HOME>SCHEDULE>DETAIL


木村イオリ&森田晃平デュオ

木村イオリ&森田晃平デュオ

木村イオリ Iori Kimura
メロディアスなフレーズと繊細かつ大胆なプレイを持ち味とし、ジャズを中心に様々なジャンルで活躍するピアニスト・キーボーディスト、作編 曲家。
2008 年、ジャズバンド"bohemianvoodoo"を結成する。 代表曲"Adria Blue"の Music Video は YouTube400 万回再生以上を記録。
Blue Note Tokyo での初ワンマンライブがチケット Sold Out となる他、東京 JAZZ 2015, 2019 出演、Nissan Presents Jazz Japan Award 2017 受賞、singapore international festival of arts 2018 出演。
同バンドの他、ピアノ・トリオ"PRIMITIVE ART ORCHESTRA"や、"木村イオリ & 森田晃平 DUO"、ソロ・ピアノでの活動も行ってい る。


木村イオリ&森田晃平デュオ
"Blessings - In Yatsugatake Kogen Ongakudo"
リリースツアー熊本公演

2021/6/5(土)at tsukimi [熊本市中央区南千反畑町1−3 満月ビル 2F]
■Open 17:30 Start 18:00
■Adv 3,500 Day 4,000 /+1Drink Order
(限定 40 席 / ご入場時別途ドリンク代として 500 円いただきます/ガイドライン沿っての開催になります)
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
※手数料が発生します

ご予約はこちらからどうぞ。

伊澤一葉

伊澤一葉

伊澤一葉
Compose / Arrange / keyboard / vocal …and more

東京事変、the HIATUS鍵盤奏者。
作曲家として楽曲提供、サウンドプロデュースを多数手がけ、 幅広く様々なアーティストのサポートミュージシャンとしても活動している。
自身のバンドあっぱではVocalも務める。
独特の世界観と共感性を併せ持つハイブリッドな音楽家は、 ファンのみならず多くのミュージシャンをも魅了する存在。

〈これまでに参加したアーティスト〉
aiko、大橋トリオ、片平里菜、坂本真綾、土岐麻子、 由紀さおり、吉澤嘉代子、米津玄師、他


伊澤一葉
九州ツアー[アリアドネの音階]

[鹿児島]
2021/06/25(Fri) 鹿児島 CAPARVO HALL [鹿児島市東千石町3-41 キャパルボ 7F]
■Open 18:00 Start 19:00

[宮崎]
2021/06/26(Sat) 宮崎 Salle Mandjar [宮崎市船塚2-17]
■Open 18:00 Start 19:00

[熊本]
2021/06/27(Sun) 熊本tsukimi [熊本市中央区南千反畑町1−3 満月ビル2F]
■Open 17:00 Start 18:00
SOLD OUT!!

[大分]
2021/06/29(tue) 大分 Brickblock [大分市生石5丁目7-5]
■Open 18:30 Start 19:30

■前売4,500 当日5.000円
※会場により、別途1ドリンクオーダー
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
※手数料が発生します
■お問い合わせ / チケット電話予約 : tsukimi 096-227-6593

ご予約はこちらからどうぞ。

Kan Sano

Kan Sano

Kan Sano
キーボーディスト/プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。
新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となっている。

プロデューサー、キーボーディスト、リミキサーとして、Chara、UA、平井堅、絢香、m-flo、SKY-HI、七尾旅人、Uru、土岐麻子、大橋トリオ、iri、eill、Mrs. GREEN APPLE、Shin Sakiura、そしてMadlib、Chromeo、Doul、Eric Lauなどといった海外アーティストまで、国籍もジャンルも越えてライブやレコーディングに参加。

是枝裕和が総合監修を務めた映画『十年』のエンディングテーマや、ドラマ『僕たちがやりました』、映画『とんかつDJアゲ太郎』の劇伴音楽を担当。さらにカネボウ、TOYOTA、LION、カルピス、CASIOなどのCM音楽やLINEとのコラボ曲リリース、J-WAVEのジングルなど、様々な企業に楽曲を提供。

2020年11月、5thアルバム『Susanna』をリリース。
2021年4月、Huluにて放送中のドラマ「住住」(原案・脚本・出演: バカリズム)主題歌となる新曲「Natsume」をリリース。

"Kan Sano"の名は、様々なシーンに破竹の勢いで浸透中!


Kan Sano
" Susanna " Release Live in Kumamoto
出演 : Kan Sano(バンドセット)

2021 / 7 / 10(sat)熊本 @ Navaro [熊本市熊本市中央区南坪井町10 -1 B1]
■Open 18:00 Start 18:30
■Adv 4,500yen Day 5,000yen +1Drink Order
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
※手数料が発生します
■お問い合わせ / チケット電話予約 : tsukimi 096-227-6593

[注意事項/お願い]
*全公演、配信なし/会場限定イベントになります。
*新型コロナの感染状況により開場/開演時間の変更があります。
*ソーシャルディスタンスのご協力をお願いします。
*体調が優れない方はご来場をお控えください。
*入場時/会場内はマスク着用にてお願いします。
*ご入場時に検温/手指アルコール消毒を行います。
体温が37.5度以上の方は入場をお断りしております。
*換気を行う場合があります。

ご予約はこちらからどうぞ。

東郷清丸

東郷清丸

東郷清丸
1991年横浜生まれ。

歌やギターやトラックメイクで、その場に流れるムードをかたちにする。素朴な線画のように、不思議なCGのように、あらゆる手触りを愛して旅する音楽家。

演奏は、ギター1本の弾き語りから、デュオ・トリオ・10人以上のフルバンドに至るまで、会場に合わせて柔軟に形を変える。
またCM・映画・舞台へむけての音楽制作、他アーティストへの楽曲提供、トークゲスト出演なども行っている。

1st Album「2兆円」を2017年に発売。鮮烈なジャケットイメージと合計60曲にも及ぶ大ボリュームが話題となり、スカート澤部渡・七尾旅人・DAOKOらから絶賛を受ける。翌年にはASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文が私設した、新進気鋭のミュージシャンが制作したアルバムに送られる作品賞"APPLE VINEGAR AWARD"にノミネートされた。その後2018年のFUJI ROCK FESTIVALのROOKIE A GO-GOステージにも出演し会場投票では1位を獲得。

2019年には2nd Album「Q曲」を発売。kauai hirotomo・厚海義朗・角銅真実・別所和洋・あだち麗三郎をはじめとする総勢13名の客演を迎え、エンジニアに葛西敏彦を迎えて制作。先行シングル「L&V」を含む4曲は松竹系映画館で上映されるプチアニメ「恋するシロクマ」とタイアップ。リリースツアー「超ドQ」と並行して、アートディレクター髙田唯・ディレクター後藤洋平ら製作陣とのLINEを公開する展示のツアー「Q展」を実施。ツアーファイナルは渋谷WWWに350人を動員した。

DISCOGRAPHY
・2兆円 (1st Album 2017.11)
・よこがおのうた (1st Single 2018.05)
・サマタイム (7inch Vinyl 2018.08)
・サンキスト (Cassette 2018.11)
・Q曲 (2nd Album 2019.05)


坂口恭平

坂口恭平
死にたい人から電話を受け続ける人(09081064666)


coby

coby
地元・熊本でレゲエダブバンドやアコースティックユニット等を経て、現在はギター弾き語りに至る。
拠点である熊本はもちろん、全国のミュージシャンとの共演/交流がそのまま活動のスタイルとなっているシンガーソングライター。


[ sketches ]
出演 : 東郷清丸 / 坂口恭平 / coby

2021/8/1(Sun)@ tsukimi[熊本市中央区南千反畑町1−3 満月ビル 2F]
■Open 18:00 Start 18:30
■Adv 3000yen Day 3500yen +1Drink Order
ライブポケット[クレジットカード/コンビニ決済/携帯キャリア決済での購入が可能です]
※手数料が発生します
■お問い合わせ / チケット電話予約 : tsukimi 096-227-6593

[注意事項/お願い]
*全公演、配信なし/会場限定イベントになります。
*新型コロナの感染状況により開場/開演時間の変更があります。
*ソーシャルディスタンスのご協力をお願いします。
*体調が優れない方はご来場をお控えください。
*入場時/会場内はマスク着用にてお願いします。
*ご入場時に検温/手指アルコール消毒を行います。
体温が37.5度以上の方は入場をお断りしております。
*換気を行う場合があります。

ご予約はこちらからどうぞ。

F.I.B JOURNAL

F.I.B JOURNAL

F.I.B JOURNAL
山崎円城が2003年に立ち上げた国内屈指のポエトリージャズ。
2005年からEgo-wrappin'のサポートベーシストとして活動する真船勝博、ドラマー沼直也が正式加入。トリオ編成に。
コントラバスとドラムのセッションを基調とし、その上にスポークンワーズが絡む独特なスタイルは、現代のビートニク音楽 またパンクの精神を抱いたビートニクの怒れるジャズ「ジャズパンク」とも称される。
現在まで、トリオ編成で5枚・オルケスタ編成で1枚・TICAの武田カオリを迎えて1枚のフルアルバムを発表。
近作はLittle Creaturesの青柳拓次を迎えてシングルを発表した。
****************

山崎円城(音楽家・詩人・タギングアーチスト
1990年頃よりグラフティやダギング等の手法で公共の壁を使って言葉や詩を発表し始める。 1993年頃より渋谷や横浜の路上で、バンドセットを持ち込んでのセッションを始め、Noise on Trashに。
Vo+Gを担当し、数々の作品を発表する。 2003年よりF.I.B JOURNALを開始。
現在まで、トリオ編成で5枚・オルケスタ編成で1枚・TICAの武田カオリを迎えて1枚のフルアルバムを発表。
近作はLittle Creaturesの青柳拓次を迎えてシングルを発表した。 ジャズパンクと称される。
2013年、等価交換で詩集をリリース。
2014年、DOARAT、MARUA、DWARFから、詩のタギングした服・アクセサリーを発表。
2016年、The Minimalizeとのダブ・ポエトリー、7インチレコード「Poet in dub」発表。以降現在まで計3枚のシングルを発表している。
2016年10月、等価交換で二作目の詩集をリリース。 近年はSilent Poets、Soil&Pimp Sessions、ラッパーのDABOなど、ジャンルを越境して数多くの作品でコラボレーションをしている。 近年タギングで店舗の壁などにも多くの作品を残している。 また1997年より続く言葉のイベントのBOOKWORMの主催としても知られる。


F.I.B JOURNAL
九州ツアー[真夏の発明]

[熊本]
2021/ 8 / 13(Fri)@ tsukimi [熊本市中央区南千反畑町1−3 満月ビル 2F]
■Open 19:30 Start 20:00
[福岡]
2021 / 8 / 14(Sat)@ LIV LABO [福岡市中央区大名1丁目6−8 2F]
■Open 18:30 Start 19:00

■Adv 3,000yen Day 3,500yen +1drink Order
■お問い合わせ / チケット電話予約 : tsukimi 096-227-6593

ご予約はこちらからどうぞ。



*これまでのイベントはコチラ