手気鋭ドラマー・石若駿をはじめとした豪華なMCやミュージシャンを客演に迎えるなど、多方面のアーティストとのコラボレーションも積極的に行った『Sphere』。本作がきっかけとなり彼らのその多岐にわたる音楽性は多方面から注目されはじめ、デビューわずかながら2017年夏には第16回 東京JAZZやBlue Note JAZZ FESTIVAL 2017、SUMMER SONIC 2017などへの出演も決定している。
また米Blue Note Recordsを代表するシンガーJosé Jamesの最新アルバム『Love in a Time of Madness』へRemixerとして参加、2017年2月にはヨーロッパ・ツアーを敢行するなど日本だけでなく世界からも多くの注目を集めている。
日本のブラックミュージックシーンの新たな担い手としての呼び声も高いWONK。
演奏スキル・音楽的な自由度の高さも彼らの大きな魅力である。音源とは異なるライブならではのWONKもぜひ体験して頂きたい。

(公式サイトはこちら)


WONK
KYUSHU TOUR FUKUOKA / KUMAMOTO 2017

2017/10/07(sat) at NAVARO [熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 : 19:00 開演 : 20:00
■料金 : 前売 3000円 / 当日 3500円
(別途1ドリンクオーダー/ オールスタンディング)
■前売りチケット取扱 : Tatomiya / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
■お問い合わせ : [NAVARO]096-352-1200

ご予約はこちらからどうぞ。



*これまでのイベントはコチラ