HOME>SCHEDULE>DETAIL


Conguero Tres Hoofers

アルバムリリース前にフジロックで4,000人を揺らし、異例の2年連続出演を実現、iTunes(Jazz)で第1 位を記録するなど、世界中で話題のコンゲイロトレスフーファーズ、 北野武監督の映画「座頭市」や UNIQLO CM などで話題となった SARO (Tap)、真心ブラザーズから由紀さおりまでをサポートする西岡ヒデロー (Per.) 、EDWIN CM や NHK WORLD 等への楽曲提供やプロデュース等で活躍する渥美幸裕 (Gt.)による極上のサムライグルーヴ、再び!

Conguero Tres Hoofers

Conguero Tres Hoofers
バンド名は[Conguero=コンガ(打楽器)叩き]、[Tres=ギター(の原型)]、[Hoofers=タップダンサー(の俗語)]に由来する。EDWIN CM や NHK WORLD 等への楽曲提供やプロデュース等で活躍する渥美幸裕 (Gt.)、北野武監督の映画「座頭市」や UNIQLO CM などで話題となった SARO (Tap)、真心ブラザーズから由紀さおりまでをサポートする西岡ヒデロー (Per.) によるバンド。シンプルな楽器と体を使ったフィジカルなライブ・パフォーマンスが話題となり、アルバムリリース前に GREEN ROOM FESTIVAL 2010、FUJI ROCK FESTIVAL 2010/2011には2年連続出演を果たす。2011年1st アルバム、翌年には2ndアルバムをリリース、いずれもiTunes Music Store のジャズチャートで 1 位を記録。
2014年6月にはバンド初の54日間に渡る長期ヨーロッパツアーを敢行!国境を越えるごとに大きく変わる文化に刺激を受けながら、独特の音楽性と音の無い絶妙な「間」の存在感を更に進化させ国内ツアーに凱旋。
2015年にはロシアツアーにてロシアテレビ4局の出演、ライブCD「LIVE CTH」をリリース。2018年には3年ぶりのアルバム『 Musical Traveler』をリリース、世界を舞台に果敢なチャレンジを続けている。


[studio JAM presents]
Conguero Tres Hoofers
Album "Musical Traveler" Release Tour
in KUMAMOTO

出演 :
Conguero Tres Hoofers (コンゲイロトレスフーファー ズ)20:00~
Kenshiro(ケンシロウ)19:00~

2018/10/13 (sat) at studio JAM [熊本市東区東本町11-3]
■開場 18:00 開演 19:00
■料金 前売 3000円 / 当日 3500円 (別途1ドリンクオーダー/着席・スタンディング )
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [studio JAM]096-214-2118

ご予約はこちらからどうぞ。

青葉市子

青葉市子、およそ4年ぶりとなる全国ツアー開催決定!

青葉市子

青葉市子/ ICHIKO AOBA
1990年1月28日生まれ。
2010年よりソロ作品を発表し、最新作は2018年、6枚目となる『qp』(10/24発売)。
そのほかに、細野晴臣、坂本龍一、小山田圭吾、U-zhaan とのスタジオ・セッションを CD化した『ラヂヲ』や、ビートメーカーSweet Williamとのコラボシングル『からかひ』、マヒトゥ・ザ・ピーポーとのユニット"NUUAMM"名義でも作品をリリースしている。 2018年は台湾・タイ・マレーシア・シンガポール・香港を回る自身3回目となるアジアツアーを開催。
同年秋からは『ichiko aoba qp tour 2018 - 2019』として全国23箇所を回る。
その他、キユーピー、小田急ロマンスカー、東京エレクトロン、タマホーム等のCM音楽や 『百鬼オペラ 羅生門』『わたしは真悟』 『レミング~世界の涯まで連れてって~』『cocoon』等舞台作品への参加、 短編アニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』ではヒロイン・トリクシー役の声優を担当した。
また、ちくま書房PR誌にて短編小説の執筆を行う等、多岐にわたり活動中。


青葉市子
ichiko aoba qp tour 2018 - 2019
熊本公演

2018/11/19(mon)at 長崎書店リトルスターホール[熊本市中央区上通町6-23]
■開場 18:00 開演 19:00
■料金 前売 3500円 / 当日 4000円 (別途1ドリンクオーダー/着席・スタンディング)
■前売りチケット取扱 : 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [LONGSIXBRIDGE.]

ご予約はこちらからどうぞ。

LITTLE TEMPO × Nabowa

LITTLE TEMPO

LITTLE TEMPO
レゲエに芯を据えて25年、国内海外問わず、様々なフェスやライブの現場で鍛え上げられながら、他のどこにもない音楽を探求しつづける気さくで紳士な野郎ども。
きらめくスティールパン、絡むサックス・鍵盤はメロウかつフリーキー、その多幸感を倍増させるべく、太くうねるリディムセクションとダブワイズの魔法。
これまでに全国各地、たくさんの場所から贈られた、愛、人情、笑顔を栄養に、いよいよ円熟味を増してきたジャパニーズNo.1インストゥルメンタル・ダブ・バンド。
酸いも甘いも知りつくした男たちによる熟成スイート&ビターサウンドを存分にご堪能あれ。
ニッポン、リトルテンポ、ここに在り。

Nabowa

Nabowa
4人組インストゥルメンタル・バンド。
現在までに5枚のオリジナル・アルバムをリリース。
結成10年を迎えた2014年、過去の楽曲を再構築した『Nabowa Meets Carlos Niño & Friends』には、Carlos Niño、Miguel Atwood-Ferguson、Dexter Story、Kamasi WashingtonというLA周辺の実力派ミュージシャンが多数参加。
2017年8月23日には、3年2ヶ月ぶりのオリジナル・アルバム『DRAWINGS[CD+DVD]』をリリースし、大規模な全国ツアーも行われる。
現在までに『FUJI ROCK FESTIVAL』をはじめ、フェスに多数出演しているほか、台湾の3都市(台中、高雄、台北)を巡るツアーを行うなど海外での活動も精力的に広げている。
メンバー:川上優(drums/piano)、山本啓(violin)、堀川達(bass)、景山奏(guitar)


旅する音楽 × LONGSIXBRIDGE presents
LITTLE TEMPO × Nabowa

2018.11.23(金・祝) at Navaro [熊本市中央区南坪井町10-1 Be-9ビル BF]
■開場 19:00 開演 20:00
■料金 :前売 3500円 当日 4000円 (別途1drink order/保護者同伴に限り小学生以下入場無料)
■前売りチケット取扱 : Navaro / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [NAVARO]096-352-1200

ご予約はこちらからどうぞ。

赤い靴

赤い靴

赤い靴
神谷洵平 Drum
東川亜希子Vo&Piano

CM音楽など作曲家として活躍する東川亜希子と 大橋トリオ、Predawn、THE CHARM PARK、優河、関取花 等の サポートドラマーとして活躍する神谷洵平の二人組。

2018年公開の映画『四月の永い夢』(第39回モスクワ国際映画祭でダブル受賞)の挿入歌に『書を持ち僕は旅に出る』(2nd album「サラバトーゲの街」収録曲)が起用された。

2016年発売の4thアルバム「AKAIKUTSU」では、バンド形態でレコーディングされた楽曲、はたまたLAレコーディング(Mony Mark等が参加)も行っており、 更にバラエティ溢れたオルタナティブな作品となっている。

赤い靴として大橋トリオへの楽曲提供、Eテレシャキーンでの歌唱、吉澤嘉代子の楽曲アレンジ、映画音楽など多岐に渡り活躍中。


赤い靴
Autumn road tour 2018
熊本公演

2018/11/25(日)@ GOOD DEAL CAFE[熊本市中央区 上林町 3-36 並木坂ビル 1F]
■開場 19:30 / 開演 20:00
■料金 :前売 3500円 当日 3800円 (別途1drink order)
■前売りチケット取扱 : GOOD DEAL CAFE他
■お問い合わせ : [GOOD DEAL CAFE] 050-5590-5017

ご予約はこちらからどうぞ。

Attractions / city your city

Attractions 再び!
SUMMER SONIC 2018、SUNSET LIVE 2018など大型フェスへの出演も控え、ノリに乗っているAttractions、 今回は「未来のJ-POP」と呼ばれ、中性的でアンニュイなボーカルk-overによる女性視点の日本語詩が話題の[city your city]と!

Attractions

Attractions
2016年結成。UKロックを原点に、俄かに全国から熱い視線を集める福岡のニューストリートカルチャーの一翼を担う5人組バンド。福岡・大名にあるアパレルショップ、BINGOBONGOグループが新たに立ち上げた音楽レーベル"GIMMICK-MAGIC"の第一弾アーティスト。
2017年8月28日、福岡発世界基準の音を鳴らすべくデビュー曲『Knock Away』を配信リリース。 Spotifyでは「Early Noise」「Tokyo Rising」など数々の主要プレイリストを網羅。異例の60万回再生を超え、 Apple Musicでは「今週のNEW ARTIST」に大抜擢。 10月4日発売のEP「Attractions」リリースイベントではyahyel、韓国からKIRINを招きチケットはソールドアウト。
2018年3月のサウス・バイ・サウスウェストに出演。ライブを観た現地関係者からのラブコールで急遽追加公演が決定するなど、当地でも反響を呼んだ。6月13日に新曲「Leilah」を配信限定リリース、この夏にはSUMMER SONIC 2018やSUNSET LIVE 2018など大型フェスへの出演も控えている。

City Your City (シティ ユア シティ)

City Your City (シティ ユア シティ)
2015年デビューのエレクトロニック・デュオ。
中性的でアンニュイなボーカルk-overによる女性視点の日本語詩に、様々な楽器を変幻自在に操るTPSOUNDの生み出す海外クラブミュージックを軸とした「未来のJPOP」 デビュー後立て続けに発表されたシングル[choice][neon]の2作が新人としては異例のランクインを果たす。
2ndシングル「neon」は独特の歌詞が共感を得、各SNSで話題となり、ミックスCDへの収録、ダンス動画も話題となる。
2017年、満を辞して発表された1stフルアルバム「N/S」はiTunes Store、AppleMusicエレクトロニックチャートにていずれも1位を獲得。
総合チャートでも100位以内にランクイン。
Apple Music「今週のARTIST」に選出され、各ストリーミングサイトにて様々なプレイリストに選ばれている。
アメリカをはじめ海外でも大きく取り上げられた、Canon社の世界初LEDレンズのCM音楽を手掛けるなど、活動のフィールドは多岐に渡る。


【ADDICTIVE PARADISE】
Special Guest / Attractions / city your city
Guest DJ kappy

2018/11/30(fri)@Navaro[熊本市中央区南坪井町10-1 BF]
■開場 / 開演 19:00
※city your city 21:00スタート ※Attractions 22:30スタート
■料金 :前売 3000円 当日 3500円 (別途1drink order)
■前売りチケット取扱 : Navaro / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [NAVARO]096-352-1200

ご予約はこちらからどうぞ。

J-Squad

J-Squad、熊本ライブ決定しました!
会場はNavaroで、これは今回のツアーでは超貴重なスタンディングのライブハウスでの公演。(他はホールやブルーノートなど)

<メンバー>
Takuya Kuroda(tp)/黒田卓也(トランペット)
Takeshi Ohbayashi(p, key)/大林武司(ピアノ、キーボード)
Yasushi Nakamura(b)/中村恭士(ベース)
Keita Ogawa(ds, per)/小川慶太(ドラムス、パーカッション)
Tomoaki Baba(ts)/馬場智章(テナーサックス)

J-Squad

J-Squad
2016年4月よりリニューアルしたテレビ朝日系「報道ステーション」のテーマ曲「Starting Five」を手掛けたスペシャル・バンド。20~30代の若手ながら、現在ニューヨークのシーンの最前線で活躍しているミュージシャンで構成。
USブルーノート・レーベル初の日本人アーティストとしてメジャー・デビューを飾り、MISIAやJUJUなどとの共演でも話題の黒田卓也(tp)、ホセ・ジェイムズのバンドのレギュラー・メンバーであり、若手ジャズ・ピアニストの登竜門である「ジャクソンヴィル・ジャズ・ピアノ・コンペティション」で見事優勝した大林武司(p, key)、大林と共に日米混合バンド、ニュー・センチュリー・ジャズ・クインテットの中核を成す中村恭士(b)、2017年度グラミー賞「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」に輝いたスナーキー・パピーやバンダ・マグダのメンバーとしても活躍する小川慶太(ds, per)、そしてバークリー音楽大学在学中に3度にわたり優秀賞を受賞した気鋭の馬場智章(ts)というメンバー。
1stアルバム「J-Squad」をリリースした翌年、2017年夏にはフジロックフェスティバルなどの野外フェスを含む初の全国ツアーを成功させた。2018年10月、待望の2ndアルバム「J-SquadⅡ」をリリース。前作に引き続き、全員が持ち寄った多くのオリジナル曲から厳選してレコーディング。
各自の多彩な個性が生かされつつも、バンドとしてのまとまりも抜群に素晴らしい作品となっている。


J-Squad
2nd Album "J-SquadⅡ" Release Tour 2018
熊本公演

2018/12/15(sat) at NAVARO [熊本市中央区南坪井町10-1ビル地下]
■開場 18:00 / 開演 19:00
■料金 :4,500円 (別途1ドリンクオーダー)
■前売りチケット取扱 : Navaro / 蔦屋書店熊本三年坂チケットカウンター 他
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
■お問い合わせ : [Navaro] 096-352-1200
■後援 : KAB熊本朝日放送

ご予約はこちらからどうぞ。



*これまでのイベントはコチラ